シグナル4話が放送されましたね。では気になるシグナルのドラマ動画を、今からでも無料で見る方法はあるのでしょうか?今回で1997年の連続殺人事件が解決しましたが、やはり全ての人にハッピーエンドとはなりませんでした。4話では、大山刑事(北村一輝)の知人女性が犠牲になってしまいます。犯人は見当がついているものの、何も出来ない1997年、時代と技術の違いを思い知らされました。一つの事件の区切りとなるシグナル4話です。ドラマ動画を無料で見る方法をまとめました。

シグナルドラマ動画4話ネタバレは?

変えられなかった過去

次の被害者が知人の北野みどり(佐久間由衣)だと聞いて、必死に探し回る大山(北村一輝)。

2018年の三枝(坂口健太郎)は、殺人事件が殺人未遂事件に変わるのを待っていたが、一向に変わらいのです。

そのまま警察署で寝てしまい、そこへ桜井(吉瀬美智子)たちが出勤してきました。

目が覚めても、みどりは亡くなったという事実のままだでした。

2018年の被害者の八代英子(真瀬樹里)は、過去の連続殺人について何かを知っていて、口封じのために殺されたのでは?と推測する三枝。

防犯カメラの映像と指紋から、犯人はバスの運転手だった田中(モロ師岡)だと突き止め、桜井がアパートに向かいました。

すると住民は病院だと言います。

息子が事故で歩けなくなり入院していて、ほぼ付きっきり、看病のために仕事も辞めたのでした。

21年前の犯人は息子

三枝は、過去の事件の犯人は田中ではないのでは?と感じ、バス会社を訪ねます。

21年前の犯行時刻にはアリバイがありますが、仕事中に息子の仁志(尾上寛之)をよく乗せていたという証言が得られました。

美咲はその頃、病院に着きました。

窓から警察が来たことを見ていた田中は、病院を出て行きます。

田中の自白

桜井が病院に着くと、田中の息子の仁志が一人で寝ていました。

そこに三枝から電話が掛かって来ます。

八代英子を殺したのは田中だが、21年前の犯人は息子の仁志だと美咲に伝えました。

そのとき、仁志が突然起きて美咲の首を絞めます。

三枝は美咲の声が突然切れたことに不安を感じ、急いで病院に向かうのでした。

病室では美咲が反撃し、無事でした。

そのとき父親の田中は全て自分がやったと自首していました。

美咲は息子が犯人だと言うものの、証拠がなく、上層部も明日田中が犯人だと記者会見すると決めていました。

ですが三枝たち捜査班は、ギリギリまで証拠集めに走ります。

大山と交信

次に三枝と無線で交信したとき、大山はみどりを助けることが出来ず、ひとり部屋で泣いていました。

そして犯人についても分かっているようでした。

でも逮捕出来るだけの証拠がないのです。

そして、三枝には資料しか情報が無いが、2017年は違うんだと言います。

被害者を目の前で見ているからこそ、リアルな怒りや悲しみを感じていました。

自分が犯人を殺すから2018年の情報を教えて欲しいと頼みます。

しかし三枝は教えません、大山を犯罪者にしたくないからです。

同僚の八代英子に話しを聞くよう三枝は言いましたが、そのとき大山はすでに無線を聞いていませんでした。

美咲の記者会見

記者会見の最中、中本(渡部篤郎)が話しているときに岩田(甲本雅浩)がやってきて耳打ちしたのです。

そして、代わりに美咲が会見で説明することになりました。

美咲は、八代殺害事件の捜査から、1997年の連続殺人の犯人が田中の息子・仁志であると発表するのでした。

その証拠は、大山が北野みどりにあげた髪留めでした。

八代はみどりが田中の息子に襲われ殺害されるところを見ていて、父親の田中をおどしていたのでした。

現場で髪留めを拾っていた八代は、仁志の犯行の証拠として銀行の金庫へ保管していました。

髪留めには、みどりと仁志のDNAが付着していて、仁志が犯人だという証拠になったのです。

大山が仁志の足を奪っていた

1997年、大山は田中家を訪ねます。

そこにいた仁志が大山を見るなり逃げ出します。

廃工場の屋上まで追って行ったところ、父親の田中もやってきました。

田中は、証拠がない、仁志がバスに乗ったときの乗客2人も殺されて証言できないから、息子は逮捕出来ないと言います。

だったら自分が殺そうと、仁志に銃を向ける大山ですが、逃げた仁志は屋上から落ちてそうになってしまいます。

とっさに腕を掴む大山ですが、仁志自らその手を振り払い落下しました。

この事故で、仁志は歩けなくなり、その後事件は起きなくなっていたのです。

事件解決

2018年、三枝は田中の取り調べで息子の足の事を聞いていました。

大山が事件を終わらせてくれたんだと言います。

まだ息子がかわいそうだとかばう田中に、亡くなった女性たちの写真を見せる三枝でした。

そして仁志も女性連続殺害事件の犯行を自供しました。

その後、三枝はみどりの父親を訪ね、あの髪留めは大山が誕生日プレゼントで買ってあげたものだと聞きます。

三枝は無線で大山に、2018年で仁志を逮捕できたことを伝えますが、証拠となるものが髪留めだとは言いませんでした。

1997年の技術では証拠にはならないと伝えるのでした。

1997年大山もまた、みどりの父親を訪ね、みどりを死なせてしまったことを謝ります。

すると父親は2枚の映画チケットを大山に渡し、みどりが大山を誘おうとしていたことを聞くのでした。

シグナルドラマ動画4話無料視聴は?

シグナルは以下の3つの方法で視聴できます。

ティーバーやギャオ

ティーバーやギャオでは、次の放送前までは前の話が無料で見られます。

シグナルは5/1に第4話が放送されましたね。

ということで、5/8の5話放送前であれば4話を配信しています。

そしてギャオではシグナルのチェインストーリーも配信しています!

物語の裏側を少し見ることが出来ます。

フジテレビオンデマンド

ですがうっかり見逃し配信を見逃してしまった!なんてこともあると思います。

そんな時はフジテレビ公式のフジテレビオンデマンドがおススメ!!

フジテレビオンデマンドでは31日間の無料お試しキャンペーンを開催中!!

プレミアム見放題対象作品は見放題で見れます!!

シグナルは見放題対象作品ではないですが、登録時にもらえる8がつく日に400ポイント(8日18日28日合計1200ポイント)もらえるので実質4話分が無料で見れます!!

見逃しパックも300ポイントで見れるのでお得ですね!!

さらにシグナルの原作である韓国版シグナルは見放題対象作品となっています!!

FODプレミアムには、4月スタートの以下のドラマもあります!
こちらも見放題対象作品となってます!!!

コンフィデンスマンJP

詐欺師のダー子(長澤まさみ)が、仲間の心優しい詐欺師のボクちゃん(東出昌大)と、ベテラン詐欺師のリチャード(小日向文世)とともに、毎週ひとりのターゲットから大金を巻き上げます。
1話完結で転回が早く、見やすいドラマですね。
ダー子は毎回いろいろな人物になりすまし、念には念を入れて計画を練ります。
時には仲間まで騙す、ダー子の才能が見どころです。

モンテクリスト伯

200年前の小説、巌窟王が原作です。
暖(ディーン・フジオカ)は友人に騙され無実の罪をかぶせられます。
外国に幽閉されるのですが、14年後巨額の富を手に入れ戻ってくるのです。
誰もその男が暖だと気が付かない、そして復讐が始まります。

いつまでも白い羽

看護学校に通う生徒たちの物語。瑠美(新川優愛)は大学受験に失敗し看護学校へ入学しました。そこには子供を持つ母親もいれば、法学部を卒業した人も入学してきて、年齢や経歴も様々な同級生たち。実習の毎日ですが、実際に患者とも触れ合います。白衣の天使の卵たちは、無事卒業できるのでしょうか?

まずは無料でお試し!フジテレビオンデマンド

auビデオパス

こちらはauユーザー限定になってしまうんですが、こちらも初回30日間の無料トライアルやってます!!

さらに!!

以下の作品も見放題!!!

まずは無料でお試し!auビデオパス

シグナルドラマ動画4話見どころは?

事件は大山の前で起きている

大山刑事(北村一輝)の言い分がとてもしっくりきました。
知人の女性を救えなかった大山が、三枝(坂口健太郎)と無線で話しているときのこと。
2018年ではこの事件について、資料しか無い。
でもこっちは違う、そんなに簡単じゃない、と言うのです。
今回、大山の知っている人間が殺されてしまったこともあり、とても納得できました。
三枝にとっては資料の中の事件は過去、知らない人間の名前ばかり。
ですが大山にとっては違うのです。
被害者やその家族に会い、その人が何を頑張っていたか、どんな人だったかを知ってしまう。
どうしても感情が入ってしまいますね。

技術の進歩

1997年でも犯人は分かっていました。というか証拠が無いだけで、犯人も逆ギレ、自白に近いような事を話していますし、大山が追い詰めたのは紛れもなく犯人。ですが、1997年の技術では犯人を特定する証拠にはならないのです。そのこともあり、三枝は2018年で犯人が捕まったこと、その証拠は1997年にもありますが、その時代の鑑定技術では証拠にならないと大山に伝えました。そして証拠が大山が被害者にあげた髪留めだということも伝えませんでした。やはりなるべくしてこうなったのでしょうか。2018年だからこそ解決できた事件でした。無線で過去と連絡が取れるからといって、何でも上手くいくわけではありません。もちろん人を助けるためにやっていることですが、悲しい結果に終わることもありますね。

バカ親

犯人の親、過保護すぎました。今時の親って思いましたが、この父親、20年前からもこうでした。子供が間違っていることを知りながら黙認するだけで無くかばうのです。本来は正しい道へ戻すのが親の勤めなのに、そうではありませんでした。なんとも後味の悪い犯人、親子。2018年、三枝はこの父親に言います。無くなった人にも家族があり人生があった、中には母親であった人もいると。子供には正しく生きて欲しいと思いながらも、もし犯罪を犯したら、やはりかばってしまうのでしょうか、考えさせられる親子でした。

シグナルドラマ動画4話視聴者の反響は?