隣の家族は青く見える1話が放送されましたがあなたはどんな感想を持ちましたか?いきなりの眞島秀和さんと北村さんの見つめるシーンやキスシーンにはドキッとしましたし、今回隣の家族は青く見える1話の感想を集めてみましたが、不妊治療や子供を持つ持たないというテーマに非常に考えさせられたという感想が多かったです。今期一番だという感想も多数ですが、具体的にどういうシーンが良かったのか?1話感想まとめてみました!

隣の家族は青く見える1話見どころは?

“今期一番でしょ!”

“ボーイズラブ!まさかのキスシーン”

“眞島&北村カップル最高!”

“松ケンが自然でいい!”

“考えさせられるテーマ”

スポンサーリンク

隣の家族は青く見える感想1話は?


フジテレビ公式サイト

“重いテーマをどう描くのか?”

結婚を決めた矢先に前の妻が事故死する男性や、同性愛のカップルなど登場するそれぞれの家庭の状況が特徴的で、彼らがそれらの困難とどう向き合っていくのかを明るいタッチで描いてくれそうな感じがしました。また、不妊治療の方法や施設の内部の様子などが細かく描かれていて、見ていて参考になりました。重くなりがちな題材をわかりやすく見せてくれて、見終わった後で考えさせられる内容になっていくのではと思っています。次回も楽しみにしています。
(40代男性)

“色々な形があっていい”

この先色々な家族の形があることを認めてくれそうな期待がもてるんじゃないかなと思いました。近所づきあいが近すぎるとプライバシーもなくいいことだけじゃなくあまり知られたくないこともわかってしまうし、見栄を張ったり隠そうと必死になって疲れてしまいそうです。特に子供のことはデリケートな問題だから取り扱うのが難しいと感じます。あまり比べたりしないでほしいし、これが常識で当たり前のことだと押し付けず理解してあげられる寛容な社会になってほしいなと強く思いました。(40代女性)

“見ていて飽きない!次回楽しみ”

初めに観て思った事は、深田恭子が可愛いくて、見いってしまった。これから、そういう暮らし方があるかも知れないと思ったし、こういった内容のドラマがたくさんあるが、何処にでもあるようなトラブルなので、自分と置き換えてみてしまった。どんな、トラブルが出てどう処理していくのか、楽しみ。ボーイズラブも話しの中に取り入れてるので、斬新だ。そういった層の視聴率をとりたいのかな。不妊や話題が多いので、みていても飽きないかな。次の展開が楽しみ。(40代女性)

“妊活&他の家庭の悩みがリアル!”

深田恭子さんが好きだというのと、妊活がテーマということで興味がありみました。自分自身、妊活経験があったので、周りからのプレッシャーだったり病院通いのつらさなどを見ていて思い出しました。でも、その様子をコミカルに描かれていたりもしたので、楽しくみることができました。周りのそれぞれの家庭の事情というのも、実際にいそうな人たちなので興味深くて、これからの展開がとても楽しみなドラマでした。来週も必ず見たいと思います。(30代女性)

“現代の悩みが詰め込まれていた”

最初の始まり方がびっくりしました。一人で見てたのに思わず「え!?」って言っちゃいました。一話で結構話が進んだ気がしますが、ストレス社会、社畜、恋愛の仕方、家庭事情昔からそんな事もあったのだろうけど、今の日本にあったお話で全く違う生活をしてる人たちのそれぞれにいろんな悩みを抱えてて、それでもちゃんと毎日過ごしてて、幸せの形って人それぞれだな、頑張ろうと思えました。これからどんな風に話が進んでいくのかとても楽しみです。(20代女性)

“不妊治療のリアル”

色々な価値観の持ち主がいるということ、周りの価値観をどう受け入れるべきなのか、どう理解するべきなのかをとても考えさせられました。そして、現在6組に1組が不妊であると言うこと、そこから不妊治療の詳細がとても分かりやすく内容に組み込まれていて、悩まれている方やこれから子供を持ちたいと思った自分にとっても、とても参考になりました。レストランのシーンでは涙が出てしまいました。そして、深田恭子さんが始終かわいいです。(30代女性)

“深キョン可愛い”

とにかく五十嵐奈々役の深田恭子さんがかわいい。しかも五十嵐奈々はとても性格の良い娘。やわらかいイメージの深田恭子さんにピッタリハマっていました。夫役の松山ケンイチさんもかわいい、性格のかわいい旦那さんといった感じで、かわいいご夫婦の妊活をみせられているようでしらないうちに顔がニヤニヤしてくるドラマでした。激しい高橋メアリージュンさんには驚きましたが、五十嵐夫婦とのギャップが凄くておもしろかったです。(40代女性)

“妊活と男女のとらえ方の違い”

五十嵐大器(松山ケンイチ)と妻の奈々(深田恭子)の夫婦が子どもが欲しい気持ちは同じでも、その「気持ちの大きさ」や「回りの人たちの発言の捉え方」に差が出ていた事が、このドラマでわかった上に男性と女性でも違う事も認識できました。夫婦とはいえ、お互いを尊重し合う大切さが必要なのだろうと考えさせられました。また、回りの人たちも悪気がないとしても、発言する内容には気をつける事がいると、思いやりの気持ちを持つ事を認識すべきと思いました。(40代男性)

“リアルな問題で興味深い”

1つの建物の中に4家族が住んでおり、それぞれ家庭の問題を抱えながら生活しているストーリーで現在取り上げられる事も多い不妊の夫婦、子供を作らない事を条件とした結婚、旦那がマイホーム購入後に仕事を辞める、同性愛者の個性豊かな家族がそれぞれストーリーを繰り広げていくのですが、自分のまわりにも不妊症の夫婦がいるので、他人事とはおもえず、不妊症は最近とてもリアルな問題になってきていると思います。深田恭子の美しさにも見とれながら楽しく観ました。(30代女性)

“いろんな夫婦があっていい”

深田恭子さんが相変わらず可愛くて、プールに飛び込んで助けるシーンはお見事でした。私は結婚して子供がいるので、幸いなことに今まで不妊治療とは無縁でしたが、ドラマの中では治療の進め方や考え方が、わりと詳しく説明されていて、そういうもんなんだ〜、そんな検査をするんだ〜と、へ〜と思いながら見ていました。確かに、私が結婚した当初も子供はまだかなど言われ、すぐにできたからしつこく言われなかったからよかったものの、もし不妊症だったらと考えると相当メンタルにきてるなぁと思いました。子供がいるいないに関わらず、いろんな夫婦や付き合いがあってもいいなと改めて感じました。(20代女性)

“男女の温度差を改めて実感”

子供はいつか欲しいときに作ればいいと後回しにしていると、いざ欲しい時には出来なかった。そういうものなんですよね、子供ってすぐできるものだと勘違いしている人も多いはず。6組に1人が不妊症って結構多いんですね。
女性は子供を産むタイムリミットがあるし、ほんと焦ります。それに対して男性はいつかできるよとのんびり構えているもの。その不妊治療の男女の温度差がこれからの課題ですよね。ほんと男性側が協力的じゃないとね。こんだけ不妊症のカップルが多いんであれば、このドラマで不妊治療のことを詳しく描いてほしいですね。(40代女性)

“思わず見入ってしまった”

このドラマは不妊に関する問題やBL、セクハラ、パワハラ、子供の有無など現代の問題をテーマにしており、私自身26歳ということもあり、他人事とは思えず思わず見入ってしまいました。私は遺伝的な病気がある為、子供は作らない考えです。「女なんだから子供を産んで1人前」というセリフがドラマ内でありましたが、とても心にズドーンときました。みんな様々な事情があるのに、デリカシーなく発言する小宮山(妻)がこれからどのようになっていくのかが楽しみですが、ふざけた中にも真剣な現代の問題を組み込んでいるこのドラマはとても興味深い作品だと思います。(20代女性)

隣の家族は青く見える感想気になる動画見逃しは?

深キョンや松ケンが可愛いという感想や不妊治療やそれぞれの愛の形などいろいろ勉強になったという感想が多い隣の家族は青く見えるですが、見逃してしまったという方、さらにはもう一回見たい方、フジテレビオンデマンドで見逃し配信しています!!

詳細はこちら!

スポンサーリンク