2017年秋から放送が始まったドクターx。第8話まで放送されました。最大の敵となるであろう内神田の過去が描かれた、印象的なエピソードでした。しかし、それ以上にファンを驚かせたのは、次回第9話の予告だったのではないでしょうか? バレエのプリマドンナをめざす少女の手術のこと、内神田の圧力によって名医紹介所が閉鎖に追い込まれることが予告されたあと・・・衝撃の映像が!床に倒れて、意識を失っている未知子。手首がピクピクとけいれんしています。主人公の未知子倒れるの?インターネットやツイッター上では、心配するファンの声が寄せられています。この記事では、始まる前から物議を醸している第9話の展開予想、願望などをファン目線で語ってゆきたいと思います。

ドクターx未知子倒れる?あらすじは?

第9話の患者は、九重遥(井本彩花)という少女。城之内(内田有紀)の娘・舞がかつて通っていたバレエ教室の生徒です。

遥の病気は、足の舟状骨骨折。着地などで強く手や足を打ち付けたときに起こる、骨折のひとつです。

遥の舟状骨骨折を治療するには、2回の手術と半年もの時間が必要と見られていました。

しかし、それでは大事な選考会に間に合いません。そこで未知子が提案した術式は、別の部分からとった患者自身の骨で、足の指を固定するネジを作ること。

しかし、日本医師倶楽部の会長・内神田景信はあの手この手で未知子のオペを妨害しようとします。

第8話では、蛭間に圧力をかけて、未知子が東帝大学病院をクビになるよう仕向けました。

第9話では、未知子や城之内の所属する名医紹介所を閉鎖に追い込むのです。

未知子がどのように妨害工作をくぐり抜けて、遥のオペにこぎつけるか?

誰が敵対して、誰が味方してくれるのか? が大きな見どころとなるでしょう。

予告編では、未知子本人が倒れることが示唆されています。

ただし、もし未知子が病気を患ってオペをしてもらう立場になったとしたら、そのお話は第10話(最終回)で語られる可能性が高いです。

というのは、過去シリーズをひもとくと、重要人物が最終回の患者となることが多かったからです。

第1シリーズ最終回の患者は、当時外科部長だった鳥井高。

(もう一人は、第三分院を解体に追い込んだジャーナリスト)

第3シリーズ最終回の患者は、蛭間重勝と晶さん。

第4シリーズ最終回の患者は、城之内博美。

私は当初、第5シリーズの最終回の患者は内神田景信になると予想していました。

息子の西山直之が執刀医になって、親子の葛藤が描かれるに違いない、と。

まさか、未知子が最終回の患者になるとは! いや、まだわかりませんけどね。

もしそうなった場合、執刀医は一体誰になるのでしょう?

未知子はどうなってしまうのか気になるラストです。

スポンサーリンク

ドクターx未知子倒れる?Twitter炎上?!

未知子が病気で倒れたとしたら、問題は“誰が”オペするのか、ということ。

“倒れるのはいつ?”

メインは、プリマをめざす少女のお話。未知子が倒れるのは、9話のラスト近くが濃厚。

“後輩医師を育てていたのは意味があった?”

“今期で完結?”

“加地が未知子を助けて結婚?”

加地先生、『ドクターY』に出演してないで、本家にも戻ってきて!

“実は未知子は病気だった?”

医者の不養生とはよく言ったもの。ガムシロップ大量摂取は、体によくなさそう。

“まさかの未知子が自分でやる?”

“暴漢に襲われる?”

あり得ない展開ではないかもしれませんね。

ドクターx未知子倒れる?➀加地が助ける?

長年のファンにとって、いちばん胸が熱くなる展開は、加地秀樹が執刀医となって未知子を救うことでしょう。

大門未知子を面と向かって、“デーモン”と呼ぶ加地。

顔を合わせれば憎まれ口をたたきあっていた未知子と加地。

ですが、未知子が難しいオペに挑むとき、必ずそばで助手を務めてくれていたのが加地でした。

第1シリーズで、未知子は加持の助手にまわり、“腹腔鏡の魔術師”としていい所が見せられるようにアシストした事がありました。

その後、2人の仲は急接近。

「あの2人、デキてるんじゃないですかね?」と周りの医師から噂された事もありました。

第4シリーズで、加地は別の病院にスカウトされました。

好条件のオファーを蹴って、未知子のオペを手伝いにきてくれましたよね。

未知子のピンチに加持がかけつけてくれる。

そして再び2人は急接近。

恋愛ドラマなら盛り上がりそうな展開ですが、はたして?

唯一気がかりなのが、第5シリーズになって加地は一度も出てきていないこと。

それどころか、加持のことを噂する場面もありません。何の前触れもなくいきなり登場するのは、少し考えにくいかもしれません。

スポンサーリンク

ドクターx未知子倒れる?➁脳梗塞?

インターネット上では、未知子が倒れた原因として『脳梗塞』をあげる人がいました。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり血のめぐりが悪くなったりして、脳の組織が酸素不足や栄養不足になって、脳組織が壊死(えし)してしまう病気です。

前兆となる初期症状がいくつかあります。ろれつが回らなくなる、顔にゆがみが出る、人の言うことがうまく理解できない、などです。

そして、片方の手足にしびれが起こる、というもの。

予告編では、未知子の右手がけいれんしていました。

手の震えから考えられる病気として、他に次のようなものもあります。

➀パーキンソン病・・・神経伝達物質のドーパミンの減少が原因。右手のふるえから左手、右足、というようにふるえが広がってゆく。

➁書痙(しょけい)・・・字を書こうとするとけいれんが起こり、字が書けなくなる。自律神経失調症やパニック障害と同じような不安障害のひとつ。

➂甲状腺機能亢進症(バセドー病)・・・甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気。20~30台の女性に多い(男性の3~5倍)。手の震えの他に、動悸がする、暑さに弱い、などの症状も。

➃アルコール依存症

ドクターxは外科医が活躍するドラマですので、内科治療でゆっくり治す病気は考えづらいと思われます。とすると、脳梗塞が有力かもしれません。

ドクターx未知子倒れる?➂暴漢に襲われる?

第3シリーズと第4シリーズの間に、『ドクターx~外科医・大門未知子~スペシャル』という2時間ドラマがあります。

手際よく手術する未知子の腕を見込んで、クロス医療センターの院長・黒須貫太郎(ビートたけし)は未知子を雇います。

ところが、患者の治療方針をめぐって、次第に未知子とセンター側の意見は対立するようになります。

未知子は外科手術による早期の快復をめざしますが、黒須は投薬による内科的治療を推し進めようとします。

投薬治療が実を結べば、同じ薬を販売してもうけが何倍にもなるからです。

反抗する未知子は、やがて黒須にも手に負えなくなります。

そこで、黒須は暴漢を雇います。夜道を歩く未知子を襲わせ、手に怪我を負わせたのでした。

北野たけし監督の『アウトレイジ』を思わせるような、物騒な展開のドラマでしたね。

さて、第5シリーズの第9話では、どうなるでしょう。

日本医師倶楽部の会長、内神田景信は普段はいたって温厚な男です。言葉遣いは丁寧で、口調も穏やかです。

ただし、ひと度怒らせると、手がつけられなくなります。

どちらかと言えば、政治的ネマワシに優れたタイプですが、本当にキレてしまったら手段を選ばなくなるかもしれません。

ドクタ-x9話展開予想は?

予告編を見ると、未知子が「1日でも長くオペできますように・・・」と、手を合わせて祈るシーンがあります。

このことから、未知子が病気になるなり怪我をするなりして、メスを握れない状態に陥ることが予想されます。

メスを握れなくなる、というと第4シリーズの前に放送されたスペシャルドラマを思い出します。

暴漢に襲われた未知子は、右手にマヒが残ってしまい、満足にオペができなくなってしまいました。

プリマをめざす少女の手術を、東帝大病院の整形外科医は時間をかけて治す方法を提案するのでしょう。

選考会を諦めたくない少女の願いを受けた未知子は、別の術式を提案、このことが内神田景信の怒りを買うに違いありません。

東帝大学病院のイメージを上げたり、業者の開発したAIシステムを売り込もうとしたりしても、ことごとく未知子が邪魔してきました。

内神田は、未知子が外科医として活動できなくなるように、あちこちに手を回すのでしょう。

名医紹介所を閉鎖に追い込めば、未知子や城之内はまともに医者として活動できなくなります。

元々、内神田は晶さんの請求する金額には不満をつのらせていました。税制上の不備をついて、晶さんを追い込むつもりかもしれません。

内神田の妨害工作と、未知子が倒れることに因果関係はあるのかないのか?

私なりに考えられる予想を立ててみました。

➀内神田の妨害により精神的に追い詰められたり、誰かに襲われたりして、倒れる。

➁名医紹介所が閉鎖に追い込まれたときに、たまたま未知子が脳梗塞を発症。悪いときに悪いことが重なってしまう。

いずれにしろ、第9話の終盤に、物語が大きく加速することは間違いありません。

何が原因で未知子が倒れるのか、誰が未知子を救ってくれることになるのか。刮目して見ましょう。

スポンサーリンク