地上波で放送が始まったドラマ「パフェちっく」。第7話では、伊織との関係を断ち切れない壱とついに離れることを決意した風呼が自分の気持ちに整理がつけられず苦悩します。風呼、大也、壱の3人が、それぞれ自分の気持ちに正直に動き始める第7話。今回は、そのパフェちっく7話について、無料視聴方法や、あらすじ、見どころ、そして気になるセリフについてご紹介します!




パフェちっく動画7話地上波放送は?

パフェちっくは7月11日から地上波放送されます。

7月11日水 24時55分から
7月11日 パフェちっく1話
7月18日  パフェちっく2話
7月25日  パフェちっく3話
8月 1日  パフェちっく4話
8月 8日  パフェちっく5話
8月15日  パフェちっく6話
8月22日  パフェちっく7話

パフェちっく動画7話見逃した場合の全話無料視聴方法は?

「パフェちっく」は、フジテレビが運営する動画配信サービス、フジテレビオンデマンド(FOD)のオリジナル作品です。

AmazonアカウントでFODプレミアムに初めて登録すると、1ヵ間無料でお楽しみいただけます。

FODは、スマートフォンやタブレットでも無料で手軽に見れる方法なのでおすすめです!

さらに以下のドラマも見放題となってます!!

花にけだもの

ドラマ『花にけだもの』の原作は、人気少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で2010年から2012年まで連載され、累計発行部数200万部を突破した人気コミックです。一見男らしいけど、好きな人の前だけでたまに見せる可愛い一面を持つ“けだもの男子”を巡る胸キュンストーリーです。FODとdTVが共同で実写ドラマ化し、FODで2017年10月から配信を開始していました。地上波放送を望む声にこたえて、2018年4月から、全10回で地上波で放送されました。

明日もきっと君に恋をする

ドラマ「明日もきっと君に恋をする。」はFODオリジナルドラマで、ある男性を好きなった主人公が、何度もタイムリープを繰り返して、様々な選択肢の中で迷いながらも、恋を実らせるために全力で疾走する20代の心情を描いた恋愛ファンタジーです。2016年4月にFODにて全4話一挙に配信開始、同年5月 6日に再編集版が地上波放送されました。

グッドモーニングコール Our campus days

ドラマ「グッドモーニング・コール our campus days」は、少女漫画雑誌「りぼん(集英社)」に1997年から2002年まで連載され、累計500万部を発行した、大人気ラブコメ「グッドモーニング・コール」が原作の、ファーストシーズン「グッドモーニング・コール」の続編です。大学生の主人公カップル、吉川菜緒と上原久志を中心に、大学生の恋愛をテンポよく描いたドラマオリジナル版となっています。2017年9月にFODならびにNetfilixで配信開始し、地上波放送の要望の声にこたえて、2018年4月から全10話の地上波放送が開始されました。

彼氏をローンで買いました

ドラマ「彼氏をローンで買いました」は、dTVとFODで共同製作され、 2018年3月9日からdTV・FODで配信開始されたオリジナルドラマです。脚本は野島伸司氏、苦労知らずの専業主婦を夢見る主人公・多恵が、たまたま見つけたローンで買える彼氏・ジュンを購入したことで、幸せの価値観を崩していく物語です。

5時から9時まで

石原さとみさんと山下智久さんの熱愛のきっかけになったドラマ。2010年から連載した漫画「Cheese!」(小学館)が原作です。海外ドラマのような生活を夢見ている英語講師桜庭(石原さとみ)、ひょんなことから僧侶星川(山下智久)と見合いすることに。星川は深く結ばれた間柄なら結婚するべきと考えるが、桜庭は寺の嫁になるのが受け入れられない。しかし次第に惹かれていき・・・・

リッチマンプアウーマン

小栗旬は若くしてITの起業家に、石原さとみは東京大学理学部という高学歴ながらも内定が一つももらえない女子学生を演じる。性格も考え方もまるで正反対の二人だが、次第に惹かれていく現代版プリティーウーマン。スペシャルも見放題。

パフェちっく動画7話ネタバレは?

伊織への捨てきれない壱の想いに気付き、壱と一緒にいることを諦めることを決断した風呼。

大也はそんな風呼を慰めるため、夜景の綺麗な場所まで連れ出します。

そこで、大也は風呼は自分が守ると、改めて風呼と向き合い、風呼を好きと告白します。

以前「恋が分からない」と一度振られたことがある風呼は、大也の言葉を素直に受け入れられずにいましたが、風呼とならば見つけられそう、自分が壱を忘れさせると約束します。

風呼もそんな大也の強い言葉をじっと聞いていました。

家に戻り、部屋で1人、大也に言われたことを思い出す風呼。

壱を諦めた直後の大也からの告白に、どうしていいのか悩みます。

一方、同じく自室に戻った大也は、出かけようとしている壱に声をかけます。

そして壱に「風呼をもらう」と宣言する大也。

壱は何も言えず部屋を後にします。

壱が出かけた先は、伊織のところでした。

壱と伊織は、2人で食事をしています。

壱は伊織に、付き合っている彼と別れようと考えたことはないのか聞きますが、「それはないかな」と答える伊織。

そんな伊織に、壱は自分のことをどう思っているのか聞こうとしますが、伊織は話をはぐらかします。

ある日、街中を2人で歩く風呼と大也。

大也がふと店のショーウィンドウにあったクリスマスグッズに目をやります。

大也が風呼に話しかけようとすると、大也の気持ちを察したように、まだ自分の気持ちが大也に向ききらないことを大也に伝えます。

そんな風呼に大也は、みんなでクリスマスパーティーをしようと提案します。

そしてクリスマスパーティー当日。

サンタ姿で準備に余念がない大也のもとに、同じくサンタ姿の風呼がやってきます。

「ようこそ、風ちゃん」とおどける大也。

風呼は部屋の中にいた友人と、合流しますが、部屋の隅で1人表情を暗くしている壱に気が付きます。

伊織さんのところにいかなくてよいのか、と壱に声をかける風呼。

壱は、伊織はイブの夜は彼とイルミネーションを見に行く約束をしていたことを思い出し、風呼に何も言えないまま視線を落としてしまいます。

乾杯をしようと友人たちに声をかける大也。

皆の前で「今日はクリスマスイブだけど、恋人と二人きりってのはしばらくとっておこう」と、挨拶をします。

みんなでゲームを楽しみながら、パーティーは進んでいきます。

その脇で、1人ワインを飲む壱。

そんな壱に友人の一人が、壱に好きな人はいないのか?と話しかけてきます。

「いるよ」とゆっくり答える壱の視線の先には、ゲームを楽しむ風呼の姿。

そして「その子のために、終わらせる。過去を整理できたら、もう一度その子に告白する。」と答えました。

パーティー会場を離れて、自室で1人本を読む壱のもとに風呼がやってきます。

クリスマスなのに伊織といないことを壱に聞く風呼に、伊織は彼氏と約束があると答えます。

壱の気持ちを察して謝りながら、一緒にいたい人と居れる日がくるといいね、という風呼。

壱は風呼に何かを伝えようとしますが、大也に呼ばれた風呼は部屋を出て行ってしまい、壱は何も伝えられません。

パーティー会場では、大也のことがいまだ気になる秋桜が大也の姿を目で追っています。

その様子が気になる磯部が秋桜に声を掛けます。

磯部に「本当の私を知らない」という秋桜ですが、そんな秋桜にプレゼントを渡す磯部。

そのプレゼントに驚く顔を見て、磯部は「今の顔は本当の秋桜先輩ですよね」と。

強がりながらも、磯部に礼を言う秋桜の顔は嬉しそうです。

パーティーも終わり、皆を送り出した大也と風呼。

公園で2人話をしていると、大也が風呼に目を閉じるように言います。

不思議に思いながらも目をとじた風呼、その風呼の頬にそっと手を添える大也。

大也の手からいい香りがすると風呼が目あけると、大也はクリスマスプレゼントといって香水を差し出します。

喜んで笑う風呼に、大也も喜びます。

大也は、パーティーを企画したのは、風呼と一緒にいたかったからだと白状します。

そんな大也に風呼は、なぜそんなに真っ直ぐいられるのか聞くと、大也はその先に風呼がいるからだと答えます。

ただ真っすぐ風呼を見る大也に、風呼も嬉しそうにはにかみます。

あくる日。

風呼は壱にもらった手袋をじっと見ながら、これまでの壱とのことを思い出しています。

同時に伊織との関係をもう一度考えるという壱の言葉も思い出し、苦しそうな表情で風呼は手袋をゴミ袋に入れたのでした。

その後、買い物袋をぶら下げて歩く大也と風呼。

信号待ちで、手が冷たそうにする風呼の姿に、大也が「手袋してこなかったんだ」と聞きます。

手袋は家に置いてきたとバツが悪そうに応える風呼が思い出すのは、「伊織とのことを考え直す」と言った壱の姿。

ふと風呼の頬を涙が流れます。

少し驚いたように大也が風呼に声をかけると、風呼は「変なの。ここのところ、涙とか出てなかったから。もう止まったと思っていたのに。」と暗い顔で、先を歩いていきます。

大也はそんな風呼の手を取り、引き留めると、キスをします。

そして大也は、俺がいる、壱のことはもういいだろう、と気持ちをぶつけるのでした。

大晦日の日。

壱は、彼氏に年越しカウントダウンの約束を反故にされた伊織の愚痴を聞いていました。

伊織の愚痴にうんざり気味の壱は「穴埋めに俺を呼んだんだ」と伊織に言います。

あっけらかんと「いっちゃんがバイトじゃなくてよかった」と話す伊織に、「俺は伊織さんのなんなのでしょうね」と問う壱。

そんな壱に伊織は「弟みたい」と答えます。

壱はかつて伊織にしたキスに自身をあざ笑いながら、伊織の彼氏に連絡を取ります。

そして、これからは、お互い本当に会いたい人に会おう、と壱は伊織のもとを去りました。

街を一人歩く壱。

舞い散り始めた雪を手にすると、壱は暗い街の中を走り始めます。

その頃、風呼と大也も2人外にいました。

そんな2人にも雪が降り始めます。

2人で行った雪山を思い出す2人。

大也は風呼に向き直り、改めて風呼に思いを伝え、付き合おうと言います。

風呼は、壱に気持ちが残っていると正直に話しながらも、壱を忘れられるように頑張ってみる、と大也の気持ちを受け入れます。

そして大也の手を取ると、よろしくお願いします、と風呼は大也に笑顔で答えます。

伊織のもとから走ってきた壱は、そんな笑いあう風呼と大也の姿を目にしてしまうのでした。

➡パフェちっく動画1話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画2話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画3話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画4話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画5話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画6話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画8話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画9話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画10話ネタバレ無料視聴方法は?

パフェちっく動画7話見どころは?

風呼に思いを伝える大也

一度は風呼を振った大也でしたが、壱の煮え切らない態度に傷つく風呼を見ているうちに、風呼への気持ちに気が付いた大也。

それからの大也は、風呼の傷ついた気持ちに寄り添い、また、気持ちが少しでも晴れるように風呼に尽くします。

まだ壱とのことに整理をつけきれない風呼を見守りながらも、真っ直ぐに自分の気持ちを伝え続け、最後には報われる大也に注目です。

壱から大也へ気持ちを動かそうとする風呼

壱への気持ちにまだ整理をつけられずにいる風呼。

壱に伊織とのことを確認しながら、なんとか自分の気持ちに踏ん切りをつけようとしています。

それと同時に、寄り添ってくれている大也に少しずつ惹かれながらも、まだ壱を想う気持ちを振り切れないことを正直に大也に話します。

壱と大也の間で揺れていた風呼でしたが、大也のまっすぐな気持ちを受け入れるまで気持ちを整理できるようになる姿は、女の子の等身大の気持ちが描かれていて共感できます。

➡パフェちっく動画1話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画2話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画3話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画4話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画5話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画6話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画8話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画9話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画10話ネタバレ無料視聴方法は?

伊織を思い出にしようとする壱

伊織が現れてから、ずっと伊織に振り回され、また壱自身も伊織を放っておけないと伊織の要求に応じてきました。

そのことで、風呼を傷つけ、風呼との関係を悪化させてしまった壱。

しかし、それは壱の本心ではなかったことに、ようやく壱が気が付くのがこの第7話です。

そして、壱もまた、本当に会いたい人に会うために、伊織との関係を思い出にしました。

その後、壱は風呼のもとへ急ぎます。

煮え切らない態度に、もどかしさを感じさせながらも、優しさ故に苦悩する壱の姿は必見です。

パフェちっく動画7話セリフシーンは?

大也 「好きだよ。」
風呼 「でも大也、恋とかそういうのはわからないって・・・」
大也 「風ちゃんとなら、見つけられる気がする。」

壱を諦めることを決めた風呼を慰めるために、夜景が綺麗に見える山の上に連れてきた大也。

そこで大也が風呼に告白したセリフです。

大也は自分が育った環境から、人を好きになること、恋というものがが良く分からないからと、以前風呼の告白を断っています。

そのことがあった風呼は、大也の言葉をすぐには信じられませんが、大也は風呼となら、と言葉を続けました。

風呼のことを振ってから、大也は風呼のことが気になっていました。

壱のことで傷つく風呼の姿を見て、ようやく自分が抱く気持ちが、人を好きになるということだと気が付いた大也。

このことをきっかけに、大也の気持ちは止まらなくなります。

なぁ、壱。俺、風ちゃんもらうから。

風呼に自分の気持ちを伝えた大也が、今度は壱に自分の気持ちを宣言したセリフです。

この大也の言葉に、壱は少なからず動揺しますが、それまでの壱の行動で風呼を傷つけていたこと、また伊織との関係もまだ曖昧であったため、壱は何も言えませんでした。

大也、ごめん。
まだ気持ちがついていかないの。
大也が私を元気づけようとしてくれているのは、わかっている。
そのことはすごくうれしいの。けど…

壱を諦めた直後であり、また、いまだ壱への想いを完全に断ち切れない風呼は、大也の告白への回答を悩みながらも大也と2人一緒にいました。

そんな中、クリスマスを意識する大也の気持ちを察し、風呼が大也に言ったセリフです。

悩みながらも、大也には自分の想いを正直に伝えようとする、風呼なりの誠意を感じるセリフです。

その子のために、終わらせる。過去を整理できたら、もう一度その子に告白する。

クリスマスパーティーで、友人の一人に好きな人はいないのかと聞かれた壱。

その質問に、「いるよ」と答えた壱が、その後に続けたセリフです。

風呼を想いながら、伊織との関係を断ち切れずにいた壱。

ようやく自身の気持ちに整理がついた壱は、風呼のために伊織との関係を終わらせることを口にしました。

口にすることで、自分自身に言い聞かせ、覚悟を決めた様子がわかるセリフです。

風呼「大也は、どうしてそんなふうに真っすぐいられるの?」
大也「俺?俺が真っすぐなんだとしたら、その先に風ちゃんがいるからだよ。」

クリスマスパーティーを開いたのは、風呼と一緒にいたかったから、だけど2人で過ごしたいと言ったら風呼が困ったでしょう、と正直に話す大也に、風呼があくまでも真っ直ぐな大也でいられる理由を聞いた会話です。

今まで壱の言葉少ない様子にさんざん心を痛めてきた風呼が、大也からは真っ直ぐでわかりやすく気持ちを伝えられます。

風呼はそんな大也の言葉を嬉しそうに受け入れ始めるのです。

俺がいるじゃん。
あいつのカケラばっか、もういいだろう?!
本当はいつも思っていた。
奪いてぇって。

大也といる時間が増え、少しずつ元気を取り戻してきたかに思えた風呼でしたが、壱からもらった手袋を思い出し、自然と涙をこぼしてしまいました。

もう止まったと思っていたのに、と涙を流す風呼に、それまで見守るように寄り添ってきた大也が、思わず感情をぶつけたセリフです。

このセリフを言いながら大也は風呼にキスをします。

風呼への大也の想いが強く表されているセリフで、この言葉を聞いた後、風呼の考えに変化が生まれたようです。

大也 「回り道もしたけど、やっぱり風ちゃんが好きだ。
    風ちゃん、俺と付き合おう」
風呼 「まだ私、壱を好きな気持ち、残ってる。
    大也のいう通り、まだ壱のカケラまみれ。
    いつまで引きずるのか、わかんない。
    けど、頑張ってみる。
    いつか、壱のことちゃんと忘れられるように、頑張ってみる。」

大晦日の夜、大也が改めて風呼に気持ちを伝えます。

正直まだ壱への想いを整理できないながらも、大也のまっすぐな気持ちに応えようと、風呼の気持ちも少しずつ変化してきたことがわかる会話です。

お互いの気持ちを確認できたことで、大也と風呼は前進し始めますが、その話を聞いていた壱が、再び2人に絡んできます。

➡パフェちっく動画1話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画2話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画3話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画4話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画5話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画6話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画8話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画9話ネタバレ無料視聴方法は?
➡パフェちっく動画10話ネタバレ無料視聴方法は?