砂の塔9話が始まりました。砂の塔9話では弓子の過去が明かされましたが、衝撃的でしたね。あまりに予想をはるかに裏切ってもらい拍子抜けしてしまいましたが。さて、今回の砂の塔9話の感想をまとめてみました。

スポンサーリンク


砂の塔感想9話は?弓子の過去がヤバかった!

砂の塔9話では弓子の過去を知るために亜紀が刑事に話を聞きに行きます。弓子に和樹を奪われた亜紀・・・一体弓子は何者なのか?


http://www.tbs.co.jp/sunanotou/chart/

刑事は弓子について話します。

事件現場は北海道の自宅。

弓子は北海道生まれ。

弓子はアルバイトで自活し都内の大学に通った。

弓子は過去に犯罪を犯していますが、その犯罪が何だったのか?明らかになりました。

弓子はずっとホステスのアルバイトをしていました。健一と付き合っている時も。そして健一と結婚した時はやめていました。

しかしそのホステス時代に、弓子に執拗に付きまとう怪しいストーカーがいたんです。要はお客ですね。
気の狂ったお客は、弓子が結婚した後も、気味の悪いはがきを送りつけました。

そして健一と和樹が外出している時に、なんとそのストーカーが弓子の自宅に押し入ってきたのです。
刃物を持って!!!

ストーカーは“逃げられないっていってるだろ。おまえと子供を殺してやる!”とナイフを弓子に向けます。

危ないと思い、咄嗟に風呂場に逃げた弓子・・・・
しかしそのストーカーともみ合いになり、弓子は勢い余ってストーカーを殺害してしまうのです。

すぐに弓子は“和樹が帰ってくる。和樹にこんな姿を見せられない。怖い思いをさせられない”そう思って血の飛び散った浴槽を必死で洗うシーンがこの時でした。

遺体を裏庭に運んだ。

つまり弓子があの血の飛び散った浴槽で殺害したのは自分の子供でもなく、他人の子供でもなく、ホステス時代の期の狂ったストーカーだったのです。

砂の塔感想9話は?正当防衛じゃないの?

ここで気になるのが弓子のストーカーにしたことは正当防衛じゃないかってこと。

しかし刑事はこういいます。通常は正当防衛だが、弓子はやりすぎた。つまり過剰防衛による殺人罪だった。
懲役2年の実刑判決だった。

正当防衛と過剰防衛の違い、私も法律家ではないので詳しくはわかりませんが、要するに相手の攻撃よりも自分の攻撃が上回った場合、過剰とみなされるようですね。例えば、相手が暴力をやめているのに、自分は相手に対して殴り続けたとか。しかし現実は正当防衛か過剰防衛かはそこに第三者の目が必要のようです。つまり監視カメラやそれらの一連の行動を見ていた人物ですね。


http://president.jp/articles/-/9080

しかし弓子はこの気の狂ったストーカーにナイフを振りかざすどころか、殺害してしまった。殺さない程度に負傷させていれば、釈放の余地はあったのかもしれません。つまりやりすぎた防衛とみなされてしまったようですね。

しかも部屋に健一など第三者は誰もいなかった。自分だけの証言。そして遺体・・・・
命の危険を感じたなら、正当防衛が認められてもいいのでは?と思いますが・・・・この正当防衛か過剰防衛かは専門家でも議論の的になるようです。

そして弓子は健一に離婚してくれと頼む。犯罪の母親だと和樹が可愛そうだと思い、弓子はまだ幼い和樹を手放したのです。

http://www.tbs.co.jp/sunanotou/story/

スポンサーリンク


砂の塔感想9話は?母親の無償の愛が泣ける!

弓子が和樹に何度もこういいます。
“本当のお母さんに会わせてあげる。でももう亜紀さんには会えない。約束できる?”

和樹は弓子を取るのかそれとも亜紀を取るのか・・・・

つまり産みの母親取るのか、育ての母親を取るのか・・・・・

弓子は和樹を産んだが、自分が殺人犯であるため、息子和樹に迷惑をかけたくない、和樹の人生を思い、やむを得なく和樹を手放した。

そして亜紀は和樹が本当の母親に会いたければ、それは和樹の選択。和樹に任せるという。

しかし結果的に和樹が選んだのは亜紀だった。

砂の塔感想9話は?ハーメルン事件の犯人がついに?

ハーメルン事件の犯人が砂の塔9話ラストで出るが、どうみても男性としか見えない。

しかしラストで和樹が見てしまい、和樹は犯人に鈍器のようなもので後ろから殴られる。

つまり犯人は和樹ではない。


http://chahoo.jp/shadow-people

あと男性で犯人像として有力なのは、生方コーチ、あとは阿相武文。横山めぐみ演じる阿相寛子の旦那か。

また刑事、津久井琢己の話によると犯人は男女一人ずつの共犯じゃないか?と言われている。

結局9話では誰が犯人か断定はできない・・・・

しかしネットで騒がれている生方コーチがやはり有力ではないかと思った。

砂の塔感想9話は?謎の口笛・一体誰?

今回の山梨県で発見された被害者少女の証言からすると、犯人は口笛を吹いていた。

またその口笛について刑事が調べると、口笛の曲が認知症患者の音楽療法のために作曲されたものらしい。

砂の塔感想9話は?まとめ

弓子の過去が衝撃的でしたね。殺人の相手が子供ではなく、ホステス時代の執拗なお客だったとは。
また和樹が亜紀ではなく、本当の母親、弓子を選ぶのかと思いきや、亜紀を選んだときは涙が出ました。
しかし弓子の過去を知れば知るほど、和樹を手放したくて手放した訳じゃなく、なんだか同情してしまう方もいたのではないでしょうか?
健一と別れてからも和樹がいじめに遭っていたことを把握していた弓子。つまり遠くでずっと和樹を見守っていたのですね。
今回のこの砂の塔。ハーメルン事件の犯人が誰か?ということに目が向けられますが、母親についてのドラマなのかなと見ていて感じました。亜紀の和樹に対する思い、そして弓子の無償の愛。和樹の為なら地獄にだって落ちることができると8話で弓子が言っていましたが、今回9話の弓子の壮絶な過去を見ると、やはり弓子の気持ちがわかりますね。
ハーメルン事件の犯人がまだ誰なのか?結局9話では確定できませんでしたが、最終回が楽しみです。

➡『砂の塔』弓子と和樹は親子だった?!別れたくない理由が!

➡『砂の塔』弓子と健一の秘密がヤバかった!

➡『砂の塔』弓子と健一の過去がヤバい!

➡『砂の塔』弓子の正体は?

➡『砂の塔』弓子の夫は最初から不在だった!

➡『砂の塔』動画1話を視聴する方法!

➡『砂の塔』動画2話を視聴する方法!

➡『砂の塔』動画3話を視聴する方法!

➡『砂の塔』動画4話を視聴する方法!

➡『砂の塔』動画5話を視聴する方法!

➡『砂の塔』動画6話を視聴する方法!

➡『砂の塔』動画7話を視聴する方法!


スポンサーリンク