先日最終回を迎えたコードブルー3シーズン、盛り上がりましたね。来年には映画化されることも決定して、楽しみですね!しかし、映画化が決まったとたん、ファンの間から、脚本家を変えてほしいという声がたくさんあがっています。どうして、脚本家変更の希望が殺到しているのか、コードブルー3シーズンの脚本家について考えてみましょう。

スポンサーリンク

➡コードブルー最終回ネタバレ藤川でTwitter炎上!
➡コードブルー最終回ネタバレ藤川助けたのは藍沢だった!

コードブルー映画化脚本家戻して!Twitter炎上

コードブルーの映画化が決まり、脚本家を変更してほしい、以前の脚本家に戻してほしい、との声が上がっています。

スポンサーリンク



コードブルー映画化!脚本家変更希望理由は?

脚本家変更理由➀恋愛要素いらない!

コードブルーは、リアルで緊迫感のある医療現場のシーンが見どころの医療ドラマですが、シーズン3になって、ドクターたちの恋愛要素が盛り込まれてきたことで、視聴者の間に不満が続出しました。

まず、藤川と冴島が付き合っているという設定に、戸惑った方も多かったようです。
ただ、藤川は前シーズンから冴島に片思いしている様子が描かれていたので、これはぎりぎり納得できるレベルではあります。

しかし冴島の妊娠をきっかけに藤川がプロポーズをする展開には、仕事熱心で自分に厳しい冴島のキャラクターを考えると、まだ結婚していないのに、避妊しないのはおかしいという声があがりました。

また、藍沢が、白石と深海の仲に嫉妬しているようなシーンが描かれ、藍沢と白石がこれから恋愛関係に発展しそうな雰囲気が漂ったことにも、不満を抱いた人は多いようです。

中でも特に、視聴者からいらないと不評だったのは、緋山と患者の緒方の恋愛です。

緋山は、頸椎を脱臼骨折するという重傷を負いながら、明るく振舞う緒方に好意を抱きますが、後に緒方の妻と名乗る女性が登場し、ショックを受けます。
緋山が白石に、好きな男性に奥さんがいたら、という相談をし、不倫はダメだよ!と言われてしまい、友達の話だから、と慌てて取りつくろう場面も出てきます。

気が強くてハッキリ物を言うけれど、いつも患者のことを第一に考える緋山の性格を考えたら、患者と恋愛、しかも不倫をするなんて違和感がありますし、そんなドロドロした展開は見たくない!と思った方も多いようです。

緒方はその後、妻と離婚をすることになりますが、緋山がその離婚届の証人になりサインをする場面もあり、医師なのに患者のプライベートに干渉しすぎだと、これも賛否両論だったようです。

また、緋山が治療中にエボラ出血熱に感染した疑いで隔離された回では、緋山の病室を緒方が訪ね、二次感染する危険があるのにも関わらず、緋山は緒方を病室に入れてしまいます。

隔離病棟に一般の患者が入れるのもおかしいですし、緋山の性格や、医師としての立場を考えても、あまりにありえない場面に、視聴者の不満の声が続出しました。

命の重さを扱った医療ドラマであるコードブルーに恋愛要素を盛り込んだことにより、医療の現場ではありえない場面が出てきたり、登場人物たちのキャラクターも崩壊したり、散々な結果になってしまったようです。

スポンサーリンク


脚本家変更理由➁ドクターヘリシーン少ない!

コードブルー1シーズンや2シーズンでは、医師たちがドクターヘリで現場に飛び、治療する場面が頻繁にあり、ドラマの緊迫感を盛り上げていました。

しかし、3シーズンになってから、ドラマのメインともいえるドクターヘリが登場するシーンがほとんどないことも、視聴者の不満になっていました。

その原因として、ドラマの制作予算の減少があげられます。

コードブルーが放送されていたのは、過去に次々と大ヒットドラマを生みだし、フジテレビの顔とも言える枠となっている月9です。

しかし、近年の月9は視聴率の低下が著しく、一時は、ドラマ枠打ち切りの噂も出たほどです。

視聴率が悪ければ、スポンサーの資金提供も得られません。

コードブルーの制作費も、前シーズンに比べてかなり削られていたと思われます。

ヘリをチャーターするには、かなりの費用がかかってしまいますので、以前ほど頻繁に登場させられなくなったのでしょう。

また、コードブルーの出演者には主演クラスの俳優陣がそろい、とても豪華です。

製作費が、ヘリのチャーターよりも、豪華キャストのギャラの方に回されてしまった結果、ドクターヘリがほとんど飛ばないという事態になってしまったのではないでしょうか。

脚本家変更理由➂詰め込みすぎ!

また、コードブルー3の脚本について、いろいろなエピソードを詰め込み過ぎとの声も上がっています。

コードブルー映画化!脚本家は林さんで決定?

映画化されるコードブルーの脚本家が誰になるのか話題になっていますが、現在のところ、まだ発表されていません。

ファンの間では、コードブルー1シーズン、2シーズンの脚本を担当した林宏司さんに戻してほしいとの声が高いようです。

林さんは、フジテレビだけでなく、各局のテレビドラマの脚本を多く手掛けているベテランです。
今までに「救命病棟24時」、「医龍」などの医療ドラマの脚本を書いた実績があり、コードブルーの骨太な世界観を作り上げた方です。
ファンからぜひ映画の脚本を林さんに、という声があがるのも納得です。

一方、コードブルー3シーズンの脚本家、安達奈緒子さんは、これまでに「大切なことはすべて君が教えてくれた」「失恋ショコラティエ」「リッチマン、プアウーマン」などの恋愛もののドラマの脚本を多く手掛けています。

脚本家としての評価は低くはないのですが、コードブルー以前には医療ドラマの脚本を書いたことはありません。

そして、安達さんが手掛けたコードブルー3は、ドクターたちの恋愛要素が盛り込まれたり、医療ドラマとしてあり得ないことが描かれるなどして、批判を受けました。

安達奈緒子さんが引き続き映画の脚本を書くことになったら、映画が爆死するのでは、という声も上がっています。

➡コードブルー脚本家変更理由は意外なところにあった!

コードブルー映画化!過去シーズンが今ならFODで無料!

映画化が決まったコードブルー。
今までのシーズンを見逃してしまった、ぜひ見てみたい!と言う方には、フジテレビの、フジテレビオンデマンドをお勧めします。

フジテレビオンデマンドなら、コードブルー1シーズン 、2シーズン、最新の3シーズンまで今なら無料お試しキャンペーンで見放題です!!!

今ならYahoo! JAPAN IDで月額888円のFODプレミアムが、31日間無料で楽しめます!


FOD

無料お試しは1か月間!!31日間見放題の作品が無料で見れるんです!!!!

コードブルー1シーズン

コードブルー2シーズン

コードブルーが今無料で見放題できるのはフジテレビ公式のFODだけです!!!!

こんなお得な無料キャンペーンはありません!!!

無料キャンペーンはここ

まずは無料でお試し!フジテレビオンデマンド公式サイト

コードブルー映画化!脚本家は?まとめ

コードブルー映画化が発表された途端、脚本家変更を希望する声が絶えなくなったのは、3シーズンの内容に原因がありました。

ドクター同士やドクターと患者の恋愛要素が盛り込まれて、肝心の医療シーンが少なくなったり、内容も詰め込み過ぎで薄くなっているなど、3シーズンの脚本家に不満を抱いた人は多かったようです。

そのため映画では、1シーズン、2シーズンの脚本家の林宏司さんに戻してほしいという声が殺到したのでしょう。

脚本家が誰になるのかは、まだ詳細の発表はされていませんが、今までのファンを満足させられるような、素晴らしい脚本で、映画化されると嬉しいですね。

➡コードブルー最終回動画Pandoraは?
➡コードブルー最終回ネタバレ藤川でTwitter炎上!
➡コードブルー最終回ネタバレ藤川助けたのは藍沢だった!

スポンサーリンク