「わろてんか」動画36話のタイトルは、「生涯忘れない雪の華」となっています。

わろてんかの35話では、藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)は、亀井(内場勝則)に500円を3日以内に払わないと寄席を売らない!と言われてしまいました。果たして、てんと藤吉は、500円を支払うことができるのでしょうか。
 
ここからは、36話のあらすじとみどころをお伝えしていきたいと思います。更に、わろてんか36話を見逃してしまった方に、無料で動画を視聴する方法もご案内したいと思います。
 

わろてんか動画36話あらすじは?

藤吉が「てんがどこにもいない!」と探しているところから物語は始まります。
その時、てんはというと・・・・京都の実家にいました。てんはしず(鈴木保奈美)にも内緒で京都に来たのです。
しずはてんが来ると真っ先に「帰りなさい」と言います。
 
しかし、てんは「商人としてきた」と言い放ちます。そう、てんは商人として交渉をしに儀兵衛(遠藤憲一)に会いに来たのです。てんは、「500円を貸してほしい」と頭を下げました。儀兵衛は、「お前はもう赤の他人だから甘えるんでない。」と突き放すのです。てんは、「寄席を藤吉と二人でしたい。今日は藤吉に言われて来たわけではない」と言いますが、儀兵衛はその話を断ります。

そこへ、なんと藤吉がやってきたではありませんか!
 
藤吉は、「てんに敷居を跨がしたのは自分の責任だ」と頭を下げます。「大事な約束を破ってまで寄席を買うわけにはいかない。またいつの日か、寄席は手に入れるはずだ。だから約束を破るようなことはするな!」と藤吉は言うのです。
そして、立ち去ろうとすると、ハツ(竹下景子)がやってきて、「儲かるならいい話だ」というのです。
でも、藤吉は、「儲かるかどうかはわからない。てんと二人で手を携えてやれば、みんな幸せになる寄席ができると信じている」藤吉は言います。ハツは、「この髪飾りを足しにするように」と渡そうとします。っとそこへ、儀兵衛が割って入り、「500円を用意しなさい!」としずに言いました。
 
その晩、てんは儀兵衛と二人で話をして、お礼を言いました。
そこにきれいな雪の華が舞い散ります。儀兵衛は、「いつかその寄席で笑わせて欲しい。」とてんに話しました。
てんは、「必ず笑わせてみせるからね」と約束しました。てんは、指切りをしようと儀兵衛の前に指を出しましたが、「誰がそんなことするか」と恥ずかしがって指を出してくれません。そして、てんに「笑てる?」かと問います。てんは「笑て生きていますよ」と答えました。
 
てんと藤吉は、儀兵衛のお陰で亀井に500円を支払い、寄席を購入することできました。

わろてんか動画36話見逃しは?

「わろてんか36話」を見逃してしまった~!とショックを受けている方に朗報です。

朝ドラって毎日短い時間の放送だし、その時間に出勤の準備や家事を忙しくしている方も多いのではないでしょうか。
忙しくてドラマを見逃してしまった方でも、わろてんか36話の動画配信を観ることができますよ。
それは、日本最大級の動画配信サービスU-NEXT!!
この配信サービスをうまく利用して、「わろてんか」の動画を視聴することができるんです。
さらに、過去に放送した朝ドラや大河ドラマ、ドラマ10も視聴できますよ。

また、今、U-NEXTでは31間無料トライアルキャンペーンを実施しています。
配信本数は、120000本以上!

31日間という無料動画配信サービスの期間は、数ある配信サービスの中でも長いほうです。
私も31日間の無料動画サービスを利用してみましたが、本当に料金がかからずに視聴できました。

また、31日間のサービス期間が過ぎてしまっても、NHK見逃し見放題(毎月972円)というものがあり、それがおすすめです。最大の利点は、U-NEXTでは毎月1200のポイントがつくということです。

この1200ポイントを使ってNHK見逃しパックを実質0円で観れるのです。
ドラマや映画好きの方、ぜひお試しください。

見放題できるNHKドラマは?

U-NEXTのNHK見逃し見放題コースで視聴できるドラマを3つご紹介します。

●ひよっこ
1960年代の高度成長期を支えた、一生懸命働く人々の波乱万丈な物語

茨城県の山間の村で育った谷田部みね子。東京へ出稼ぎに行き帰ってこない父。その父を追うようにして、集団就職で上京したました。工場で働き始めますが、初めて見る大都会に戸惑うことが多くあります。仲間たちと過ごして、出会いと別れを経験しながら、みね子は東京に自分の居場所を作っていくことになります。

●利家とまつ
唐沢寿明、松嶋奈々子主演!夫婦の愛と戦国武将のサクセス物語

少年時代、華美な格好や奇抜な言動で「かぶき者」と言われた前田利家。まつと出会った利家は、信長の一声でまつと結婚が決まります。翌年、長女も生まれ、幸せな日々を過ごしていました。そんな矢先、利家は城内でにん傷事件を起こしてしまいます。それによって信長の怒りを買うことになってしまいました。

●ちゅらさん
国仲涼子主演!沖縄生まれ・ヒロインの成長物語

1972年5月15日、沖縄県小浜島の古波蔵家では、恵文・勝子夫妻に女の子が生まれました。その女の子は恵里と名付けられます。成長した恵里は東京の大学を受験することになりました。やがて東京で看護師となり、そのひたむきな明るい生き方で周りの人々に「南の島の潤い」を広げていくことになります。

わろてんか動画36話見どころは?

わろてんか36話・・・お金が足りなくて、てんと藤吉がもっと苦しむかと思いましたが、あっさりとお金を調達することができて寄席も買うことができましたね。もっと、ひぱってもいいのに~と個人的には思いました・・・いじわるかな・・?

●結局はてんに優しい儀兵衛
 
てんが一人で頭下げにいった時、儀兵衛は、「赤の他人だからお金を貸さない!」と言ってましたが・・・。なんで突然気が変わったのでしょうか。やっぱり、京都まで藤吉がやってきて、てんを連れて帰ろうとしたから??
祖母のハツも儀兵衛も、藤吉がてんに対して、約束を破ってまでお金を借りてはいけない!と叱ったことが、藤吉を信頼できると思って、手助けしてあげようと思わせたのかな・・と思います。
藤吉の誠実さが伝わった場面だなと、感動的でした。
 
 
●やっと藤吉の良さが分かる

わろてんか36話で、やっとのこと藤吉の誠実さがてんの周りの人に伝わったと思い、ほっとしましたね。
藤吉がひょいひょい京都まで来て、お金を借りようよする男性ではなくて良かったですよ。
ハツが「儲ける話ならいいじゃないか」と言った時、藤吉は「かならず儲かるとは言えない」と話しましたね。確かに、「かならず儲かる!」と大きなことを言って失敗する人よりは、誠実に見えるかな・・と思いますが。私は、もう少し藤吉には自信を持って発言してほしかったなと思います。感じ方は人それぞれですけどね。

●てんに幸せが来そうな予感・・・

京都までお金を借りに来て、そこで藤吉の男らしさも確認できて・・なんだかてんにも幸せが訪れそうな予感がしますね。
念願の寄席も買うことできましたしね。わろてんか36話の最後にてんは「笑て生きていますよ」と儀兵衛に答えたところが、ジーンと来ました。てんの笑顔は、本当にかわいいですね。朝からこのドラマを観て、てんの笑顔を見ると「今日も一日がんばろう」って気持ちになります。

でも、1つ気になるのは、儀兵衛の体です・・・。てんは寄席の購入のことで頭がいっぱいになっているので、きっと儀兵衛の変化に気づかないんでしょうね。ちょっとやつれた感じがするのですが・・・。
 
 

わろてんか動画36話視聴者の感想は?

わろてんか動画36話、どんどんいい方向にむかっている感じがしますね。念願の寄席も購入できましたし、あとはてんと藤吉が頑張るだけって感じですね。
わろてんか動画36話の視聴者の感想はどうなっているでしょうか。Twitterからまとめてみました。

●栞様がいる時は都合よく出てこない長屋の住人達。わろてんか36話の実家の時もだったが、本来そこにいるはずのキャラが出てこない。吉田智子は「その状況で起きるかもしれないこと」を、自分が楽するために全部消し去ってしまう。

●今週に入りやっとこさ、てんが朝ドラの主人公っぽくなってきたように思えます。
主人公自らが行動し、結果がついてきて成長を遂げるこの展開に辿る着くまでにひと月半も費やしてしまうとは・・ね。

●終始涙目のお父ちゃんも辛かったし、障子の向こうで耐えてる風太がかなしすぎて、なんか全然笑えない話になってるのはなんでですか。芸事って形振り構ってられないんだろうけど、踏み越えちゃならねえ線ってあるんじゃないの。

●おてんちゃんは「商人として来た」と言っていたけど、どんな商談をするつもりだったんだろう?

●「藤吉が成長した」「嘘をつかなくなった!」