毎週水曜夜10時から放送中のドラマ「高嶺の花」。第7話では、石原さとみさん演じる月島もも が、峯田和伸さん演じる風間直人(ぷーさん)との結婚を、計画的に破談にしたところから始まります。華道家として生きていくこと決め、そのために罪悪感を得ようとした もも。妹・なな もまた、父の策略により、憎しみを知ることになる第7話。そこでここではドラマ「高嶺の花」、見逃したとき場合のPandoraやその他無料視聴方法や、高嶺の花7話までのあらすじや、第7話の見どころ、キャストをご紹介します!




高嶺の花 動画 7話 pandoraは?

Pandoraは登録もなく簡単に動画を見ることができるので、とても便利なように感じますが、利用はおススメしません。

なぜなら、以下のような理由があるからです。

・違法なアップロード動画である

・広告が多くて、見にくい

・画質が悪い

・ウィルス感染のおそれがある

快適な視聴環境や、ご自身のパソコンを守るためにも、Pandoraのような違法アップデート動画はおススメしません!!

それでも見たいという方は以下のリンクになります。

完全な自己責任でお願いします。

Pandora

高嶺の花動画7話pandoraで見れない場合の無料視聴方法!

①2週間の無料トライアル!

今なら初回2週間の無料トライアルキャンペーン中!!!

②最新話まで見放題!!

作品の最新話までフルで視聴できます。
7話だけでなく1話から全部見放題できるのでゆっくり楽しめます!
しかも無料トライアル中の視聴なら0円です!
6話まで見放題できるのはhuluしかありません!

③作品のすべてが見放題!!!

石原さとみさん出演ドラマも見放題!!

➡Huluで見放題できる他の作品は?

さらに!!

高嶺の花脚本家の野島伸司作品も見放題!!!

【雨が降ると君は優しい】
セックス依存症を題材に本当に描きたいドラマを描いた。セックス依存の妻とその妻を支える夫。妻はなぜか晴れた日に抗えない衝動を覚えて見知らぬ男性と肉体関係に及んでしまう。その時夫は?佐々木希が体当たりの演技を披露。

【ラブシャッフル】
4組のカップルが恋人交換する。カップル達の恋愛模様を描く。

【高校教師】
1993年の続編。教師役は藤木直人、生徒役は上戸彩。視聴率は最高14.9%。京本政樹以外のキャストはほぼ1993年と一新されている。

【高校教師】
教師と生徒の恋愛、レイプ、自殺、近親相姦など社会的タブーを取り上げたセンセーショナルなドラマ。最高視聴率は33%までに及んだ。最後の電車のシーンは死んだのか?眠っているのか?反響を呼んだドラマ。桜井幸子はその他にも野島の作品に出演するがこの作品の印象が衝撃的。野島作品の中でも一度は見ておきたいドラマ。

その他現在放送中の国内ドラマも見放題!!!

➡Huluで見放題できる他の作品は?

④一つのアカウントで家族が楽しめる!

huluでは一つのアカウントで様々なデバイスで楽しむことができます。
つまり家族がいる方は一つのサービスを使いまわることも可能!!

4人家族なら月額933÷4=233円程度で毎月ドラマや映画を楽しめます。
スタバコーヒーの半分以下の料金で4人が毎月50000以上のドラマや映画など楽しめるのはかなりお得ではないでしょうか?

⑤子供向け動画も豊富!!

huluは意外とアニメも豊富にあります。
アンパンマンシリーズからディズニー、だいすけお兄さんシリーズなどなど子供が好きな番組がそろってます。

⑥様々なデバイスに対応!!

huluでは実はかなりのデバイスに対応しています。
huluほど多くのデバイスに対応しているものはないと思います。

パソコン・スマホはもちろんのこと、テレビ、プレイステーション、3DSなどのゲーム機からでも視聴が可能です。
huluアカウントは登録すれば対応するどのデバイスからも視聴することができます。

hulu対応テレビを確認したいときはスマートテレビと検索して調べてみてください。

>>まずは無料でお試し!Hulu公式サイトはこちら<<

高嶺の花動画7話までのあらすじは?

美貌・キャリア・財力・家柄と全てを兼ねそろえた華道の名門「月島流」本家の長女、月島もも(石原さとみ)は、結婚式当日に、恋人の拓真(三浦貴大)が二股をかけていて、さらに相手が妊娠してることがわかり、結婚が破談となります。

その傷を引きずる ももは、別れてもなお拓真の前に現れ、時には警察沙汰になることも。

そんな折、自転車で転んでしまった ももは、泥だらけの恰好のまま、商店街にある小さな自転車店「サイクルショップ カザマ」で、自転車の修理を依頼、着替えまで要求します。

店主の風間直人(峯田和伸)は、そんな ももの要望をすべて叶えます。

後日、着替えを返しにきた ももは、商店街にいる直人の昔馴染みの幸平(袴田吉彦)らから、直人の人となりを聞き、興味を持ちます。

一方、月島流本家では、お披露目で家元の父の代わりに、妹の なな(芳根京子)が門下生の前で生けることに。

華道の新興流派「宇都宮龍彗会」を率いる華道家、宇都宮龍一(千葉雄大)も様子を見に来ています。

檀上で緊張のあまりに上手くできない なな。

すると、さっそうと現れた ももが、ななの代わりに生け、会は成功します。

その様子を見ていた、継母のルリ子(戸田菜穂)は実子の ななを次期家元にしたいと、龍一と手を組むことにします。

そんな折、元恋人の拓真が現れ、ももと復縁したいと言います。

揺れる ももでしたが、拓真を拒むと、その足で直人のもとへ向かいます。

ももは、直人と付き合うことになったと、秋保(高橋ひかる)に宣言し、そして、元恋人を忘れされてというのです。

直人は、彼を忘れるためには思い出を話せばよいと提案しますが、ももは怒って帰ってしまいます。

ももが怒った理由がわからない直人に、ももは直人に気があるからだ、と秋保はアドバイスします。

そんな中、ももに、拓真との結婚がダメになったのは、誰かが拓真の妻で、もと月島流の門下生だった真由美(西原亜希)を拓真に差し向けたのではとの疑惑が浮かびます。

そのことを、父・市松(小日向文世)に確認した もも。

暗に認めた市松、許さないとすごむ ももに、市松はいずれ感謝することになると言います。

ルリ子は、龍一と関係をもち、ななを次期家元にする策略をと迫ります。

機嫌を損ねたお詫びにと、ももを植物園に誘う直人。

そこで、直人の思いがけない涙を目にした ももは、直人にキスをします。

そして、ももは直人のことを好きになり始めたことに気が付きます。

その頃、妹の ななは、龍一を想いはじめながらも、家元と結婚するという龍一の言葉を信じ、市松に、自分も家元候補にしてほしいと願いでます。

市松は切磋琢磨することは良い、と、その申し出を認めます。

キス以来挙動不審だった直人でしたが、周囲の後押しの中、ももとの仲を深めます2人はそのまま一夜を共にします。

恋人関係を深めた ももと直人。

直人は ももの実家、市松に挨拶に行くことに。

市松に結婚を考えているのか、と聞かれた直人、ももがとっさに口を挟み、すぐにでも結婚し、風間に嫁ぐといいます。

月島をでるなら、破門と憤る市松。

一方、ななは、母のルリ子が龍一と密会を重ねているとも知らず、龍一への想いを募らせます。

もも もまた、自身は家をでるからと、龍一に ななを守ってくれるよう頼みます。

そんな中、ももとの結婚を市松に台無しにされたことと知った拓真が市松を襲い、市松は大けがをして入院することに。

市松は見舞いにきた ももに、ももが家元になるのは ももの身代わりに命を落とした母の願いだったと話します。

ももは、なんとしても家元にならないと、と覚悟をします。

そして、華道に必要な“もう一人の自分”を得るために、罪悪感を背負う必要があると。

市松に大けがを負わせ逃げていた拓真が ももの前に現れ、妻と離婚するからと復縁を迫ります。

翌朝、ももは直人の家で朝食を作っています。

直人は、そんな ももに、祖父の代から受け継がれている婚約指輪を渡しました。

佳代子(笛木優子)のスナックで、花を生ける ももですが、思い通りの作品が作れなくなっています。

ももの家を訪れた ななは、直人との結婚を決めたはずの ももが、拓真を匿っていることに驚き、また、ももが直人との結婚をキャンセルすることで罪悪感を得ようとしていると、龍一から聞き、動揺します。

そして、そのことを直人に伝えにいく なな。

運転手の高井(升毅)もまた、直人に、ももの計画を話します。

が、直人はそれでいい、もものしたいようにさせて、と話すのです。

結婚式当日。

高井と入場してきた もも。

神父の言葉に誓いを立てた直人と もも。

誓いのキスをしようとしたところに、拓真が現れて、ももの手を引いて去っていきます。

振り返る もも、直人は笑みをたたえていました・・・。

高嶺の花動画7話 の見るべきポイントは?

直人の笑顔の理由

ももが、直人との結婚を途中で破談にすることで、罪悪感を得ようとしていたことなど、全て分かっていた直人。

ももの計画通りに、ことを運ばせてあげようと、何も言わずに結婚式を慣行しました。

しかし、最後の最後、直人は悲しい顔をしないといけないと分かっていながら、笑ってしまいました。

悲しい顔をしたら、ももは罪悪感を得て苦しむが、いずれ忘れてしまう。

それが、あの瞬間、耐えられなかった、と直人は秋保に打ち明けています。

笑ったことで、なぜ笑っていたんだろうと、ずっと気になって忘れられない。

それを望んでしまったんだと、直人は後悔しながらも、自身の気持ちを正直に話す姿は、めずらしく直人の本音がわかる7話のポイントになる場面です

妹・なな が受ける衝撃

龍一のことを想い始めた なな。

その想いはどんどん強くなります。

そんな ななの想いを打ち砕くかのように、裏で全ての糸をひいてた父の市松は、龍一にルリ子との関係を ななに知らせ、世の清濁を分からせるように言います。

龍一は市松の言う通り、ルリ子と共にベッドにいるところに ななが来るように仕向けます。

2人の姿を目の当たりにした ななはひどく傷つき、そして蔵で呆然自失の状態で見つかります。

自分の恋人だと思っていた男性が、実の母とも関係をもっていた衝撃は計り知れないものがあります。

このことをきっかけに、ななは、それまで感じることのなかった憎しみを持つようになります。

“もう一人の自分”が現れず苦悩する もも

直人との結婚式をドタキャンすることで、罪悪感を得て、そして華道に必要な“もう一人の自分”の出現を待つ もも。

罪悪感を抱え、この先、恋愛も結婚もせず、1人で生きていく、と決めた ももでしたが、決定的な罪悪感が持てずに苦悩します。

それは、結婚式で見た、直人の笑顔と、消しきれない直人への想いが原因でした。

そのため、いまだ“もう一人の自分”が現れずにいます。

7話の最後に、直人に会い、結婚式での笑顔のこじつけの理由をもらった もも。

この後、直人への想いを犠牲にしてまで得たかった罪悪感がもたらす“もう一人の自分”に会うことができるのでしょうか。

今後の展開の布石となる、7話のポイントです。

高嶺の花 動画 7話 キャストは?

月島もも(石原さとみ)

華道の名門「月島流」本家の長女。圧倒的な華道の才能と抜群のルックスを持っています。
結婚式当日に、恋人の二股が分かり破談に。その後、壊れた自転車を直してもらいに立ち寄った自転車屋で風間直人と出会います。

石原さとみ
2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン「ピュアガール2002」でグランプリを受賞し、女優活動を開始。2003年、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」でヒロインに抜擢され、それ以後「WATER BOYS2(2004年:フジテレビ系)」などの多数のドラマ、映画に出演し、日本を代表する女優となります。

風間直人(峯田和伸)

商店街の自転車店「サイクルショップ カザマ」店主。あだ名は「ぷーさん」。ずっと介護をしていた母の死後、1人で暮らしています。女性との交際経験がなかったのですが、ももに出会い、付き合うことになります。

峯田和伸
シンガーソングライターで俳優。1996年に青春パンクバンド、GOING STEADYを結成し音楽活動を開始。現在は銀杏BOYZのメンバーとして活動しています。最新情報として大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(2019年 :NHK)の出演が予定されています。

月島なな(芳根京子)

ももの異母妹。「月島流」本家の次女。圧倒的な華道の才能を持つ姉を大いに慕い、敬意を表する心優しい性格でありながら、姉へのコンプレックスも陰ながら感じています。

芳根京子

高校1年生の時に、友達に誘われて行った遊助のライブ会場でスカウトされ芸能界入り、2013年にドラマ「ラスト♡シンデレラ(フジテレビ)」で女優デビューします。主な出演作品に、連続テレビ小説「べっぴんさん(NHK)」のヒロイン役、「海月姫(2018年:フジテレビ)」などがあります。

月島市松(小日向文世)

「月島流」家元でももとななの父。腕が上手く使えなくなってきていて、人前での花を生けることからしばらく離れています。流派を保つために、娘らに苦難を強います。

小日向文世

22歳で俳優を目指すことを決意、しばらくは舞台や下積みの時代を送りますが、2001年、47歳の時に三谷幸喜演出の舞台「オケピ!」に出演したのをきっかけに、「HERO(2001年:フジテレビ)」への出演に声がかかり、その後仕事が途切れない俳優となります。

月島ルリ子(戸田菜穂)

市松の年若い後妻。実子のななを家元にしたいと考え、策略を巡らします。

戸田菜穂
高校2年生の時に、「第15回 ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞、翌1991年に芸能界デビューします。1993年、NHK連続テレビ小説「ええにょぼ」のヒロインに抜擢され、全国的に知られるようになります。

宇都宮龍一(千葉雄大)

華道の新興流派「宇都宮龍彗会」を率いるイケメン華道家。実は日本華道界を代表する京都の華道の名家、神宮流の当代家元の庶子で、神宮流の次期家元になるために、月島流家元に近づきます。

千葉雄大
モデルオーディションなどを経て、モデル活動後、2009年9月に事務所に所属、「天装戦隊ゴセイジャー」のアラタ / ゴセイレッド役に抜擢され、注目を浴びます。主な出演作品に映画「黒崎くんの言いなりになんてならない(2016年)」、映画「兄に愛されすぎて困ってます(2017年)」などがあります。

風間節子(十朱幸代)

亡くなった直人の母。二十年来自宅療養していました。数々の名言を残しています。

十朱幸代
1958年にNHK「バス通り裏」に出演、その後1959年に映画「惜春鳥」で映画デビューします。その後多くの作品に出演、日本を代表する女優になられました。2013年には旭日小綬章受章しています。

高井雄一(升毅)

月島家の運転手。ももの外出に常に同行します。実はももの実父ですが、その事実をももは知りません。

升毅
1975年にNHK大阪放送劇団付属研究所に入所してデビューします。長い間、関西圏で活躍しますが、1995年「沙粧妙子-最後の事件-(フジテレビ)」での猟奇的な演技で関東圏でも役者として成功します。主な出演作品に「FINAL CUT(2018年:フジテレビ)」などがあります。

今村佳代子(笛木優子)

スナック喫茶「ボンソワール」のママ。幸平の元女房。

笛木優子
2000年に「天気予報の恋人(フジテレビ)」でドラマ初出演、2001年映画「ホタル」で映画デビューを果たします。2001年映画「新・雪国」では、初主演しました。2001年11月、韓国での芸能活動を開始、2006年に日本での活動を再開しました。

田村幸平(袴田吉彦)

タクシー運転手。直人の昔からの友人。佳代子の元旦那。

袴田吉彦
1991年、第4回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、翌年、映画 「二十才の微熱」で主役に抜擢されデビューします。その後多くの作品に出演、最近の出演作品に「コンフィデンスマンJP(2018年:フジテレビ)」、「今からあなたを脅迫します (2017年:日本テレビ)」などがあります。

原田太郎(吉田ウーロン太)

精肉店「原田ミート」の店主。直人の昔からの友人。秋保の父。

吉田ウーロン太
お笑いトリオ「フラミンゴ」のメンバーであり、俳優、脚本家、演出家の顔も持ちます。主な出演作品に「アンナチュラル(2018年:TBS)」などがあります。

原田秋保(高橋ひかる)

太郎と由美の娘。コスプレ好き。優しい直人を慕い、彼の自転車店に入り浸っています。

高橋ひかる
2014年第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、芸能界入りします。主な出演作品に「パフェちっく!(2018年:フジテレビオンデマンド)」などがあります。

今村芽衣(田畑志真)

佳代子と幸平の娘。両親の離婚後は母の佳代子と暮らしています。

田畑志真
2005年生まれ、熊本県出身。FLaMme所属。主な出演作品に「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー(2018年:フジテレビ)」などがあります。

吉池拓真(三浦貴大)

ももの元婚約者。ももと直人の教会での結婚式に乱入しももの手をとって一緒に逃げますが、その後ももに諭されて、妻と話あいます。

三浦貴大
大学卒業後、俳優を志します。2011年には「学校をつくろう」で映画初主演を果たします。父は俳優の三浦友和さん、母は元歌手の山口百恵さん。

吉池真由美(西原亜希)

拓真の妻。妊娠中。実は月島流の師範代の免許を持っており、家元の市松の命令で拓真に近づいたと、後にももに告白します。

西原亜希
中学1年生の時に、原宿でスカウトされ、芸能界に入ります。雑誌のモデルなどを経て、2003年に女優としてドラマデビュー。主な出演作品に「花より男子(TBS)」シリーズ、連続テレビ小説「梅ちゃん先生(2012年:NHK)」などがあります。

三宅吉行(城後光義)

直人の恩師。現在は教頭の役職。

城後光義
ゴムパッチン芸で一世を風靡した「ゆーとぴあ」のメンバー。
主な出演作品に「特命係長 只野仁(2005年:テレビ朝日)」などがあります。

堀江宗太(舘秀々輝)

ひきこもりの中学生。直人から、自転車で日本一周することを勧められる。

舘秀々輝
2003年生まれ、テアトルアカデミー所属。

坂東基樹(博多華丸)

富士の樹海に暮らす、元美術教師。名前に掛けて自身のことをイルカと名乗っています。負傷した宗太を介抱し、宗太に絵を描くことを勧めました。実は脳腫瘍を患っていて、病院から逃げてきています。

博多華丸
お笑いコンビ、博多華丸・大吉のボケ担当。2014年には博多華丸・大吉として「THE MANZAI 2014」で優勝しています。

新庄千秋(香里奈)

読書好きの看護師。直人の行きつけの図書館で、直人と同じ本を手にとったことから、直人と顔見知りとなります。

香里奈
15歳からモデルとして活動、2000年からファッション雑誌「Ray」の専属モデルとなり、本格的にモデルデビューをします。2001年に「カバチタレ!(フジテレビ)」でドラマデビューすると、その後女優業でも活躍。主な出演作品に「SUMMER NUDE(2013年:フジテレビ)」、「結婚式の前日に(2015年:TBS)」などがあります。

神宮兵馬(大貫勇輔)

日本華道界を代表する京都の華道の名家「神宮流」の当代家元の嫡子で、次期家元候補。宇都宮の異母兄。
若くして人物の観察眼に優れ、ももが“もう一人の自分”が見えていないことを一瞬にして見抜きました。

大貫勇輔
ダンサーで俳優。7歳よりダンスを始め、17歳よりプロダンサーとして数々の作品に出演、そのジャンルは多岐にわたります。主にミュージカルで活躍するなか、テレビドラマにも出演、主な出演作品に「セカンド・ラブ(2015年:テレビ朝日)」などがあります。