2004年に米倉涼子さんが主演して話題となった「黒革の手帖」。2017年には武井咲さんが主演で、米倉さんとはまた違った魅力を出していましたね。でもやっぱり米倉涼子さんの低い声と美貌が、「黒革の手帖」の元子のイメージかな・・・と私は勝手に思っています。2004年版「黒革の手帖」は、第22回ATP賞最優秀賞(ドラマ部門)を受賞と、高い評価を得ています。更に最終回の視聴率は17.7%。この視聴率から注目を集めていたことが分かりますね。
今回は、そんな人気ドラマ「黒革の手帖」最終回のあらすじと見どころを書いていきます。またpandoraで米倉涼子の黒革の手帖を見ることができるのか?についても調べてみました。その結果なども含めて「黒革の手帖」を無料視聴する方法をご紹介したいと思います。

黒革の手帖 米倉涼子最終回ネタバレは?

長谷川(津川雅彦)にハメられて、8400万のキャンセル料を払わなくてはいけなくなった元子(米倉涼子)

お金を貸してほしいと燭台のママ(山本陽子)に頼みに行きました。

助けてくれるかと思ったが、ママは元子にある言葉を投げかけます。

「もっと泥にまみれてからおいでなさい。」

そして、長谷川との条件である「一晩付き合う」ということをきっぱり断った元子。

長谷川は「一生まるごと引き受けよう。」と元子に言うのです。

もちろんその申し出も断った元子。

元子は、ロダンを手放す事になってしまいました。

そこで代わりのママとしてやって来たのは波子(釈由美子)です。

一日中、借金取りに見張られる元子。

そんな極限状態を救ってくれたのは安島(仲村トオル)でした。

とある別荘に二人で逃げ込んで、海外逃亡の計画まで立てました。

でも、安島の車には発信機がついてて、あっさり見つかってしまったのでした。

更に驚くべきことが元子には起こっていたのです。

それは、元子は妊娠していたということ・・・。

でも、悲しいことに逃げる最中に流産してしまったのです。

もちろん安島の子供です。

普通の女性なら流産直後となると、寝込んでしまうと思いますが、元子は違いました。

安島が盗んで来たヤミ献金の領収書で、長谷川を脅していたのです。

その後、元子は当選した安島との仲を断ち切るために、要求したのは金額は2億円。

元子は、宗教法人をバックにつけた安島からせしめた2億と、長谷川からとった5000万、その中から2億2000万でロダンを橋田(柳葉敏郎)から買い戻しました。

「お店の方にもぜひお立ち寄り下さいね」と言ってしまう勝ち誇った表情で立立ち去る元子でした。

実際、ロダンが再オープンした時には、楢林(小林稔侍)も橋田もやって来ててくるのでした。

最後はロダンのオーナーになった元子。

波子を追い出すことにも成功しました。

波子もそれだけでは終わることはなかったのです。

なんと、波子が警察に元子の事を話しに行ったのでした。

元子が最初に波子を泊めた日に・・・、「黒革の手帖」を見ていたのです。

その話を聞いた警察は、すぐに元子をつかまえようとやってきました。

元子は、警察に追われ走って逃げていきます・・・。

黒革の手帖米倉涼子最終回の見どころは?

米倉涼子さん出演の「黒革の手帖」、米倉さんの美貌ももちろん、その他の俳優さんの豪華さでも話題になりましたね。そんな大人気ドラマ「黒革の手帖」の見どころをまとめてみました。

●安島の元子への気持ち原作とは真逆!

安島(仲村トオル)と元子の関係がまず違いました。

原作の安島は、元子を騙すために近づいたのです。原作でははじめから恋愛感情など無かったかもしれません。しかし、ドラマは全くの逆!!

長谷川に見つからなければ、元子と二人で国外へ愛の逃避行って感じのドラマでしたよね。

原作とは真逆の安島の元子への感情。そんな描かれ方をしていましたが、ラストでは元子と一緒になることはあきらめてしまった安島でした。

●2004年度版のラストは原作と異なる!

原作の「黒革の手帖」では、衝撃のラストで終わりました。

原作での結末はどうなったのかというと、流産してしまった元子は、救急車で運ばれてします。

搬送先の病院はなんと楢林産婦人科医院。

執刀するのはもちろん楢林謙治と復帰したと思われる中岡市子。

楢林は脱税が発覚して元子を恨んでいるに違いない二人に手術してもらうなんて、怖すぎます。

元子は、「助けて!この二人に殺される!」と、そんな言葉を発して締めくくられた原作でした。

それに対しドラマ版は、警察に連行されそうなシーンで終わっています。

何年服役するかは分かりませんが、殺される!!っていうラストよりは、マシですね。

●米倉涼子さん演じる元子の年齢設定!

最終回でも銀座のママとしても女性としてもスゴイ貫禄を出していた米倉涼子さん演じる元子。

そんな彼女は、29歳の設定だそうです。

当時、米倉涼子さん自身も29歳くらいだったのですが、着物の着こなしからドレスまで、素敵でした。

やっぱりこのドラマの一番の見どころは、米倉涼子さん演じる元子の美貌かな・・・と思います。

黒革の手帖 米倉涼子 pandoraは?

米倉涼子さん主演の「黒革の手帖」がpandoraで視聴できるというので、試してみようと検索してみたのですが・・・そこでちょっと気になる情報を目にしました。

まずは、pandoraについてですが・・・日本のドラマや番組が無料で視聴できる韓国の動画共有サイトです。

このpandoraを閲覧した際に「マルウェア」に感染したというニュースが、過去にあったのです。

このウィルスは、Flash Playerの脆弱性が問題だというんです。

最新バージョンのFlash Playerを使用して、セキュリティソフトを適切に使用している環境では、攻撃は遮断できたみたいなんですが・・。

Flash Playerが古いバージョンのままで、セキュリティソフトも適切に使用していないとなると、pandoraを閲覧することで悪質なコードが実行されてしまうことがあるのです。

その攻撃から、インターネットバンキングの口座情報を盗み取る「マルウェア」に感染したと見られているみたいです。

pandoraなどの無料動画サイトでドラマを見たいという気持ちは分かります。

私だって無料で見たいです。

でも、危険な状態では見たくないですよね。

やっぱり公式のサイトがおすすめです。

そこでpandora以外で「黒革の手帖」を無料視聴する方法を探してみることにしました。
 

黒革の手帖米倉涼子無料視聴は?

最近では武井咲さん主演の「黒革の手帖」をテレビでみていましたが、

私はまた米倉涼子さん出演の貫禄のある「黒革の手帖」主人公・元子を見てみたくなりました。

米倉涼子さん主演の「黒革の手帖」を見たいけど、再放送しないし~ってあきらめている方もいるのではないでしょうか。

再放送を待たなくても視聴する方法があるんですよ。しかも、無料で!!

それは、TSUTAYAディスカスというサービスです。

TSUTAYAディスカスなら、自宅のテレビ・パソコン・スマホで映画や最新ドラマの動画配信が見れるんです。

レンタルでも動画配信でもどちらも可能!!!

しかも今なら30日間無料お試しできるんです!!!

ドラマの動画配信が32万作品もあるので、あなたの見たいドラマがすぐに視聴できると思います。

黒革の手帖以外にも米倉涼子さん出演ドラマだと、「交渉人」「肩ごしの恋人」「ドクターX ~外科医・大門未知子~」も見放題作品です。

「交渉人」

米倉涼子主演の人気TVドラマの劇場版。ハイジャック機に乗り込んだ敏腕交渉人・宇佐木玲子が、乗客、乗員合わせて159人の命を守るため、高度1万メートルの上空で決死の戦いを繰り広げる。ある日、現金輸送車から大金が強奪される事件が発生する。犯人グループは、ショッピングモールに人質をとって立て籠もる。しかし、混乱に乗じて犯人の一人、中川伸也が逃走に成功する一方、主犯と思われる男・御堂啓一郎と手つかずの現金はそのまま残される。そんな不可解な事件から数週間後、北海道で休暇を過ごすため羽田空港にやってきた宇佐木は、人質の一人だった青年・木元祐介に気づく。彼の行動に不審を抱いた宇佐木だったが…。

「肩越しの恋人」

米倉涼子主演で、唯川恵の直木賞受賞作品をドラマ化。
恋愛にのめり込めない女性と、恋愛しか興味がない女性。
対照的だからこそ理解し合える二人の女性が、恋愛や友情を通して女性の幸せとは何か??を探していく姿を描いたストーリー。

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」

「ナサケの女~国税局査察官~」の米倉涼子と脚本家・中園ミホが再びタッグを組んだ医療ドラマ第1巻。大学病院に勤務するフリー外科医・大門未知子。着任早々院長・久保が執刀を予定している手術に異議を申し出る。破天荒で群れを嫌う大門未知子の姿は、見ていてスカッとする。

公式サイトはこちら


まずは無料でお試し!ツタヤディスカス

スポンサーリンク