あの人気ドラマ、“地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子”が帰ってくる!!校閲ガールスペシャル絶対見るって方も多いはずですが正直去年のドラマなのでちょっと内容忘れちゃったけど最終回ってどんな終わり方だったっけ?なんて方も多いはず。そんな校閲ガールを見たいあなたに、この記事では校閲ガール最終回を無料でフル視聴できるのか?無料で見て大丈夫なのか?などの疑問にお答えしていきたいと思います。

校閲ガール 動画 最終回(10話)あらすじは?

河野悦子(石原さとみ)に森尾(本田翼)から連絡が入り、悦子は急いでLASSY編集部に向かいます。
編集長の亀井(芳本美代子)からLASSY巻頭特集の企画のプレゼンをしてみないかと悦子に話があり、悦子は2つ返事で引き受けました。

12月5日月曜日がプレゼンの日になるので必ず前日の夜9時までに企画書をメールする約束をしました。

話を一緒に聞いていた森尾は「プレゼンが上手くいったら絶対にLASSYに異動になるよ」と激を飛ばし、悦子は「やるぞ!」と気合を入れました。

そんな時、本郷大作(鹿賀丈史)が盗作で訴えられたと聞き、悦子は急いで幸人と校閲部に向かいました。
プレゼンまで時間のない悦子は本郷の盗作疑惑を無事解決することができるのでしょうか?

【悦子念願のLASSY異動はどうなる!?】

悦子は本郷の盗作問題に時間を割き、肝心のLASSYの企画書は全く手つかずになってしまっていました。

ようやく掴んだ夢への第一歩、しかし企画書の納期はもう明日に迫っていて、森尾は自分のバックからUSBを取り出し悦子に「来週出そうと思っていた企画書、時間内からこれを編集長に送って」といいPCにつなぎました。
ズルはできないという悦子に「そんなこと言ってる場合?LASSYへの移動がかかっているんだよ!」と言われ悦子はその企画書を編集長にメールしました。

そしてプレゼン当日、悦子が出した企画書に編集長は「さすがね!LASSYに傾向も良く研究してる!口先だけじゃなさそうね」とほめてくれました。

そして編集長は悦子に細かくプレゼンするように言いました。

悦子が語ったプレゼンの内容は….

【本郷大作盗作疑惑の真相!?】

本郷が盗作をした!という告発文が送られてきて、この告発文をこくってきたのはWEB小説家「直木龍之介」と名乗る人物で直木が1か月前に発表した小説と本郷の最新作が酷似していると訴えてきたのでした。

確認しようにも本郷はなぜか連絡が取れない状況となってしまっていたので校閲部で直木の小説と本郷の小説を見比べ盗作が本当なのか検証することとなりました。

本郷の盗作疑惑を晴らすため校閲部のメンバーと幸人、悦子も奔走しWEB小説のほうが盗作したのではないかということにたどり着きました。

そんな中、幸人が母親に電話をかけると、本郷は幸人の母親と一緒に居たのでした。

幸人と悦子そして貝塚は一緒に幸人の母親と本郷のいるところに向かい、本郷に話を聞きました。

本郷は40年ぶりの同窓会に小説のゲラを持って行っていたらしくその時にいた友人の誰かが盗んだ可能性があるようでしたが「そんなことはどうでもいい、盗作したということで謝罪してくれ」と言いました。

盗作されたのは本郷の方なのに一体なぜ本郷は自分のせいにしようとしたのでしょうか?本郷がかばっている人物とは一体…

【幸人と悦子の恋の結末!】

幸人は悦子の部屋で原稿を書いていました。

幸人は仕上がった原稿を悦子に1番最初に読んでもらおうと決めていたのでした。

原稿を読んだ悦子は「面白い、すっごいおもしろかった」というと幸人は疲れたのか眠ってしまいました。

幸人の寝顔を見つめながら悦子は「お疲れ様、本当イケメン…」とささやき顔に触れようとしますが思いとどまるとちょうど幸人が目を覚まし、悦子は再度「面白かった、本当にほんとうに…」といい、ありがとうと言う幸人に、悦子は自分の想いをすべて伝えました。

悦子の出した幸人との関係の答えとは…

校閲ガール動画最終回無料で見れる?

無料で校閲ガール最終回を見るために、皆さんは無料動画、地味スゴ最終回などのキーワードを打ち込んで検索していると思いますが、この検索結果の中でいったいどのくらいまともに視聴できる動画サイトがあるのでしょうか?

私も過去に何度もyoutube、pandora,9tsuにお世話になり、たくさんの見逃し動画を見てきましたが、だんだんと削除されているものが多くなっていたり、動画が再生できなかったり、一部だけの視聴だったりとなかなかフルで校閲ガール最終回楽しむことができません。

悪質な違法アップロードが絶えない状態となり著作権侵害に対する法律も改正され、これまで見れていた無料サイトでも見れなくなってしまっているのが現状です。

youtube、pandora,9tsuなどの無料サイトで見られないわけではありませんが画像が荒かったり、編集されていたりしている場合が多くなっています。

見逃してしまったドラマが今まで見ていた無料サイトで見れない!そんな時には見逃し配信や無料お試しを使って安全に安心して動画を視聴できるサービスのあるサイトで確実にフルで無料動画を楽しみませんか?

校閲ガール無料で見放題できる方法!

“地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子”を見るには2つの方法があります!

1つはpandoraやyoutube、9tsuなどで無料視聴する方法ですが、こちらに関しては運が良ければアップされている校閲ガール最終回を見ることもできますが、校閲ガールは昨年放送されたドラマとなりますのでもしかしたら削除されてしまっているかもしれません。

もう1つは、動画サービスU-NEXTで見る方法です。

こちらは校閲ガール最終回まで全て見ることができ、なんと!!今なら無料で見放題!!全話放送中です。


ユーネクスト


引用ユーネクスト

U-NEXTは使いやすさも動画の品ぞろえも豊富で、しかも今だけ無料でお試しが可能なんです、簡単な登録だけでサクッとみられて、しかも無料お試し期間が31日間もあるのでその期間なら何度でも無料で校閲ガールを視聴できてしまうんです!

無料お試し期間に解約すれば料金も一切かからず、校閲ガールを十分に楽しんだ後に解約してしまえばタダで見放題できてしまうんです。

U-NEXTは株式会社USENが始めたGYAOの1部ですので信頼のできる会社が運営しているので安心安全に確実に楽しんで動画を視聴していただくことが可能なんです。

見逃してしまった校閲ガール最終回を無料で見るなら安心安全のU-NEXTがおすすめです!

まずは無料でお試し!U-NEXT公式サイトはこちら

校閲ガール 動画 最終回(10話)見どころは?

悦子にとって、またとない大チャンスが巡ってきますが、悦子の初仕事から担当している本郷大作の盗作疑惑となると見過ごすわけにはいかない!
悦子はLASSYに異動できるかもしれないチャンスを棒に振ってしまうのか?
それとも念願のLASSYに行くために企画書を優先するのか?

仕事、友情、恋、仲間それぞれに出した悦子の答えは…

【盗作疑惑の中にあった真実】

再校と念校の間に本郷の原稿が盗まれていたことがわかり本郷の元へ貝塚と幸人悦子は行き事情を話します。

本郷は大学時代のゼミ仲間と毎年温泉旅行をしていて、ちょうど本郷の手元に原稿があった時期と被っていたことがわかりました。
本郷は温泉旅行に行く際、仕事もしたいからと言って前日入りし、原稿を持って行っていたことがわかり、貝塚は旅館と一緒に行っていた友人の名前と住所を聞きますが、
本郷は「断る、長年の友人を疑うことはできない」と言いました。

貝塚は幸人に「本郷先生は、たぶん犯人の検討が付いているでも友達を犯罪者にしたくないからかばっている」と言いました。

本郷と別居中の妻(浅田美代子)はみんなが帰った後、本郷に「私が家を出た理由知ってる?あなたがようやく売れ出した時、友人に大金をだまし取られて、でもあなたは警察沙汰にはしなかった…私もうあんな思いは嫌だから」と言い本郷は「大丈夫だから」と言いました。

そして本郷は直木の元を訪れます、やはり本郷は犯人をわかっていたのでした。
直木は「順風満帆なお前の人生に何らかの汚名を残してやりたくなったんだ」と「自分は夢をかなえられなかった、叶えたお前が心底うらやましくなってな」と言いました。

そしてその場に駆け付けていた貝塚と悦子と幸人に「本名は岩崎ただしです、きちんと自首してカタつけますから」というと本郷は自分が大学を卒業できたのは岩崎がボツにした論文を勝手に使い提出していたからだと言い、自首されると自分も自首しなくちゃいけなくなると言いました。

そして最後に「まだ夢の途中にいると思うと、この歳でもワクワクしないか?一緒に夢を見ようじゃないか」と本郷は言いました。

本郷の心温まる本心にこのシーンは必見です!!

【幸人と悦子の出した答え!】

悦子は、幸人が悩んでもがいて自分で夢をつかんだことに喜ぶが、一方の自分は校閲部としての仕事は当然にしたけれど、せっかくの夢に近づけるチャンスを自ら逃してしまったことを悔やんでいたことから、幸人に「自分が納得できる自分になれるように、LASSYに行けるように、このままの関係を続けさせてほしい」といいます。

この悦子のセリフに幸人は何というのか???

そして是永是之の新刊が出来上がり、そこには幸人がこの本を書くことになったわけが書かれてありました。

最後の幸人の本の文章にはこれまでの葛藤や人との出会いで得たものなどがギュッと凝縮されている素敵な内容でした。

【気になる最終回のゲストは!?】

本郷の別居中の妻折原亮子(浅田美代子)…本郷の妻で幸人の母親。

浅田さんと言えば、天然な可愛さが魅力な今では女優さんのイメージが強いですが、
元々はアイドル歌手だったようで、「赤い風船」は週間売り上げ1位を獲得するほどだったそうです。

ただ、バラエティー番組で見かけるようになってからは持ち前の天然さが前面に出て、特に明石家さんまさんとの絡みはお笑い芸人も顔負けの面白さでした。

浅田さんの元夫はもうみなさんご存知のあの方!吉田拓郎さんですが当時は不倫からの略奪愛と言われていたそうですが真相はどうなんでしょうね?

そしてかなりの愛犬家としても有名で保護活動にも携わっているようですね。

ファッションセンスもおしゃれで、浅田美代子で検索すると私服、実例なとにキーワードも多くあるほど浅田さんのファッションセンスに興味のある方が多く存在していることがわかります。

直木龍之介・岩崎正(本田博太郎)…本郷の大学時代の友人。

本田さんは渋い声が特徴的な俳優さんですよね。
高校卒業後すぐ、家出同然で上京し俳優として活動しますが若くに結婚し子供もできたので俳優を続けるか迷った時期もあったそうです。

最後の舞台にしようと蜷川幸雄演出の舞台「近松心中物語」にて当時の主演が降板したためまだ無名だった本田が大抜擢されその後の活動は増え、今や日本を代表する名バイプレーヤーとして認知されています。

本田さんは俳優を“職人”だと言い、言われたことだけじゃなく、その2倍も3倍もいいものを返すと語っていたそうです。

顔が渋いと、いうことまでカッコいいですね!

校閲ガール動画最終回(10話)Twitter反響は?

地味スゴ!人気はやはり高かったですね、最終回を迎えてしまって寂しいと感じている方はとても多いようですね。

毎回毎回、悦子のファッションは可愛くて全部は真似できないけどコーディネートの見本になりストーリーだけじゃなく目で見て楽しむこともできるドラマでした。

地味スゴ!と逃げ恥のファッションや小物かぶりも結構多くてあっ!これもあれもと見つけれたときちょっと嬉しかったりもしました。

校閲ガール動画最終回無料視聴まとめ

とうとう最終回を迎えてしまいましたが、個人的にはいい終わり方だったなと思います。

幸人と悦子も恋人にはならなかったけど、恋人以上に繋がるものを手に入れたような感じでこれも1つのハッピーエンドですよね!

そして貝塚さんが悦子に言った「夢があったとしてもまずは目の前にある仕事に全力で向き合うやつだ、だから校閲部のみんなもお前を受け入れてる、お前は半端な奴なんかじゃない!この先、編集者になろうと、校閲者になろうとお前はお前だ」という言葉は人として認められてる気がして心に刺さりました。

また茸原が校閲部のみんなに言ったセリフ「我々は本の間違いを見つけて直す仕事をしていますが、仲間に関しては悪いところではなくいいところを見つけて、相手を認め合える素敵な人ばかりです」は心底こんな言葉上司に言われたら泣いちゃうだろうなと思いました。

校閲ガール1話から最終回までどの回も、心に響くセリフがありとっても楽しめたドラマでした。

そんな校閲ガールをまだ見てない!もう1度みたいという方は動画サービスU-NEXTがおすすめです。

1話から最終回まで一気に見逃し配信で見て、9月20日に放送される“地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子”をめいいっぱい楽しむためには今すぐU-NEXTに!!

何度も言いますが、U-NEXTなら今だけ校閲ガールが見放題!!
無料お試しが31日間もあるので、1話から最終回まで何度でも校閲ガールを楽しんでいただけます。

ちなみに校閲ガール見放題無料キャンペーンをやっているのはU-NEXTだけ!!
キャンペーンが終わってしまう前にぜひ登録して校閲ガールを思う存分視聴してからスペシャルを待ちたいですね。

まずは無料でお試し!U-NEXT公式サイトはこちら