ドラマ『嘘の戦争』が来年1月からスタートします。SMAP解散後草彅さんが主役ということで話題になっていますね。さて、そんな『嘘の戦争』ですが、ネットでは嘘の戦争を検索すると“嘘の戦争韓国”と出てきます。ドラマ『嘘の戦争』と『韓国』は果たして関係があるのか?早速探ってみたいと思います。

スポンサーリンク


『嘘の戦争』韓国ってどこから?

さて、『嘘の戦争』ですが、検索するとなぜか韓国というキーワードが出てきます。一体どういうことなのか?
調べてみると『嘘の戦争』の前に放送された草彅さん主演ドラマ『銭の戦争』が韓国のテレビドラマ『銭の戦争』を原作として、関西テレビが舞台を日本に置き換えて放送していたようですね。


出典i1.wp.com

ちなみに韓国を原作にしていた『銭の戦争』では東大卒でエリート外資系のサラリーマンが父親の借金を背負い婚約者を失い、ホームレスまでに転落した主人公が、自分をどん底に追いやった金貸し業になり、人生をかけて復讐するという話。

お金に関するシーンが実に生々しく話題になりましたね。

出典yuyu170823

ちなみにこの原作の韓国では韓国版『銭の戦争』は最高視聴率37.1%を叩き出した大ヒットドラマだったようですね。

また日本の『銭の戦争』は最終回で最高視聴率15.4を記録!
韓国版にしても日本版にしても『銭の戦争』はかなり話題になったドラマだったようです。

またラストシーンでも違いがありました。

韓国版『銭の戦争』では主人公富生役のクミ・ナラが赤松社長役のマドンポ社長に殺されるバッドエンド!!!
しかし日本版『銭の戦争』では主人公富生は死にはしないが、誰とも結ばれずに金貸しに・・・最後までお金に憑りつかれてエンド!!


出典livedoor.blogimg.jp

『嘘の戦争』韓国と関係があるの?

つまり草彅さんが出た過去の『銭の戦争』の原作が韓国だったということで、話題になっていますが、今回始まる『嘘の戦争』は完全オリジナルドラマで全く韓国とは関係がないようです。

『銭の戦争』は父親の借金の連帯保証人になり、婚約者も失ったホームレスの復讐劇。
『嘘の戦争』は母と弟を殺したとされる父親が自殺。しかし仕組まれた罠だったということで主人公が復讐する話。

ということで、どちらも復讐、しかもタイトルも似ているとあって、『嘘の戦争』も韓国が原作?と思われた方がいたようですね。

➡嘘の戦争銭の戦争違いは?

『嘘の戦争』見どころは?

『嘘の戦争』見どころは何といってもスケールのでかさ!ではないでしょうか?
嘘の戦争のロケ地が今回タイのバンコクとあって、すでに話題になっています。

➡『嘘の戦争』ロケ地が判明?!

母と弟を殺したとされる父親が無理心中。しかし仕組まれた罠だと知った主人公。

草彅演じる主人公浩一がタイに渡り、名前を変えて、偽の経歴を手に入れ、詐欺師にとなり、記憶の中の真犯人と再会!
日本に戻り復讐劇が!!!!

また相棒の女性詐欺師を水原希子さんが、大企業会長の娘を山本美月さんが演じ、主人公浩一を巡る複雑な三角関係!そして愛憎劇が!!

主人公草彅さんの復讐する演技も見どころですが、二人の女優さんとの絡みや三角関係も見どころですね。

➡嘘の戦争銭の戦争違いは?

➡『嘘の戦争』ロケ地が判明?!

➡『嘘の戦争』放送日は?キャストは?

➡『嘘の戦争』水原希子の衣装が判明?!


スポンサーリンク