コードブルー3シーズン6話では冷凍室に閉じ込められた灰谷と横峯の葛藤シーンが印象的でしたね。さてこの記事では「コードブルー3」6話のヤフーの感想を調べてみました。コードブルー3は脚本家が変更になったということでちょっと過去シリーズのコードブルーよりも恋愛要素が含まれネットでも賛否両論でしたね。「コードブルー3」6話ではフェローの冷凍庫での葛藤ぶりと脳死の患者の臓器提供という結構重く、また見ごたえのあるシーンでしたが、「コードブルー3」6話のヤフー感想ではどんな感想が多いのでしょうか??早速見てみました。

スポンサーリンク

➡コードブルー3感想ヤフー7話は?
➡コードブルー3感想ヤフー8話は?

コードブルー3感想ヤフー6話は?

久しぶりの世界観に感動
コードブルーは過去シーズンから続き大好きなドラマですがまた見れて嬉しいです。恋愛要素があるなしでいろいろ言われているけど、私は多少あってもいいと思います。
脚本家変更とかいろいろいわれてるけど、恋愛要素を入れたかったから今の人に頼んだんじゃないの??ただ思うのは登場人物も過去よりも増えたし全体的に話しが薄い気もします。
今までは基本的には一つの事件にポイントを置き、他のサブも含めたストーリーだったけど今回はあれもこれもいろいろ同時に進んでますね。なので全体的に薄いかなと感じました。
という感じで今まではインパクトがあったんだけど、今のコードブルーはあれ?何話は何が起きたっけ?とちょっと覚えてない部分もありました。

➡コードブルー3感想ヤフー7話は?
➡コードブルー3感想ヤフー8話は?

一枚の紙の重み
今回のコードブルー6話の話は良かった。というかすごく考えさせられた。緋山が臓器提供先(臓器をもらう人)の一覧を読み上げる時は何だかすごく重い一枚だなと思った。一人の人間の臓器が何人かの命を救う。淡々と臓器が少年から抜き取られるシーンは本当にこんな感じなの?と見入ってしまいました。臓器の摘出を見つめ、また自分の息子にもその臓器が?と思う橘(椎名桔平)の表情は複雑で、苦悩といろんなものが混じった感情だろうなと思いました。
たった一枚の6行はこの少年の生きた証。紙切れ一枚だけど重みがある。だから事務処理も大事な仕事。といった緋山はかっこよく印象的でした。

➡コードブルー3感想ヤフー7話は?
➡コードブルー3感想ヤフー8話は?

フェローのシーンが印象的
まず、コードブルー6話については、有岡大貴さん演じる名取颯馬と成田凌さん演じる灰谷俊平の2人のフェローに注目する話だったと思います。また、現場の医療シーンについてもとても見ごたえがあり、臓器移植のシーンに関してもとても迫力がありました。そして、戸田恵梨香さん演じる緋山美帆子が17歳の少年に脳死判定をするシーンについては、とても複雑な気持ちになりました。また、成田凌さん演じる灰谷俊平と新木優子さん演じる横峯あかりの2人で処置を行うシーンに関しては、横峯あかりがとても頼もしく見えました。そして、次週の7話の展開についても気になるのでとても楽しみです。

➡コードブルー3感想ヤフー7話は?
➡コードブルー3感想ヤフー8話は?

尊いシーンだった
それぞれのフェローが何かを感じ、成長した回だったと思います。後半では臓器摘出、臓器提供という今シーズン始まって以来の重いテーマで考えさせられました。臓器を待つ人と摘出される側、それぞれの立場にたった時、思うことは違うと思います。どちらも本当は助かって欲しい命であり、尊いシーンでした。私だったら誰かのためになるならもし死んだ場合臓器提供をしてもいいと思っていますが、いざ死が迫ったらそれに覚悟を持つことができるのか、また遺族だったらそれが簡単に納得ができるのか、それでも助かる命があり、生きたい誰かのためにどうするのか、改めて考えたくなる内容でした。
フェローに重点?
名取と灰谷のシーンが印象的な回でした。名取も今までゲーム感覚で医療に携わっていたのかな?と思いますが、今回の6話での臓器移植のシーンで緋山からの過去のエピソードが届いたようですね。どちらも人の命の尊さを訴えるシーンでした。ただ全体的にやはり過去のコードブルーよりは薄いかなと思います。主役の心情というよりはフェローの成長シーンが多いかなと。これも脚本家が変わったせいでしょうか?またシーズン1のフェローと今回のフェローはだいぶ意識が違いますね。以前は黒田先生に必死に食いつくフェローが印象的でした。過去のコードブルーと見比べてみると面白いかもしれません。

➡コードブルー3感想ヤフー7話は?
➡コードブルー3感想ヤフー8話は?

コードブルー6話ではやはり灰谷と横峯のフェローの成長シーンと17歳という若さで脳死判定、その後臓器移植という重いテーマがやはり印象的でしたね。私もやはり臓器移植シーンは見入ってしまいました。緋山が臓器提供先を静かに読み上げる時、この少年の臓器がどんどん取っていかれるシーンは遺族だったらどう思うのか?またその臓器を待っている人にとってはどうなのか?深く考えさせられるシーンでしたね。また橘の息子の移植はあるのか?期待していましたがそれはなく、ショックを受けたと循環器内科の井上に話しますが、井上は“彼は臓器提供のために生きたわけではない。でも彼の臓器で6人の命が助かる”というセリフが印象的でした。またやはり過去のコードブルーの方がわかりやすかったという感想も多かったですね。過去のコードブルーと今のコードブルーを見比べてみるのもいいかもしれません。

“コードブルー3”6話を無料で見る方法は?

コードブルー3、6話はフェローの成長シーン、臓器移植という重いテーマのシーンがポイントでしたが、スマホでも無料で見れる方法があります。

コードブルーはフジテレビ放送なのでフジテレビの公式サイトFOD(フジテレビオンデマンド)で見逃し配信しています。

通常月額888円かかってしまうのですが、なんと今だけ無料キャンペーン中です!!!

しかも登録から丸々一ヵ月無料で見れるんです!!!!


フジテレビオンデマンド

コードブルーといえば1シーズンから始まっていますが、2シーズン3シーズンとすべて無料で見放題なんです!!!

このフジテレビオンデマンドのコードブルー見逃し配信は期間限定です。いつまでやっているのか?わかりません。

またこの無料お試しキャンペーンもいつまでかわかりません。

気づいたらキャンペーン終了して見れなかったなんてことが無いように~~

無料キャンペーンはここ

フジテレビオンデマンド公式サイト

➡「コードブルー3」動画6話YouTubeは?
➡コードブルー3感想ヤフー7話は?

スポンサーリンク