1月スタートのドラマanone高橋一生さんがドタキャンしたことでかなりネットやTwitterで話題になってますね。ドラマanoneは高橋一生さんも以前出演していた脚本家坂元裕二脚本家の作品。坂本さんと言えば高橋一生さんが出演とうくらいほぼ必ず高橋一生さんが出ていたのですが、まさかのここにきてのドタキャン。anoneのテレビ局日テレはこれについて怒り心頭。しかしこれについてあまりにひどいと視聴者の声も炎上。いったいどうしてドラマanoneの出演を高橋一生さんは断ったのか?何か理由があったのか?調べたところ・・・・何やらこれは大丈夫か??と思うことが・・・・

anoneドラマ高橋一生ドタキャンで日テレ激怒!

広瀬すずさん主演ドラマanoneの出演を断ったことで高橋一生さんが日テレから“もう高橋一生は一生使わない”とドラマスタッフが叫んでいたそうです。

高橋一生、一生使わないってダジャレ?なんてちょっと思ってしまったのですが、事態はまずい状況になってます。

anoneドラマ高橋一生への仕打ちがひどい?Twitter炎上!

今回の高橋一生さんドタキャンしたことで日テレが激怒したもう使わない発言。Twitterでは“あまりにひどいんじゃない?”と高橋一生さんを擁護するコメントが多く目立ちました。

きっと何か理由があったはず・・・・

しかし坂本さんの作品といえば数々の名作を生み出し、高橋一生さんも多くの作品に出演していました。

➡ドラマanone高橋一生代役はあの人!歓喜の声殺到!

スポンサーリンク

anoneドラマ坂本さんの作品といえば?

ドラマanoneは坂本さんが脚本の作品。坂本さんと言えば『Mother』や『Woman』、『カルテット』などの話題のドラマをこれまでにも担当しています。

今回ドタキャンしてしまった高橋一生さんも『Woman』、『カルテット』には出演していましたし、高橋一生さんもこの坂本さんの『Mother』から僕の転換期になったと話していました。

坂本さんと言えば彼の作品は“本質を突くセリフ”が特徴。

また『Woman』での高橋一生さん演じる医師澤村のセリフが感動を与えてくれました。

『Woman』では白血病を患ってしまったシングルマザー(満島ひかり)の主治医。

満島は泣きながら“私死ねないんです。子供二人がいます。絶対に死ねないんです”と感動シーンがあります。

そこで高橋一生演じる澤村がこういいます。

“青柳さん。これから医者にあるまじきことを僕は言います。あなたのその思いはどんな薬より特効薬になります。あなたがお子さんを思う気持ちがあれば病気は治ります。僕は全力で治療します。覚悟してください。死ぬ覚悟じゃないですよ、生きる覚悟です。”

この時の高橋一生さんの演技は素晴らしく絶賛されました。

また『カルテット』でもキャストのセリフが話題になりましたが、高橋一生さんがほとんど話していたんですよね。しかも面白いセリフばかりでした。

レモンかけるってことは不可逆なの。二度と戻れないってこと。
終電は男女が一線を越えるための言い訳のためにあるんだよ
結婚はこの世の地獄。妻はピラニア、婚姻届けはデスノート

などなど視聴者を引きこむセリフから笑ってしまうセリフけどどこか本質をついていてうなずいてしまうセリフなど、思わず引き込まれてしまうものばかり。

坂本さんと言うとこういったセリフに味があるし、きっと今回のドラマanoneでも高橋一生さんも重要な役だったと思われますが、どうして高橋一生さんは坂本さんのドラマanoneをドタキャンしてしまったのか?

また今回のドタキャン騒動で話題になってますが、高橋一生さんドタキャンは今回だけじゃなかったようです。

➡ドラマanone高橋一生代役はあの人!歓喜の声殺到!

anoneドラマ高橋一生ドタキャンは二度目?

ドラマanoneのドタキャンで注目されている高橋一生さん、しかし過去にもドタキャンで注目されていました。

それはドラマカルテットのクランクイン直前の出来事。

実は高橋一生さんはこのドラマでビオラを弾く役でしたが、このクランクイン前に複数の雑誌を集めた高橋さん単独のインタビューがあったのですが、まさかのドタキャン。

しかしそこにはしっかりした理由があったんです。

それはドラマカルテットでのビオラの演奏が満足のいく演奏ができずに少しでも練習したかったからだそうです。

高橋一生さんと言えば昔から妥協を許さない徹底的な役作りで有名。

ドラマの役作りに専念したかったのでしょう。“坂本作品ならどんな役でもやる”と言い切っていた高橋さん。

万全の態勢で挑みたかったのでは?とテレビ局関係者は言っていたそうです。

坂本さんの作品ならどんな役でも出るという高橋さん。

しかしなぜ今回ドラマanoneを断ったのか?

➡ドラマanone高橋一生代役はあの人!歓喜の声殺到!

anoneドラマ高橋一生ドタキャンはやっぱりスケジュールが無理?

性格的にも妥協を許さない高橋一生さん。出るからにはしっかりとした演技で出たいという気持ちもあったのでしょうね。

しかし坂本さんの作品ならどんな役でも出ると言っていた高橋さん、なにか今回断ったのにはよほどの理由があったのか?

高橋一生さんと言えばかなりいろんな作品に出ていて多忙。

つい最近は『民衆の敵』に主演していました。

また今年も以下のスケジュールが入っています。

NHK連続ドラマ『わろてんか』(3月31日まで)

映画『嘘を愛する女』(1月20日公開)

映画『blank13』(2月3日公開)

映画『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)

と今の時点でわかっている出演予定だけでもびっしりですね。

ということで出演依頼が殺到していて、さばくのが大変だったのでは?と言われています。

しかし坂本さんの作品ということでかなり前から高橋さんのスケジュールも押さえていたはず。

やはりここにきてドタキャンというと何か別の理由が??とも言われています。

anoneドラマ高橋一生ドタキャンはまさかの理由?

人気俳優としてCMやドラマ映画で引っ張りだこの高橋一生さん。

ここでちょっと気になる高橋一生さんの噂が

高橋一生さんが去年あさイチに出ていた時のこと。

サングラスで登場し、“何かいつもと違う?”ということで話題になりました。

理由は動画でも説明していますが、角膜炎になってしまったんですね。

“過労ではないか?”とこの時とても心配されました。

また“1日1食を15年続けている”と別のテレビで発言。

これまた心配になりましたよね。

またドラマ民衆の敵でも“目が疲れてない?大丈夫?”と心配の声が殺到。


Twitter

やはり多忙の高橋一生さん、体調不良が心配されています。

確かに民衆の敵でも目が疲れているなーとみていて思いました。

体調がもしかしてあまりよくないのか??心配されますね。

そこで、高橋一生さんについて調べていたのですが・・・・

え?と耳を疑いたくようなコメントを過去にしていたんです。

高橋一生の意味深なコメントがヤバい!

ある雑誌の取材で高橋さんが言っていたコメント。

まもなく36歳になりますが何か今後のイメージなどありますか?

ぶっちゃけると僕35歳で死ぬと思っていたんです。35歳まではこういう感じでいくだろうなと予測していたがそれ以降はイメージができない。それ以降は未知の世界なんです。

なんとも意味深なコメントですね。

なぜ35歳で死ぬと思うのか???そこがまずわかりませんが。

しかもこのインタビューのタイトルが“高橋一生が衝撃告白!”となっているので益々気になります。

何か持病でも抱えているのでしょうか?

それとも漠然と予測できないということなのか??

とても気になったコメントでした。

以前にも鼻の手術で半年も入院していたという衝撃の過去を持つ高橋一生さん。

1月20日に公開される『嘘を愛する女』でもくも膜下出血で倒れ、名前や職業などもすべて偽造だったという謎の男性を演じます。

まさに私生活がいまいちわからない高橋さんにピッタリな役ですが、写真も若干痩せている感じがします。

役柄なのか?ちょっと心配ですね。

どんな役でも納得いくまでやるという高橋一生さん、ストイックな性格も伺えますが、体調には十分気を付けて欲しいところです。

➡ドラマanone高橋一生代役はあの人!歓喜の声殺到!

スポンサーリンク