朝ドラわろてんか25話を見逃してしまった方に今からでも無料で見れる方法を紹介します。藤吉の実家に駆け落ち同然で行ったてん。しかし厳しい藤吉の母に認められない中でも一生懸命なてん。25話ではどうなってしまうのか?
わろてんか25話では北村屋の借金問題が。果たしてどうなるのか?

わろてんか動画25話あらすじは?

藤吉(松坂桃李)とどんなことがあっても一緒にいると決めたてん(葵わかな)。前回24話ではタキシード姿の男性がこの家のことで大事なことがあるとやってきたところで終わりました。

その男性は不動産売買をしているという男性。この北村屋の家と土地を売ってほしいと申し出ます。

啄子(鈴木京香)は船場で代々続いてきた米屋なのでそれはできないと拒否しますが、男はまた来るといい出ていきます。

この時代、大阪は急速に近代化が進みその波が北村屋にも迫っていました。藤吉は母に借金があることを詰め寄りますが、母は“あんたには関係ないことや”と言います。

すると藤吉は“自分が借金を返すことができたら、店を立て直せたらてんを嫁として認めてほしい”と母に言います。

藤吉は借金返済のために新しい取引先に奮闘、てんもお店の役に立とうと頑張ります。

そんなある日、北村屋を切り盛りしていた番頭さんがライバルの天野屋に引き抜かれてしまうことがわかります。番頭がいなくなると困る藤吉は番頭を引き止めますが。

しかし番頭はこのままこの店にいてものれん分けはしてもらえないと伝えます。啄子(鈴木京香)は辞めるなら引き止めないと、潔く慰労金としていくらかのお金を包み、渡します。

番頭がいなくなり動揺する藤吉に母は“あんたが立て直してくれるんだろう”と言います。借金の理由を聞くと母は、父が女に貢いで作った借金と伝えます。

啄子(鈴木京香)はそれを黙って一人で返済していたのでした。

そんな中、藤吉が新規の顧客を開拓しに街に出かけると、そこで昔の芸人仲間万丈目吉蔵(藤井隆)とキース(大野拓朗)に再会。

藤吉は見違えたなと褒められますが、実は北村屋の経営が厳しいことを漏らします。

キース(大野拓朗)はそんな藤吉にいい儲け話があると笑みを浮かべますが・・・・

わろてんか動画25話無料視聴は?

わろてんか25話を見逃した!と言う方。実は無料で見れる方法があります。

実はわろてんかは日本最大級の動画サービスU-NEXTで配信しています。

さらに!

今U-NEXTでは初回無料31日間のお試しキャンペーンをやっているんです!

31日間も通常有料のコンテンツが無料で楽しめるサービス!!

31日間という無料お試しの長さも動画配信サービスの中では最長となっています。

私も実際にお試ししてみましたが、まったく費用はかかりませんでした。

さらに。

さらに、無料お試し期間が過ぎてしまったら、NHK見逃し見放題というコースがおススメ!

このNHK見放題ですが、通常月額972円の見放題コースですが、なんとU-NEXTでは毎月1200ポイント付与。

つまりこの1200ポイントを使ってNHK見逃しパックを実質0円で見ることができるんです。

ですので過去の連ドラなどが見放題!!!

実質0円で見放題できてしまいます!!!

公式サイト

まずは無料でお試し!U-NEXT

見放題できるNHKドラマ

「ひよっこ」

 2017年 上半期に放送されたNHK連続テレビ小説。第96シリーズの作品。山あいの村に育った農家の長女みねこが出稼ぎのために東京へ行った父が正月に帰宅しなかったことをきっかけに集団就職で上京し、東京向島のトランジスタラジオ工場で働きながら父を探す。様々な試練を乗り越えながら、父を探し、成長していく姿を描く。ヒロインみねこ役は、有村架純。

「べっぴんさん」

 2016年 下半期放送のNHK連続テレビ小説、第95シリーズの作品。
戦後のアパレルメーカーの創業者がモデルの作品。
ヒロインさくらが昭和時代の神戸市や大阪などを舞台に、戦後の焼け跡の中でこども服        作りに邁進する姿を描く。ヒロインさくら役は 芳根京子。朝ドラはべっぴんさんで2作目。Mr.Children の歌う主題歌 ヒカリのアトリエがヒットして話題になった。

「朝が来た」

2015年下半期放送のNHK連続テレビ小説、第93シリーズの作品。放送期間平均視聴率が、23.5%と高視聴率だった。大阪を拠点に活動した実業家で教育者の広岡浅子をモデルに、朝ドラでは最も古い年代となる安政4年(1857年)から始まり、様々な困難を乗り越えて成長するあさと、その家族らを描いた。ヒロインのあさ役に、ファッション雑誌のモデルやタレント、CMなどで活躍中の波瑠が、ヒロインの姉役に宮崎あおいが出演し、話題になった。

「まれ」

2015年上半期にNHK連続テレビ小説第92シリーズの作品。
石川県の輪島を舞台に夢を持つことが嫌いな少女まれが、世界一のパティシェになるという夢を持ち、それを叶えていくストーリー。輪島塗の後継者になるという夢を持つ幼なじみの圭太や他4人の幼なじみたちのそれぞれの成長とそれを見守る家族たちの姿を描く。
ヒロインのまれ役に土屋太鳳、まれの夫になる圭太役に山崎賢人と若手の人気俳優が出演んし話題になった。

公式サイト

まずは無料でお試し!U-NEXT

わろてんか動画25話感想は?

米屋・北村屋は、借金がかさんでるし、番頭さんが引き抜かれるし、経営がピンチ!おまけに、米を売りに出掛けた藤吉が、なんや、キースたち芸人仲間の所へ。頼む所が違うよな~(笑)
てんちゃんだけが明るく健気。ここにきて、肝っ玉母さん風な雰囲気を感じる。

番頭さん引き抜き。番頭としては北村屋に先がないと分かった以上、のれん分けもないからいる意味もない。ましてや入り婿に望まれれば、行かない手はない。引き抜き先は、仕事が出来れば顧客共々連れてきてくれる番頭は欲しい。娘も片付く。両者の利害が一致する。

番頭さんの様子から察するに、北村屋ではどんだけ身を粉にして働いててもねぎらいの言葉とかなかったんじゃないかな。それだけに、最後だけ気前よく送り出されて番頭さんも呆然としてたんじゃなかろうか。啄子さんの気性としてわかる気もするけど、それじゃ遅い。それじゃ遅いのよ。

北村屋、しっかり者の許嫁の楓さんが去り、番頭さんも辞めて、帰ってきて以来ポカばかりで役に立ってないアホぼんが舵取りするからよろしくって情況では、使用人の皆さん、番頭さんみたいにこっそり転職準備しそう、、私ならするかも。

番頭さんが引き抜かれたのはなんだかわかる気がする。番頭さんと同じくダメな藤吉についていくのをためらう気持ち。しかし慰労金としてごりょうさんがお金を渡すのもなんだかしっくりこない。なぜ引き止めない?

スポンサーリンク