anone7話ではいよいよ偽札作りが本格化します。理市に言われ、舵、るい子、亜乃音などが次々と協力。7話では偽札が自販機に無事通り、四人が飲み物を購入し、乾杯するシーンが印象的でした。皮肉にも偽札によってより絆が深まった彼ら。偽札作りは=犯罪ですが、なぜこの物語に偽札が登場したのでしょうか?また偽札が意味するものとはどういうものなのか?

anone偽札で皮肉にも絆が深まった彼ら

“理市にゆすられている亜乃音とお金が欲しいハリカ”

anone7話では亜乃音も陽人の件で理市にゆすられ、偽札作りに協力せざるを得ない状況になってきます。でも亜乃音はハリカに偽札を作らせたくはありません。

血のつながっていない亜乃音とハリカですが、亜乃音はハリカを実の娘のように可愛がっています。“何かあったら、私はあの子を守る”とまでいう亜乃音。

1話から偽札が登場しますが、この偽札によって亜乃音とハリカの中にも変化が起こるのです。

“何もない舵と前科持ちのるい子”

理市の偽札作りに一番に乗ってきたのは舵(阿部サダヲ)。

余命半年と宣告され、夢も希望もありません。

またanone6話ではるい子が働いて亜乃音さんにお金を返すはずじゃなかったの?と言われますが、30年間真面目に働いてきたけど、何も今残っていないとるい子に言います。

また万平(火野正平)が6話にて犯罪の目というのはわかると言ってましたが、まさに舵が偽札を手に取るときの目が犯罪者の目でした。

またるい子も最初は偽札作りに反対していましたが次第に偽札作りに協力していきます。るい子もまた亜乃音のお金を盗み、借りがあるのです。

anone偽札が自販機に通った瞬間何かが変わる?

anone7話ではとうとう偽札が自販機を通り本物のジュースを買うことができてしまいます。

四人で乾杯するシーンが本物の家族のように嬉しそうで胸が締め付けられました。

偽札=犯罪に手を染めてしまった四人。

血のつながっていない四人ですが偽札作りに夢をはせ、自販機も騙すことができ達成感を味わいます。

まさに本物の家族のようになれたような瞬間でしたが、ここからきっと何かが変わっていくんでしょうね。

またanoneはmotherとも似ています。

虐待された子供を誘拐し逃亡して最後捕まってしまったmother。

しかしmotherでは小学校教諭の鈴原奈緒(松雪泰子)がつぐみ(芦田愛菜)を誘拐し逃亡しながらも段々と心を通わせて行きます。

社会的には犯罪だけど、血のつながっていない人同士が心を通わすということではanoneとmotherは似ています。

anoneでは偽札が明るみに出ていくのも時間の問題。

亜乃音はハリカちゃんだけは守ると言っているので、ハリカだけは逃し、3人が捕まるのか?それとも亜乃音だけが捕まるのか?

偽札で変わっていく今後の4人の展開が気になります。

スポンサーリンク

anone偽札!自販機の意味が意味深だった!

anone7話では四人が海辺の自販機に偽札を通すシーンがありますが、この自販機の意味が何だか意味深なんですね・・・

自販機の横に書いてあるメーカーはシャングリラ

イギリス人の小説“失われた地平線”に登場した楽園の名前。

つまり理想郷という意味。

このシャングリラという物語のあらすじはこうだ。

東南アジアのある国で革命が起き、外国人たちは国外脱出を図る。

それらを指揮しているのはイギリス大使のリチャード・コンウェイ。

最後の5人はゲリラの攻撃を免れ、飛行機に乗った。

しかし途中でハイジャックに遭う。

予定外のコースを辿る飛行機、暴風雨と燃料不足で雪深いチベットに着く。

死を覚悟した生存者の前に現れたチャン僧侶。

着いた先はシャングリラ(理想郷)だった。

電気もなければ電話もない。現代の文明とはかけ離れた場所だった。

偽札を作ることで一瞬本物へと変わった自販機(シャングリラ・理想郷)だが、それはまさに一時のことであり、現実ではないということだろう。

偽札で心の繋がりを持てた他人同士・・・・結局は偽物だったということなのか??

anone偽札(偽物)と本物

anoneでは偽札を偽物家族と例えているのか?Twitterでも多くの人がコメントしています。

でも偽物は所詮偽物(シャングリラ)であって実在しない。

とも取れますが、anoneではたとえ偽物であっても本物を超える何かがあるということを伝えたいのかもしれません。

motherでも小学校教諭の鈴原奈緒(松雪泰子)に母性が芽生え、虐待されていた子供つぐみの母親になろうとし、逃亡します。

偽物の母親でしたが、最後つぐみは警察に捕まる奈緒(松雪泰子)に向かって“お母さん”と叫びます。

あのシーンは誰もが奈緒とつぐみに涙したのではないでしょうか?

もしかするとanoneでもハリカちゃんが最後に捕まる亜乃音さんに向かってそう叫ぶのかもしれません。

偽物とは何か?本物とは何か?考えさせられるドラマですね。

スポンサーリンク