朝ドラわろてんか35話のタイトルは「思い出の寄席」です。わろてんか34話では、 藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)は、毎日のように亀井(内場勝則)のところへ通い、そして頭を下げていました。その結果、やっと亀井が寄席の中を見せてくれました。35話、どうなるのか楽しみですね。今回は35話のあらすじ・見どころをお伝えしたいと思います。更に、わろてんか35話を見逃してしまったという方に、無料で視聴できる方法をお教えしたいと思います。

わろてんか動画35話あらすじは?

藤吉は、「寄席は自分のものや!」と思ったのですが、家に帰って啄子(鈴木京香)に報告すると・・・大反対にあいました。

「幼いころに、寄席に連れていったのが間違いだった。」と言われてしまいます。

そして、「絶対に寄席にはいかない」と許す気配は微塵もありません。

藤吉は、啄子に賛成してもらうのは難しい・・・と少し落ち込みます。そんな藤吉のもとに、芸人仲間がやってきました。

「席主なんてすごいじゃなか!自分も寄席に出してほしい」と話すのです。

さらにその芸人仲間たちは、「啄子を説得する」とまで言ってくれたのでした。

キース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)は、さっそく啄子に説得しにいきます。
 
しかし、啄子は無言のまま動きもしません。藤吉やてんにもだんまりを続けます。

藤吉は、「啄子に認めてもらわなければ・・・」とてんに話、「一緒に説得を続けよう」と意気込みます。

翌日、啄子は朝早く天秤棒を担いで野菜を売りにでかけました。
 
野菜を売り歩いている時に、啄子は、藤吉が買いたいと言っている寄席の前を通りました。

そして、探しにきたてんと藤吉に、「昔、藤吉と初めて来た寄席なんだ」と伝えます。
 
当時のことを鮮明に思い出す啄子と藤吉。

啄子は、「寄席をやるのやったら、お金のとれる芸人を集めなければならないよ。

ちゃんと、儲けるようにがんばりなさい」と話し、ついに認めてくれたのです。
 
そこに、寺ギン(兵藤大樹)がやってきました。

「わしの寄席でなにをやっているのや。素人に席主はつとまらん!!」と強気の発言です。

亀井(内場勝則)は、「寺ギンに寄席を譲ることにしたんだ」というではありませんか!!
 
しかし、亀井は「先約はてんと藤吉だから500円(今のお金の500万円)を3日以内に支払ってくれたら、藤吉とてんに譲るぞ」とお金の話をしたのでした。

てんと藤吉は、500円を払うことができるのでしょうか・・・。

➡わろてんか動画31話見逃しは?
➡わろてんか動画32話見逃しは?
➡わろてんか動画33話見逃しは?
➡わろてんか動画34話見逃しは?
➡わろてんか動画36話見逃しは?
 

わろてんか動画35話見逃しは?

「わろてんか35話」を見逃してしまった!という方、いらっしゃいませんか?

朝ドラって毎日短い時間の放送だし、その時間に出勤の準備や家事を忙しくしている方も多いのではないでしょうか。

ご安心ください。忙しくてドラマを見逃してしまった方でも、わろてんか35話の動画配信を観ることができるんですよ。

それは、日本最大級の動画配信サービスU-NEXTです。

この配信サービスをうまく利用して、「わろてんか」の動画を視聴することができるんです。
さらに過去に放送した朝ドラや大河ドラマも視聴できますよ。

また、今、U-NEXTでは31間無料トライアルキャンペーンを実施中です。

配信本数は、120000本以上となっています。

31日間という無料動画配信サービスの期間は、数ある配信サービスの中でも長いほうなんですよ。
私も31日間の無料動画サービスを利用してみましたが、本当に料金がかからずに視聴できました。

ドラマや映画好きの方にぜひ利用してみてほしいです。

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT

見放題できるNHKドラマは?

U-NEXTのNHK見逃し見放題コースで視聴できるドラマを3つご紹介します。

●おしん

橋田壽賀子脚本、明治から大正、そして昭和をたくましく生きた女性の物語

昭和58年(1983)春、83歳のおしんは自ら築き上げたスーパーマーケットの社長の座を息子に譲ります。そして、本人は失踪します。行き先は故郷の山形。明治の終わりごろ、雪深い山形の山奥の農家に生まれたおしん。両親の愛に包まれながらも毎日が極貧の生活をしていました。

●あまちゃん

海女のアイドル誕生!震災後の日本を元気づけた、型破りの朝ドラ

東京から母の故郷・北三陸にやってきた少女・アキ。海女を生業とする祖母・夏にあこがれて海女を目指すことになります。
アキは、やがて友人・ユイの影響でユニットを組み、地元アイドルとして活躍します。更に、東京に行ってアイドルになるという新たな夢を見つけ、一生懸命がんばります。

●龍馬伝


福山雅治主演。幕末の風雲児・坂本龍馬を等身大のヒーローとして描いた物語

天保14年(1843)高知城下、幼い龍馬は、学問も剣術も嫌いな泣き虫でした。土佐藩の厳しい身分制度の下、龍馬や弥太郎は屈辱的な差別を受けて生活していました。やがて、たくましく成長した龍馬。幕末の動乱で薩長同盟に尽くし、明治維新を大きく進める原動力となっていきます。

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT

わろてんか動画35話見どころは?

わろてんか、思いもよらぬところから敵が現れましたね。てんと藤吉が心配です。はたして寄席を買うことができるのでしょうか??

●一難去ってまた一難!

せっかく啄子が、寄席を買ってもいいと認めてくれたのに・・・。
今度は違う買い手がやってきてしまいました。
てんと藤吉は500円を払うことができるのでしょうか。
口約束は、今も昔もダメってことかな???
契約書は必要ですね・・いつの時代も。

 
● 寺ギン・・・・悪そうな感じの人!!何者なの??

寺ギンって・・すごくえらそうで感じの悪い人間ですよね。いくら芸人の元締めと言われても、雰囲気が悪すぎます。
その演技力が見どころかな・・と思います。面白くなってきたといいますか・・・一筋縄ではいかないっていうことですよね・・・。 
 
●思い出の寄席!

啄子が藤吉と一緒にいった寄席であることを知ったところ・・・なんか感慨深いものがあります。それで認めてくれたって流れは、感動的です。そこで、昔の寄席がでてくるところ、見どころの1つです。

わろてんか36話、どうなるのか・・・。見どころ満載ですね。

わろてんか動画35話視聴者の感想は?

わろてんか35話の視聴者の感想をまとめてみました

Twitterからいくつか探してみましたよ。

●わろてんか35話

「この寄席は俺のもんや、誰にも渡さへん」と豪語してた藤吉。
しかし寄席の鍵が開いていて太夫元が入り込んでたことから、鍵は渡してもらえなかったっぽい
実績がないってことは信用が無いってことなんでしょうね。

●万策尽きたな、て私初めて藤吉で笑ろたわ。今まで何かやってんやったっけ。
ホーホケキョはウケてへんよって。

●寄席の経営を切り盛りする話のハズなのに、その融資をしてもらうための具体的プランが何も語られない。
アイデアがないのか、わざとなのか。
かなり苦しくなってきました(´・ω・`)

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT

➡わろてんか動画31話見逃しは?
➡わろてんか動画32話見逃しは?
➡わろてんか動画33話見逃しは?
➡わろてんか動画34話見逃しは?
➡わろてんか動画36話見逃しは?
 

スポンサーリンク