今回は「嘘の戦争」について、これまでとは少し違った覚悟で、「嘘の戦争」と「数字」との関係という軸で見ていきたいと思います。天才詐欺師・一ノ瀬浩一(草なぎ剛)の壮大な復讐が話題のドラマ「嘘の戦争」が今とても人気です。この「嘘の戦争」、実は数字に深く関係しているんです。数字といっても「嘘の戦争」の視聴率のことではありません。実はそれぞれの登場人物がそれぞれ「数字」と深い関係をもっていて、これがネットを中心に視聴者の間でも話題なんです。気になりますよね?それではさっそくドラマ「嘘の戦争」を「数字」との関係から見ていきましょう。

スポンサーリンク


嘘の戦争数字と関係?詐欺師は?

「嘘の戦争」は、30年前に家族を殺された天才詐欺師の一ノ瀬浩一が、アジトである「BAR800」に集まる詐欺師の仲間と共に、家族を殺した二科家やその周辺の者たちを騙して彼らのお金や将来を奪うという、一ノ瀬浩一と二科家の対決を中心とした復讐劇です。
気が付きましたか?
そうなんです、主人公の一ノ瀬浩一には数字の「1」が、敵である二科家には数字の「2」が、そしてアジトのBAR800には数字の「800」が使われています。この800という数字は、「嘘八百」から取られたものと思います。ちょっとしたシャレですね。
二科家の場合、秘書の名前も七尾伸二(姜暢雄)、四谷果歩(野村麻純)と数字が使われており、さらに二科家が雇っているヒットマンと思われる「六車」という謎の男もいます。
それではこの「BAR800」に集まる浩一の仲間の詐欺師の面々はどうなのか、見ていきましょう。
・バーのマスターで浩一の詐欺の師匠でもある百田ユウジ(マギー)

http://www.ktv.jp/uso/chart/index.html
・その甥っ子で詐欺師見習いの八尋カズキ(菊池風磨)、

http://www.ktv.jp/uso/chart/index.html

・タイで浩一に騙され、そこから浩一ともに詐欺を働く仲間になり、そして浩一にひそかに想いを寄せる十倉ハルカ(水原希子)

http://www.ktv.jp/uso/chart/index.html

見事にみな、名前に数字が使われています
また主人公の一ノ瀬浩一という名前は自分の素性を隠すための偽名で、本名は千葉陽一です。
また、浩一は相手を騙すために「一ノ瀬浩一」以外の偽名を使う時もありますが、この時も「一橋」や「一色」など、ここでも数字が使われています。

http://www.ktv.jp/uso/chart/index.html

本名も偽名も、そのすべてに数字が関係しており、それは驚くほどの徹底ぶりです。
それでは他の登場人物と数字の関係はどうなのでしょうか

➡嘘の戦争犯人はマギー?
➡嘘の戦争犯人は大杉蓮か?
➡嘘の戦争キャスト六車の正体ヤバい?!

スポンサーリンク



嘘の戦争数字と関係?ターゲットは?

それでは、これまでに詐欺師・一ノ瀬浩一のターゲットとなった人物の名前は果たして数字と関係しているのか、第一話から振り返ってみてみましょう。
第一話、タイで浩一の投資詐欺に引っ掛かった三枝晴男(佐戸井けん太)

https://matome.naver.jp/odai/
浩一の家族を殺した実行犯の1人で医者の五十嵐久司(甲本雅裕)、

http://www.alpha-agency.com/artist/koumoto
第二話、二科家の顧問弁護士で浩一によって破滅させられる弁護士の六反田健次(飯田基祐)

http://www.ohtapro.co.jp/talent/iidakisuke
第三話、30年前、浩一の証言を封殺し、事件を一家心中として片づけた刑事の三輪郁夫(六平直政)、

第四話、30年前の事件に関わり、揉み消しにも加担した政治家の四条綾子(ジュディ・オング)と息子の司(森岡豊)

http://www.ktv.jp/uso/chart/index.html

第五話、三十年前の事件の実行犯に一人である九島亨(平岳大) 、その愛人の五十川芙美(真飛聖)

http://www.siscompany.com/02manage/

愛人の名前にも数字を関係させるなど、やはり名前に数字が徹底して使われています。
ここまで徹底するということは、この数字がドラマの筋と関係があるのでしょうか?

➡嘘の戦争数字謎が解けた?!

嘘の戦争数字と関係?犯人は?

まず浩一の名前には本名、偽名含めその名前のすべてに「1」が含まれます。この「1」へのこだわりは異常であり、何かしらあると思われます。

」を持つ一ノ瀬浩一と「」を持つ二科家の対決が物語の軸ですが、その1と2を足した「」を持つある人物が、ドラマの放送開始から怪しいと話題でした。
三瓶守(大杉漣)という人物です。浩一が幼少時代を過ごした児童養護施設の園長で、初めは浩一に住む場所を提供するなど、まるで浩一の味方のように振舞ってましたが、途中からあやしい言動をみせるようになりました。
「1」と「2」の戦いは実は「3」の掌の上で踊らされていた。「漁夫の利」ということわざがありますが、そんな風に考えるのは考えすぎでしょうか?

0」年前に起きた事件を発端とする「」ノ瀬浩一と「」科家の戦い、犯人が「」瓶だったらしっくりくるように思います。

➡嘘の戦争数字謎が解けた?!

嘘の戦争数字と関係?まとめ

「嘘の戦争」には本名・偽名を含めて登場人物の全ての名前が数字に関係しており、その徹底ぶりは凄いです。この数字がドラマの筋に関係しているのか、それたまただの数字遊びなのかは正直まだ分かりません。
ただ草なぎ剛さん演じる主人公の名前が、偽名も含めすべてに「1」が使われているのも事実です。
私の予想は三瓶一番の黒幕で、一ノ瀬浩一も二科家も全て三瓶の掌の上で踊らされていた(1たす2は3になる)というものです。
この「数字」に何か壮大な伏線があり、それらに関して今後、最終回などで種明かしがあるかも知れないので登場人物の名前が持つ「数字」の意味に注目しながらドラマを見ると良いでしょう。

➡嘘の戦争数字謎が解けた?!
➡嘘の戦争キャスト数字の意味がヤバい?
➡嘘の戦争犯人はマギー?
➡嘘の戦争犯人は大杉蓮か?
➡嘘の戦争キャスト六車の正体ヤバい?!


スポンサーリンク