石原さとみさんのTBSでの初主演ドラマであり、「逃げ恥」の脚本家・野木亜紀子さんとタッグを組むことでも話題の注目ドラマ、「アンナチュラル」。演出が「Nのために」など、湊かなえ作品のドラマを手掛けた手塚あゆ子さんなのも気になりますね。そんなアンナチュラルの1話をうっかり見逃してしまった、という場合、動画を無料で見ることはできるのか調べてみました。アンナチュラル1話の動画はTBSオンデマンドで見逃し配信しています。またその見逃し配信を見逃してもスマホで無料でアンナチュラル動画1話を見ることができる方法があります。

アンナチュラル動画1話あらすじは?

“法医解剖医・ミコト”

法医解剖医のミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(UDIラボ)では、異常死体や犯罪死体の解剖を引き受け、その死因を解明する仕事をしています。

UDIラボには三澄班と中堂班の2チームが存在し、三澄班には執刀医であるミコト(石原さとみ)、記録係の六郎(窪田正孝)、臨床検査技師の東海林(市川実日子)がいます。

一方、中堂班にいるのは、法医解剖医の中堂(井浦新)、臨床検査技師の坂本(飯尾和樹)です。

そしてそんな個性的なメンバーたちをまとめるのが、所長の神倉(松重豊)です。

“二つの突然死”

ある日、突然死した息子・高野島渡の死因に不審を抱いた老夫婦が訪ねて来ます。

警察には心不全と診断された高野島ですが、ミコト(石原さとみ)たちの解剖の結果、薬毒物死の疑いが出てきます。

そして、そんな中、高野島の同僚の女性が、高野島の死の翌日に突然死していたことが分かります。

“名前のない毒”

高野島のアパートでミコト(石原さとみ)、六郎(窪田正孝)、東海林(市川実日子)が死因の調査をしているところに、高野島の婚約者で、遺体の第一発見者でもある馬場路子(山口紗弥加)がやってきます。

なんと馬場(山口紗弥加)は、劇薬毒物製品の開発の仕事についていました。

もし馬場(山口紗弥加)が、今の毒物鑑定システムで検出できないような未知の毒物「名前のない毒」を開発していたとしたら、完全犯罪が成立するのです。

高野島が死んだ時間は1人で自宅にいたのでアリバイはない、と余裕の笑みを見せる馬場(山口紗弥加)。

そんな彼女に、ミコト(石原さとみ)たちはどう立ち向かうのでしょうか?

アンナチュラル動画1話キャストは?

三澄ミコト・・石原さとみさん

ミコトは、UDIラボに4か月前にやってきた法医学者で、医大の准教授の経験もあり、1500件の解剖実績を持っています。

合理的でドライな性格ですが、人の「生の権利」が脅かされることに対しては猛反発します。

不自然死を許さない、死因究明のスペシャリストです。

ミコトを演じる石原さとみさんは、1986年12月24日生まれの31歳です。

代表作は、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」、「シン・ゴジラ」、「リッチマン、プアウーマン」などです。

久部六郎・・窪田正孝さん

六郎は三澄班の記録係として雇われた新人アルバイトです。

医者一家に生まれ、三浪したのち三流医大に入ったものの、情熱が持てないでいます

ネットに強く、時に刑事さながらの推理や行動力を見せます。

六郎を演じる窪田正孝さんは、1988年8月6日生まれの29歳で、代表作は「僕たちがやりました」、「デスノート」、「Nのために」などです。

東海林夕子・・市川実日子さん

東海林はUDIラボの設立時から在籍している、三澄班の臨床検査技師です。

仕事よりプライベート優先で、好き嫌いが激しく、中堂とはほとんど口を効かず、それ以外の人には遠慮しません。

ミコトとは以前から知り合いで、気の合う同僚同士です。

東海林役の市川実日子さんは1978年6月13日生まれの39歳で、代表作は「シン・ゴジラ」、「小さな巨人」などです。

中堂系・・井浦新さん

中堂は法医学者で、3000件の解剖実績を持っていますが、以前いた医大からトラブルが元で追い出された噂があります。
態度も口も悪く、倫理観も壊れているため、ミコトとたびたび衝突します。
葬儀屋を使って、何かを探させている様子です。

中堂役の井浦新さんは1974年9月15日生まれの43歳で、代表作は、「ワンダフルライフ」、「ピンポン」、「最後の戦犯」、「同窓生~人は、三度、恋をする~」などです。

坂本誠・・飯尾和樹さん

坂本は中堂班の臨床検査技師で、中堂の暴言に怯えながら仕事をしています。
坂本を演じる飯尾和樹さんは、1968年12月22日生まれの49歳で、お笑いコンビ「ずん」でボケを担当しています。

木林南雲・・竜星涼さん

木林は、UDIラボに出入りする葬儀社の社員で、中堂と、なにやら関わりがありそうです。

木林役の竜星涼さんは、1993年3月24日生まれの24歳です。
代表作は、「獣電戦隊キョウリュウジャー」などです。

三澄夏代・・薬師丸ひろ子さん

夏代は法律事務所で働く弁護士で、ミコトの母です。
良かれと思ったことはすぐに行動にしてしまう性格です。

夏代役の薬師丸ひろ子さんは1964年6月9日生まれの53歳。
代表作は「セーラー服と機関銃」、「里見八犬伝」、「ミセスシンデレラ」などです。

神倉保夫・・松重豊さん

神倉はUDIラボの所長で、元厚生労働省医政局職員です。
東日本大震災を機にUDIラボへの転属を決意したという話もありますが、真偽は不明です。

神倉役の松重豊さんは1963年1月9日生まれの54歳。代表作は、「孤独のグルメ」シリーズ、「離婚弁護士Ⅱ」などです。

毛利忠治・・大倉孝二さん

UDIラボに解剖を依頼する、西武蔵野署の刑事です。
いつも毒を吐く中堂を目の敵にしています。

毛利役の大倉孝二さんは1974年7月18日生まれの43歳で、代表作は「ピンポン」「ジョゼと虎と魚たち」「僕の魔法使い」などです。

関谷聡史・・福士誠治さん

つきあって3年になる、ミコトの彼氏で、ミコトとの結婚を考えています。

関谷役の福士誠治さんは1983年6月3日34歳で、代表作は「純情きらり」「オトコマエ!」などです。

三澄秋彦・・小笠原海さん

予備校の講師をしている、ミコトの弟で、責任感が強く真面目な性格です。

秋彦役の小笠原海さんは1994年9月27日生まれの23歳で、音楽ユニット超特急のメンバーです。

馬場路子・・山口沙弥加さん

馬場は、1話で突然死した高野島の婚約者です。
馬場を演じる山口沙弥加さんは1980年2月14日生まれの37歳で、「カンナさーん!」や「おんな城主直虎」にも出演しています。

アンナチュラル動画制作発表はこれ!

アンナチュラル動画1話はTBSオンデマンドで見逃し配信

アンナチュラルはTBSオンデマンドで期間限定で見逃し配信しています。

TBSオンデマンド

1月19日21時59分まで

アンナチュラル動画1話を無料スマホで今すぐ!

アンナチュラル1話をTBSオンデマンドで見逃した!録画忘れた!という方は以下の方法で視聴できます。

実はドラマの見逃しは動画配信サービスU-NEXTの無料お試しで無料で見ることが可能です!!

しかも!!

スマホでも視聴できるんです!!

U-NEXTのおすすめポイントは次の通りです。

・今なら、31日間の無料お試しキャンペーンを実施中!
・お試し期間中は、月額1990円の料金が0円!
・日本最大級の動画配信サービスで65000本以上の動画が見放題!

さらには、今なら石原さとみさんの作品が見放題です!

『シン・ゴジラ』

突如、東京湾に未確認の超巨大生物が現れて上陸し、街に甚大な被害を及ぼす。
日本政府はその巨大生物・ゴジラへの対応のため、緊急対策本部を設置するが、事態は悪化していく。

『進撃の巨人』

脚本家・野木亜紀子さんの作品も見放題!

『逃げるは恥だが役に立つ』

ひょんなことから、25歳の森山みくりが恋愛経験のないサラリーマン・津崎平匡と出会い、「仕事」としての結婚をすることになる。
周りには隠して契約結婚を始めた二人だったが、だんだんとお互いを意識し始めるように。

『空飛ぶ広報部』

テレビディレクターのリカと、元戦闘機パイロットだった航空自衛官の空井。
お互いに夢破れた二人が取材で出会い、反発しながらもやがて惹かれあっていく。

演出家の塚原あゆ子さんの作品も見放題!

『アリスの棘』

水野明日美の父親・小山内孝夫は、15年前の聖林大学付属病院での手術中に亡くなった。
明日美は名前を変え、医師となって同病院に入局し、父親を死に追いやった人々への復讐を始めるのだった。

『Nのために』

ある日、高層マンションに住むセレブ、野口夫妻が殺害され、その現場に大学生の希美、成瀬、安藤、西崎が居合わせていた。
西崎が逮捕され、自分がやったと自供して服役するが、10年後、元警察官の高野は事件の真相を追い始める。

『リバース』

地味な人生を送ってきた深瀬和久に、美穂子という恋人ができる。
しかしある日、美穂子のもとに、深瀬が人殺しだとする告発文が届く。
10年前のゼミ旅行で、深瀬の親友だった広沢は事故死していたが、実はこの事故には重大な秘密があったのだった。

このように、様々な人気作が見放題で、無料お試し登録も簡単にできますので、ぜひお勧めします!

U-NEXT口コミは?

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT

アンナチュラル動画1話の見どころは?

“法医解剖医って?”

裁判や法律に関わる様々な事柄を、医学的に解明していく法医学。
この分野に関わり、遺体を解剖し、その死因を判断するのが法医解剖医ですが、日本国内には150名程度しかいないそうです。
法医解剖医であるミコトの勤めるUDIラボは、ほとんどが適当な病名を付けられてしまうという不自然死の死因を究明するために設立されたものです。
そのUDIラボを舞台にしたアンナチュラルは、今までにない法医学ミステリーになりそうですね。

“未知の毒物を解明できるのか?”

1話でミコトは、突然死にみまわれた男性の婚約者が、未知の毒物「名もなき毒」を開発したのでは、と疑うようですが、もしそうだったとして、どのようにその真相を突き止めるのでしょうか。
死因究明のスペシャリストだというミコトの活躍が気になりますね。

“軽妙な会話劇”

アンナチュラルは死因を究明する法医学ミステリーである一方、軽妙なテンポで進む、ウィットに富んだ会話劇でもあるようです。
「逃げるは恥だが役に立つ」をヒットさせた脚本家の野木亜紀子さんは、演者同士の掛け合いを意識して脚本を書いたようですので、どのような会話が飛び交うのか、楽しみですね。

アンナチュラル動画1話の気になるセリフは?

「法医学は、未来のための仕事」

死んだ人のための法医学より、生きている人を治す臨床医の方が・・と話す六郎に向かい、ミコトが言ったセリフです。

仕事に対するミコトの強い信念を感じさせる言葉ですが、法医学が未来のための仕事とは、どういうことなのか、気になります。

第1話で、その意味が明らかになりそうです。

「連続毒殺事件・・だったりして」

1話で、一緒に仕事をしていた男女が立て続けに突然死にみまわれていた、という不自然な状況を知り、六郎がつぶやいたセリフです。

ふたつの突然死は偶然なのか、それとも六郎が言うように、何者かによる毒殺事件なのでしょうか。

事件の真相が、気になります。

「すべての物質は毒であり、毒でないものはない」

臨床検査技師の東海林のセリフです。

この東海林の意味深な言葉は、1話での未知の毒物の解明につながるカギになるのでしょうか。

「名前のない毒」の謎がどうやって明かされるのか、楽しみですね

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT

アンナチュラル動画1話視聴者の反響は?

アンナチュラルが始まりTwitterコメントが!!

“テンポがいい!”

“窪田カッコいい!”

“サッカー夢生が決めた!”

無料キャンペーン

まずは無料でお試し!U-NEXT

アンナチュラル動画1話視聴者の感想は?

“解剖するということ”

遺族が死因究明を求めて高いお金を払って解剖を頼んだのに、結果加害者のようにみんなから責められてしまうことは仕方がないとはいえかわいそうな気がします。だったら知らないまま葬ってあげた方がよかったんじゃないかと新たな後悔が生まれそうで難しい選択だなと思いました。救いは解剖する人たちが生きる人たちを救う仕事であり被害を最小限に留められると誠実に説明して実践してくれていることだと感じました。心身ともに大変な仕事ですごいです。(40代女性)

“スピード感・テンポが良く引きこまれる!”

ものすごいスピード、テンポよく、物語が進み、展開に引き込まれました。高野島の死因が、てっきり山口紗弥加さんが嫉妬で殺したと思ってずっと見ていたのですが、どんでん返しで違う原因にいくつも辿り着くというストーリーの濃さに圧倒されました。法医学のことは何も知らないのですが、人が死ぬ原因ってどこにあるのか分からないとこのドラマを見ていて考えさせられました。病院側がコロナウイルスを隠し続けていたというのも卑怯な話だと思い、悲しくなりましたが、ミコトが、ラストに証明してくれてスカッとしたラストになっていて、暗いドラマではなく、希望ある結末で終わるドラマの雰囲気が第1話にして好きになりました。(30代女性)

“ミコトの恋愛いる?”

一話完結型で気軽に見ることが出来た。難しい解剖用語、薬の名前などもあったが、ストーリーはつかめることが出来た。ただ、中途半端なストーリーになるので、ミコトの恋愛は入れる必要はないのではないか。もっと、人の死因を解剖で解き明かすという方に力を入れるべきではないかと思った。主演の石原さとみは残念ながら、あの容姿の美しさからまったく解剖医という役にあっていないと残念に思った。あれでは、普通のOLにしか見えない。(30代女性)

“ミコトの過去が気になる!今後も期待”

被害者の死の真相が明らかになるまでの過程がテンポよく描かれているので最後まで楽しめましたが、逆に最後までちゃんと見ないとストーリーについていけなくなるような気もしました。できればもう一度きちんと見直したいと思います。ラストで久部がミコトのことを探っているようなシーンがありましたが、ミコトの過去がどんなものだったのか気になります。また、恋人との関係がこの先どうなっていくのかも彼女の過去に関係してくるようなので、そちらの展開も楽しみです。(40代男性)

“面白かった!今後他のドラマとどのようにひと味違うか?楽しみ”

思っていたよりもかなり面白かったです。テンポ良くお話が進み非常に見やすく引き込まれてしまう構成になっていたように思います。石原さとみさんや米津玄師さんの曲が目当てなところは正直に言うとあったのですが、普通にアンナチュラルを見て良かったと感じています。もちろん米津玄師さんの新曲も聴くことが出来て良かったです。法医学ということでこれからどのような展開を迎えるのか、医学系やサスペンス系はここ最近スゴく多いですし、他のドラマと一線を画すようなストーリーに仕上げてほしいですね。(40代男性)

“1話完結型で何話から見ても楽しめる”

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所では異状死体や犯罪死体を引き受けて、遺体を解剖し死因を突き止める仕事をしています。ある日男性が突然死をし心不全と死因を告げられましたが、両親は納得がいかず研究所に運ばれてきました。解剖をすると急性腎不全が見つかり、毒物摂取を疑いここから捜査をはじめ色んな人物に出会いながら謎を解いていきます。
1話完結なので何話から見ても楽しめると思いますし、そして何より石原さとみが美しいです。(30代女性)

“死因が病院でうつったとは!”

両親が息子の死が受け入れられないと調査を依頼に来ましたが、毒物で死んだのではと思っていたところ、恋人が現れて、恋人が毒物を扱っていて、第1発見者である。これだと普通は疑われると思います、私もそう思いました。しかも、その死んだ男性は、浮気を疑われていて、浮気相手と思われる女性も死んでいました。そうなると、恋人が怪しいと思ってしまいます。ところがそうではなくて、高野島が病気を病院でうつされて、亡くなったということでした。
エーと思いました。恋人ではなく、病院が隠していたということです。(50代男性)

“ミコトがどこまで真実の原因に辿り着けるか見どころ”

三澄ミコトが解剖医としてどこまで真実の原因に辿り着けるかが見所だと思います。又、死の原因を突き止める人間は、同時にその死の向こう側の裏の真相をも明らかにしてしまうという辛さも持ち合わせるのだと自覚している事も知りました。今回の話は、MARSという感染症を通して、男女の不条理な関係性をも暴いてしまうという意外な展開でした。又、仕事に夢中になる余り、恋人に振られるという初回からのまさかの展開に少々驚きましたが、井浦新さん、窪田正孝さんという男性陣に囲まれながらのドラマの進み方にも目が離せません。(50代女性)

➡アンナチュラル意味が深かった!
➡アンナチュラルロケ地は?

スポンサーリンク