ドラマanoneをドタキャンした高橋一生さんネタで話題になってますが、高橋一生さんの代役は瑛太さんのようです。ドラマanoneは『woman』『カルテット』などの脚本で有名な坂元裕二さんですが、今回瑛太さんが代役になったということでTwitterでも歓喜の声が!!坂元さんの過去の作品にも出ている瑛太さん、今回はどんな役でまたどんな演技が期待できるか?早速調べてみました。

anone高橋一生代役は瑛太!歓喜の声殺到!

➡ドラマanone高橋一生ドタキャン理由は?

スポンサーリンク

anone高橋一生代役は瑛太!期待しかない!

anoneの高橋一生さんの代役になった瑛太さん。


https://mens.oricon.co.jp/feature/photo/56

瑛太さんと言えば“どんな役でもなりきる”ということで演技力には定評があります。

坂元さんの過去の作品『最高の離婚』では瑛太さんの独特のセリフや演技が話題になりました。

また映画光では激しい暴力を振るう父親を恐れながらも生き抜き、兄のように慕っていた信之(井浦新)に25年前の秘密をばらすと脅す狂気じみた演技が話題になりました。

『最高の離婚』ではコミカルな主人公でしたが、映画光では狂気じみた役になりきる瑛太さん。Twitterでも絶賛の声が届いています。

どんな役でもなり切ってしまう瑛太さん、さすがですね。

さて瑛太さんと言えばこんなエピソードもあるんです。

anone代役は瑛太!あの話題のドラマに出たかった?

anoneの脚本は坂本裕二さんですが、坂元さんといえばあの話題になった『カルテット』の脚本家でしたよね。

高橋一生さんも出ていたカルテットですが、実は瑛太さんも出演を熱望していた?なんて言われていました。

一体どういうことなのか?

こちらのTwitterは瑛太さん本人のツイート。

『カルテット』放送後に毎回呟いていたのです。

これについて視聴者も“少しでいいから出してあげれば?”という声も出ていたようです。

坂元さんの作品には『それでも生きていく』や『最高の離婚』に登場した瑛太さん。

このツイートを見た視聴者もあまりに熱心な視聴者だねと話題になり、カルテットに瑛太さんが出演するんじゃないか?とも言われていたんだそうです。

結局カルテットには登場しませんでしたが、本人はもしかしたら出たかったのかもしれません。

またテレビ関係者によるとこんなことも言われていたそうです。

「俳優としてこのドラマに出演したかったのは確かでしょう。『カルテット』開始当時には松田龍平演じる別府司の役は『瑛太でもよかったのでは』と一部で言われていましたから、悔しさもあるのでは」

なるほどそうだったんですね。あの別府さんの役は瑛太さんの可能性もあったんですね。

瑛太さんも坂元さんの作品に出ていましたし、カルテットにも出たかったんですね。

ということは、今回高橋一生さんが急遽出られなくなり、瑛太さん的には“お、チャンスか!”と思っていたのかもしれませんね。

anone高橋一生代役は瑛太!まとめ

anoneでは中世古理市という謎の男を演じる瑛太さん。演技が期待されるだけに、今回のドラマではどんな演技を見せてくれるのか?楽しみですね。

5年ぶり3回目の坂元さんの作品に出る瑛太さん。

“自分がどこまで枠を超えられるか?想像するだけで心がグラつきます”と本音を暴露。

また変わった瑛太さんを見れるかもしれませんね。

➡ドラマanone高橋一生ドタキャン理由は?
➡anoneドラマロケ地は?
➡anoneドラマ1話無料視聴方法は?

スポンサーリンク