ドラマ明日の約束では、圭吾の謎の死をめぐり、様々な出来事が起こりましたが、やがて主人公の日向は、重要なのは犯人探しではないということに気づきます。最後に日向が出した答えとは、どんなものだったのでしょうか。
明日の約束を見逃してしまった、もう一度最初から見直したい、という場合、9tsuで動画を探している方にお知らせがあります。明日の約束の動画を9tsuで視聴することに危険性はないのかどうか、明日の約束を見れるのか?また見逃した場合の視聴方法、明日の約束最終話のあらすじ、見どころなどについて調べてみました。

明日の約束動画最終回のあらすじは?

日向(井上真央)は、英美里(竹内愛紗)から預かった音声データを真紀子(仲間由紀恵)に渡すため、片岡家を訪れます。

そこで真紀子(仲間由紀恵)が死のうとしているのに気が付いた日向(井上真央)は、死んでも圭吾(遠藤健慎)の気持ちが分かるわけではないと言うのでした。

そして、日向(井上真央)は、自分も母との関係に悩んできたこと、母がいなくなればいいと思ったことがあること、愛情が分かるからこそ苦しいことを話します。

さらに、死の前日に圭吾(遠藤健慎)から告白されたことも明かし、謝罪するのでした。

学校で霧島(及川光博)に会った日向(井上真央)は、先生がやっている行為は、本当に自分が望んでいる教育方針なのか、とたずねます。

それに霧島(及川光博)は過去を言い訳にするつもりはない、と答えるのでした。

その後、英美里(竹内愛紗)は真紀子(仲間由紀恵)を支えるために家に戻り、希美香(山口まゆ)は日向(井上真央)に、母と会って、謝られたことが嬉しかったと話します。

和彦(工藤阿須加)とも会い、彼が医学部を目指すことを聞いた日向(井上真央)。

二人は、お互いの家庭の問題を乗り越えることを決意し、和彦(工藤阿須加)は、その時はまた会おうと言います。

そして家に戻った日向(井上真央)は、尚子(手塚理美)に向かい、あることを提案し、いびつな母子関係の決着を付けようとするのでした。

そして終業式の日、退職した霧島(及川光博)や記者の小嶋(青柳翔)が見ている中、生徒達の前で最後の挨拶をする日向(井上真央)。

日向(井上真央)は、「この出来事の中で、今一番許せない人物がいます」と話し、それを聞いた生徒達や教員らは、ざわつきます。

➡明日の約束動画10話無料は?
➡明日の約束動画9話無料は?
➡明日の約束動画8話無料は?
➡明日の約束動画7話無料は?
➡明日の約束動画6話無料は?
➡明日の約束動画5話無料は?
➡明日の約束動画4話無料は?
➡明日の約束動画2話無料は?
➡明日の約束動画1話無料は?

スポンサーリンク

明日の約束 動画 9tsuは?

9tsuはアメリカにサーバを置く無料動画サイトです。

一定時間内に多くの動画を再生してしまうと、視聴制限がかかってしまい、しばらくの間は動画の再生ができなくなるため、動画をダウンロードする方もいるようです。

しかし、9tsuにあるドラマ、映画の動画は違法にアップロードされたものであり、そのようなものを視聴する、さらにダウンロードをすることは法律違反に当たり、刑事罰に処される可能性があります。

また実際に 9tsuにアクセスしたらウイルスに感染しているとの警告画面が出てきました。

動画の再生中に表示される広告を介して、マルウェアに感染する危険もあるようです。

マルウェアとはウィルス、スパイウェア、トロイの木馬などの有害な動作をするプログラムの総称で、これに感染すると、気づかぬうちに個人情報を盗まれるなどの被害にあいます。

9tsuのような無料動画サイトでドラマの動画を視聴することには、このような危険がともないますので、ドラマを見るなら、公式の動画サービスが、安心・安全です。

明日の約束 動画は今すぐにスマホで~見れる!

明日の約束を見逃してしまった場合でも、スマホで、視聴することができます。

明日の約束はフジテレビオンデマンドで見逃し配信しています!!!

・今なら31日間の無料お試しキャンペーンを実施中!
・お試し期間中は、通常月額888円(税抜き)の利用料が0円になる!
・フジテレビで放送中の最新ドラマや過去のドラマ、映画が見放題できる!
・Yahoo Japan IDを使って簡単に登録ができる!

このように、フジテレビオンデマンドには、おすすめポイントがたくさんあり、とてもお得です!

フジテレビオンデマンドで現在見放題作品になっているドラマ・映画

・「刑事ゆがみ」・・浅野忠信&神木隆之介主演、2017年放送
・「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」・・篠原涼子主演、現在放送中
・「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」・・知英主演、現在放送中
・「コードブルー3season」・・山下智久主演、2017年
・「僕たちがやりました」・・窪田正孝主演、2017年
・「白ゆき姫殺人事件」・・井上真央主演、2014年
・「八日目の蝉」・・井上真央主演、2011年

この他にも、多くの最新ドラマや映画が見放題できるので、とてもお勧めです!

今なら無料お試しキャンペーン中!!!

<<FOD無料お試しはここからどうぞ>>

明日の約束 動画最終回見どころは?

➀再び対峙した、日向と真紀子の最終決着とは?

吉岡家を訪れた日向は、死のうしている真紀子を説得します。

圭吾が幼いころからすでに吉岡家は崩壊しており、真紀子にとっては「守ってあげる」と言ってくれた圭吾だけが、人生のすべてだったようです。

日向は、真紀子が圭吾を愛していたことは認め、しかし、愛情が分かるからこそ、親の決めつけが子供にとっては辛い、と自分が母・尚子からされてきたことを話し出すのでした。

日向は、母の束縛から逃れて自由になるために、母にいなくなってほしいと思ったことを明かします。

そして、「私と違って圭吾君は自分がいなくなることを選んだんです。明日が来るのが怖いと言って・・」と話し、死の前日に圭吾からつきあってほしいと告白されたが、断ったことも明らかにするのでした。

日向に掴みかかる真紀子に、それで吉岡さんが生きようと思えるならかまいません、と言う日向。

そして圭吾の、自由になりたい、今日とは違う明日が来てほしい、という願いを分かってやれなかったことを、真紀子に詫びるのでした。

自分のせいで圭吾が・・と動揺する真紀子に、日向は、「圭吾君は、お母さんのせいだなんて言いません」と静かに語り掛け、真紀子は、泣き崩れます。

自分の辛かった経験を話し、圭吾に告白されたことも明かしてまで、死のうとしていた真紀子を救おうとした日向。

日向の、強さや優しさが、真紀子の心に救いをもたらす様子に、感動したという声も上がっています。

➁日向が尚子との関係に下した決断とは?

日向は、尚子に、家を出て行くと宣言します。

そんなにママのことを嫌いなの?と怒る尚子に、日向は嫌いじゃない、だからつらい、と今まで尚子にされて辛かった様々なことを話します。

それでも、尚子はたまに優しくしてくれることがあったため、日向は、いつか普通の親子になれるのでは、と信じたかったのでした。

そして日向は、ママはいつもあんたのためを思って・・と言い出す尚子に「もういらない、自分勝手な押し付けの愛情、もういらない」とハッキリ言って、涙を流すのでした。

距離を置いて、できたらいつか謝ってほしい、と言う日向に、尚子は怒鳴り散らし、ママが嫌いならそうちゃんと言ってから出ていけ、と言い放ちます。

しかし日向は、「自分を産んでくれた人を嫌いになるのは、自分を嫌いになることと同じだから、言わない」と答えたのでした。

そして日向は、ずっと返事を書かなかった尚子の「明日の約束」ノートに、「明日の約束。私は私のために生きていきます」と書き残し、母と決別し、前を向いて歩きだします。

自分を苦しめ続け、それでも離れられなかった尚子に、ついにはっきりと気持ちを告げ、新しい一歩を踏み出した日向の姿に、カタルシスを感じた視聴者も多いようです。

➂日向のスピーチが心を打つ

終業式の日に、全校生徒の前で最後の挨拶をした日向は、圭吾のことに触れます。

そして、「私がこの出来事の中で、今一番許せないと思っている人がいます」と言い出した日向に、生徒達はざわめきます。

日向が許せないと語ったのは、亡くなった圭吾のことでした。

日向は、圭吾に、生きて逃げる道を選んでほしかったと話します。

圭吾と似たような経験をしながらも、死を選ばず生き延びた日向だからこそ言える言葉なのかもしれません。

そして日向は生徒達に、自殺を現実から逃げるための手段と思ってほしくないこと、悩みや苦しみがあっても、死を選ばずに生きているということは誇りに思うべきことで、たとえ人生で辛いことがあっても、生きて逃げることを第一に考えてほしいと訴えます。

生きることから逃げさえしなければ、生きていればやりなおせる。

たとえ幸せが約束された明日ではなかったとしても、明日も生きているということが何より大切、と話す日向のスピーチは「明日の約束」というタイトルにも通じ、胸を打つもので、Twitterでも、絶賛されています。

ここで日向の語ったことこそ、このドラマが伝えたかったことなのかもしれません。

明日の約束動画最終回感想は?

結局最後の最後まで圭吾の死の真相は分からないままでしたが、日向の『一番許せないのは圭吾自身』だという言葉が胸に刺さりました。人は誰しもがその大小に関わらず、悩みを抱え、それを乗り越えようと必死にもがいて生きています。生きているからこそ明日がきて、明日がくるからこそ生きていく、簡単なことのようでとてつもなく難しいことなのかもしれません。悲しみや苦しみを抱えたまま、それぞれが明日を生きるために前を向き、進みだした姿が素敵でした。(30代女性)

生徒や先生、一人一人が悩んでいたことをきちんと解決していく姿を見ていて、今までのドロドロだったドラマを見ていたのでスッキリした気持ちになれました。けいごのお母さんも少しずつ心を開いていく姿、嬉しく思えました。
そして、ひなた先生の今まで言えなかったお母さんに対しての言葉、すごく胸にささりました。自分にも子供がいるので親の押し付けはよくないという事を教えられました。そしてひなた先生の最後の挨拶、「生きる」という意味を教えてもらった気がします。私も子供たちに生きる意味を伝えていけたらなと思いました。(30代女性)

学校の人間関係を描いたドラマでしたが、難しい内容でした。最初はいじめの問題かと思ってましたが、家庭環境や人間の気持ちなどとてもデリケートな部分が扱われていました。最終的に吉岡君が自殺した理由は明確にならなかったし、明確にしない方が良いとは思いますが、もやもやした気持ちもありました。藍沢先生の親子関係も複雑で、親だから嫌いになることは出来ないというのはとても苦しいものです。お母さんも何かきっかけで分かってくれたら良いのですが、あの親子が和解してくれたらと何度も思いました。(20代女性)

毎回録画して観ていました。途中、少しサスペンスタッチなのかな?と思ったのですが、昨日の最終回で、これこそが、このドラマが伝えたかった事なのだと気づきました。誰が悪いとか、誰のせいだとか、そんな事ではなく、とにかく生きる事!辛かったら逃げても良い。自分が辛いなら、そう言えば良い。簡単ではないかもしれない。言いたくても言えないかもしれない。でも、死なないで!生きて、辛い時を(事を)しのいで、その先を、自分の未来を捨てないで!日向が許せないのは、けいご君が自らその努力を放棄した事。生きてさえいれば、何か道があったはず。今、辛く苦しい環境にある子たちにぜひ観て欲しいドラマでした。(50代女性)

圭吾の自殺を通して、それぞれのキャラクターが次へ向かって進んでいく希望の持てる終わり方だったと思います。日向が真知子に言った「親の思い込みが子供を追い詰める」というセリフは、誰もが子供の頃に親に対して感じていたことだと思います。なのに、自分が親になると子供に対していろんな事を押し付けてしまうのは何故なんだろうと疑問を感じました。このドラマ全体を通して、親も子供も、今の自分たちの関係を見直すきっかけになるような作品だったと思います。(40代男性)

テーマが毒親だったので最初から見ていましたが最終回は割と呆気なかった感じがしました。毒親によって、自分を押し殺して自分に嘘や、我慢をしていた生活から一歩前に出て歩んで行く事には共感を得ました。
色んな形でみんな苦しんでいても現実から目を伏せがちだけど、目を伏せずに向かっていく事の大事さを知り深く考えさせられました。私も毒親持ちなのですが、親や周りの人間に振り回されても自分の人生は自分の物なんだと改めて感じさせてくれるドラマだった思います。(40代女性)

母との関係や自殺の問題などとてもテーマが重かったと思います。自分がかかわった人が理由もわからず自殺してしまった場合、残された方はどうしてなのか原因をつきとめたり、誰が悪かったのか犯人捜しをしたりしないと前に進めなくなってしまい、これから先も罪悪感を消すことはできないまま生きていかなければならないのはとても辛いことです。日向の自殺が許せない、死を選ばずに生きることを誇りに思い、生きて逃げることを第一に考えてほしいというメッセージはとても心に響きました。(40代女性)

日向先生の終業式でのスピーチがとても印象に残りました。圭吾君が自殺したのは毒親のせいなのか、告白を断った日向先生のせいなのか、それともクラスのいじめのせいなのかそれぞれに考えるところがあるけれど最終的には自分で命を絶ってはいけないんだと。日向先生は今苦しんでいる子に向けて、生きて逃げて下さいっていう場面が素晴らしいと思いました。日向先生がお母さんと向き合って家を出ていくこともすごく前向きな決断だと思うし、このお母さんと圭吾のお母さんは子供への愛情が真っ直ぐではないところがどこか似ているのかなと感じました。(20代女性)

井上真央さんが、生徒たちの前で「一番、許せないのは吉岡くんです」と話したときは、そんなことを言って大丈夫だろうかと心配になりました。でも、もっと話を聞いて助けになりたかったという自分の後悔と、苦しくてたまらないときは誰かに助けを求めて良いのだし、そこにとどまることが辛いなら別の場所で生きていくこともらできる、ということを教えてくれたような気がします。今、苦しんでいる人が、自殺という手段だけは、考え直してくれたら良いなと思いました。(30代女性)

井上真央さんの最後の挨拶がたいへん良かったと思います。及川光博さんはあっけない挨拶で終わってしまいましたが、井上真央さんは生徒達に自分の気持ちをぶつけました。辛くなったら逃げてもいいじゃないかと言う、今まで聞いたことがないセリフでした。逃げ道はあった方が良いというのは、わたしも同感です。生きることが大事だと思います。自殺する人が許せないと言ってました。恋人と別れ、先生も辞めて、家も出ました。完全に自立した大人になりました。(40代男性)

日向が生徒の前で「生きるために逃げる勇気持って欲しい。生きることから逃げなければ、人はやり直せる、自分を大事にしてください。」と言う場面には、学校を舞台にしたドラマだったので今までにあったようなのと変わりない、日向がカウンセラーという設定なので「一番許せないのは気付かなかった、私が悪い」と言い、生徒たちに謝罪すると考えていました。まさかこんなに、深く珠玉の言葉が使われるとは思っておらず、涙なく見る事はできませんでした。ドラマが始まった時に内容がすごく深刻だったので、悲しみが残る終わり方になると思っていたら、すべてが丸く、そして明るく照らすような終わり方が、とても良く感動しました。(40代男性)

吉岡くんが自殺をしたことによって、たくさんの家族を修復できたことで、家族のあり方を再確認させられました。霧島先生は結局辞めて逃げてしまっただけになっていたので、懲らしめたい気持ちもありました。藍沢先生が挨拶をした時に言ってほしい!と思いましたが、そのこと以上に大事なことを、自殺を考えてる人に届いて欲しいメッセージを言っていたから瞬間に霧島先生への感情は無くなりました。藍沢先生自身も、お母さんと向き合えて距離を置くことによって変わっていけばいいなと思い、その後のことがすごく気になりました。続編があるのならば見たいです。(20代女性)

➡明日の約束動画10話無料は?
➡明日の約束動画9話無料は?
➡明日の約束動画8話無料は?
➡明日の約束動画7話無料は?
➡明日の約束動画6話無料は?
➡明日の約束動画5話無料は?
➡明日の約束動画4話無料は?
➡明日の約束動画2話無料は?
➡明日の約束動画1話無料は?

スポンサーリンク