週刊文集がまたも不倫を暴露!なんと斎藤由貴さんが男性医師とダブル不倫しているとの情報が入りましたが、本当なんでしょうか?さて斎藤由貴さんといえばモルモン教の信者で有名ですが、モルモン教のガーメントというものを身につけなくてはならないようですが、このガーメントというのがなんだかヤバそうなんです。気になったのでモルモン教ガーメントについて調べてみました。

スポンサーリンク

斎藤由貴モルモン教ってそもそも何?

斎藤由貴さんといえばモルモン教の信者で有名ですよね。モルモン教っていったいどんな宗教なのか?調べてみると、キリスト異端といって正統キリスト教ではなく、人権侵害をするカルトだそうです。

ベルギーでは認定されているみたいですが、麦茶はいいけどコーヒーはダメとかいろいろ規則があるんだそうです。

またこのモルモン教いろいろ制約があるみたいで、調べてみると日常生活にも支障をきたすような感じがします。

モルモン教ではアルコール類は飲まない。コーヒー、緑茶、紅茶などカフェインが入ったものは飲まない。タバコはダメ。肉類は控えめにということです。

で、気になるのはモルモン教のガーメントというもの。モルモン教で検索するとガーメントという言葉が出てきますが、一体ガーメントとはなんなのか?

スポンサーリンク

斎藤由貴モルモン教ガーメントとはこんなもの!

モルモン教ガーメントについて調べたのですが、どうやらこういったものだそうです。

この画像みて最初に思ったんですが、これってよく父親が着ていたステテコじゃんと思ったのは私だけでしょうか?笑

男性はともかくとして、女性がこれを着ていたら、それこそ、この上に着る衣服はかなり限られそうですよね。

斎藤由貴モルモン教ガーメントの着方

さてこのガーメントですが、着用の仕方があるんです。女性はなんとこのガーメント(下着?)の上にブラジャーをつけなくてはならないそうです。

そ、そうなんですね~~~~えーとなんだかそれって変ですよね?かなり衣服を着た時に、違和感ありそうですが・・・・

斎藤由貴モルモン教ガーメントってそもそも意味は?

さて気になるのがこのガーメントの意味ですが、調べたところ、モルモン教用語では大変重要な意味のようです。

アダムとイブがエデンの園から追放されたときに神から与えられた革の衣服がガーメントというものだそうです。

ちなみにこのガーメントですがすべてのモルモン教徒信者が着れるわけではないようです。

エンダウメントという儀式がありその儀式を受けて、清い身体になったものだけが着用できるものだそうです。

斎藤由貴モルモン教ガーメントのルールが厳しい?

またこのモルモン教のガーメントですが、ひとたび着用すると、入浴、着替え、水泳など以外は脱いではいけないんだそうです。

基本24時間身につけないといけないんだそうです。ということはモルモン教の斎藤由貴さんもこれを24時間身に着けているんでしょうか????

ちなみに、モルモン教では不倫などは絶対に禁止です。まーそうでしょう。そういう行為に及ぶときはこのガーメントを脱がないといけないですし、相手のガーメントを見ることになりますが、そんな神聖なものを身に着けていながら
そういった行為をすることがそもそも理解しがたい姿なんですね。

斎藤由貴モルモン教ガーメントは皮膚?

モルモン教ではガーメントは“皮膚だと思いなさい”と言われています。

女性で言うとこのガーメントの下につけていいのは生理用ナプキンのみなんですね。ということはパンツがこのガーメントということになりますね。

また加工することは禁止されています。短くしたりするのはNG。古くなったら、捨てますが、このまま捨てられず、形が分からなくなるまで切って捨てるんだとか。

いろいろ大変なガーメントという印象を受けますね・・・・・・

斎藤由貴モルモン教ガーメントまとめ

いかがでしたか?ガーメントについて調べてみましたが、それにしても気になるのは・・・・・

このガーメントを身に着けた斉藤由貴がその医師とそういう関係になっているんでしょうか???

このガーメントを着てベットシーンは盛り上がらない気がするのですが・・・・苦笑

またガーメントを着ると、衣服も限定されてしまい、(丈の短いスカートは履けないなど)日常生活で支障をきたす感じがしますが、あなたはどう思いますか?

➡斎藤由貴週刊文集暴露!詳細はこれだ!

スポンサーリンク