7月からの新ドラマ、またまた絶対零度が始まります。ということで、過去のシリーズを見たい方もたくさんいるのでは?未解決では18.0%を出した絶対零度、2011年放送の絶対零度シーズン2「特殊犯罪潜入捜査」ではシーズン1には及ばないまでも最高視聴率16.3%までいきました。ここでは福岡をはじめ熊本や福島などの絶対零度再放送情報をお知らせします。再放送されている絶対零度シーズン2では桜木泉(上戸彩)の先輩役として、山内徹(横山裕)が出演しています。横山さんはなんとシーズン3にも出演、要チェックですね!では絶対零度福岡での再放送情報と共に、絶対零度動画全話を無料視聴出来る方法、シーズン2の各話あらすじをお楽しみください!




➡絶対零度再放送シーズン1未解決は?

絶対零度再放送福岡は?

絶対零度福岡での再放送は絶対零度シーズン2「特殊犯罪潜入捜査」が再放送となってます。

福岡テレビ(TNC)

福岡テレビでは土曜のみ、数話まとめての再放送となっていますね。

6/16(土)第1話、第2話放送
午後3:15~

6/23(土)第3話~第6話放送
午後1:00~

熊本テレビ(TKU)

全て平日の午後3:50~再放送です。

1話 6/21(木) 
2話 6/22(金)
3話 6/25(月)
4話 6/26(火)
5話 6/27(水)
6話 6/28(木)
7話 6/29(金)

福島テレビ(FTV)

こちらも平日のみ、午後3:55~再放送です。
1話 6/22(金)
2話 6/25(月)
3話 6/26(火)
4話 6/27(水)

➡絶対零度再放送シーズン1未解決は?

絶対零度再放送特殊犯罪潜入捜査見逃したら?

FODプレミアムでは、絶対零度のシーズン1である「未解決事件特命捜査」、そしてその後放送された同スペシャルを見ることができます。

FODプレミアムは、31日間無料トライアル実施中!

Yahoo!IDで簡単に登録できますが、このYahoo!IDの無料キャンペーンは6月末で終了となってしまいますのでご注意ください!

絶対零度未解決やスペシャルは見放題対象作品なので最終回まで見放題できます!!!

さらに!!

以下のドラマ映画も見放題です!!

>>まずは無料でお試し!フジテレビオンデマンド<<

絶対零度再放送特殊犯罪潜入捜査あらすじは?

桜木泉(上戸彩)は新設された特殊犯罪捜査対策室に移動。

そこで泉の相棒となるのは瀧河信次郎(桐谷健太)、どんな小さな事も見逃さない優秀な刑事で、泉と正反対のタイプ

そしてスペシャルで解決しなかった、塚本殉職の事件も?!

1話

一連の企業の不祥事による死亡事故を調べると、事故では無く作為的な事件の可能性が高いため、これから起こる事件を未然に防ぐために操作を開始する。

被害者に接触していた飯野正也(田中幸太朗)を捜す泉たち。

しかし泉は慣れない捜査で瀧河の足を引っ張るのだった。

泉は飯野の彼女、藤井香織(前田亜季)に接触し調査するが、調査対象者に感情移入しすぎて客観的な捜査ができないでいた。

飯野の地元の先輩である日高信之(和田聰宏)が飯野と接触する。

日高の指令で飯野は動いているが、その上にさらに黒幕がいる様子

そんな中、新たな死亡事件が起こってしまう。

2話

日高が朝倉千佳子(戸田菜穂)と接触する。

朝倉千佳子が黒幕であるかを調査するため潜入するが、朝倉の行動と日高たちの目的との関係が見えてこないでいた。

その後、飯野が接触していた老人の口座から証券会社の口座へ資金が流れていたことが分かる。

企業の不祥事による死亡事故を起こし、その企業の株を空売りするという新しい手口だった。

朝倉とNPO法人を共同で設立した沢田知己(平岳大)が捜査線上に浮かび上がる。

沢田が帰国した時期と事件が起こり始めた時期と一致していたのだが・・・

3話

新薬を開発する医療機関MNPの研究員である野田がトラックにひかれて死亡する。

事故の捜査で、野田が4人の男に追われていたこと、倒れた野田の上着を探る北村正宗(阪田マサノブ)の無垢劇情報があった。

上着を探ったのは通報者であり、MNPの副所長でもあった。

このことから施設内のトラブルが予想されたが、機密情報の漏えいを理由に情報開示を拒否されてしまい、泉と瀧河が施設内に潜入捜査を行うことになる。

瀧河は警備員、泉は治験者としてMNPに潜入。

瀧河は、野田を追っていた男たちが研究員であることがわかると、研究室に集音器を仕掛けた。

泉も研究員の中に追っ手の1人を発見。

その研究員が別の研究員と「野田は最低の研究者だった」と話しているのを立ち聞きしていたところ、さらに別の研究員に見つかって捕まってしまう。

4話

名門小学校である教応学園の児童3人が、2か月の間に何者かに連れ去られるのを目撃したという通報があった。

しかしいずれも保護者からの通報がなく、学校側も全員の無事を確認しているという。

12年前、教応学園の児童が誘拐され殺害された事件があったことから、学校側が隠していることも考えられる。

誘拐事件の有無を調査することになった。

目撃情報付近の防犯カメラ映像に児童の大塚則人(青山和也)が連れ去られる様子が映っていた。

倉田工(杉本哲太)と高峰涼子(山口紗弥加)は学校で教頭の氏家嘉子(七瀬なつみ)に聞き込みをするが、氏家は誘拐事件の存在を否定、名簿の貸し出しも拒否するのだった。

捜査班は学校の花壇改装工事があることに目をつけ、泉と白石晋太郎(中原丈雄)と磯村亮平(小林高鹿)がガーデナーとして学園に潜入することに。

5話

都内各地で犯罪がたて続けに起こっていることから、ある講義が開かれた。

泉や瀧河らも参加し、科学警察研究所犯罪予防研究室の前島誠司(高杉亘)による、犯罪が起こりやすい場所についての講義を聴いた。

前島の研究によると、犯罪が起こる場所は人気がなく、見通しが悪いなどの共通点があった。

調べた結果、3カ月内に都内各所で起こった事件は前島が犯罪多発地点と指定した場所だった。

前島は地域住民とボランティアで手作り防犯マップを作成する活動をしていた。

マップの”危険度5″の場所と犯罪場所が重なるため、活動に参加している人間が犯人である可能性が出てきた。

さらに犯行現場付近の防犯カメラには、同じ偽造ナンバーの車に乗っている男性が映っていたこともわかった。

防犯マップ作成会場に泉と白石はスタッフとして、高峰は娘の詩織(毛利恋子)と参加者として潜入。

観察するうちに、スタッフの1人でスーパーの店長である梶田真之(松林慎司)が怪しいとにらむ。

一方、純粋に参加している詩織は積極的に前島とマップ作りに励んでいた。

6話

世界的名画の愛好家、有働グループの前会長宅からロメールのアジュール3部作の1枚が盗まれた。

犯人と遭遇した管理人はナイフで刺されてしまうのだった。

事件を捜査することになった泉たちは、監視カメラの映像から事件数日前に偽名を使って有働コレクションを見学に来た男(市川訓睦)がいたことと、その男が有名な洋画家である椎名清剛(石黒賢)と接触していたことがわかった。

泉は椎名の家にハウスキーパーとして潜入し、あらゆる場所に小型カメラを設置していく。

すると、椎名宅に映像の男が訪ねてきた。

その男は上原画廊で椎名の作品を担当している職員の内山和生だと判明。

上原画廊の責任者である上原秀典(井上肇)は、画廊以外にも裏で盗品の買取りなど際どいビジネスをしている噂もある人物だった。

また、事件当日に有働前会長の娘の三奈子(霧島れいか)が急に予定を変更したため、犯人との遭遇を免れていたこともわかったのだ。

偶然なのか、事件が起こることを知っていたのか?

7話

3カ月で10件発生している連続宝石強盗事件を捜査することになった捜査班。

被害総額は15億円にのぼり、警備員も2人殺されていた。

容疑者はアジア各国で活動している窃盗団「月盗団」に絞られていたのだが、最近の犯行は手口が同じでも、対象が繁華街の高級店から商店街の小さな店になるなど違う点が多かった。

そして月盗団以外の可能性もあり、捜査班が稼働することになったのだった。

現場に残された男性と思われる靴跡から、防犯のために周りをフェンス等で囲った日本で唯一の城塞都市である聖山タウンにしか輸入されていないタイルに使われている粒子が検出された。

聖山タウンは外部の人間を拒絶するため、泉と瀧河が新婚夫婦に扮してタウンに潜入捜査を始める。

泉と瀧河から送られてくる映像から、住民たちの顔写真や車のナンバーを収集し照合したところ、事件があった金曜の夜にゲートの外に出ていたのは13人だった。

その中の男性9人に重点を置いて捜査が始まった。

8話

泉たち捜査員が分析班で集まっていると、深沢ユウキ(丸山智己)がやってきた。

深沢は竹林匠(木村了)の元へ向かうと、連続殺人の容疑で同行を求めるのだった。

ここ2カ月、女性ばかりを狙った猟奇殺人事件が立て続けに発生していた。

4件目となった今回、被害者の爪から皮膚片が採取され、指紋とDNAが竹林のものと一致したのだ。

偽装工作の可能性はないという結果が出ていて、長嶋も同席し、深沢による竹林の事情聴取が始まる。

家宅捜索の結果、犯行に使われたものと同じ包丁や糸が、そして猟奇犯罪に関する本やDVDが発見された。

アリバイも、証言した場所の監視カメラには竹林は映っておらず、ますます窮地に追い込まれていく。

竹林に不利な状況が続く中、桜木たちは無実を信じて真犯人を探すことにした。

2か月前、誰かにつけられていたという竹林の言葉を基に、その男を特定しようと聞き込みを始めると、その男は巨大ネットショッピングサイトの社員で、そのサイトは竹林や全被害者が会員であったことがわかった。

泉と瀧河はネット会社に潜入捜査、竹林の逮捕を止めることはできるのか?

9話

竹林の無実が証明され、真犯人を追う捜査班。

畑山昭子(堀内敬子)に銃口を突き付けられた泉だったが、引き金を引く直前、慌てた様子で走り去っていった。

捜査班は、畑山がIDなどを偽造できる技術を持っていながら海外逃亡することもなく都内に潜伏している理由を探る。

そんな中、外務大臣の柴崎順一(丹波義隆)の娘である真結(藤村聖子)の誘拐事件が発生。

犯人から身代金3億円の要求があったものの、数日後に開催される世界エネルギーサミットとの関連も考えられ、捜査班が極秘で捜査を進めることになった。

長嶋、倉田、高峰らが柴崎邸に入ると犯人から電話がかかってきた。

犯人は翌日正午までに金を用意するように指示、拘束された真結の映像を送ってきた。

すると柴崎の秘書の関根素子(大谷英子)が外出の準備を始める。

高峰が関根の言動に不信感を持っていたため、捜査員に追跡を指示する長嶋。

分析班で捜査員同士の無線のやりとりを聞いていた竹林は、無線に異変を感じていた。

同じ頃、ネットカフェにいた畑山は「すべて順調です」と、木幡雄一(ユースケ・サンタマリア)にメールを送っていた。

木幡は「これからです」と返事を送る一方で、柴崎邸付近の監視カメラに捜査員の姿を発見していた。

関根が柴崎の事務所に入ったのを確認した泉と瀧河は、5年前に選挙活動を手伝ったアルバイトと偽り事務所に潜入。

10話

泉と話したいと畑山昭子が自首してきた。

泉は八王子事件をはじめ塚本射殺事件などの逮捕起訴の手続きをとることを告げるが、畑山は犯行を否定する。

畑山は戸籍上では死亡していることがわかり、捜査班は畑山の正体と、出頭してきた理由を探り始める。

畑山は大学院生の川島智裕(中村倫也)を調べることと、自分の所持品の手帳を読み込むことを指示してきた。

その後にテストをして、答えられれば柴崎大臣(丹波義隆)誘拐事件のヒントを与えると言う。

川島は、木幡雄一(ユースケ・サンタマリア)からの電話で畑山を取り逃したことを責められ、もう一度チャンスを欲しいと訴えていた。

誘拐犯は、柴崎が監禁されている映像をネットに流し、柴崎を通して世界エネルギーサミット開催日に柴崎と関係者の犯罪行為を明らかにすることが目的であることを告げる。

誘拐犯が柴崎大臣の秘書の関根の兄である邦広(木下政治)とがわかっているものの、それ以上の情報は無かった。

そして川島の身元が判明

川島はコンピューターの知識に精通している大学院生で、荒木の殺害現場にいたことがわかったが姿を消していた。

同時に、畑山は犯人像と一致しないこともわかった。

畑山は、すべての事件を操っている男は木幡であり、自分は戸籍をはじめとするデータで管理されているものを全部奪われた被害者だと訴えた。

木幡の手下である川島に命を狙われ、逃げるための自首であることを告白、自分の指示通り動けば木幡が捕まえられるともちかけるのだが・・・。

11話

泉たち捜査員の監視の目が光る喫茶店で、畑山は一瞬の隙をついて木幡からトイレに行くように指示を受ける。

泉の立ち会いのもとトイレに行った畑山は、個室の備品入れに隠してあった携帯電話と小型ナイフを取り、メールを確認。

メールには裏口から出れば逃がせると木幡からの伝言が届いていた。

しかし木幡は、川島にもトイレから続く裏口付近で待機するように指示を出していた。

畑山は捜査員にナイフを突きつけ裏口へ向かう。

裏口で待機中だった捜査員は、川島が現れたと同時に裏口から畑山が出てきたこと、さらに慌てた川島が発砲したことで混乱。

そして畑山は姿を消し、川島も逃がしてしまう。

畑山は木幡に、2人の間に生まれた子供のへその緒があると告げ、逃走用のIDと交換したいと取り引きを持ちかける。

木幡はビルの駐車場へ来るよう指示、そして川島にその場所へ行くように連絡を入れた。

畑山が駐車場に来ると川島が現れ、銃を突きつけてへその緒を渡すように言うが、畑山は拒否。

すると川島は畑山を撃ち、へその緒を奪って、木幡の指示した場所で逃走用IDと入れ替えて逃走。

しかしビル駐車場近くの道にいた瀧河により逮捕されるのだった。

泉は畑山のもとへ。

畑山は泉に木幡がカフェにいたことを告げると息絶えてしまった。

捜査本部から無線で状況を聞かれた泉は、木幡を騙すために畑山は生きていて、逃げられたと嘘をつくのだが・・・。

絶対零度再放送特殊犯罪潜入捜査キャストは?

瀧河信次郎(桐谷健太)

シーズン2から出演。
特殊犯罪捜査対策室特殊犯罪捜査班捜査員。巡査部長。
「歩くトカゲ」と呼ばれる特殊班の精鋭、泉の教育係。

山内徹(横山裕)

シーズン2から出演。
第三機動捜査隊から特殊犯罪捜査対策室特殊犯罪捜査班に異動してきた新人刑事。泉が教育係を担当する。

桜木泉(上戸彩)

主人公。特殊犯罪捜査対策室特殊犯罪捜査班捜査員。巡査部長。
長嶋からはカメと言われており、お互いの信頼関係はあつい。

長嶋秀夫(- 北大路欣也)

特殊犯罪捜査対策室室長。警視。
人望が厚く、周囲の人間から信頼されている。

高峰涼子-(山口紗弥加)

特殊犯罪捜査対策室捜査支援分析班犯罪行動分析係。警部補主任。
元プロファイラー。

倉田工(杉本哲太)

特殊犯罪捜査対策室捜査支援分析班情報分析係係長。上席警部。
みんなのまとめ役でパソコンが苦手。

深沢ユウキ(丸山智己)

捜査一課殺人犯捜査第8係。警部主任。
口が悪く、泉からも性格が悪いと言われている。

白石晋太郎(中原丈雄)

最年長、竹林がパソコンの師匠である。
特殊犯罪捜査対策室特殊犯罪捜査班捜査員。巡査部長。

竹林匠(木村了)

特殊犯罪捜査対策室捜査支援分析班分析研究員。
恋愛経験が豊富で外国人との交際歴も多数。

大森紗英(北川弘美)

特殊犯罪捜査対策室捜査支援分析班分析研究員。
地獄耳、冷静沈着だが物事ははっきり言うタイプ。

➡絶対零度再放送シーズン1未解決は?