現在放送中のNHKドラマ『べっぴんさん』ですが、とと姉ちゃんに続き今注目を集めています。ロケ地は神戸を中心と様々な場所で撮影されました。今回は『べっぴんさんロケ地であるジェームス邸について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


ロケ地がジェームス邸『べっぴんさん』のあらすじは?

主人公坂野すみれ(子役渡邉このみ)は父五十八(生瀬勝久)、姉のゆりと神戸の洋館で暮らしていた。刺繍や縫物が好きなすみれは一生懸命入院中の母・はな(菅野美穂)に渡すために刺繍のハンカチを作っていた。ある日、病室ではなに渡すとき、父に“なんやこれ”と言われてショックを受けそのまま出て行ってしまう。しかしその後、坂東家の新築披露パーティーが開かれ、すみれの幼なじみ潔がそっとすみれが刺繍をやっているところに現れ、すみれを応援します。その後も父五十八の革靴を見ては“どうやってこれが作られているのか”気になり、夜中に分解(ハサミで裂いてしまう)してしまい、姉ゆりに注意されます。父の靴を元通りにしなくてはと悩むすみれ。一緒に街の靴屋に行こうと潔が誘い、二人で街に出かけます。

%e4%b8%80%e8%a9%b1
http://omoshiromedia.com/yotsubaclover

『べっぴんさん』ロケ地ジェームス邸がすみれの自宅?

現在放送中の『べっぴんさんロケ地についてですが、どうやらすみれ達が住んでいる神戸の屋敷(自宅)はあのジェームス邸のようです。
ジェームス邸は神戸市指定有形文化財となっていますが、今では結婚式のゲストハウスやレストランとして人気があるようです。

%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e2%9e%80
https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho

こちらの部屋は『べっぴんさん』で父五十八が座っていた応接間。また新築祝いの時にすみれが挨拶をした場所です。
%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e9%82%b8%e2%91%a1
https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho/james/

『べっぴんさん』1話ではこの階段から新調したドレスを着て、すみれと姉ユリが下りてきましたね。なんとも重厚感のある素敵な階段です。
%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e9%9a%8e%e6%ae%b5
https://www.proud-web.jp/kansai/house/shioyacho/james/

坂野家の女中マツの娘小野明美がクッキーを盗んだと疑われた場所です。その後すみれは白のハンカチにクッキーを小野明美ちゃんに渡しましたが、捨てられてしまいましたね。
%e9%a3%9f%e5%a0%82
http://blog.goo.ne.jp/aran-wish/e/9ecc666a5033d262

ジェームス邸のテラスでは『べっぴんさん』第5話で坂東八十八と坂東はな夫婦が子供たちを見ながら涙ぐむシーンで使われていました。
%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b9
インスタグラムより引用

ロケ地で有名なジェームス邸の歴史

ジェームス邸はなんと築80年という歴史を持つ洋館。現在はレストラン兼結婚式会場ともなり人気を集めています。
ジェームス邸は昭和9年神戸で生まれ育った英国人貿易商のアーネスト・ウィリアム・ジェームス氏が建設。
彼は日本にとって西欧との貿易が重要と考え、荒地だった神戸高台の土地を購入。公園や教会も造り、西の異人館街を誕生させた。その中心となるのがジェームス邸

約80年という歴史的洋館を存続させながら、結婚式場施設兼フレンチレストランに再活用させたことが評価され、日本建築美術工芸協会の最高賞を受賞しました。
瀬戸内海を見下ろす小高い丘の上にあるジェームス邸はまさに重厚感あふれる美しい洋館ですね。まるで外国映画のワンシーンのような風景です。

%e4%b8%98
https://bridalbiz.net/en/6793

ジェームス邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町6-28-1

『べっぴんさん』ロケ地ジェームス邸は他の映画でも?

この『べっぴんさん』のロケ地であるジェームス邸は実は他の映画でもロケ地として使われていたようです。
あの綾瀬はるかと斉藤工の『高台家の人々』では斎藤工演じる高台光正のお屋敷として登場しました。

%e9%ab%98%e5%8f%b0%e5%ae%b6
http://entershower.com/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8E

『べっぴんさん』ロケ地すみれ自宅の門は?

べっぴんさん』のロケ地であるジェームス邸ですが、実はすみれの自宅の門は旧乾邸が使われているようです。
旧乾邸とは兵庫県神戸市東灘区にある歴史的建造物。乾汽船創業者、4代目新兵衛・乾新治の邸宅として、関西を代表する建築家・渡辺節が設計した個人住宅のようです。こちらも門や塀も含め、敷地全体が神戸市指定有形文化財に指定されているようです。

旧乾邸
兵庫県神戸市東灘区住吉山手5-1-30

『べっぴんさん』ロケ地ジェームス邸まとめ

主人公坂東すみれの家ということで、今後このジェームス邸のシーンを見ることが多くなるのではないでしょうか。とても歴史がある洋館でインテリアも素敵です。今回のべっぴんさん、内容も現在のファミリア創始者坂野惇子さんのお話で興味深いですが、神戸の歴史ある建物も見ごたえたっぷりです。

➡『べっぴんさん』キャスト子供相関図は?

➡『べっぴんさん』ロケ地神戸が話題に?!

➡『べっぴんさん』豪華キャストは誰?

➡『べっぴんさん』ロケ地滋賀で撮影?

➡『べっぴんさん』ロケ地神戸大学?

➡『べっぴんさん』ロケ地神戸女学院!謎の志願者数で話題に

➡『べっぴんさん』ロケ地米原で松下優也さん目撃?!

➡『べっぴんさん』キャストと相関図はこれ!


スポンサーリンク