10月3日放送開始のNHK朝ドラ「べっぴんさん」。気になる「べっぴんさん」のあらすじについて調べてみました。今回の朝ドラのヒロイン坂東すみれ役には芳根京子さんが選ばれました。一体どんな物語なのか?早速見てみましょう。

スポンサーリンク


NHK朝ドラ「べっぴんさん」あらすじは?

「べっぴんさん」のヒロインはすみれ。昭和の初めに神戸の山の手で生まれた刺繍や手芸が大好きな女の子。

すみれの父は会社を経営、また活発な姉の元に何不自由なく育ち、19歳で結婚。子供を授かります。

順風満帆と思われたすみれの生活・・・・

しかし戦争という残虐な争いが彼女たちの幸せを奪っていくのです。

夫は出征、家は焼け、戦争が終わると財産は没収。

すみれは幼い娘を守るために生活していかなければなりません。

そこで、すみれが子供に作った小物を見た人が「売ったらいんじゃない?」と提案します。

すみれは生きていくために、子供服を販売するのです。

すみれの同級生であり「手芸倶楽部」のメンバーでもあった多田良子、田坂君枝、坂東家女中の小野明美なども仲間に加わり、「ああでもない、こうでもない」と言いながら会社を起こし、子供服作りにのめり込んでいきます。

生きていくために、こういった女性の知恵はこの当時必要だったでしょうね。
何か得意なことを仕事に活かすというのはとってもいいアイデアですね。

しかし戦地から戻った夫は「女は家庭を守り、男が働く」といった戦前の考えが捨てきれず、すみれが働くことに反対します。
またすみれ達が儲けよりも「子供たちに、ママたちにより良いものを提供したい」といった考えも納得いきません。

しかし、彼女たちの本気の姿をみて、夫もすみれを支える「最強のパートナー」となっていきます。
夫の力強い支えもあり、「手芸倶楽部」のメンバー良子・君江・また明美の協力もあり、質の高い子供服を作ることに成功。
やがて、宮内庁御用達と認められるまでになっていきます。

そしてすみれは大人になった娘たちと共に、“子供のものならなんでも揃う”総合子供用品店をオープンさせます。

NHK朝ドラ「べっぴんさん」意味は?

「べっぴんさん」の意味って通常はきれいな人・美人といったイメージを持ちますが、元々は「普通の品物とは違う」「特別によい品物」という意味で江戸時代から使われていたという。本来「別品」は品物を示す言葉として使われていたそうですが、優れた人にも使われ、男性にも、女性にも用いられていたんですって。

やがて女性の容姿についてのみさすようになり、きれいな人に「べっぴんさんね」と使われることになったとか。

今回この朝ドラの題名「べっぴんさん」というのはヒロインがべっぴん(美人)であることもさしながら、子供のために作った品物もべっぴん(別品)という意味も含んでいるんだとか。

NHK朝ドラ「べっぴんさん」脚本は?

脚本家の渡辺千穂さんは2016年1月に出産したばかりのママ。2002年に「天体観測」でデビュー。
ドラマでは「名前を亡くした女神」「息もできない夏」「サキ」「戦う書店ガール」など様々なドラマを書いています。
私生活ではフリーアナウンサーの羽鳥慎一の妻です。

脚本
この時、渡辺さんはすでに妊娠9か月。
「私は今、脚本家としてこのタイミングでこの企画と出合えたことを、運命のように感じています」とコメントしています。

「べっぴんさん」の主人公すみれも子を持つ母親。まさに渡辺さんも一児の母としてこのドラマにかかわることができ運命的なものを感じたのでしょう。

NHK朝ドラ「べっぴんさん」放送時間は?

月曜〜土曜の通常放送

午前7:30〜7:45(BSプレミアム)一番早く視聴できるのはBSプレミアム

午前8:00〜8:15(NHK総合)通常の朝ドラ時間です。

午後0:45〜1:00(NHK総合)午前中見れなかった人はこちらでどうぞ。

土曜午前9:30〜11:00は一週間分放送

NHK朝ドラ「べっぴんさん」は当時女性が夫を支えるのが当たり前だった時代・・・
でも女性たちが生きるために、子供たちのために、生き方を模索していた時代でもあります。
ママ目線で、女性目線でどうぞドラマをご堪能ください~
私もとっても楽しみです♪



スポンサーリンク