監獄のお姫さまがいよいよ10月17日からスタートしますね。気になるのは脚本家!ネットで調べると監獄のお姫さまの脚本家はクドカンこと宮藤官九郎さんです!クドカンといえばカルテットでは脚本家ではなく演技の方で出演しましたが、今回は脚本家!!!早くもネットでは宮藤官九郎なら面白い!期待しちゃう!と注目されています。そんな期待されている監獄のお姫さまの脚本家クドカンの過去の作品や監獄のお姫さまの内容など探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま脚本家はクドカン!Twitter騒然!

火曜日TBS逃げ恥枠の監獄のお姫さま、脚本家がクドカンということで早くもTwitterでは話題になってます。

監獄のお姫さま脚本家はクドカン!内容は女子刑務所!

年下夫の不倫をきっかけに夫を刺してしまい、殺人未遂で懲役5年の実刑判決を受ける主婦馬場(小泉今日子)

所得隠しと巨額の脱税で捕まったカリスマ主婦勝田(菅野美穂)

乳製品メーカーの社長令嬢。副社長の愛人を殺害した容疑で冤罪江戸川(夏帆)

違法薬物不法所持で捕まる足立(森下愛子)

詐欺と横領で捕まる大門(坂井真紀)

彼女たちを見守る厳格な刑務官に若井(満島ひかり)

そして過去に殺人を犯したイケメン社長で復讐のターゲットとなるのは伊勢谷友介さん演じる板橋。

という、罪を犯した5人と罪を憎む女性刑務官が普通なら相いれないはずの両者が団結し、ある一人の男性板橋に復讐するという、いまだかつてないおばさん犯罪エンターテイメント!!!

宮藤官九郎はこの作品をこんな風に言っている。

今までいろんな作品を作ったが、つまるところ何が描きたいんだと思えば、結局おばちゃんのおしゃべりを書いているときが一番楽しい。また大好きな女優さんのお芝居も観たい。

また、愛すべきおばちゃんのおしゃべりと衝動によって転がり続ける無責任エンターテイメントとも。確かに今回は抑えられない衝動によって犯罪を犯してしまった女性たちの話。刑務所内という異空間ではありながらも、どうして殺人を犯してしまったのか?など生々しい女性たちの声が聞こえそうですね。

さらにプロデューサーもこんな風に言っています。

“いい大人がバカみたい”“みっともない”こう言われることを私たちは避けながら生きている。また家庭や仕事でも打算が働き、賢く堅持に私たちは生きています。でもそう生きたくても生きてこれなかった女性たちの話です。

と。

普通ならこんなことをしたら●●になってしまうと自分の理性で押さえつける感情、でも時に抑えられない衝動があります。

この物語はそんな理性と紙一重の衝動にかられた女性たちの復讐劇なのか?と個人的には感じました。

さて、気になる脚本家宮藤官九郎さんですが、過去の作品はどんな作品なのか?

監獄のお姫さま脚本家はクドカン!過去の作品は?

宮藤官九郎さんは今まで様々な作品を出しています。そしてどれも観ている人も心を掴み細やかな部分にまで面白さが詰まっている作品がほとんど。何回見ても飽きないという声もあります。

その中でも人気ある作品ベストを載せますね。

1位 池袋ウエストゲートパーク

石田衣良さん原作のTBSドラマ。まだ当時駆け出しだった、今は立派な俳優さんが多く出演しています。長瀬智也さん、窪塚洋介さんなど。ドラマの内容は不良たちの話だが、血が流れる暴力シーンや薬物、援助交際などシリアスなテーマを扱いながらも、クスっと笑えるギャクシーンがあり、社会的問題を見せながらも、共感を呼びました。まさにクドカンの真骨頂と言われる作品!!

2位 木更津キャッツアイ

主人公のぶっさんが20歳で癌になってしまい余命宣告をされ、しんみりしたストーリーと思いがちですが、コメディ満載。最後まで笑わせられるストーリー。

3位 あまちゃん

東日本大震災の東北岩手を舞台にした甘ちゃん。登場人物で誰かが亡くなるという描き方もあったが、スタッフと話し合いやらなかったという。人々がどう立ち上がるか?描きたかったという。

4位 タイガー&ドラゴン

主人公は幼いころ借金が理由で両親が自殺。それ以来笑うことを忘れてしまったのですが、落語と出会い心が打たれるという物語。

5位 流星の絆

流星の絆。主人公である三人の兄妹が小さいころに両親を殺害され、その悲劇に復讐するために詐欺などして生きていくストーリー。クドカンのいつもの小ネタは見れないシリアスな話ですが、視聴者ももどかしい禁断の愛も繰り広げられる展開でした!

と5位まで載せましたが、どれも面白い作品なんです。

ちなみに個人的に面白いな~と感じたクドカンのドラマはこれ!『ごめんね青春』ランキング的には7位ですが、面白い。学園ドラマといえばいじめなどシリアスなテーマを扱いがちですが、いじめなどの要素は全くない。クドカンのドラマだけでも平和で楽しくというメッセージが投げかけられているようです。このだって友達ですか?っていうシーンが笑ってしまいます。

今回の監獄のお姫さまもタイトルからして(監獄でお姫様?)とおしゃれですが、殺人などの罪を犯した女性たちというシリアスなテーマを扱いながらも面白いコメディがありそうですね!!!

監獄のお姫さま脚本家はクドカン!意外な理由があった?

さて今回、このドラマの脚本家を担当することになった宮藤官九郎さんですが、気になるのはどうしてこの企画ができたのか?

もちろん大好きな女優さんの演技を観たいというのもあるのですが、実は意外な理由があったんです!

発端は2014年、『ごめんね、青春!』をクドカンが描いていた頃、脚本打ち合わせでプロデューサーなどと食事をしてた時に、クドカンから“昨今のイケメン俳優への苦言”という話になったらしい。

誰がどうとかいう、話ではなく、イケメン俳優がイケメン俳優的な演技や振る舞いに飽きた!ということだった。

そして、とにかくイケメン俳優は出したくないでも好きな女優さんを出したいということになり・・・・

「この人たちがもし揃ったら俺、ずっと書いてられますよ! 設定は何でもいいけど、イケメンは出したくないから女子刑務所で! 女囚ものやりましょうよ!」

と今回の監獄のお姫さまが出来上がったという。確かに、この辺の発想がやっぱりクドカンらしくて面白いですね。

ただ・・・イケメンといえば、今回の監獄はお姫さまにはあのイケメン俳優の伊勢谷友介さんが出ますが・・・・

それについてクドカンはこう言ってます。

“伊勢谷さんに声をかけたのは異物感!”

男子禁止性の女性刑務所で女性たちが話している話題はもっぱら、男性の話。そこで彼女たちにとっては男は非現実。非現実な役者さんは伊勢谷さんと、伊勢谷友介を選んだそう。

確かに。伊勢谷友介さん。イケメン俳優だけでは済まされない完ぺきな男性ですよね。そういわれれば非現実かも。

監獄のお姫さま脚本家はクドカン!まとめ

クドカンワールド!いかがでしたか?やはり今回も脚本家が宮藤官九郎さんということでかなり面白そうです。

ぜひお見逃しなく!!!放送は10月17日です!!!今回もクドカンのコメディがさく裂しそうですね。