来年映画化決定したマチネの終わりにが早くも話題になっていますね。Amazonでも4つ星という評価をしているマチネの終わりに。お互いに惹かれあうのに一緒にはなれない洋子と蒔野。洋子はジャーナリストですが、原作者の平野氏も実はモデルのような人がいると語っています。マチネの終わりにの洋子のモデルは誰なのか?イラクやバクダッドの内戦を取材したジャーナリストといえばあの人。早速調べてみました。




➡マチネの終わりにネタバレ!泣ける最高のプラトニックラブだった!
➡マチネの終わりに石田ゆり子の濡れ場は過激が予想される?
➡マチネの終わりに映画エキストラ&ロケ地は?

マチネの終わりにモデルは?平野氏はこう答えている!

マチネの終わりの筆者平野氏はモデルはいるとインタビューで答えています。

洋子はモデルがいるので書きやすかったです。もちろん、アレンジはしてあります。実際、ヨーロッパでは難民同士が結婚して生まれた子どもなど、複雑なルーツを持つ人は少なくない。昨今の“日本って素晴らしい”という風潮にうんざりしていたので、ルーツの複雑さとその人の個人としての魅力は関係ないんじゃないか、ということを書きたい気持ちがありました。彼女を精力的に働く女性にしたのも、今の“保育園に入れられないなら母親が家で育てろ”という反動的な女性観に対するアンチテーゼの意味合いもありました

さらに、原作マチネの終わりにの最初にはこんな風に書かれている。

ここにあるのは蒔野聡史と小峰洋子という人間の物語である。彼らにはそれぞれにモデルがいるが差しさわりがあるので名前をはじめ組織名や出来事などの日時は変えてある。

それぞれにモデルがいると書いてあり、つまり二人のモデルが別々にいるということですよね。

マチネの終わりにモデルが気になるキャストは?

洋子

40歳。フランスのRFPの通信社の記者。

オックスフォード大学卒。その後コロンビア大学大学院卒。
日本語、フランス語、英語、ドイツ語が話せる才女。

蒔野聡史

38歳、天才ギタリスト。母親は長崎出身。

三谷早苗

30歳で蒔野のマネージャー。もともとは蒔野の大ファンだった。

マチネの終わりに洋子のモデルはジャーナリスト山本美香?

洋子のモデルはいるので書きやすかったと平野氏。

洋子は女性ジャーナリストだが、ここで浮かぶのは2012年シリアの内戦取材中になくなった山本美香さん。

1996年からはジャパンプレスの記者となり、上司である佐藤和孝氏と15年間コンビを組んでいる。

2003年からはイラク戦争の際のバクダッドからレポートを送り続けた女性。

マチネの終わりにのジャーナリスト洋子もバクダッドで取材を行う女性。

そして山本美香さんのコメントと洋子のコメントがどうも似ていると感じてしまう。

これは山本美香さんが日経ウーマンで取材を受けた時のコメント。

世界は繋がっている。日本にいる人も遠い国の他人事ではない。生まれた場所、生きた時代が違うだけであって同じ人間がひどい目にあっていることを知ってほしい。

そしてマチネの終わりにの洋子も蒔野になぜジャーナリストになったのか?と問いに対し。

危険もあるけど、行かないことの不安もそれなりに大きい。それに世界を知りたいのにイラクだけ除外するのはおかしい。私だっておかしな言い方だけど気づいたらバクダッドにいたというようなもの。

世界は繋がっていて、他人ごとではなく、危険なところに行かないという選択はなかった。むしろ行かないという選択の方ができない。

自分がジャーナリストととして今ここにいるのは必然なのだという声が聞こえてきます。

内戦が日々起こる場所で取材を続ける女性ジャーナリスト、常に死との恐怖と闘いながら取材を続ける彼女には強い意志を感じるが、このマチネの終わりにの洋子役が石田ゆり子さんであり、適役だなと感じました。


http://crea.bunshun.jp/articles/-/1556

決して華美じゃないけれど、どこか凛としていて、意志を感じる女性。


http://www.mymf.or.jp/

山本美香さんも美人ですが、全体的に地味な印象です。

また山本美香さんも常に死を覚悟していたようですが、死にたくはないと思いながら、つねにお守りがあったそうです。

マチネの終わりにの洋子はイラクでの内戦中、常に蒔野が奏でる音楽が心のよりどころでした。

“いつ爆弾が落ちてくるかわからないし死ぬかわからない”状況で、研ぎ澄まされた緊張感は経験したものしか計り知れない。

蒔野がそんな死と闘っている彼女を想う気持ちがなんだかわかる気がしてしまう。

スポンサーリンク

マチネの終わりに蒔野のモデルは福山雅治?

それぞれにモデルがいたと小説マチネの終わりには書いてあるが、蒔野のモデルは福山雅治ではないか?と言われています。

確かに長崎出身の福山雅治さん。

マチネの終わりにでも母親は長崎出身でと出てきます。

さらに最後に洋子と会う予定だったのは長崎でした。

マチネの終わりにモデルまとめ

マチネの終わりにの最初の部分で気になる一文がある。

彼らの生を暴露することが目的ではない。物語があまねく事実ではないことが読者の興味をそぐことはある。しかし人間には虚構のおかげで書かずに済まされる秘密があり、一方で虚構をまとわせることでしか書けない秘密もある。私は現実の二人を守りつつ、その感情生活においてはむしろ架空として筆を進めたかった。

何とも意味深な言葉ですよね。

実際にこの二人は存在していて、今でも関係があるのか?

それとも別々の人をモデルし、あくまでも虚構の話なのか?

そういえば山本美香さんには佐藤和孝さんという事実上夫婦のような関係のパートナーがいましたが、詳細は語られていません。

籍を入れたかった美香さんに対し、佐藤さんは拒んだといいます。

そして佐藤さんはシリアで亡くなくなった美香さんの遺体に何度もキスをしたといいます。

二人は男女の関係にあったのか?詳しくはわかりませんが、少なくとも心を通わすパートナーであったのでしょう。

すごく強いきずなで結ばれていたのだろうと思いました。

洋子さんが山本美香さんなのか?わかりませんがすごく強い意志の女性だなと感じました。

➡マチネの終わりにネタバレ!泣ける最高のプラトニックラブだった!
➡マチネの終わりに石田ゆり子の濡れ場は過激が予想される?
➡マチネの終わりに映画エキストラ&ロケ地は?