4月からフジテレビの月9ドラマ、「コンフィデンスマンjp」がスタートします。「コンフィデンスマンjp」は原作のないオリジナル作品ですが、脚本家はドラマ「リーガル・ハイ」、「デート~恋とはどんなものかしら~」、映画「エイプリルフールズ」、「ミックス」など、数々の話題作を手掛けている古沢良太さんです。コンフィデンスマンjpの題材、脚本家の古沢良太さんの過去の作品、過去作の共通点などについて、調べてみました。




コンフィデンスマンjp 原作はないけど有名映画が題材!

コンフィデンスマンjpは、原作はありません。

コンゲームを題材にしたドラマです。

コンゲームとは、詐欺師のことや詐欺を働くこと、あるいは騙し、騙されながら、ストーリーがゲームのように二転三転していく物語のジャンルのことです。

有名なコンゲーム映画には次のようなものがあります。

オーシャンズ11

刑務所から出所してきたダニエル・オーシャンが11人の仲間と共にラスベガスのホテルの金庫から1億6000万ドルのカジノの売上金を奪うため、ホテル王のベネディクトをだまそうと企みます。

ミッション:インポッシブル シリーズ

IMFというスパイ組織に所属する諜報員・イーサン・ハントが指令を受けて様々なミッションに赴きます。
実はそれは意外な裏が隠されていたり、何者かに陥れられるなどの危機に見舞われながらも、イーサンは次々に過激なミッションをこなしていきます。

コンフィデンスマンjp脚本家の過去作が面白すぎ!

古沢良太さんの過去作品は、どれも面白いと話題になった作品ばかりです。

「デート~恋とはどんなものかしら~」

https://www.excite.co.jp/News/reviewm

国家公務員で理系女子の依子は、恋愛経験がないものの、自分を心配する父親のために結婚を考えます。
一方、自分を高等遊民だと称し、35歳の若さで働きもしない巧も、年を取った母に代わり自分を養ってくれる女性を求め、結婚を思いつきます。
そして、結婚相談所で出会った二人は、お互いに恋愛感情はないと割り切って交際を始めるのでした。
お互いに変わり者で不器用な二人が喧嘩をしながら徐々に惹かれあっていく様子に、笑えて泣けるコメディタッチの恋愛ドラマです。

「リーガル・ハイ」

http://www.officiallyjd.com/archives/291

敏腕で訴訟では負け知らずですが気分屋で変人の弁護士・古美門と、正義感が強いが頑固で融通のきかない新米弁護士・黛が様々な裁判に挑む、法廷を舞台にしたコメディです。
強烈なキャラクターの古美門と、黛のコンビが魅力的で、高視聴率を記録した人気ドラマです。

「エイプリルフールズ」

4月1日のエイプリルフールの東京を舞台にして、27人の登場人物がそれぞれに嘘をつくのですが、それがきっかけで大騒動が巻き起こり、やがて意外な奇跡を起こします。
一つの嘘がまた嘘を呼び、絡まり合っていき、最後にはすべてが繋がる感動の結末が待っている、痛快なコメディです。

「ミックス」

https://natalie.mu/eiga/news

幼いころに天才卓球少女と呼ばれていた多満子は、かつて母が経営し、今は赤字になっている卓球クラブを立て直すため、元ボクサーで、今は転落人生を送る萩原とミックス(男女混合のタブルス)を組むことになります。
スポーツと恋愛を交えた、ロマンティックコメディです。

スポンサーリンク

コンフィデンスマンjp脚本家の過去作共通点は?

古沢良太さんの過去作には、物語中に綿密な伏線がはられ、最後にはそれが回収されて視聴者がスッキリできる、という共通点があります。

「デート~恋とはどんなものかしら~」の伏線

依子は、21年前に手に入れた通し番号3478の電車の切符をお守りとして大事にしています。

昔から数学が好きだった子供の頃の依子は、四則演算すると10になる電車の切符を手にして喜びましたが、切符は改札に出さなければなりません。

そんな時、目の前にいた少年・巧がそっと自分の切符を依子に渡してくれたおかげで、お守りの切符を手に入れることができたのです。

そしてその少年が、依子の初恋の相手でした。
実は二人は過去に出会っていた、結ばれたのも運命だったと思わせる、感動的な伏線です。

「リーガル・ハイ」の伏線

リーガルハイ2に登場した、古美門のライバル弁護士・羽生は、サウジアラビアに住んでいたことがあると言う設定で、毎回のように法廷で「サウジアラビアにはこんなことわざがある」とことわざを披露していました。

黛が好きなのではと思われた羽生ですが、最終回で、実は古美門が好きだったことが明かされます。

実はサウジアラビアでは、同性愛は死刑に値する罪なのだそうです。

羽生が死刑の廃止を唱え、サウジアラビアのことわざを口にしていたのは、実は同性愛者であることの伏線だったのでしょう。

「エイプリルフールズ」の伏線 

エイプリルフールズでは登場人物が様々な嘘をつくことで、それが複雑に絡まり合っていきます。

物語全体に多くの伏線がはりめぐらされ、どんどん回収されていくような作品です。

その中でも、何者かから「君は宇宙人だ」という嘘のメールをもらった少年の元に本当のUFOがやってきて、そのメールを送った偽物っぽい霊媒師の老婆も、実は本物だった、という結末には驚かされます。

「ミックス」の伏線

卓球クラブの所属メンバーは失恋がきっかけで卓球を再び始めた多満子以外にも、妻の上司を不倫相手と勘違いして暴力事件を起こした元ボクサーの萩原、元ヤンの弥生、プチトマト農家の夫婦、オタクの引きこもり高校生

こんなメンバーでは絶対勝てないと思うメンバーだが、大会に向けて彼らは猛練習する。

彼らが、卓球を始めた理由は謎ですが、実はプチトマト農家の夫婦の亡くなった息子が卓球少年だったなど、やがて伏線として回収されていきます。

コンフィデンスマンjp 原作はないけどかなり期待できる!

古沢良太さんの過去のインタビューなどから、古沢さんがオリジナル脚本を書くにあたり大事にしていることが分かります。

“これを作ったら面白いというイメージ”

古沢さんはこれを作ったら絶対面白い、という最初の直観のイメージを大事にしています。

脚本を書いていく過程で、だんだん薄れて行ってしまう、最初に思い描いた時に感じた面白さを、失くさないよう最後まで持ち続けることを心がけているそうです。

“みんなに楽しんでほしい”

自分が書いた脚本がドラマや映画作品になり、人に喜んでもらえることが嬉しいと言う古沢さんは、その作品をみんなに楽しんでほしい、という想いを強く持っているそうです。

一人でもつまらなく思う人がいるなら、そこは直していきたいと考えているとか。

原作のないコンフィデンスマンjpですが、古沢良太さんが脚本を手掛けるなら、とても面白い作品になりそうですね。

コンフィデンスマンjp原作なしだけどかなり面白い?!

コンフィデンスマンjpのストーリーは次の通りです。

年齢も正体も謎で、破天荒なコンフィデンスウーマン・ダー子(長澤まさみ)は、お金とオシャレと美味しい料理が大好きで、ちょっぴり天然な女性です。

ダー子(長澤まさみ)は都会の豪華ホテルのスイートに住みながら、昼も夜も詐欺を計画し、悪徳大富豪たちを陥れようとしています。

彼女は、悪徳大富豪たちの財産を詐欺によりすべて奪ってしまおうと考えているのです。

そんなダー子(長澤まさみ)と一緒に行動しているのが、真面目で若く、気が小さいコンフィデンスマンのボクちゃん(東出昌大)と、あらゆる経験を積んできたベテランのコンフィデンスマンのリチャード(小日向文世)です。

彼らはチームとなり、どんな職業の人間にでもなり済ませるダー子(長澤まさみ)の天才的な才能を武器にして、黒い金に群がる悪徳企業の社長やマフィアのドンらから、金を巻き上げようとします。

抜群のチームワークを誇るダー子(長澤まさみ)たちはターゲットを思いもよらない作戦で陥れ、必ず仕留めます。

一体、彼らはどんな常識外れの罠を使って、狙ったターゲットからお金を巻き上げるのでしょうか。

奇想天外なだまし合いから、目が離せません!

➡コンフィデンスマンjp山下智久は?キャストとの裏事情がヤバい

コンフィデンスマンjpもセリフが面白いかも??過去の名言が爆笑!

古沢良太さんの過去作品ですが、どれもセリフが面白すぎなんです。

デート恋とはどんなものかしら?

ニートじゃなくて高等遊民だ

35歳で働いたことがないニート巧がいうセリフ。

社会に貢献しなくたっていいんだ。僕から言わせると君たちこそ現代の貧相な価値観に凝り固まった哀れな人。明治から昭和初期にかけて働かずに教育を身に着けていく高等遊民が認められていたのさ。

同じくニート男のセリフ。

リーガルハイ

この国では世間様に嫌われたら有罪。法治国家でも先進国でもないんです。魔女を火あぶりにしている中世の暗黒時代だ!

古美門のセリフ。

え~人っていのは、互いに支え合ってるわけではありません。一人の人間が大地に踏ん張って立っている象徴なんです!
人は一人で生まれ一人で死んでいきます。中学時代の友人とか~高校時代の友人とか~役に立ちません(中略)くだらない友情と地元愛で縛り付け自由な人生を阻害!腐ったミカン箱だ!

リーガルハイのセリフはどれも面白すぎなんですが、結構真実言ってるなーと思うセリフもあるんですよね。

コンフィデンスマンjpも名言がきっと出てくるでしょうね。

かなり期待できる作品ではないかと、私は今から楽しみです!!!

➡コンフィデンスマンjp山下智久は?キャストとの裏事情がヤバい

スポンサーリンク