ドラマ・明日の約束では吉岡圭吾の死を皮切りに、様々な事件が起こっています。第6話で、バスケ部の顧問・辻、キャプテンの長谷部の襲撃事件の犯人が、圭吾の幼なじみの香澄だと判明しました。しかし、まだ明かされない謎がいくつも残っており、視聴者の間でも犯人は誰なのか、様々な予想がされています。明日の約束の犯人は一体誰なのか?犯人予想についてまとめてみました。

明日の約束犯人予想➀圭吾の母・真紀子は?

明日の約束の最大の謎は、吉岡圭吾の自殺の原因です。

圭吾を死に追いやった犯人は誰なのか、Twitterでも話題ですが、やはり予想で一番多いのは圭吾の母・真紀子が怪しいという意見が目立ちます。

➡明日の約束犯人は母親?複数?

スポンサーリンク

➀真紀子のモンスターペアレントぶり

真紀子は圭吾の死の原因はバスケ部でのいじめが原因だと主張し、ワイドショーに出演したり、記者会見を開くなどし、とうとう学校側を相手に訴訟を起こそうとしています。

一見、亡くなった息子の無念のために戦おうとする愛情深い母親のようですが、その異常性が次第に明らかになってきました。

真紀子は4話で圭吾の友人だった沢井に「圭吾のいなくなったバスケ部は楽しい?」などと嫌味を言ったり、6話では、日向に対して、圭吾を追い詰めるようなことを言ったのではないか?と疑いをかけています。

圭吾の生前も、何かあるたびに学校に言いがかりを付けていたのでしょうか。

真紀子は、圭吾の中学時代から、何かあるたびに学校に乗り込み、教師たちは対応に追われて大変だったようです。

そのようなことがあったため、圭吾の友人の沢井は、圭吾が長谷部を脅したのは真紀子の差し金だと考えたと話していました。

真紀子のそのような行動が、結果的に圭吾を中学で浮いた存在にさせ、バスケ部で皆に距離を置かれる原因になり、圭吾の居場所を奪って行ったのではないでしょうか。

➁「子供は私の人生のすべて」という真紀子

第6話で日向と対面した真紀子は、「子供は私の人生のすべて」「圭吾のことは私が一番分かっている」「圭吾は私が側にいないとだめ」、などと語っています。

高校生にもなった子供に対し、あまりに過干渉すぎると思えます。

真紀子は圭吾が亡くなった後に、長谷部に「先輩のせいで死にます」という圭吾になりすましたLINEを送っていました。

それを日向に指摘されても、「あの子の気持ちを代弁しただけ」と言い、全く悪いと思っていないようなのが恐ろしいです。

圭吾の部屋を盗聴していた可能性もあり、異常な感じを受けます。

圭吾にここまで執着するのに対し、圭吾の妹に対しては放任しているように思えるほど関心がないのも不気味です。

このような重すぎる真紀子の愛情にがんじがらめにされた圭吾は、自由のない、息苦しい日々を送っていたのではないでしょうか。

第6話で、圭吾の妹は日向に、圭吾がウサギを殺したという噂になったころ、圭吾は「自由になりたかったから」と語っていたと話しています。

圭吾は、真紀子から自由になるために死を選ぶしかなかったのかもしれません。

➂部屋を黒色で染めた圭吾

以前に圭吾の部屋を訪問した日向は、男子高校生らしくない、女性的な色合いの部屋が気にかかっていました。

第1話で、圭吾は死の前日、黒ずくめの服装で家出をし、日向に「好きな色は黒です」と言い残しました。

そして、翌日、部屋をスプレーで真っ黒に染め、命を絶ったのです。

圭吾は真紀子に無断外出をたしなめられても、携帯を返してもらえなくても逆らわず、笑顔を浮かべていました。

真紀子に直接不満を言ったり、反抗することはなかったようです。

圭吾の中学時代の教師は、しょっちゅう学校に乗り込んでくる真紀子が圭吾を連れ帰ることがあっても、圭吾は犯行もせず、あきらめたようなそぶりだったと話しました。

真紀子は、自分の理想を圭吾に押し付け、圭吾を思い通りにコントロールしてきたのかもしれません。

そして、圭吾はそれに逆らうことができず、徐々に心をむしばまれていったのではないでしょうか。

命を絶つ前に部屋を黒く染めたのは、真紀子へのせめてもの反抗だった可能性があります。

そして、自分の死の原因は母親だと示す、日向へのメッセージでもあるのかもしれません。

スポンサーリンク

明日の約束犯人予想➁担任教師の霧島は?

➀霧島が長谷部の動画を盗んだ?

1年B組の渡邊が撮った長谷部の動画を何者かが盗み出し、ネットに投稿したことで、世間では圭吾を死に追いやったのは長谷部だと言われるようになってしまいました。

渡邊は体育の時に動画を盗まれたと話しており、霧島は、誰もいない体育の時間に、1年B組の教室にいたのを日向に見られています。

もし霧島が動画を盗み流出させたとして、それは長谷部を圭吾を死に追いやった犯人だと思わせる目的があったと思われます。
第2話で「マスコミが犯人探しを始める」と日向に話していた霧島は、何か圭吾に対してやましいところがあり、マスコミの矛先が自分に向く前に、長谷部のせいにしようとしたのではないでしょうか。

➡明日の約束霧島怪しい!3つの理由

➁霧島の担任クラスでいじめが?

圭吾はクラスで一部のクラスメイトから無視されるといういじめを受けていましたが、霧島は那美がいじめがあったと告白しても被害妄想だと言って本気にしませんでした。

そして、圭吾の幼なじみ、香澄も同じ高校で1年からいじめを受けており、2年の時に自殺未遂を起こすほど思い悩んでいました。

香澄の1年の時の担任も霧島でしたが、香澄のいじめは解決しなかったようです。

香澄の時も圭吾の時も、霧島はいじめに気付かなかったのでしょうか。

もし、気づいていて見ないふりをしていたとしたら、香澄が自殺未遂を起こしたように、圭吾が自殺したことも霧島に責任があるように思います。

第6話では辻と長谷部を襲撃した犯人だったことが判明した香澄ですが、日向に「あと一人」と告げ、姿を消しました。

霧島は香澄と圭吾の両方の担任で関わりがありますし、香澄が狙っているのは霧島なのかもしれません。

➡明日の約束香澄が襲撃犯!あと一人は?

➂ネット掲示板の書き込みは?

第6話では、何者かによってネットの掲示板に「母親が悪い」と圭吾の死の原因は真紀子にあるような書き込みがされました。

霧島がその掲示板を見て、意味深な表情を浮かべていたのが、怪しく感じました。

霧島が長谷部の動画を流出させた犯人だったとしたら、それと同じように、自分への疑惑をそらすために、真紀子が悪いとする書き込みをすることも考えられます。

明日の約束犯人予想➂圭吾の父親・吉岡正孝は?

教育委員会に勤務している圭吾の父親・正孝は、圭吾が亡くなったばかりの頃なのにも関わらず、愛人らしい女性に話しかけられてニヤついていた場面があり、息子の死をさほど悲しんでいないようにも見えます。

また、正孝に接触したジャーナリストの小嶋は、正孝が真紀子以外の女性と付き合っていて、現在真紀子と別居状態であることもつかんでいました。

正孝は真紀子の実家から多額の援助を受けているらしく、それが理由で真紀子に愛がなくても離婚しないのかもしれません。

第4話で日向が圭吾の家を訪ねた時、圭吾の妹は、水槽の中で別々に区切って飼われている魚について、「うちの家族みたい。同じ水槽のなかにいてもバラバラだし」と話していました。

夫婦の冷え切った関係や、父親の正孝の家族を顧みない無関心な態度が、真紀子をことさら圭吾に執着させたのかもしれません。

だとすると、圭吾の父親にも圭吾を死に追いやった一因があると言えます。

明日の約束犯人予想➃学校の生徒たちは?

真紀子が原因で圭吾は中学校で浮いてしまい、飼育小屋のウサギを殺したという噂もたちました。

高校でもクラスメイトに無視をされ、バスケ部でも、長谷部が圭吾に距離を置いたのを気付いた部員たちが、圭吾に冷たく当たりました。

それを知っていながら、見て見ぬふりをした生徒達もいましたし、那美や沢井も圭吾を気にかけながらも、助けようとはしませんでした。

香澄がいじめによって自殺未遂を起こしたように、圭吾の死の一因は、周りの生徒達からのいじめや、それを見ないふりをした生徒達にもあるのかもしれません。

明日の約束犯人予想まとめ

明日の約束で、圭吾を死に追いやったと思われる犯人を予想すると、やはり圭吾を支配、束縛し続けた真紀子のように思えます。

しかし、いくら真紀子が毒親でも、圭吾を理解し、助けようとしてくれる人が周りに多くいれば、自殺まではしなかった可能性があります。

真紀子だけでなく、無関心な父親や、いじめをした生徒、それを見て見ぬふりをした教師や生徒たちなど、誰もが加害者だった、という結末になることもあるかもしれません。

スポンサーリンク