今シーズン話題のドラマ「モンテクリスト伯」も6月14日でとうとう最終回。今回は2時間スペシャルですね。見逃せない9話、動画の無料視聴方法をご案内します。原作はあの有名な「巌窟王」ですが、ドラマでは多少原作と異なる部分もありますね。6月14日放送分は、放送後Tverで見逃し配信しています。ですがそれを見逃してしまったら?そして過去の放送分を見たい!という方の為に、モンテ・クリスト伯の動画を9話最終回まで無料で視聴する方法をご紹介、9話だけでなく、全て無料で視聴する方法紹介!


モンテクリスト伯は現在フジテレビ公式のフジテレビオンデマンドで配信中!
今なら31日間の無料トライアル無料で見れます!!
まずは無料でお試し!フジテレビオンデマンド




モンテクリスト伯動画6月14日9話最終回無料視聴方法は?

Tver

Tverでは、放送後1週間は無料視聴できますね。

配信は6月21日(木)まで!

見逃しなく!

ですがもし見逃してしまったら?

以下の方法で最終回だけでなく1話からモンテクリスト伯が無料で見れます!!

フジテレビオンデマンド

モンテクリスト伯最終回はtverで放送後期間限定で放送されていますが、放送後1週間しか見れません。

1週間過ぎたらフジテレビ公式のフジテレビオンデマンドをおススメします!

月額888円(税抜)ですが、登録から31日間のトライアル期間があります。

この間に視聴してしまえば、実質無料ということになります。

そして過去のモンテクリスト伯全話、無料で見ることが出来るんです。

最終回を見るとやっぱりもう一度見たくなるのがドラマ。あのシーンはどうだったんだろうって思いますよね?

今回のモンテクリスト伯最終回でも真海とすみれのシーンが切なかったですが、1話ではラブラブな二人で昼顔のような演出かと話題になりました。

もう一度無料で全話みたい方はフジテレビオンデマンドがおススメです!

今ならYahoo!IDで簡単に登録できます!

Yahoo!IDの無料キャンペーンは6月末までで終了してしまいますのでどうぞお見逃しなく!!

今シーズン話題のドラマ、ぜひ全て無料視聴しましょう!

その他見放題対象作品はこちら!

コンフィデンスマンjp

翳りゆく夏

空飛ぶタイヤ

いつまでも白い羽

コードブルー

>>まずは無料でお試し!フジテレビオンデマンド<<

モンテ・クリスト伯動画6月14日9話のあらすじは?

未蘭の容体は?

真海(ディーン・フジオカ)の元に信一郎(高杉真宙)がやってくる。

真海から渡された薬で未蘭(岸井ゆきの)の容態がさらに悪化、どういうことかと真海を責める信一郎。

そして真海のことを「絶対に許さない」と言い残し帰っていった。

入間家では、瑛理奈(山口紗弥加)が貞吉(伊武雅刀)に全ての罪を被せて殺そうとしていた。

そこへ入間(高橋克典)が帰宅、貞吉の体を拭いているフリをする瑛理奈。

入間は貞吉と二人にしてくれと言うと、貞吉とひらがなボードで会話を始める。

そして貞吉からは、瑛理奈が犯人だと告げられる。

しかし瑛理奈に問い詰めることは出来なかった。

未蘭(岸井ゆきの)の病院を真海が訪れると、ICUの前で頭を抱え込む入間がいた。

真海は、これまでの毒殺が瑛理奈(山口紗弥加)の犯行だと気付いていたのに、自分の保身のために隠したんですよね?と問うのだった。

案の定、言い返せない入間だった。

愛梨とすみれ、対峙

神楽(新井浩文)は狭い部屋に閉じ込められ、真海がラデル共和国で受けたものと同じ拷問をされていた。

その様子を上から見ている真海の元に愛梨(桜井ユキ)から連絡が入る。

幸男(大倉忠義)がすみれ(山本美月)とともに病院からいなくなったという。

そして、幸男の復讐は自分が止めると言うのだが、真海は幸男に殺されるのも面白いというのだった。

二人は真海の別荘へ向かっていたが、愛梨と娘の明日花が一緒に居ることを知り、すみれだけ先に帰すのだった。

そしてすみれにも、愛梨がショーン一家の娘だと話し、すみれは慌てて明日花の元へ向かった。

愛梨はすみれ(山本美月)にも全てを話し、真海がこうなったのはすみれにも責任があると言った。

親子になる

そのころ神楽の妻留美(稲森いずみ)は安堂完治(葉山奨之)と東京タワーに。

留美は自分の息子である完治との時間を楽しんでいた。

そこへ入間から留美に電話が入る。

留美は入間に、完治は自分と入間の息子であると告げるが、公平は真海から聞いていて知っていた。

留美は、今度は完治の力になって欲しいと入間に頼むのだった。

留美と完治は入間と会う。

そして、公平は完治に自分と留美が親だと告げた。

生まれたときからのいきさつを聞いた完治、そして留美と肉体関係を持ったことを思い出し気分が悪くなった。

しかし留美は、生きていてくれて嬉しかったと、最後まで完治の心配をするのだった。

入間が提案したとおり、海外へ逃亡することにした完治。

そして、公平は完治を車に乗せた。

しかし、公平は完治を逃がすつもりはなかった。

完治のことを殴りつけ、そしてまた山の中に埋めるのだった。

そのすぐ後、真海の秘書土屋(三浦誠己)が現れ、完治を掘り返し助けた。

土屋は真海から休暇を取るよう言われていて、これが休暇前最後の仕事。

完治に付けられていたGPSを追い、完治を助ける事だった。

産まれたばかりの完治を助けたのも、今回助けたのも土屋だった。

母の墓参り

真海は、母の墓へ来ていた。

そこにすみれも現れ、もう復讐は十分、やめるべきだと言った。

真海は殺したいほどの相手が苦しむ姿は、見ていて幸せを感じると言った。

そして、もし本当に復讐をやめてほしいなら自分と結婚してくれとすみれに問う。

幸男も娘も捨ててふたりだけで、という条件。

明日、晩餐会を開くからそのときに返事を聞かせてほしいと言った。

1000万の食事

神楽(新井浩文)は空腹だった。

換金されている部屋のドアから外を覗くと、真海(ディーン・フジオカ)が食事をしていた。

そして、真海に助けてほしいと必死で訴えるが暖は取り合わない。

「安心してください、簡単には殺しませんから」と言い残し、食べかけの食事を空腹の神楽の目の前で残し、去っていった。

そこに闇金の取立がパンとスープを持って入ってくる。

しかしその食事はタダではない。

部屋にあったベッドに札束が入っていた。

それは闇金が神楽に融資した3000万円で、そのうち1000万円がこの食事の値段。

しかし神楽は1000万円でパンとスープを買った。

入間の失脚

留美は完治を逃がした後の公平に会う。

しかし、留美は公平の嘘に気がついた。

留美は公平に向かって「人殺し」と叫ぶが公平は留美を突き飛ばし立ち去ってしまった。

完治が助けられたことを知らないで泣いている留美のもとに、真海(ディーン・フジオカ)がやってくる。

そして、真海は留美に封筒を渡した。

留美はその封筒の中身を見ると「神様」と感謝の言葉を口にした。

入間家では瑛理奈の元に入間に留美との隠し子がいるというメールが入った。

そのことで瑛理奈が入間を問い詰めるが、入間は未蘭を殺そうとしたこと、未蘭の婚約者出口や入間の元妻を殺したのも瑛理奈だと知っていると言い返したのだ。

そして、この家から出て行けと叫んだ。

公平が家を出ると絶望した瑛理奈は残りの毒を飲むのだった。

そして、テレビでは殺人事件の犯人に関する記者会見が開かれていた。

殺害された寺門類(渋川清彦)を殺したのは完治と断定し、公開捜査に踏み切ったというニュース。

その記者会見場に留美が現れ、テレビカメラに向かって完治は自分と入間の息子で、生きていると言った。

さらに入間公平は完治を殺そうと警棒で殴打し、遺棄したと公表した。

入間は慌てて自宅に戻り、瑛理奈と息子の瑛人と逃げようと言うが、もう遅かった。

瑛理奈はすでに毒を飲んでおり、その後死亡した。

そして貞吉(伊武雅刀)の部屋に行くとそこには真海がいた。

入間はおかしくなり、庭で倒れこんでしまった。

未蘭、目覚める

未蘭が入院している病室の前では、信一郎が頭を抱えていた。

そこへ、元の変わらない姿で歩いてくる未蘭。

実は未蘭の容体が悪いと言うのは嘘、安全のためICUに入れられていたのだ。

入間に妻や未蘭の婚約者が亡くなったとき、毒の成分が検出されたのに、入間は警察に届けなかった。

保身のために事件として扱わなかったのだ。

そして、主治医は真海から「未蘭の命が危ない」と相談を受けていたという。

入間が未蘭のことを、またしても隠蔽したため、主治医は真海に協力した。

真海が信一郎に渡していたのは「解毒剤」で、実は未蘭の命を救うためのものだったのだ。

その話を聞き、信一郎は真海のことを思い返した。

ホームレス、そして小切手をくれたのも、真海。

そして、真海があの「暖」だということが分かった。

最後の晩餐

真海は幸男、神楽、すみれを招待して晩餐会を開いた。

幸男と神楽は椅子に縛られている。

テーブルの周りには灯油がまかれている。

その中で、暖とすみれの結婚式で流れた映像が、再び流れるのだった。

真海はすみれに昨日の約束の答えを聞くと、すみれはもうこんなことは終わりにしようと言い、そして「暖と結婚します」と宣言した。

そんなすみれの言葉を聞き、暖は幸男と神楽の拘束を解いた。

そして、まかれた灯油の真ん中でこれまでの復讐のことを思い出し「楽しかった」とつぶやき火をつけたマッチを床に落とした。

暖の周囲が火に包まれた。

神楽とすみれは外へ、しかし幸男は真海を助けようと中へ戻り、大きな火傷を負うのだったが、真海の生死も消息も分からないままに。

暖の復讐劇はテレビでも取り上げられた。

暖の行方は分からないが、幸男と神楽の話では死んだことになっていた。

そのニュースを見る土屋は、画面に向かって深く頭を下げた。

その頃、安堂完治も目をさました。

海辺の男女

海辺には真海と思われる男性と、そこへ向かう愛梨の姿があった。

➡モンテクリスト伯動画8話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画7話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画6話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画5話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画4話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画3話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画2話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画1話無料視聴は?

モンテクリスト伯動画6月14日9話ハイライトシーンは?

モンテクリスト伯動画6月14日9話最終回の見どころは?

生きていてよかった未蘭

予想できたと言えばそうですが、未蘭が飲んだのはやはり解毒剤。

信一郎には絶対酷いことはしないと思っていましたが、最後は二人がハッピーエンドになって良かったですね。

そして何より、信一郎は暖が真海だと気が付いたことが良かったです。

最後の友情

幸男と神楽は、火を放った別荘の中にいる真海を助けようとしていました。

愛梨と土屋も向かいますが、距離的に間に合わないのでは?

そして結果的に、真海は行方不明の状態に。

しかし、幸男や神楽は取り調べでは、真海は死んだように話し、彼の事を悪く言います。

わざと悪く言うのも、彼らの友情なのか、最後に罪滅ぼしなのでしょうか。

いかにも真海が死んだように証言し、真海を逃がす為?とも取れますね。


https://twitter.com/ebi_hobby/status/1007778763462008832

狂ったえりな

真海のプロポーズ

すみれの覚悟

すみれが二回目のプロポーズを受けたのは、愛のため。

それは暖にこれ以上復讐をして欲しくないのと、周りの人間を守る為。

最初は本当に暖を愛していたけれど、今回は周りの愛する人間の為に、自分が犠牲になりプロポーズを受けたんですね。

ですが真海もそんなことは分かっています。

だからこそ、彼の口から愛は勝つという言葉が出てきたんですね。

海辺の二人

明らかに真海と愛梨。

原作ではこの二人はくっつきますね。

真海は、土屋さんをシンガポールへ連れて行く約束をしましたし、愛梨にもまた会う約束をしました。

最後の晩餐の場所から遠ざけるため、二人を遠ざけましたが・・・。

きっと真海は約束を守ってくれるでしょう。


https://twitter.com/dean_pho_love16/status/1007285910998695937

モンテクリスト伯動画6月14日9話最終回の視聴者の感想は?

最終回は、自分を陥れた3人の男への復讐が遂行されるものと期待していただけに、拍子抜けした最終回でした。綿密な計画を練り、冷徹に復讐を実行してきたのに、恋人・すみれを前に決意が揺らいでしまうというのは、少し短絡的な印象です。結果、真海を陥れた三人に対する復讐が軽すぎて、罪に対する罰の重さのバランスを欠き、消化不良です。しかし、真海と愛梨が海辺で再開するラストは、原作「モンテ・クリスト伯」の結末を踏襲しており、とても素敵だと思いました。(50代女性)
予想していたのとは少し違い、復習したい人物は全員殺し、最後はスミレと結婚するとばかり思っていました。ありきたり過ぎるかなとは思いましたが、実際では殺すことをせず、すみれとも気持ちを聞いただけで復縁はなかったので、サイモンダンの良い人柄がとても見えました。最初からハメられていた現実はとても悲しいけれど、なんだか人の温かみが見えてきて考えさせる場面がたくさんありました。モンテクリスト伯は裏に見える気持ちを読むのがとても楽しいドラマでした。つぎの展開が楽しみでワクワクしていたドラマです。(30代女性)
全ての復讐を終えた最終回でしたが、復讐の終わり方にとても疑問が残りました。息の根を止めるということを予想していたのですが、そこまでしなかったというのはやはり真海さんの優しさなのかなと思います。今までの復讐への道のりでも人を殺したように思わせておいても、実は逆に救っていたという場面がたくさんありました。復讐の中で巻き込ませたくない人を巻き込んでしまったりと、自分の信念と現在の状況をきちんと判断して進めていくということは、簡単なことではないと思いました。(30代男性)
2時間という長さの最終回でしたが、あっという間に見終わった印象です。モンテクリス伯であるディーンの演技は、視聴者を自然にドラマに引き込む魅力に溢れていました。最終場面で、すみれの真実の愛を確信したモンテクリスト伯は自ら火を付けて、焼身自殺を謀ります。冷酷非情なモンテクリスト伯を葬ることで、復讐に終止符を打ち、もう一度暖として、生まれ変わろうとしたのでしょう。ドラマを通して、嫉妬や憎しみなど、人間関係の恐さを改めて感じました。また同時に真実の愛とは何かを考えさせられたドラマです。(50代女性)
最後まで復讐をやりきった真海の強さは凄いと思った。しかし、生活や家族を壊すだけで本当に憎い人達は無惨な苦しめかたをしたなと思ったが、それだけ暖が味わってきた辛さ何だろうと思った。その中でも、すみれを思う気持ちだけは変わっていなかった、一途さだけは残っていたことが、人間味があったと思った。暖としてではなく、真海としてもう一度プロポーズするところが、切なかった。その答えで満足して皆の前から本当に消えて、暖も真海も葬ってしまうところが華麗なる復讐だと思った。すみれに対しても復讐したと思いました。(30代女性)


Twitterより引用

毎度どこか狂ってる感のある山口紗弥加さんの演技が好きで今回もぶっとんでましたね。夫の隠し子の存在を知った時のあの顔目を見開いてトマトを食べる姿は怖かったです。毒を含んだ後に窓に血を吹いて倒れる姿も恐怖でした。どんな復讐で幕を閉じるのかドキドキでしたが、すみれが真海に結婚しますと言った時の真海の悲しそうな表情。まさか真海本人が死ぬ選択をするとは思いませんでしたが生きていて良かった。個人的には入間が隠し子である息子を殺してしまうのにはびっくりでした。でも土屋さんが助けてくれた!ここは印象的でした。(40代女性)


Twitterより引用

➡モンテクリスト伯動画8話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画7話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画6話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画5話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画4話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画3話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画2話無料視聴は?
➡モンテクリスト伯動画1話無料視聴は?