10月5日スタートの『校閲ガール』ですが、早くも主人公が石原さとみさんということで話題になっていますね。今回は気になる『校閲ガール』のロケ地を調べてみました。目撃情報なども合わせて紹介しますね。

『校閲ガール』ロケ地が気になるあらすじは?

おしゃれが大好き!スーパーポジティブ主人公河野悦子(石原さとみ)はファッション雑誌編集者になりたいという夢をかなえるべく出版社に入社!期待を胸に入ったはいいけれど、配属されたのは地味な校閲部。校閲とは出版する前に日本語の間違いなどを訂正する仕事。

とっても地味な仕事だけれど、めげずに一生懸命仕事に向かう河野悦子。

小説の些細な点が気になれば北海道まで直行!

週刊誌の事件の真相を探るべく、現場に潜伏取材!

時には矛盾点を作家に訴えて、大幅に内容を変えさせるという!!

一切妥協しない河野悦子の仕事に向かう姿勢は何か私たちに熱いメッセージを送ってくれるに違いないですね!

今回見所はドラマの内容はもちろん、主人公石原さとみさんの衣装も見逃せませんね!

➡『校閲ガール』石原さとみ衣装は?

さて、本題の『校閲ガールロケ地を調べていきましょう。

『校閲ガール』ロケ地出版社はどこ?

校閲ガールロケ地として主人公河野悦子が働く出版社が一体どこなのか気になりますよね。

原作『校閲ガール』では「景凡社」という出版社に入社します。

その出版社は紀尾井町にあるという設定になっています。

紀尾井町にある出版社は文藝春秋社ということで、ここではないかと言われています

%e6%96%87%e8%8a%b8
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E8%97%9D%E

Twitterでは9月11日にクランクインしたようです。

また「景凡社」という名前から神保町にある「平凡社」という可能性も考えられます。

また原作ではそうであっても、実際のロケは他の建物などで行われたりすることもあるので、なんとも言えないですね。

ロケ地がこのTwitterだけだと判明できませんが、出版社の名前は原作通り「景凡社」ですね!

出版社での撮影でしょうか?『校閲ガール』キャストが集まり、岸谷五朗さんの誕生日のお祝いだそうです!!

『校閲ガール』ロケ地史跡の駅おたカフェ

JR中央線西国分寺駅から徒歩15分にある史跡の駅おたカフェ!こちらで『校閲ガールロケ地が行われたようです。

史跡の駅おたカフェ

いわゆる「まちの駅」ということでトイレや休憩所を無料で利用することができる場所。
史跡の駅おたカフェの住所:東京都国分寺市西元町1-13-6
%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7
http://nipponianippon.or.jp/story/scene1/427.html

『校閲ガール』ロケ地佐竹商店街で目撃?

『校閲ガール』ロケ地情報としてTwitterから佐竹商店街で石原さとみさん目撃情報が出ています!!

『校閲ガール』ロケ地教育の森公園で石原さとみ?

東京都文京区の教育の森公園で石原さとみさんが目撃されています。

教育の森公園とは旧東京教育大学(現在の筑波大学)の跡地に、昭和61年に開園されたという公園です。

教育の森公園の近くには筑波大学などもあるので、学生がロケを目撃することもあるかもしれませんね。

『校閲ガール』ロケ地立川市多摩川河川敷で石原さとみ?

Twitterにて『校閲ガール』ロケ地、立川市多摩川河川敷で石原さとみさんと志茂田景樹さんを目撃したという情報が入ってきました。志茂田景樹さん?は『校閲ガール』キャストには入っていないのですが、たまたまでしょうか?

多摩川河川敷
東京都立川市錦町5-20付近

10月5日から始まる『校閲ガールロケ地情報が今後どんどん入ってくると思いますので、また追加しますね!!

➡『校閲ガール』ドラマのあらすじが地味でスゴイ!

➡『校閲ガール』キャストが決定!

➡『校閲ガール』石原さとみの衣装が判明!


スポンサーリンク