作家の麻耶雄嵩嵐さんが原作の推理小説で、嵐の相葉雅紀さんが主人公の貴族探偵を演じることでも話題となっている、フジテレビの月9ドラマ『貴族探偵』。今回は仲間由紀恵さんについてスポットを当ててみました。貴族探偵仲間由紀恵と検索すると、なぜか仮面と出てきます。仮面とは一体どういう意味なのでしょうか?一般的に仮面と言えば、正体を隠すという意味ですが、仲間由紀恵さんは一体どんな謎役で登場するのでしょうか?早速調べてみました。

スポンサーリンク

貴族探偵仲間由紀は仮面?実は身分を隠している?

貴族探偵仲間由紀恵と検索すると、仲間由紀恵仮面と出てきます。一体どういうことなのか?調べてみると、どうやら貴族探偵の公式ページの予告動画では仮面になっていて、これが原因で貴族探偵仲間由紀恵で検索すると、仮面とどうやら出てくるのですね。(現在は謎役とも出ています)


http://www.fujitv.co.jp/kizoku/

仲間由紀恵さんの仮面気になりますよね。そもそも仮面の意味ってどういう意味なんでしょうか?仮面の意味を調べてみると・・・・

1 人間・動物などの顔をかたどって素顔にかぶるもの。マスク。
2 本心や素性を隠すもの。「とりすました人の―をはぐ」

正体を隠すという意味の仮面ですが、本性や素性を隠すまた本心を隠すという意味があるんですね。仮面と言えば中世ヨーロッパでは仮面舞踏会というのがありますよね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/

あれは一体なぜ仮面をするのか?調べてみると、やはり身分を隠して楽しむという意味があるようですね。つまり身分関係なく、仮面をすることで、通常交流できない階級の人たちと直接接触できるというチャンスでもあるんです。しかし17世紀から18世紀になってはヨーロッパで大流行し、あまりの人気で風紀を乱すというものになり禁止令も出たようです。仲間由紀恵さんが仮面で登場するのかわかりませんが、少なくとも素性・身分を隠し、物語のキーマンとなるのかもしれませんね。

➡貴族探偵仲間由紀恵の正体は?実は罠だった?

貴族探偵仲間由紀恵は仮面で登場?原作では?

原作の中では登場しない、ドラマのオリジナルキャラクターとして登場するのは、鼻形電雨を演じる生瀬勝久さんと謎役の仲間由紀恵さんとなっています。
生瀬さんの方は貴族探偵の公式ホームページにもあるように主人公である貴族探偵を疎ましく思っている神奈川県警の主任という役どころなのですが、仲間由紀恵さんの方は、話にどうかかわってくるのか、どういう出で立ちで登場するのかも未だ明かにされていません。

そのため、twitter上でも仲間由紀恵さんの登場シーンがどうなるのか楽しみにしている声が多いです。

予告の時に、他のキャストはきちんとご本人の顔が使われていたのに仲間さんの所だけ仮面となっているところからも、どういう役として登場するのか謎が謎を呼ぶ感じになっています。そのため原作を読んだことがある方も、改めて『貴族探偵』を楽しめるようになっています。

➡貴族探偵仲間由紀恵の正体は?実は罠だった?

スポンサーリンク

貴族探偵仲間由紀恵の衣装は仮面?予想は?

主人公の相葉さんが貴族の衣装を着ているので、仲間由紀恵さんが仮面をつけたまま颯爽と登場しても意外と違和感がないのではないかと思います。しかも、TRICKの山田奈緒子のように仲間さんはちょっと明るい役どころもなんなく演じられる方なので、ドラマが明るくなって面白そうだと思います。
仮面をつけてダークな役というのもサスペンス要素が強くなってしまうかもしれませんがアリかなと思います。仮面をつけて主人公たちをじっと監視している役というのもなんだか背筋がぞくっとするような怖さがあります。
でも、衣装として仮面を着けないのだとしたら、仮面をかぶった人ということで、さらにダークな役どころになるのではないかと思います。主人公に接するときにはいい人だけど実は裏では犯罪を…みたいな裏表があるような役どころになるのではないかと思います。
 

➡貴族探偵仲間由紀恵の正体は?実は罠だった?

貴族探偵仲間由紀恵は仮面?まとめ

仲間由紀恵さんが仮面で登場するのかしないのか、謎役としてドラマを見るまで分からない部分が多いというのも最近のドラマでは珍しいなと思います。でも、ポップな役もダークな役も演じることができる仲間由紀恵さんだからこそどういう風に登場するのかわくわくさせられるのかなと思いました。
みなさんも、ぜひ見るまでの間にどんな風に登場するのか予想してみてください。そして、貴族探偵ドラマを見て当たっていたかどうか見るのも面白いかもしれません。

➡貴族探偵仲間由紀恵の正体は?実は罠だった?
➡貴族探偵パクリ満載?Twitter炎上!
➡貴族探偵中山美穂に違和感?ネットで炎上?

スポンサーリンク