1月18日スタートの『隣の家族は青く見える』ですが、松山ケンイチさん深田恭子さんが出演ということで話題になってますね。お二人は子供が欲しい夫婦を演じるということですが、撮影場所(ロケ地)は一体どのあたりなのでしょうか??ネットで調べてみると早くも撮影場所が判明していました。早速撮影場所がどこなのか?見ていきましょう。

隣の家族は青く見える 撮影場所が気になるあらすじは?

隣の家族は青く見えるの主人公五十嵐奈々(深田恭子)はスキューバーダイビングのインストラクターをしています。

また夫五十嵐大器(松山ケンイチ)は中堅の玩具メーカー会社員。

二人はコーポラティブハウスに入居すると同時に妊活を始めますが、なかなか授からず、子供をつくることがこんなに大変なのかと痛感しながらも立ちむかっていきます。

一方でこのコーポラティブハウスには子供を持つことを真剣に考える同性愛者を眞島秀和さん、北村 匠海さんが演じ、子供が欲しくない女性とバツイチ男性カップル、子供との理想の家族に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫など様々な家族の在り方を描いています。

ちなみに今回のドラマの舞台となるコーポラティブハウスとは、入居希望者が自主的に集まり土地の取得から建設の手配まですべて自分たちの手で協力していく共同住宅のこと。

住みやすいように住居人が意見を出していけるという点はいいですが、居住者同士が顔を合わせることが多く、居住者同士のプライベートも明かされそうな気がしますね・・・

それにより隣の家族が気になって・・・なんてことでしょうか?

➡隣の家族は青く見えるキャストが豪華!

スポンサーリンク

隣の家族は青く見える撮影場所集合住宅はどこ?

気になるのはコーポラティブハウスの撮影場所。一体どこなのでしょうか??

隣の家族は青く見える撮影場所みなとみらい?

さて、12月9日にみなとみらいのTSUTAYA前で隣の家族は青く見えるの撮影がされていたとの目撃が入ってきています。

➡隣の家族は青く見えるキャストが豪華!
➡君が心に棲みついた撮影場所ロケ地は?

スポンサーリンク