シンゴジラが話題になってますね。今週12日に放送されたシンゴジラ。地上波シンゴジラでは小出さんがカット?などそのシーンが気になる人も多く注目されましたが、視聴者の感想はどうだったんですかね。“面白かった。録画して何回も見た”という人もいれば“これがアカデミー賞?”と不評の声もあるシンゴジラ。地上波シンゴジラの感想をあれこれまとめてみました!!!

スポンサーリンク

シンゴジラ地上波感想どうだった?

今回のシンゴジラ面白い派と面白くない派にどうもわかれたみたいですね。私は東京が破壊されるなど迫力あって面白かったんですが、視聴者の皆さんは2つに分かれたようです。

“面白かった!”

『シン・ゴジラ』やっぱ面白い! ゴジラも魅力的だが、最高に盛り上がるのは新幹線爆弾&在来線爆弾だ。もう心躍りまくり。両者のどちらがすごいか、線路の強度と車重で比べると、新幹線N700系は1両に爆弾20tを積めるが、車両の軽い在来線は30t積める。列車爆弾として強力なのは在来線だ!

➡シンゴジラ地上波動画無料で見るには?

実は当初、東宝側から「長谷川博己と石原さとみによる恋愛要素を入れろ」との要望があった。庵野監督が断固として拒否したから良かった。余分な要素がなくて楽しめたと思う。

“監督が運転手だった?”

➡シンゴジラ地上波動画無料で見るには?

皆さんはもうお分かりでしょう。僕は9回目でようやく気付いたんですが、『シン・ゴジラに庵野監督出てるって噂あったから意識して観賞したよ。そしたらね、居たよ。庵野監督、バスの運転手だった。』んですね。
シン・ゴジラの魅力は鉄きちにとって見応えがあり例えば京急800型が吹き飛ばされるシーンは実際車両基地に行って取材してリアルな車両を撮影して臨場感あふれるように仕上げ、京急蒲田駅のシーンでは実際に京急バスを動かしたとかいう話、監督の鉄道愛が込められてますね

“石原さとみがイマイチ?”

石原さとみさん、やはりミスキャストのように思う。出たとたん現実に戻されました。そこまでは息が詰まる感じで引き込まれたんだけど。

➡シンゴジラ地上波動画無料で見るには?

石原さとみさんがちょっと違和感感じました、いつもおしゃれでかわいいイメージの彼女、今回の作品では大統領?ちょっと無理がある配役だなと見ていて感じました。

スポンサーリンク

“リアルだった!”

シンゴジラ、すごいなって思うのは直接人が死ぬ描写もなければ誰か、どこかの家族に焦点が当てられて亡くなって残された身内サイドのお涙ストーリーも一切ないのに確実にたくさんの人が死んでてそこにいた人がいなくなった悲壮感と絶望感をこれでもかと感じさせるところがすごい。

会議シーンもリアルだった。あーだこーだ言いながらなかなか進まない日本の官僚。

“早口で聴き取れない?”

シンゴジラを視聴していたところ、家族から「人が多過ぎだし早口だしで何やってるかわからん」との苦情が入り歌謡曲特集にチャンネルを変えられました。

“迫力はあった!”

よく怪獣ものとかで、怪獣や異星人が街を破壊しまくると、その迫力に圧倒されながらも、「あれ被害総額どのくらいするんだろ?」「住民は今後どうすればいいのか?」とか考えてしまうんですよ。シン・ゴジラはその編をマジで考察してみた点もよかったと思いますね。
映画館で内閣総辞職ビームで東京が火の海になるシーン観た時、本気で泣きそうなくらい怖くて椅子の上に縮こまって膝抱えてブルブル震えてたんだけど、今日も全く同じ状態になってびっくりした 映画館の暗さや音響・スクリーンの迫力もないのにトラウマみたいになってる

シンゴジラ地上派視聴者感想まとめ

いろいろツッコミたくなるシンゴジラですが、このシンゴジラはゴジラの出現があの大震災などを彷彿させるストーリーで、やはり緊張感、迫力ある作品だったのではないでしょうか??最後の尻尾はやはりいろいろネットでも言われていますが、どういう意味なんでしょうね??

スポンサーリンク