パワフルで年齢を感じさせない人気ドラマ女優の米倉涼子さん。スタイル抜群の長身で、誰もがあのスタイルと魅力に魅せられてしまいます。最初はモデルのイメージが強かったのですが、今では視聴率女優っていうイメージです。そんな米倉涼子さんって松本清張作品に多く出演していますよね。そこで、今回は米倉涼子さんが出演した松本清張ドラマ作品の内容や感想、更に松本清張ドラマを無料視聴する方法をご紹介したいと思います。

米倉涼子ドラマ松本清張作品は?

松本清張ドラマの主演といえば「米倉涼子」と言っても過言ではないほど、多く出演しています。
その中でも人気の松本清張作品ドラマをご紹介します。

➀けものみち

民子は、ジュエリーデザイナーという夢には、嫉妬深い夫が邪魔になった。思い悩んだ結果、自宅に火を放火してしまう。そんな彼女に目をつけたホテルの総支配人・小滝が民子を政財界のフィクサー・鬼頭に引きあわせる。民子は亀頭の愛人となることを引き換えにジュエリー店を開くことになる。

➁わるいやつら

看護師の豊美は打算のように感じられる結婚には興味がない。人と深く交わることもなく、淡々と日々を過ごしていた。ある日、豊美は院長の戸谷と親しくなる。豊美としてはうかつにも戸谷に夢中になってしまう。でも、戸谷には他にも女がいたのだ。

➂強き蟻

東銀座の「みの笠」で水商売をしていた伊佐子。S光学取締役の肩書きを持つ30歳前後は歳の離れた沢田信弘に嫁いだ。伊佐子の今後の人生計画では、夫にあと3年くらいで死んでもらう予定だ。身体の若さを保ちたい伊佐子は、20代の男たちと遊びの交際をしている。しかし、伊佐子の遊び相手の石井寛二が殺人容疑で捕まる。伊佐子は状況を有利にするため奔走を続けるが・・・果たしてうまくいくのか・・。

➃熱い空気

東京・渋谷の「協栄家政婦会」に所属する家政婦・河野信子。人の家庭を次々と見ては家の不幸を発見すると喜んでいる女だ。外見から見て、この上ない幸せな家庭でも、必ず不幸は存在している。
信子は青山に住む大学教授・稲村達也の家でも家族のあらさがしを始めた。体裁屋で二重性格の妻・春子と出来損ない揃いの三人の子供。表面上の優しさと裏腹に陰で信子を罵倒する春子。信子は、稲村家を出る前に、何らかの形で仕返しをしなければならないという決心になった。信子がそんないじわるをする春子への仕返しを考えていた矢先、稲村家の騒動がはじまる。ここから、堅固な大学教授の家庭が揺れ始める。

➄松本清張スペシャル かげろう絵図

暖かさを増してきた春の日に、江戸城内・吹上の庭で、大御所・徳川家斉の臨席する風雅な観桜が催された。大奥女中による歌くらべが始まった。お美代の方と多喜の方による競争となってしまう。
大御所の軍配は多喜の方の詠んだ歌に上がった。大御所の意を受け、桜の梢に歌を結ぼうとする多喜の方。踏台に登った多喜の方は、女中の注視を集める中、突如転び落ちてしまう。身籠っていた多喜の方は流産してしまった。そして、そのまま息を引き取ったのだ。大奥内は騒動の話で持ちきりとなる。この間、お美代の方の意により、去年奉公に上がったばかりの身分の低い女中・登美。
登美は、中年寄・菊川の部屋附に抜擢されたのだった・・・。

米倉涼子 ドラマ 松本清張が無料見放題!

米倉涼子さんの松本清張ドラマ、また見たくなりましたね・・・。

再放送を待たなくても視聴する方法があるんですよ。しかも、無料なんです!!

それは、TSUTAYAディスカスというサービス。

TSUTAYAディスカスなら、自宅のテレビ・パソコン・スマホで映画や最新ドラマの動画配信が視聴できます。

しかもTSUTAYAのレンタルDVDを自宅に宅配してくれる神サービスも用意。
翌日には届くという粋な計らいもあります!!

しかも、このサービスは、30日間無料で使えるんです。

ドラマの動画配信が32万作品もあるので、あなたの見たい米倉涼子さん主演の松本清張ドラマがすぐに視聴できます。

ぜひお試しください。

黒革の手帖

原口元子は、銀行の支店に勤務する地味なOLだ。しかし、その銀行員としての地位を利用して、銀行から7568万円を横領する。それを元手に、銀座のクラブのママとして生きていく。競争や葛藤が渦巻く夜の銀座での、女性の強い生き方を描いている。

わるいやつら

戸谷信一はある病院の院長だが、その病院の経営は苦しい。毎月赤字は増えるばかり。、妻・慶子との別居中に作った愛人から、金を巻き上げて、赤字の穴埋めに充てた。最近新たにデザイナーの槙村隆子を知った戸谷。彼女に強い興味を持ち始める。そして結婚に持ち込みたいと思うようになってしまった。そのためには更に多額の金が必要になった。しかし、愛人の一人である横武たつ子の病夫の急死に、思わぬ関わりを持ったことから、戸谷とその周囲の人間の運命は狂い出してしまう・・・。

けものみち

成沢民子は、脳軟化症のために動けなくなった夫・成沢寛次を養っている。現在は割烹旅館・芳仙閣で住み込みの女中をしている。しかし、寛次はそんな民子をいたわるどころか、日々、執拗にいたぶるのだ。ある日、芳仙閣にニュー・ローヤル・ホテルの支配人・小滝章二郎が訪れた。小滝は民子に、今の生活から抜け出し、もっと安楽な生活に導く手助けをするようなことを話した。民子は小滝の誘いに乗る。そして、失火に見せかけて夫を焼き殺すのであった・・・。

まずは無料でお試し!TSUTAYAディスカスはこちら!

米倉涼子 ドラマ 松本清張見どころは?

松本清張ドラマの特徴といえば、女性の強さと貪欲さが描かれています。

そんな松本清張の作品にかかせない女優といえば、米倉涼子さん。

米倉涼子さんは、プライべートでも意志の強いイメージがありますよね。

その為、松本清張ドラマ主人公に抜擢されるのではないでしょうか。

「黒革の手帖」

銀座の高級クラブのママ・元子を演じますが、その時の米倉涼子さんは本当に美しい!

女性の私でも、見ていてうっとりします。

ドレスも美しいですが、いかにも銀座のママらしい着物を着ている時の米倉涼子さんが私は大好きです。

そんないかにも女性らしい元子が、多額の資金を脱税している男たちに、一人で話をつけに行く姿は、

極道の女ほどの貫禄があります。やり方は汚いですが、その度胸は毎回関心します。

「けものみち」

主人公の女性が夢を追いかけるという内容ですね。

物語の最初では、病で寝たきりになってしまった嫉妬深い夫を抱えて、苦労している女性を演じていますが、そんな苦労人の役をしていてもしっくりきています。

そして夢を追いかけジュエリーデザイナーになった時の米倉涼子さんの美貌・・・素敵です。

米倉涼子さん、いつの間にか演技派女優になったな~と思って、見入ってしまいました。

「わるいやつら」

このドラマの見どころは、米倉涼子さん以外にもスゴイ役の俳優がいることではないでしょうか。

継ぎ病院長となった32歳の戸谷信一役の上川隆也さんです。

好青年なイメージの上川隆也さんが、ひどい男を演じます。

医師の役ですが、熱心に患者を診療することもなく、経営に専心するでもない・・・。

じゃあ、何をするんだ?って話ですが・・・。

病院の経営赤字の穴埋めを、女から金を絞り取るという考えで、生活している・・という男。

「どのように美しくても、経済力のない女は虫のように無価値だ」
というセリフまで・・・あの上川隆也さんが・・言ってしまいます。

米倉涼子さん演じる豊美が、なぜこんなたくさんの女性と遊んでいるへんな男に惹かれていくのか・・と

文句をいいながらも、集中して見てしまうドラマです。

米倉涼子さん、派手な女性の役から暗いイメージの役までこなせるので、今では、松本清張原作作品には、かかせない女優さんとなっていますね。

米倉涼子 ドラマ 松本清張作品感想は?

松本清張作品・米倉涼子さん主演ドラマの感想をまとめてみました。

「わるいやつら」

わるいやつら・・・上川隆也さんが悪い役でどうしようもない役、そして一筋縄では行かない役をしている。

しかしながら。私が一番面白いと思ったのは、上川隆也さん演じる鬼畜ドクター「戸谷信一」。

一体この医師のどこに女はそこまで惹かれ、狂わされるのか・・・どうしてなのあ分からない・・・とドラマを見ながら不思議に思っていました。

上川隆也さん演じる医師は、「別居中の妻がいる個人病院院長、年齢40歳」ですよ。もう、みずみずしい若さで何人もの女心を掴むといった感じでした。

主演の米倉涼子さんもいい演技していました。

主人公の豊美の前半と後半の変身ぶりは、非常に面白いキャラクター。

私としては、どちらかと言うと前半の揺れ動く女心を垣間見せる豊美に見入ってしまいました。

それは上川隆也さん演じる戸谷の得体の知れない雰囲気に私自身が取り込まれていたからかもしれません。

「けものみち」

けものみち、どろどろした内容で最後まで集中して見ちゃうドラマでした。

米倉涼子演じる民子のセリフで・・・
「けものみちには、けものみちの歩き方がある。ただし、一度そこに足を踏み入れた者は、二度と抜け出すことができない。たとえ出口を見つけた気がしても、それはただ、別のけものみちへと続く入り口にすぎない。死ぬも地獄、生きるも地獄、どちらも地獄に変わりなし」

これは、けものみちに入り込んだら、どうがんばっても抜け出せないってことですよね・・・。

もしくは、生きていく中で、人の甘い誘いには乗るなよってことかな・・。

最初の小滝の甘い誘いにのってしまった民子がどんどんいけない道に入り込んでいく・・・。
そんな民子の人生に自分自身が入り込んで、必死にドラマを見ている感じでした。

1話1話ドキドキして見れて面白かった~。

「黒革の手帖」

米倉涼子主演の松本清張作品で一番好きなドラマは、「黒革の手帖」です。

あの銀座の華やかな世界に、本当にマッチしていた米倉涼子さんでした。

主人公・元子は、多額の金額を脱税している男性に、脅しともとれる交渉を一人で行う・・・。

普通の世界では、女性一人では交渉できないです・・・考えられないことです。

それをやってのける元子・・・かっこよすぎ。

ドラマの内容としては現実離れしていますが、元子の強さやお金への欲深さをなんだかかっこいいと思ってしまいましたね。

米倉涼子さん演じる元子のドラマの中での美しさ、1話1話ハラハラドキドキする内容にのめり込んで見ることができました。

まずは無料でお試し!TSUTAYAディスカスはこちら!