この記事では過保護のカホコ動画Pandoraで視聴する方法を調べました。またPandoraで視聴できない場合の過保護のカホコ動画全話無料視聴方法も調べてみました。過保護のカホコは、現代の日本が生んだ「過保護の象徴」のような女子大生・カホコ(高畑充希)が主人公。アルバイトもしたことがない。ひとりで服も選べない。送迎つきで駅まで歩いたことがない。そんなカホコが雑菌まみれの世の中に飛び込んでいくドラマです。1話から6話までは、平均視聴率が11%を超えるという高い視聴率をキープしています。そんな過保護のカホコ1話から全話無料視聴したいと思いませんか?ここでは過保護のカホコ1話から全話無料視聴方法を紹介しています。なお1話から全話のあらすじも紹介しています。

過保護のカホコは以下の動画サービスで全部無料で見れます!!

過保護のカホコ動画pandoraで無料視聴は?

過保護のカホコをPandoraで探してみました。

Pandora

過保護のカホコがPandoraで見れない場合は以下の方法で全話無料で見れます!!!

過保護のカホコは以下の動画サービスで全部無料で見れます!!

過保護のカホコ動画1話から全話無料見放題できる動画配信サービスは?

過保護のカホコですがPandoraで視聴できない場合は以下の動画配信サービスで配信しています。

Hulu、dtv、auビデオパスTSUTAYAディスカスなどの動画配信サービスの無料お試しトライアルで見放題できます。

どのサービスが一番おススメなのか?ですが、スマホで視聴できるのはhulu、dtv、au ビデオパス。

無料お試し期間がhuluは2週間と短いのですがhulu内の全作品が見放題できちゃうのは嬉しいですね。

またTSUTAYAディスカスではお試し中に、過保護のカホコが1話から見放題できるほか、過去の高畑充希さんや竹内涼真さんの作品が借り放題できる点がおススメです。

ただTSUTAYAディスカスは動画ポイントを使って何話分かスマホ視聴できますが、過保護のカホコを1話から無料で見放題したい場合はレンタルになります。

なのでレンタルはめんどくさい!スマホで過保護のカホコを1話から見放題したい!!という方はhuluもしくはdtv、auビデオパスがおススメ!!

auビデオパスはauユーザーしか利用できませんが、あの話題のおっさんずラブが2018年2016年と見放題になっているのでauユーザーならこちらがおススメ!

auユーザー以外はhuluかdtvですが、個人的にはdtvは解約に非常に手こずったのであまりおススメできません。

ですのでauユーザー以外はHuluがおススメ!!

登録後すぐに過保護のカホコをスマホで無料視聴できます!!

過保護のカホコを無料視聴する場合のおススメの視聴方法を順番に紹介しますね!!

おススメ順に紹介するので参考にしてください!!

Hulu

huluでは過保護のカホコが全話無料で視聴できます!

今なら初回2週間の無料トライアルです!

過保護のカホコが1話から最終回まで全部無料で視聴できるのでおススメです!!

さらに!!

国内ドラマなどが見放題!!!
huluでは全作品が見放題なので思う存分楽しむことができます!!

auビデオパス

auビデオパスでも初回30日間の無料お試しやってます!!!

過保護のカホコは見放題対象作品なので1話から最後までスマホで視聴できます!!

さらに!!

あのおっさんずラブも2016年2018年と見放題!!

その他現在放送されているドラマ・見逃してしまったドラマ・映画など見放題!!

【マジで航海してます】
【ヒモメン】
【dele】
【探偵が早すぎる】
【ハゲタカ】
【遺留捜査】
【覚悟はいいかそこの女子】
【好きっていいなよ】
【八日目の蝉】
【世界の中心で愛を叫ぶ】
【その時は彼によろしく】
【タッチ】
【ただ君を愛してる】
【ソラニン】
【新しい靴を買わなくちゃ】
【いま会いにゆきます】
【県庁の星】
【あん】
【ちはやふる上の句下の句】
【海月姫】
【モテキ】
【ゲノムハザード】
【不夜城】
【くちびるに歌を】
【ざんえ 住んではいけない部屋】
【リング】
【クリーピー】

auユーザーのみしか利用できませんが、見放題できる作品がたくさんあるのでぜひauユーザーの方は試す価値あり!!
ちなみにおっさんずラブ20162018見放題できるのはauビデオパスだけ!!!
もう一度楽しみたい方はauビデオパスがおススメです!

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスでも過保護のカホコが視聴できます!!

TSUTAYAディスカスでも初回30日間の無料お試しやってます!!

旧作・まだまだ話題作・準新作が見放題対象作品です。

過保護のカホコは準新作なので見放題です!!

さらに!!!

TSUTAYAディスカスでは高畑充希・竹内涼真過去の作品がほぼ見放題できてしまいます!!

新作も無料トライアルの登録時にもらえる動画ポイントを使えば実質無料で見れます!!

過保護のカホコ動画1話からの総集編は?

過保護のカホコスペシャル内容は?

9月19日にスペシャルドラマが放送される過保護のカホコ。

最終回では初が育った養護施設内の教会で式を挙げました。

そして1年後親と一緒にいられない『カホコハウス』で保育士として働きます。

スペシャルではその後の様子が描かれています。

しかし『カホコハウス』の経営は苦しく、残業が続きます。

家庭では家事を一切やるといったカホコですが料理も洗濯もマイペースなので追いつきません。

さらに庭も荒れ放題。

またイト(久保田紗友)の誕生日会ではウィーンへ旅立つというイトとその母親・節(西尾まり)が大喧嘩します。

子供欲しさに代理母出産をする叔母環(中島ひろ子)が衛(佐藤二朗)と揉め、パーティーは混乱します。

そして母泉は1年経過してもまったく子供ができる様子がないカホコ達に子作りを強要、また芽が出ない初には画家の才能はないとキレます。

そして最愛の娘カホコを失った泉と正高(時任三郎)夫婦は会話もなく、離婚の危機にも及びます。

どんな中『カホコハウス』に通っている保のもとへ行方不明になっていた母がやってきます。

しかし予想通り、戻された保。カホコは見かねて引き取ると言い出します。

しかし初は猛反対。

そして「俺たち、結婚するの早すぎたのかもな」と初。

経営が困難なカホコハウス、親族のそれぞれの悩み、カホコの両親の離婚危機などなど多くの問題がある過保護のカホコ。

一体どんな結末になるのか?

過保護のカホコ動画主題歌は?

星野源さんのFamily Songです。

過保護のカホコ動画1話のあらすじは?

大学生のカホコ(高畑充希)は大学卒業を控えていました。

そして、就職活動をしていますが就職試験に落ちてばかりでした。

それは、カホコは親から溺愛され超過保護に育てられた箱入り娘でそのうえ、世間知らずだったからです。

そんなカホコはいまだに、母親の泉(黒木瞳)に頼りっきりでした。

何から何まで、母親の助けがないと何もできませんでした。

そんなカホコを父親の正高(時任三郎)が心配していました。

しかし、父親の正高も笑顔で微笑むカホコをつい過保護にしてしまいます。

ある日、カホコは同じ大学の麦野初(竹内涼真)からショッキングなことを言われます。

それは、「お前のような過保護な奴がいるから日本が駄目になるんだ」と・・・

生まれて批判されたことがなかった、カホコはショックを受けます。

そんな時、カホコの母親の実家でカホコの誕生会が開かれます。

誕生会には親戚一同が集まりました。

そんな親戚の中に、チェロの才能のある従姉妹で高校生のイト(久保田紗友)がいました。

そんなイトをみて、自分には自慢できるものがない・・とイトを羨ましく思っていました。

そんななか、カホコは正高のコネを使って入社させようとしていた会社から不採用の通知がきます。

そして、カホコは泉から就職せずに花嫁修業をすればと言われます。

その言葉で、カホコは就職活動をやめてしまいます。

そしてカホコは以前、初から質問された「何のために働くのか?」ということが気になっていました。

そんなカホコは、今度は初に同じことを質問します。

初は、カホコに「働いたこともない奴にこの質問の答えがわかるはずがない」と言います。

そして、働いたことのないカホコに初は自分のアルバイトを押し付けます。

過保護のカホコ動画2話のあらすじは?

カホコは自分は、人を幸せにする仕事がしたいことに気づきます。

そんなカホコに母泉は、仕事より専業主婦になることをすすめます。

そんなカホコに、父正高は娘の成長を感じます。

そんななか、カホコは初に「社会に出て働くのが怖いのではないか?」と言われます。

そして、カホコは親戚の人が働いている職場を見学して自分にあった仕事を見つけたいと泉に言います。

泉は、仕方なくカホコに同行することにします。

カホコと泉は、父正高の働く会社を見に行きます。

正高は、カホコに自分の仕事を説明してあげます。

そんな正高に、カホコは「なぜこの会社に就職したのか?」と聞きます。

正高は、カホコにうまく答えることができませんでした。

次に、カホコと泉は警察官の叔父の衛(佐藤二郎)の職場を見に行きました。

叔父に、カホコにはきつい仕事はあわないのでなないかと言われます。

なかなかカホコは、理想のの仕事が見つかりません。

そんななか、カホコは職業が紹介されている本を読みまくります。

そんなカホコに、泉は再度花嫁修業をしたらと言います。

そんななか、カホコは従姉妹のイトに会いに行きます。

そして、カホコはイトにチェロを始めた理由をを聞きます。

イトは、ウィーン留学がかかったコンクールがせまっていました。

そこで、カホコはイトが手首の痛みを隠して練習していること知ってしまいます。

イトは、カホコに周りに心配かけたくないから黙っていてほしいと頼みます。

コンクール当日

親戚たちは、イトが優勝すると決めつけていました。

カホコは、イトの手首が気になっていました。

イトの演奏する順番がきました。

過保護のカホコ動画3話のあらすじは?

イトは、手首の痛みのためチェロリストになる夢を諦めることになります。

カホコは、イトに「親戚の奴らみんな嫌い!ほっといて!」といわれショックを受けます。

そして、カホコはイトのことを初に話します。

カホコは、初の優しさを知り初のことが好きになります。

そんなカホコを、母泉が感じ取り初に会わないようカホコに言います。

カホコは、母のいうことは聞かず初に会います。

カホコが、初と話をしているとカホコはショッキングのことを知ります。

それは、初がカホコとは正反対の女性が好きだということでした。

カホコの気持ちを知らない初は恋愛相談にのってやると言います。

そんな時、イトの母親からカホコに電話がきます。

入院しているイトの様子がおかしいので力にになってほしと言われます。

カホコは、イトに会いずらいため初にイトのことを頼みます。

初のことを好きなカホコは、初に告白しようといろいろ父に協力してもらいます。

そんな様子を、泉が目を光らせていました。

イトが退院し、親戚一同が集まります。

過保護のカホコ動画4話のあらすじは?

カホコは、初に告白します。

だが、初の返事を聞かずに立ち去ってしまいます。

そんなカホコを心配し、泉は初との交際を反対します。

そんな泉に、カホコは反発します。

そして、仲が良かったカホコと泉は冷戦状態になってしまいます。

そんな2人の仲を父正高は取り戻そうとしますが、うまくいきません。

カホコは叔母の環(中島ひろこ)と夫の衛に会いに行きます。

そして、2人が固い絆で結ばれている理由を聞きます。

すると、叔母は人は誰かと出会うことで、自分を変えられると言います。

この言葉を聞いたカホコは改めて、初に会いに行きます。

初は、カホコに「過保護で、ガキっぽいところがタイプではない」と言います。

これを聞いたカホコはショックで部屋に閉じこもってしまいます。

そんななか、手首を痛めたイトが退院します。

そして、イトはカホコを通じて知り合った初に会いに行きます。

そして、初に愚痴をこぼします。

イトは、初に絵のモデルになってもいいと言いますが、初はお前は書きたくないと断られてしまいます。

イトは怒って立ち去ります。

カホコは失恋のショックから立ち直れないでいました。

そんなカホコを、正高は泉の実家に連れて行きます。

そこで、カホコは初めてビールを飲みます。

飲んだ勢いでカホコは、初のところに行きます。

そして、初が描いた絵をぐちゃぐちゃにしてしまいました。

その後、カホコはその場で酔いつぶれしまいます。

そんなカホコを、初は家まで送ります。

カホコは正高に、初が送ってくれたことを聞き初に会いに行ったことを後悔します。

そんなカホコを正高がみて、初に会いカホコと友達でいてほしいと頼みます。

初はOKをだします。

初からカホコに会おうとメールがきます。

初は、カホコに会うと恋愛感情はないが、俺にはお前が必要だと言います。

カホコは明るい顔で立ち去りました。

カホコと泉はいつの間にか仲直りしていました。

過保護のカホコ動画5話のあらすじは?

カホコは、初に絵のモデルを頼まれます。

カホコがモデルをしているとき、初は父親は幼い時亡くなり、母親は知らない男性と何処かへいってしまったと聞かされます。

一方、正高は泉とカホコに都合よく使われていた不満が爆発し、家を飛び出してしまいます。

カホコは、正高を心配しますが泉は反省すべきだと言い放ちます。

家を飛び出した正高は実家に戻ります。

実家には、出戻りの妹、教子(濱田マリ)がいて突然帰ってきた正高を煙たがります。

カホコは、絵のモデルをしているとき初に、親に甘えるのはやめて自立したらと言われます。

初に言われたことで、カホコはアルバイトを探し始めます。

泉は、まだカホコを心配し職場までいき仕事の手助けをします。

また、チェロが弾けなくなってしまったイトは非行にはしってしまいます。

そして、男性とホテルに入るかもめているところを警察に補導されてしまいます。

母節と父厚司は、警察にイトを迎えにいきますが、イトはあんたたちの顔も見たくないといいその場を立ち去ります。

カホコは、イトや泉のことを初に相談します。

初は、カホコにつっけんどんにアドバイスをします。

そして、カホコにもう帰れと言います。

カホコは、身近な人たちが困っているのをみてなにかやれることはないかと考えます。

そんなカホコをみて祖母の初代(三田佳子)は、カホコの成長を感じます。

初代は、泉にカホコを信じて子離れするよう言います。

一方、正高はカホコと泉が来ないので待ちくたびれていました。

そうして、ようやく来てくれたカホコに喜びます。

この日の夜、正高は数日ぶりに家に戻りました。

するとそのとき、カホコが初と一緒に帰って来ました。

そうして、初は泉に交際を許してほしいといいその場を立ち去ります。

カホコは泉に「これからは自分で起きる。服も自分で選ぶ。お弁当も自分で作る。駅まで自分で歩く。何もかも自分で考える。そうしてもいいかな?ママ?」と言います。

泉は「そう。わかった」と言って家を出て行きました。

過保護のカホコ動画6話のあらすじは?

泉が出て行ったあと、カホコと正高が家事をします。

なれない家事で家のなかはぐちゃぐちゃでした。

そんななか、カホコは初にお願いをします。

一つ目は「カホコと呼ぶこと。

二つ目は「好きだ」ということ。

初はこの二つのお願いを照れてしまい答えてくれませんでした。

そんななか、正高は泉に帰ってきてもらうため実家の並木家を訪ねます。

しかし、泉は話を聞きません。

そこに、泉の妹の節、環までが並木家にきます。

正高は、泉を説得することができません。

そのころ、正高の父正興(平泉成)が根本家に転がりこんできました。

正興の娘教子の借金のトラブルに巻き込まれそうになり逃げてきたのでした。

カホコは、初に親戚のトラブルを相談します。

初は、「カホコ」と名前で呼ぼうとしたときイトがやってきます。

イトは、自分のことをまた愚痴り始めます。

そんなイトに、カホコは「私にできることはをするよ」と言います。

するとイトは、「初君をちょーだい」と言います。

カホコは、はっきりとイトに「それはだめ。私は初君が好きだから」と言います。

イトは、初に「初君はどうなのかと」聞きます。

初は、「まあそういうことだけど」と言います。

そんななか、妻に家出された夫たちが根本家に集まります。

夫たちは、妻の悪口を言って盛り上がります。

そんな男たちに、カホコは「皆さん奥さんに感謝にいったら?こんなところに来てないで。もうみんな出て行って!」と言います。

その後、みんなは家に帰ります。

正高は、泉にラインメッセージを送ります。

泉は、メッセージをみて涙を流します。

その後、泉は家に戻ってきます。

そして、家の中を片付けます。

泉は、カホコと正高に徹底した自立主義を貫くことを提案します。

カホコは「ママに認めてもらえるよう頑張る」と言います。

そんななか、カホコは祖母の初代が心臓が悪く余命があまりないことを知ります。。

過保護のカホコ動画7話のあらすじは?

初代は、カホコに病気のことは家族に黙っていてほしいと頼みます。

カホコは悩みます。

そして、カホコは初に相談します。

そんななか、イトの誕生会が近づいていました。

カホコは、初代のために親戚全員を集めようとします。

すると、イトの母節が誕生会は中止したいといいます。

それは、イトが出席するはずがないと思ったからです。

イトは、チェロが弾けなくなってから心を閉ざしていました。

そんなイトを、カホコは誕生会に出席させようと説得します。

そんななか、衛と環までが誕生会を欠席したいと言ってきます。

こんな状況のなか、カホコは初と話をしアドバイスをもらいます。

家族というものは、距離をおいたほうが幸せになることもあると初が言います。

カホコは、その後もイトを誕生会に誘いますがなかなか出ようとしません。

そんななか、イトの誕生会にみんなが集まりはじめました。

それは、泉がみんなを説得したからでした。

イトは、初にお前のほうがカホコより甘えていると言われます。

そして、イトは誕生会に出席します。

誕生会の席で、みんながみんなのことをケチをつけて悪口をいいはじまます。

それを聞きカホコは、今までみんなが集まって楽しかったのにといい、その場を飛び出して行きます。

そのあと、初代が自分の病気のことをみんなに話ます。

初は、カホコを追いかけます。

そして、カホコは初に初代のために早く結婚して子供を見せようと突拍子もないこと言います。

それを聞いた初は、カホコに「やっぱり俺とお前は生きる世界が違う。つきあうのはやめよう」と言います。

カホコは、「わかった。」といってその場を立ち去ります。

過保護のカホコ動画8話のあらすじは?

カホコは、初と別れてショックを受けていました。

だが、母と父の前では元気に振る舞っていました。

そして、初代に孫を見せるためにカホコは婚活を始めます。

そんななか、イトが初を訪ね自分と付き合わないかと言います。

カホコは、婚活パーティーに出席しますが思うように男性と話ができません。

カホコは、初代から料理を教えてもらうことにします。

初代の病気を知った親族は、初代に1日でも長く生きてほしいと話あいます。

初を忘れられないカホコは、初に相談したいことがありました。

だが、別れた初からは連絡はきませでした。

そんななか、教子からカホコに連絡がきます。

そして、教子はカホコに迷子の男の子を一緒に警察に連れて行ってほしいと言われます。

その男の子は施設から逃げ出してきたのでした。

教子とカホコは、男の子を施設に送りとどけます。

そこで、カホコはある絵に出会います。

その絵は、初が幼い頃に描いた絵でした。

カホコはその絵がきっかけで、初に会いたくなります。

カホコは、また婚活パーティーに参加します。

そこで、さくらとしてバイトをしていた初に会います。

カホコは、びっくりします。

カホコは、初に養護施設に行ったこと。養護施設で初の大切な物を預かっていることを話ます。

大事なものは、初の母親の手紙でした。

2人は、養護施設に行きます。

初はその手紙を受け取ります。

手紙を読んだ後、初とカホコは母親のいる家に行きます。

そして、初は母親に会うことができました。

カホコは、初が画家として頑張っていることを話ます。

母親は、初に「ごめん」と謝ります。

初は、母親に「じゃあ」と言って立ち去ります。

そして、カホコは初に「泣いていいよ」と言います。

初は、カホコの胸で泣きじゃくります。

初は、カホコに「もう何処へも行かないでくれ」と言います。

そして、2人は泉と正高のところに行きます。

初は、「カホコさんと結婚させてください」と言います。

カホコも、初との結婚を両親に頼みます。

そのとき、初代が倒れたと電話がかかってきます。

過保護のカホコ動画9話のあらすじは?

カホコと親戚の人たちが病院へ駆けつけます。

初代の治療のことで泉たち姉妹はは喧嘩を始めます。

そんな状況にカホコは胸を痛めます。

そして、そんなカホコを初が慰めます。

そして、親戚の人たちは、それぞれに自分せいで初代が病気になったと責めていました。

そんなとき、衛は離婚届を区役所に出してしまいます。

そしてまた、イトはチェロを売って親と縁を切ると言い出します。

カホコは初に呼び出されイトのところに行きます。

2人はイトを説得しようとしますがイトは仲間たちとどこかへ行こうとします。

そこにイトの両親が止めに入ります。

だが、イトは仲間たちと車で立ち去ってしまいます。

そんななか、教子が親の帰りが遅く行き場のない子供を家に連れてきて夕飯を食べさせていました。

正高は子供を家に帰そうとします。

そのとき、カホコがいいアイデアを思いつきます。

子供たちが気楽に集まれる託児所がないか?ということでした。

ちょうど家の二階があいていたことで、実現に向けて考え始めます。

意識不明の初代が目を覚ましました。

そして、初代は泉とカホコに家に帰りたいと言います。

2人は、初代を家に連れて帰ります。

初代は、3姉妹に自分の宝物を見せます。

それは、3姉妹のへその緒や小さい頃の絵日記でした。

喧嘩をしていた3姉妹はこれを見て仲直りします。

思い出話をしている3姉妹を初代は嬉しそうに眺めます。

その後、初代はカホコと3姉妹にお別れをします。

初はカホコと、初代の元へ行きます。

初は、初代にカホコに会って本当に描きたい絵が見つかった言います。

そして、初代は初にうちの家族になってカホコを守ってと言います。

カホコは初代の家を守ってという約束を守ると答えます。

初代は息をひきとります。

しばらくして、初とカホコはアトリエに行きます。

初代がなくなってしょんぼりしているカホコに、初は突然アトリエの電気を消します。

驚くカホコに、初は「結婚しよう」と言います。

カホコも「結婚しよう」と返答します。

過保護のカホコ動画10話のあらすじは?

初代が亡くなって、夫の福士は落ち込んでいました。

そんな福士を、カホコは心配します。

そして、福士は「初代に会ってくる」と電話で言い残してどこかへ行ってしまいます。

カホコたちは、福士の行きそうなところを探します。

そして、泉は初代と福士の思い出が詰まった場所は家しかないと言います。

そして、初にも協力してもらい家中を探します。

すると家の庭の隅にいる福士を見つけます。

小さくなって涙を流していました。

そして、福士は初代を幸せにできなかったと自分を責めます。

そんな福士に、カホコは初代から聞いた福士との思い出話を話します。

そんなとき、衛と環はよりを戻します。

福士はカホコの話を聞いて元気を取り戻します。

そのあと、家族写真を撮ろうとしたときカホコがイトがいないと言います。

カホコと初はイトのところに行きます。

イトは、チェロを売り払おうとしていました。

そこで、カホコはイトに私がチェロを買ってあげると言います。

そうして、イトに家族の縁は切れないものだと言います。

二人から説得をうけたイトは、カホコと初と一緒にに根本家に帰ります。

根本家では、カホコのアイデアの子供たちの施設を作ろうとしていました。

カホコは、保育士の資格をとったら一緒にに働かせてほしいと頼みます。

カホコと初は、結婚の許可をもらいに泉と正高のところに行きます。

そして、いまだに反対の泉は初にカホコを幸せにすることができるのか?と聞きます。

初は、「カホコさんと離れたくないので、お母さんに認めてもらえるよう歯をくいしばって頑張ります」と言います。

泉は、「じゃあ かってにしれば」と言い残して立ち去ります。

結婚式の当日がきます。

結婚式の準備中、福士が親戚一同の写真を撮ろうとしてケーキを落としてしまいます。

そのうえ、そばに置いてあったウエディングドレスを破いてしまいます。

カホコは落ち込みます。

正高は家にいる泉に「早く来てほしい」と電話をかけます。

正高は、泉にカホコが今日結婚式をあげようとした理由を話ます。

それは、正高と泉の結婚記念日でした。

それを聞いた泉は、式場に駆けつけます。

泉は、結婚式の準備をはじめました。

泉のおかげで結婚式の準備が整いました。

そして、結婚式が始まりました。

カホコは「ママに二つお願いがあります」と言います。

「一つ目はハグしてください」「二つ目は長生きしてね・・」と

過保護のカホコ動画名シーンは?

何のために働く?-第1話

主人公のカホコ(高畑充希)は、就職活動中の身ですが、すでに落ち続けること20社以上。

父親の正高(時任三郎)の取引先にコネ入社しようとした会社まで落ちてしまいます。

「そもそもお前は何のために働くんだ?」

そんなカホコに、麦野くん(竹内涼真)が言ったセリフです。

カホコはこの麦野くんの言葉に衝撃を受けますが、1話の最後に、まだ具体的には分からないながらも、

「カホコは人を幸せにするために働きたい。」

と答えを見つけるのです。

麦野くんと出会ったカホコが、これから成長をしていく、そんな布石となるシーンです。

これ以上、自分を責めるな-第2話

自分にどんな仕事に向くのか、いまだ仕事も将来も探し中のカホコ。

ママ(黒木瞳)には、専業主婦を勧められる始末です。

その一方で、カホコの従姉妹の糸は、早くからチェリストになる夢を持ち、目下邁進中ですが、大事なコンクールを前に、手首を負傷していることをカホコは知ってしまいます。

内緒にしておいて、と糸に言われたカホコは、初めてママに秘密を持ちます。

そしてコンクールの当日、糸は手首の痛みのため、演奏を途中でやめてしまいます。

そのまま検査入院することになった糸を励まそうと、カホコは糸に良かれと、色々調べたことをアドバイスをしますが、その言葉がかえって糸の逆鱗に触れ、カホコは糸から暴言を吐かれます。

大パニックになったカホコは、麦野くんに会って、糸に言われたことを話します。

「お前は何一つ悪いことしてないだろう。」

そんなカホコに、糸を想ってしたカホコの行動は、何も悪くないと話す麦野くん。

胸をかしてやろうか、と言われたカホコは、麦野くんの胸で泣きじゃくります。

「これからママに言えないことがあったら俺が聞いてやる」

とカホコを受け止めてくれる麦野くん。

麦野くんの男らしく、優しさがにじみ出てくるこのシーンは、胸キュン間違いなしです!

初めての反抗、初めての告白-第3話

糸とのことを、ママに内緒にし、麦野くんに相談したカホコ。

ママはカホコを送ってきた麦野くんに、警戒心丸出しで、もう会ってはダメとい言います。

が、麦野くんは悪い人ではない、それどころか、麦野くんへの恋心に気が付き始めたカホコは、ママに内緒で麦野くんに会います。

ママに隠れて麦野くんに会っていたことがバレてしまうカホコ。

怒ったママが、麦野くんのことを、よく知りもしないのに、悪く言います。

だまれだまれ、うるさいうるさい!と初めてママに反抗するカホコ。

「これ以上カホコの邪魔しないで!」

と家を飛び出します。

これまで、なんでもママの言う通り、その日着る洋服すらママに決めてもらっていたカホコが、初めてママに反抗する貴重なシーンです。

そして、家を飛び出したカホコは麦野くんがいるアトリエへ向かいます。

ママが好きな人のことを悪く言ったから、ママに怒鳴ったと言うカホコに、麦野くんは、その勢いで告白しちゃえとそそのかします。

「好きだよ、初くん」

と、麦野くんに告白するカホコ。

初反抗・初告白、と第3話にはカホコの名“初”シーンが満載です。

自分を必要としてくれる人がいること-第4話

初(麦野くん)に告白したカホコでしたが、期待をもたせない方がいいと思った初からあっさりフラれ、カホコは初失恋を経験します。

初めての失恋に部屋に閉じこもってしまったカホコですが、父・正高が初に友達としてカホコに会ってくれ、と頼みます。

カホコに会った初は、カホコに

「俺にはお前が必要なんだよ。」

と言うのです。

自分が描く絵を良いって言ってくれるカホコに、また感想を言ってほしいといいます。

「家族以外にも自分を必要としてくれてる人がいて、いつでも会いたいって思ってくれるのってこんなにうれしいんだね。」

カホコは、生きていていいんだと喜びを感じ、初もまた、カホコを受け入れ始めたことが分かる、今後の展開が楽しみになるシーンです。

愛するより信じる方が難しい-第5話

家族からスポンサー扱いされていることにキレたパパが家出。

同時に親戚でも問題発生、初くんの過程環境を聞いたことから元気づけたいと、カホコはこれらを解決しようと頑張ります。

さらにカホコがアルバイトをしようとしますが、ママの泉がついてきては世話をやきます。

いつまでも子離れできないママに、バァバの初代(三田佳子)は、そろそろカホコの自由にさせたら、とアドバイスします。

「最後は、覚悟を決めるしかないわよ。愛するより、信じるほうが難しいんだから。」

と、親なら子供を信じていなさいと、言います。

信じて待つことも、大きな愛情の証だと言う、非常に重みのあるセリフが印象的なシーンです。

会えなくなるのは嫌です-第5話

さまざまな問題に不器用ながらも頑張って立ち向かうカホコの姿を見て、初もカホコのことが好きになっていきます。

カホコも、初の母親の話を聞いて、初の役に立ちたいと思います。

そんな折、初が母からもらったという赤い絵の具を川に捨ててしまいます。

カホコは、その絵の具を川の中に入って探します。

探さなくていい、という初に、他にやれることが思いつかないと、カホコはやめません。

初は、そんなカホコを抱き上げ、止めるのです。

初にお姫様抱っこをされるカホコの姿。

この後、カホコを家に送った初は、ママに追い返されますが、初は食い下がります。

「嫌です、娘さんと会えないのは。」

そして、交際をしたいと宣言します。

たくましい初のお姫様抱っこに、交際宣言。

今後のカホコとの関係が大きく変化する、そして、何より胸キュン度120%の必見シーンです。

大好きだよ-第6話

交際を始めたカホコと初。

カホコは、初に「カホコと名前で呼ぶこと」「好きと言葉でいうこと」をお願いしますが、初は照れてなかなかできません。

一方、カホコの“脱”過保護宣言を受けて、家出してしまったママとどうにか戻ってきてもらおうと、カホコはママにメールを送ります。

そのメールを打っているカホコの脇で、初はカホコにそっとささやきます。

「大好きだよ。」

ところが、メールを打っていたカホコは、不意打ちの言葉に、もう一回言ってくれないかな、と頼みます。

初はその希望には応じませんが、ちゃんと付き合う許可を取りにいくから、とカホコに伝えます。

カホコと初の、ラブラブだけど、2人らしいどこかコミカルなやり取りが微笑ましいシーンです。

付き合うのやめよう-第7話

バァバの初代が重い心臓病で、余命いくばくもないことを知ったカホコ。

カホコは親戚一同で会する従姉妹の糸の誕生日会を、バァバのためにも楽しい会にしようと、親戚や家族のために奔走しますが、上手くいきません。

策に行き詰ったカホコは、バァバを喜ばせたい一心で、初に子供を作ってバァバにひ孫を会わせてあげたいと言いますが、初に本末転倒と言われてしまいます。

その言葉にカホコは、家族がいない初には気持ちが分からないと八つ当たりしてしまいます。

「付き合うの、やめよう。」

初は、カホコとは生きる世界が違うんだ、と別れを告げるのです。

カホコのことを想って、初なりにカホコを必死に励まそうとしてきた初。

しかし、自身の過去を口にし、八つ当たりしてきたカホコに、初のそれまでの想いが途切れてしまった、2人の関係に大きな変化をもたらすシーンです。

どこにも行かないでくれ-第8話

初に別れを告げられたカホコでしたが、相変わらずの親戚のゴタゴタに巻き込まれ、また、ひょんなことから知った初の過去から、初に会いたくて仕方なくなります。

そんな中、婚活パーティーに参加したカホコは、そのパーティーでサクラのバイトをしていた初を久しぶりに会います。

そして、初はカホコと自分が育った養護施設に行くことに。

養護施設に託されていた、初の母からの手紙を読み、初とカホコは母に会いに行くことにします。

これまで知ることができなかった母の事実に触れ、初も憎しみだけでなかった母への想いに気付きます。

母と会った後に、カホコの作ったおにぎりを食べながら、初は涙をこぼします。

「もうどこにも行かないでくれよ。カホコがいないと自分が嫌になんだよ。」

カホコの胸で、泣き叫ぶ初。

初のこれまで我慢してきた想いが溢れ出たと同時に、そんな初を受け止めることができるようになったカホコの成長が見られる名シーンです。

好きな人の手を離さないで-第9話

お互いの気持ちを確認し合った、カホコと初は、結婚を許可してほしいとカホコの両親のもとへ行きます。

が、ママにも本気で反対すると言われてしまいます。

そんな中、バァバが倒れてしまいます。

相変わらず、問題山積の親戚一同、ママら3姉妹はバァバのことや、それぞれの家族の問題もあり、バラバラです。

死期を悟ったバァバは、ママら3姉妹の仲を取り持ち、そして初との結婚を報告したカホコにも大事なことを伝えます。

「ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さないで。」

バァバはこの言葉をカホコに残し、亡くなってしまいます。

大好きなバァバとの別れが、涙無しには見られない名シーンです。

そしてさらに初のプロポーズシーンも!

心のドアを開ける鍵を持っている-第10話

最終話の10話では、全話を通しての見どころ、カホコと初の結婚式のシーンが登場します。

これまで、家族や親せきの問題に不器用ながらも解決しようと奔走してきたカホコ。

バァバの死を乗り越え、初との結婚をきちんと認めてもらおうと再度パパとママに話をします。

最後まで結婚に反対だったママでしたが、最後の最後に、2人の結婚を認めます。

そして、そんなママからメッセージが。

「カホコは、みんなの心のドアを開ける鍵を持ってるから。」

これからは初くんと一緒に生きて、ここにいるみんなや、これから出会う人をいっぱい幸せにしてあげなさい、その力がカホコにはあるから、と。

家族に愛情いっぱいに育てられたカホコのかわいい花嫁姿と、初くんのカッコいいタキシード姿、何より愛情いっぱいの言葉があふれる、ドラマの最後にふさわしい名シーンです。

過保護のカホコ!母親は辛い過去があった!

これは過保護のカホコのネタバレになってしまうかもしれませんが、カホコの母親泉いずみ(黒木瞳)は実は不妊治療の末、やっとカホコを授かったということでした!!
なるほど、何だか納得です!やっと出来た子供だからこそ、可愛がるのは仕方ないですね!!!

過保護のカホコ動画キャストは?

・根本加穂子(高畑充希)

通称カホコ 21歳 大学生
1人娘で親に超過保護に育てられる。世間知らず。
毎回駅まで送迎。服装は親任せ。そんな過保護な生活をしてきた。

女優・歌手として活躍中
代表作 2014年ドラマ「軍師菅兵衛」2016年ドラマ「とと姉ちゃん」2016年映画「食物図鑑、運命の恋、ひろいました」に出演

・根本泉(黒木瞳)

カホコの母親。娘が大好き。娘の全てを知っていないと気がすまない。
カホコを超過保護に育てた張本人。

ドラマ、映画に多数出演しているベテラン女優。
代表作 1999年映画「失楽園」2004年ドラマ「白い巨塔」に出演

・根本正高(時任三郎)

カホコの父親。泉の夫。娘をかわいがる。何もできない娘を心配するが口に出して言えない性格。

俳優・歌手として活動。
代表作 1983年ドラマ「ふぞろいの林檎たち」2003年ドラマ「Dr.コトー診療所」
2000年映画「天国までの百マイル」に出演

・麦野初(竹内涼真)

カホコと同じ大学に通う大学生。児童養護施設で育つ。大学の学費は自分で稼ぐ苦労人。
後にカホコと結婚する。

女性からの人気が高い俳優。高畑充希と同じ大学事務所。
代表作 2014年ドラマ「仮面ライダードライブ」2016年ドラマ「下町ロケット」2016年映画「時をかける少女」に出演

・並木初代(三田佳子)

カホコの祖母。泉の母。

女優。
代表作 ドラマ「太閤記」「いのち」映画「利久」で活躍

・並木福士(西岡徳馬)

カホコの祖父。泉の父。

ベテラン俳優。
代表作 ドラマ「極道の妻たち」「浅見光彦シリーズ」「緑川警部シリーズ」に出演

・並木環(中島ひろこ)

並木家の次女。泉の妹。カホコの叔母。

女優。
代表作 ドラマ「半沢直樹」「べっぴんさん」

・並木衛(佐藤二郎)

環(中島ひろこ)の夫。

俳優。
代表作 ドラマ「勇者ヨシヒコ」

・並木節(西尾まり)

並木家の三女。泉の妹。カホコの叔母。

女優。
代表作 ドラマ「うちの子にかぎって・・」「ケイゾク」などに出演

・並木厚司(夙川アトム)

節(西尾まり)の夫。

元お笑い芸人。現在俳優。
代表作 2012年ドラマ「リッチマン、プアウーマン」2016年ドラマ「べっぴんさん」に出演

・並木糸(久保田紗友)

節(西尾まり)と厚司(夙川アトム)の娘
チェロの演奏者を目指すが手首のケガにより断念する。

代表作 ドラマ「神様のイタズラ」「べっぴんさん」などに出演

・根本多枝(梅沢昌代)

カホコの祖母。正高の母。

代表作 ドラマ「おひさま」「夏目漱石の妻」「女城主直虎」に出演

・根本正興(平泉成)

カホコの祖父。正高の父。

代表作 ドラマ「家政婦のミタ」に出演

・根本教子(濱田マリ)

カホコの叔母。正高の妹。

歌手・女優・ナレーター・タレント。
代表作 ドラマ「菊次郎とさき」「アンフェア」「マッサン」などに出演

過保護のカホコ視聴者の反響は?

➡過保護のカホコ動画1話無料視聴は?
➡過保護のカホコ動画dailymotionは?
➡過保護のカホコ動画4話無料視聴は?
➡過保護のカホコ動画5話無料視聴は?
➡過保護のカホコ動画6話無料視聴は?
➡過保護のカホコロケ地判明!
➡過保護のカホコロケ地が逃げ恥と同じ?

過保護のカホコは以下の動画サービスで全部無料で見れます!!