鈴木保奈美と唐沢寿明出演の愛という名のもとに平均視聴率は24.5%最高視聴率は32.6%を記録したドラマ。22時枠のドラマとしてはかなり驚異的な数字を出しフジテレビでも歴代1位の愛という名のもとに。野島伸司の作品ということで思い出す人も多いでしょう。ここでは愛という名のもとにを全話無料で見れる方法、あらすじ、キャストなど紹介します。




愛という名のもとに 動画全話無料で見るには?

愛という名のもとにはフジテレビ放送のドラマなので、フジテレビ公式のフジテレビオンデマンドで見逃し配信しています!!

今なら初回31日間プレミアム対象作品が見放題なんです!!!

さらに!!

101回目のプロポーズ脚本家野島伸司作品も見放題!!

【101回目のプロポーズ】

【ひとつ屋根の下】

【この世の果て】

【リップスティック】

【パパ活】

【彼氏をローンで買いました】

101回目のプロポーズからパパ活、彼氏をローンで買いましたまで見放題!!!!

その他コードブルーや上戸彩の昼顔も見放題です!!!

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了しますので、ぜひ今のうちにお試しください。

>>まずは無料でお試し!フジテレビオンデマンド<<

愛という名のもとに動画主題歌は?

愛という名のもとに動画あらすじは?

あらすじ1話は?

大学のボート部だった仲間が卒業して3年が経ったある日、部での恩師が亡くなったことを知る。

なじみの店である「レガッタ」に集まった貴子(鈴木保奈美)、健吾(唐沢寿明)、則子(洞口依子)、篤(中野英雄)、純(石橋保)、尚美(中島宏海)だったが、そこに学生だった頃の面影はなくなっていた。

そんな折、アメリカから仲間のひとりだった時男(江口洋介)が帰国する。

時男は、仲間との再会を心待ちにしていたが、恋人の有希(網浜直子)に「3年経てばみんな変わる」と言われ、再会した純からも「変わらないのはお前だけ」と心無い言葉をかけられてしまう。

そんなある日、時男が自殺を図った尚美を救い出す。

収容された病室で誰もが、尚美の苦悩を気づけなかったことを反省するのだった。

あらすじ2話は?

尚美(中島宏海)が意識を取り戻し安堵していたある日、証券マンの篤(中野英雄)は、代議士の健蔵(竜雷太)に株を勧めようと息子である健吾(唐沢寿明)のもとを訪れるが、断られてしまう。

篤は、その断り方が気に食わず、「お前は、昔から俺を見下ろしていた」と健吾に詰め寄ってしまう。

一方、仕事を探していた時男は、密かに尚美の不倫相手の五郎(森本レオ)からお金を脅し取り、それを尚美に責められてしまう。

その頃、則子(洞口依子)は、純(石橋保)の小説を出版社に持ち込むが相手にされず、編集者に才能がないとまで言われてしまう。

健吾とデートをしていた貴子(鈴木保奈美)は、些細なことで口論となり、健吾の「息が詰まる」の言葉を聞きいたことで「結婚を考え直す」と言ってしまうのだった

あらすじ3話は?

証券会社に勤める篤(中野英雄)は、業績が悪いことから上司に嫌味を言われてしまう。

後がないと感じた篤は、健吾(唐沢寿明)の自宅で土下座し、「親父さんの株を預からせてくれ」と頼む。

「お前を見下ろしたことがないことを認める」ことを条件に健吾は承諾する。

一方、レガッタで純(石橋保)と会った則子(洞口依子)は、良い小説を書くためにいろんな経験が必要だとラブホテルに誘う。

そして、そのことを退院したばかりの尚美(中島宏海)に話すのだった。

夕方、貴子は母・清絵(佐藤オリエ)の再婚相手を紹介されるが、拒絶して家を飛び出してしまうのだった。

あらすじ4話は?

教師として努力を続けていた貴子(鈴木保奈美)の受け持ちの生徒、平岡(山本耕史)が突然、長期の欠席をする。

そのことで平岡の母は、「依怙贔屓する先生のところにはやれない」と貴子を非難する。

尚美(中島宏海)と純(石橋保)の仲が良いことに則子(洞口依子)は、嫉妬してしまう。

その後、尚美が紹介した編集者との話が失敗した時、則子は純への気持ちを打ち明ける。

貴子は、健吾(唐沢寿明)の父・健蔵(竜雷太)に会い気に入られるが、健蔵の秘書・森(大村丈史)が、健吾との結婚話をなかったことにしてくれと言ってくるのだった。

一方、時男の仕事は繁盛するも、雇っていた女子高生が売春してしまい、強制売春容疑で捕まってしまうのだった。

あらすじ5話は?

貴子(鈴木保奈美)は、健吾(唐沢寿明)の父・健蔵(竜雷太)の秘書・森(大村丈史)から結婚をなかったことにしてくれと言う言葉にこだわってしまう。

一方、不倫相手の五郎(森本レオ)と会った尚美(中島宏海)は、家賃に関するお金を渡され怒ってしまいデートが台無しに。

妊娠に気づいた則子(洞口依子)は、貴子に仲間を集めてもらい、純(石橋保)に打ち明けようと考えていた。

その夜、レガッタに集合した則子は、純に妊娠を打ち明けるも、その帰り際に「好きにすれば・・・」と冷たく言われて茫然とする。

貴子の学校では全国模試が行われ、休んでいた知(山本耕史)も受験するも校内順位で100番以下に落ちに。

健吾が健蔵や婚約者と言っている美和(夏川結衣)と会食して今後の政治活動について話してい時、貴子が、暴漢に襲われてしまう。

あらすじ6話は?

教え子に襲われたことを知った貴子(鈴木保奈美)はショックを受ける。

一方、純(石橋保)の子供を身ごもった則子(洞口依子)は、冷たくされたことで堕ろす気持ちを固める。

健吾(唐沢寿明)のもとを訪れた時男(江口洋介)は、貴子との関係が以前と違うことを相談され、帰りに寄った貴子の家では、「結婚しないかも」と告げられてしまう。

健吾は、父・健蔵(竜雷太)の第一秘書が、貴子の母に結婚話を断念するように伝えたことを知って怒るも「政治家志望をあきらめることになるぞ」と言われて二の句が継げないでいた。。

あらすじ7話は?

貴子(鈴木保奈美)と健吾(唐沢寿明)は「最高の友達になれる」と言って別れてしまう。

則子(洞口依子)は、「近く結婚する」と両親に宣言し、妊娠していることを告げる。

一方、尚美(中島宏海)は、五郎(森本レオ)から別の男性を紹介されたことで則子に八つ当たりをしてしまう。

篤(中野英雄)は、Bar「ルージュ」でJJ(ルビー・モレノ)にしつこい中年男を殴ったことでJJの電話番号を教わるのだった。

ある日、貴子は不登校の生徒の説得に乗り出す。

そして翌日、その生徒が登校してくることを知った時男は、貴子の姿勢に感激し貴子に真面目に働いたら一緒に暮さないかと言うが。。。

あらすじ8話は?

時男(江口洋介)は、医療機器販売会社に就職するが、大手の会社がライバルにいるため、なかなか思うように行かない。

あげく、契約に対する見返りを求める教授に嫌気が差し、すぐに辞めてしまう。

そんな状況を知らない仲間たちは、レガッタで就職祝いを催すも、すべてを知っている貴子(鈴木保奈美)に時男は責められてしまうのだった。

ある日、則子(洞口依子)の両親に会った純(石橋保)は、婚前交渉を非難され、結婚に対する不満を尚美(中島宏海)に訴えてしまう。

健吾(唐沢寿明)はゴルフ場建設事業で環境が破壊されていくことに心を痛める一方、JJ(ルビー・モレノ)に夢中になる篤(中野英雄)心配するも「俺に貢ぐゼニはないよ」とはぐらかされてしまうのだった。

あらすじ9話は?

健吾(唐沢寿明)は父・健蔵(竜雷太)にゴルフ場建設事業の中止を申し出るが一蹴されてしまう。

ある日、則子(洞口依子)は、純(石橋保)の気持ちがつかめず、貴子(鈴木保奈美)に相談をしていた。

そんな折、尚美(中島宏海)に電話した貴子は電話の中で純のデジタル時計の音を聞いてしまい、そのことを責めるが、逆に責められてしまう。

一方、JJ(ルビー・モレノ)の母親が病で苦しんでいることを知った篤(中野英雄)は、手術費用を何とかしてやりたいという思いで、会社のお金に手をつけてしまう。

その頃、尚美の部屋を訪れていた純のもとに則子の出血の知らせが入るのだった。

あらすじ10話は?

貴子(鈴木保奈美)は打ち立てた企画に自信を失い、健吾(唐沢寿明)も資金調達に苦戦しゴルフ場建設事業の反対できないでいた。

則子(洞口依子)は純(石橋保)と時男(江口洋介)に「愛する自信がない」と言い、尚美(中島宏海)は五郎(森本レオ)と上手く行かず別れることを決める。

それぞれが模索する中、篤(中野英雄)が行方不明になったことを知る。

仲間たちは必死で篤を探すが、見つからない。

そん中、篤は貴子のところへ電話をかけ、今まで仲間に対して劣等感を覚えていたことを告げ、電話を切るのだった。

あらすじ11話は?

自殺した篤(中野英雄)の母・北村昌子の口から、仲間を誇りにしていたことを聞く。

そして、それぞれが篤の死を無駄にしたくないと考え、則子(洞口依子)は赤ん坊を生むことを決め、そのことを純(石橋保)に告げる。

尚美(中島宏海)は不倫の関係を清算することを決意、貴子(鈴木保奈美)は友情の大切さを告げる。

そんな中、健吾(唐沢寿明)だけは元気がなかった。

健吾は、父・健蔵(竜雷太)が事業で見返りをもらっていることに反対できない自身に嫌悪感を抱いていたのだ。

貴子は、そんな健吾を励ましてしまう。

そんなある日、貴子のもとに時男から電話が入る。

夕刊に、内部告発の形で健蔵の収賄容疑が写真入りで掲載されていると言うのだ。

その記事を見た貴子は、言葉なくただ佇んでいることしかできないのだった。

あらすじ12話は?

父親を告発したことで落ち込んでいる健吾(唐沢寿明)を仲間のみんなが励ましていた。

そん中、純(石橋保)は、則子(洞口依子)に「子供を2人で育てよう」と持ちかけたが、「そのままだと後悔する」と断わられてしまう。

健吾は再出発のため神戸へ、時男(江口洋介)は仕事を辞め海外へ。

則子は勤めを変え一人で子供を育てることを、尚美(中島宏海)は五郎(森本レオ)との愛に生きることを決める。

純はリハビリセンターの職員たちの活動に「生きがい」を見つけたことで、則子の元に行き「もう、大丈夫だよ」と言って子供の父親になるのだった

みんながそれぞれの道を進む中、ひとりぼっちになったと感じた貴子(鈴木保奈美)。

「自分は、強くなんかない。私だって、弱いのよ。」と言って泣き出してしまうが、そこに。。。

愛という名のもとに動画キャストは?

藤木 貴子(鈴木保奈美)

私立高校の教師。大学生の頃は、ボート部のマネージャーをしており、卒業後も6人のマネージャーを自称している。健吾からプロポーズをされるが、時男との間で揺れている。
ややファザコンで母の再婚に賛成できないでいる。

高月 健吾(唐沢寿明)

大学卒業後、商社に就職。いずれ政界に進出することを目標に代議士である父の秘書となる。潔癖で堅実な性格。汚職事件に係わっていた父親に幻滅し、自ら告発する。

神野 時男(江口洋介)

大学卒業と同時にアメリカに渡航して生活していたが恩師の死後に帰国。卒業後は交際している女性のアパートに居候したり怪しげなダイヤルQ2会社を始めたり、いい加減な一面があるも、仲間を思う気持ちは人一番強い。

飯森 則子(洞口依子)

大学卒業後、デパートに就職。3年経過後も売り場担当という事に不満を抱くも。心優しい性格だが、やや自己評価が低く、男女関係にルーズさが見られる。

塚原 純(石橋保)

大学卒業後、区役所に勤務しながら、作家を目指す。物事に対して的確な指摘をする。

斎藤 尚美(中島宏海)

大学生の頃にファッションモデルとしてもデビュー。さばさばした性格だが、不倫のもつれから自殺未遂を起こしてしまう。

倉田 篤(中野英雄)

大学卒業後、証券会社に就職。生真面目な性格。営業成績は最下位で上司から罵られている。
横領と傷害事件を起こした後に自殺してしまう。

上園 美和(夏川結衣)

健吾の婚約者。暮らし向きを侮辱したとして貴子を怒らせてしまうが、基本的には穏やかな性格。健蔵が告発されたことにより健吾から別れを告げられる。

愛という名のもとに視聴者の反響は?