この記事では「貴族探偵パクリ満載!?」というテーマで書きたいと思います。少しセンセーショナルなので驚かれた方もいるかと思います。月9ドラマ30周年記念作品として、嵐の相葉雅紀さん他、豪華キャスト陣を迎えて満を持して4月から放送開始する貴族探偵ですが、twitterをはじめとするネット上の意見では「貴族探偵パクリ満載ではないか」というものが多く見られます。一体どういうことなのでしょうか?
貴族探偵は本当にパクリ満載なのか、どこがパクリなのかなど、じっくり調べてた上でこれから詳述していきたいと思います。それでは見ていきましょう。


https://pixabay.com/

スポンサーリンク

貴族探偵がパクリ満載だった?どういうこと?

貴族探偵パクリ満載とはどういうことなのでしょうか?
まずはtwitterに寄せられた意見をご覧ください。

貴族探偵 パクリ満載」というワードでtwitter検索してみたのですが、紹介したツイートはごく一部です。他にも「貴族探偵パクリ満載だ」という意見がとても多く見つかりました。

それらは大別して、貴族探偵は「富豪刑事」「謎解きはディナーの後で」「IQ246〜華麗なる事件簿〜」のいずれかのパクリだ!というものでした。
一体どういうことなのでしょうか?
ここからは 「富豪刑事」「謎解きはディナーの後で」「IQ246〜華麗なる事件簿〜」 のそれぞれにスポットを当てて貴族探偵のパクリ疑惑を読み解いていきたいと思います。

➡貴族探偵中山美穂に違和感?ネットで炎上?
➡貴族探偵仲間由紀恵の正体は?実は罠だった?!

スポンサーリンク

貴族探偵がパクリ満載?富豪刑事と似てる?

まずは富豪刑事にスポットを当てて貴族探偵パクリ満載疑惑を読み解いていきます。

富豪刑事は、深田恭子さん演じる、新人刑事でありながら大富豪の孫娘であるお嬢様の神戸美和子が、その財力を存分に使って事件を次々と解決していくという話です。


http://www.tv-asahi.co.jp/douga/fugoh_01

貴族探偵との共通点はずばり「お金」でしょう。
貴族探偵の主人公は貴族、富豪刑事の大富豪の孫娘と、両者ともそんじょそこらのお金持ちとは一線を画す正真正銘の大富豪です。そして事件の解決のためにはその財力を惜しみなく使います。これがパクリだと言われる所以しょう。
またどちらもドラマのタイトルが漢字4文字で「貴族」と「富豪」、「探偵」と「刑事」と、違う単語でありながらどことなく似ている言葉が使われていることも「パクリ」「雰囲気が似ている」と言われる原因の一つかもしれません。


http://www.gungun-tree.website/entry/2017/02/13/102056

しかし、両者には決定的な違いがあります。

貴族探偵は職業が貴族であり、事件を解決するのは趣味であり暇つぶしです。

富豪刑事は職業が刑事であり、事件を解決するのは仕事です。

共に財力を惜しみなく使うと言う点ではたしかに共通していますが
貴族探偵はあくまで趣味として、手下に事件の解決をすべてまかせ、自分は全く事件解決のために動きません。
これに対し富豪刑事は刑事としての仕事を全うするため、その財力を使うだけでなく自分自身も事件解決のためにしっかりと動きます。

「お金持ち」という点では共通していますが、暇つぶしとしての事件解決か仕事としての事件解決か、という事件に向かう姿勢には決定的な違いがあり、また事件解決のためにの自分が動くが動かないかという違いも両者は正反対であると言えます。

➡貴族探偵中山美穂に違和感?ネットで炎上?
➡貴族探偵仲間由紀恵の正体は?実は罠だった?!

貴族探偵がパクリ満載?謎解きはディナーの後でと似てる?

次に謎解きはディナーの後でにスポットを当てて貴族探偵パクリ満載疑惑を読み解いていきます。

謎解きはディナーの後では、北川景子さん演じる世界的な企業の令嬢で新人刑事の主人公、宝生 麗子が遭遇する事件を、櫻井翔さん演じる執事の影山が事件の概要を聞いただけで推理し、事件を解決していくというお話です。


http://d.hatena.ne.jp/Leo16/20111030

貴族探偵との共通点はずばり「お金」「他人任せ」という2点でしょう。
「謎ディ」の主人公は貴族ではありませんが、その大富豪ぶりは浮世離れしており、住んでいる家や日頃の振る舞いなどはたしかに貴族的だと言えるでしょう。
ちなみに貴族探偵と「謎ディ」は、登場する豪邸が同じロケ地で撮影されています。これも雰囲気が似ていると言われる理由の一つかもしれません。

両者とも「大富豪が推理を他人任せにしながら事件を解決していくお話」といえますから、たしかにパクリと思われる方がいるかもしれません。

しかしここでもやはり決定的な違いがありあます。

まず「謎ディ」の主人公も職業は刑事で、ここでも前項で挙げた「暇つぶしか仕事か」という大きな違いがあります。
そして「推理を他人任せにしている」という点ですが、ここでも両者には大きな違いがあります。
貴族探偵の推理を他人任せにする主人公は、そもそもはじめから推理をする気がありません。それに対し「謎ディ」では、主人公のお嬢様刑事ははじめは一応事件の推理に挑戦しています。しかしその推理がまったく当たらず、結局最後は執事が解決してしまうので結果的に他人任せになってしまいます。
「他人任せ」という結果は同じですが、他人任せになるまでの過程が大きく違うと言えます。

貴族探偵がパクリ満載?IQ246〜華麗なる事件簿と似てる?

次にIQ246〜華麗なる事件簿〜にスポットを当てて貴族探偵パクリ満載疑惑を読み解いていきます。

IQ246は織田裕二さん演じるIQ246の天才的頭脳を持つ、貴族の末裔で自身も貴族の格好をした主人公の法門寺沙羅駆が、その類まれな頭脳を生かしてさまざまな事件を推理し解決していくお話です。


http://www.cinemacafe.net/article/2016/10/23/44370.html

貴族探偵との共通点はずばり、「大富豪の貴族が探偵をする」という点でしょう。
現代において貴族が主人公のドラマなんて珍しいですし、しかもジャンルまで同じミステリーなんですから、この一致はすごいです。これだけ見れば確かに「パクリでは?」と思われる方がいても仕方ないかもしれません。

しかし貴族探偵がIQ246のパクリではありません。ここまで言い切れるだけの証拠がしっかりあります。
貴族探偵の原作はの麻耶雄嵩の推理小説です。そしてなんと、この作品の第一巻の発売は2010年5月26日、初連載は「ウィーンの森の物語」の「小説すばる」2001年2月号です。

そしてIQ246には原作は無く脚本はドラマオリジナルですが、第一回放送は2016年10月16日です。
IQ246の初放送のかなり前に貴族探偵は原作が発売されているので、パクリということはありえないです。
また自分では何もしないで事件を解決する貴族探偵と天才探偵がその類まれな頭脳を生かした推理で次々と事件を解決していくIQ246とではドラマの方向性の正反対だと言えます。

ということで貴族探偵と「富豪刑事」「謎解きはディナーの後で」「IQ246〜華麗なる事件簿〜」のパクリ満載疑惑を見てきました。
これらのドラマは確かに貴族探偵と似ているところがあるのは確かでしょう。しかしそれぞれの物語の大筋の大きな違いや貴族探偵の原作の発売が古いことからも分かるように、似てはいますがパクリだとは言えないでしょう。

➡貴族探偵中山美穂に違和感?ネットで炎上?
➡貴族探偵仲間由紀恵の正体は?実は罠だった?!
➡貴族探偵ロケ地目撃情報!

スポンサーリンク