朝ドラ「わろてんか」34話のタイトルは、「鶴亀亭」です。わろてんかの33話では、藤吉(松坂桃李)は亀井(内場勝則)のところに毎日通って、「寄席を売ってほしい」とお願いします。そこで、てんも亀井のところに藤吉に内緒で通っていたことが分かりましたね。その続きとなるわろてんか第34話のあらすじと見どころをご紹介していきたいと思います。更に、「わろてんか」を見逃してしまったという方に、無料で「わろてんか」動画を視聴できる方法をお伝えしたいと思います。
 

わろてんか動画34話あらすじは?

藤吉が野菜を売っていたところ、風太(濱田岳)がやってきました。

風太は藤吉に頭を下げます。

そして、「てん(葵わかな)をいっぺん京都に返してやってほしい。」と言い出します。
 
風太は、理由を言わずに、藤吉に頭を下げるだけです。藤吉は、「儀兵衛(遠藤憲一)と約束したので、一人前になるまでは帰らない」と言いました。風太は、その言葉を聞いて、ただ何も言わず帰っていきました。

そして、風太はてんのところに向かいます。風太は、てんにも同じように、「京都に一度帰ってみないか」と話します。
「儀兵衛も本当は心配しているから、一度顔を出すだけでもでいないか。」と、てんにお願いするのです。
 
そう話す風太に、てんはきっぱりと「できひん」と断ります。風太は、儀兵衛の病気のことを話だそうとしましたが、飲み込みました。結局、てんには言えませんでした。

一方、藤吉は亀井が不動産屋と話しているのを見かけてしまいます。
 
亀井は藤吉に、「前々から寄席を売却するという話があったのだよ」と打ち明けるのです。
「それなら、自分が!!買います」という藤吉。ですが、亀井は、「素人には売らない」申し出を断ります。
 
てんも亀井と話しをしに行くのです。鶴と亀の看板を見て、てんは亀井に質問をします。すると亀井は、「鶴子が嫁で、亀が自分。だから鶴亀亭だったのだ」と話してくれました。藤吉の嫁は、何の文句も言わずに働いていたという話をしてくれたのです。
 
しかし、亀井が調子に乗り遊びまくっていたら、先に嫁が亡くなってしまったそうなのです。それ以降、寄席はガラ~ンといた状態が続きました。
 
てんは、その晩、藤吉と話し合いをします。「もう一度、亀井のところに行ってみよう」とてんは提案します。
てんの提案通り、藤吉とてんは、一緒に亀井のところへ行き、「寄席を私たちに売ってください」と頭を下げました。
亀井は、とうとう二人の熱意に負け、寄席の鍵をあけてくれるのでした。
 
しかし、もう一つの壁があることを、藤吉とてんは忘れてはいけませんね。それは・・・、啄子(鈴木京香)です。

啄子は許してくれるのでしょうか。

わろてんか動画34話見逃しは?

「わろてんか34話」を見逃してしまった!という方、いらっしゃいませんか?

わろてんか34話を見逃してしまった方、ご安心ください。わろてんか34話の動画配信を無料で観ることができるサービスがあるんです。それは、日本最大級の動画配信サービスU-NEXTです。

この配信サービスをうまく利用して、「わろてんか」の動画を視聴することができるというのです。

さらに、過去に放送していた朝ドラや夜に放送していたドラマまでも視聴できます。

また、今、U-NEXTでは31間無料トライアルキャンペーンを行っています。

配信本数は、120000本以上となっているんです。

31日間という無料動画配信サービスの期間は、数ある配信サービスの中でも長いほうです。

私も31日間の無料動画サービスを利用してみましたが、本当に無料で視聴できました。お得感満載です。
また、31日間のサービス期間が過ぎてしまった場合でも、NHK見逃し見放題(毎月972円)があるのでそれがおすすめです。

U-NEXTでは毎月1200のポイントがつきます。

この1200ポイントを使ってNHK見逃しパックを実質0円で観れるというわけです。

ドラマ好きの方や忙しい方におすすめのサービスです。

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT

見放題できるNHKドラマは?

U-NEXTのNHK見逃し見放題コースで視聴できるドラマを3つご紹介します。

●セカンドバージン

鈴木京香と長谷川博己が共演した切なく危険な大人のラブストーリー

敏腕編集者のるい(鈴木京香)は、とあるワイン会で出会った17歳年下の金融庁のキャリア・行(長谷川博己)と恋に落ちます。でも、その彼には妻・万理江がいたのです。また、偶然にも行の夫婦が、るいの家の向いに引っ越してくるという事態に!そのことがきっかけで開けてはいけないパンドラの箱が開いてしまいます。

●花子とアン

実話をもとに、翻訳者になる夢をあきらめなかった女性の生涯を描いた物語

山梨の貧しい農家に生まれたはな(吉高由里子)。学問の才を活かすため、父親に連れられて東京の女学校に特待生として入学します。「花子」と名を改め、英語を猛勉強し、欧米文化に親しんでいきます。やがて出版社に入った花子。自分の好きな小説を翻訳して連載するようになりました。

●功名が辻

司馬遼太郎原作をドラマ化。仲間由紀恵&上川隆也が共演し、夫婦愛を軸にした愛と功名の歴史ドラマ

永禄3年(1560)、近江・浅井家の地侍の娘・千代(仲間由紀恵)は戦火の中、幼くして父母を失います。尾張の川のほとりで若武者・山内一豊(川上隆也)に命を救われます。その後、成長した千代と一豊は再会しました。それから、「一国一城」の夢に向かって、協力して戦国の世を生き抜いていくことになります。

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT

わろてんか動画34話見どころは?

わろてんか34話まで話がすすみ、面白くなってきましたね。
わろてんか34話の見どころを3つほどご紹介したいと思います。

●亀井の気持ち!

亀井の奥さんの話、もっと詳しく知りたいですね。昔の人は、女の人が一生懸命働いて、男の人は遊びまくるって、普通にあったんでしょうか?藤吉のところもだったし・・・。土地柄なんでしょうかね・・・?県民性っていうやつ?

亀井は、藤吉の熱意っていうより、てんと自分の亡くなった嫁と重ねあわせたんですね。
その亀井の気持ちを思うと心がジーンとしてきます。
やっと、てんと藤吉に寄席の中を見せてくれましたね。34話は、この亀井の気持ちの変化が見どころだったと思います。

●風太のあやしい動き!

亀井がてんと藤吉に寄席を見せてくれて、いい感じですすんでいるのに・・・・今回どうしても気になったのが風太です。
風太は、儀兵衛の病気のことをてんに話したいんだろうけど・・・結局なにも言わずに帰ってしまうし・・・。何がしたいんだ風太!!って感じですが、その風太の心の迷いも見どころの一つです。

●まだまだ藤吉はヘタレ!

わろてんか34話まで来ましたが、前よりは藤吉も男らしくなってはきましたが、でもまだまだだらしなさがあります。
てんに、「亀井さんのところに、明日もう一度いってみよう」って言われなければ、そのまま諦めていた感じ否めない藤吉のヘタレな感じが、気になりました。
「わろてんか」は、藤吉はずっとダメな夫で・・・てんがそれを支えていく物語ですもんね。ヘタレな藤吉がわろてんかの1番の見どころなのかな・・?いや、てんの藤吉を支える強さが、1番の見どころです!

最終的には、藤吉のてんを助ける堂々とした姿勢なんかも、見てみたいな~と思ったりもします。

わろてんか動画34話視聴者の感想は?

わろてんか34話もおもしろかったですね。視聴者の感想はどうなっているでしょうか。
Twitterからいくつかご紹介したいと思います。

●スベらない話でお馴染みの兵動大樹さんが寺ギン役で登場!
いかにもな関西おじさんオーラが迫力あり、今後の救いとなるでしょうか。

●34話のわろてんかは笑顔がいっぱいだった(^-^)
やっぱ藤吉さんとてんちゃんは笑顔でなきゃ!(*’∀’)b

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT