毎週水曜夜10時から放送中のドラマ「高嶺の花」。石原さとみさん演じる、華道界の高嶺の花、月島ももと、峯田和伸さん演じる普通の男性・風間直人(ぷーさん)との恋愛が話題になっていますね。第9話では、次期家元の座を、芳根京子さん演じる妹の ななに譲ることになり、全てを失った ももが、その理由を知ることになります。また、直人と知り合った眼鏡女子・千秋(香里奈)の正体が分かります。いよいよ最終章の高嶺の花9話。ここでは、ドラマ「高嶺の花」第9話を見逃した場合のPandoraやその他視聴方法、第9話のネタバレや、第7話の見どころについてご紹介いたします!

高嶺の花 動画 9話 Pandoraは?

Pandoraはで高嶺の花9話が視聴できるのか?探してみました。

Pandora

特別な登録もなく、簡単に動画を見ることができるので、とても便利なように思えますが、利用はおススメしません。

なぜなら、以下のような理由があるからです。

・違法なアップロード動画である
・広告が多くて、見にくい
・画質が悪い
・ウィルス感染の恐れがある

快適な視聴環境や、ご自身のパソコンを守るためにも、Pandoraのような違法アップデート動画の視聴はやめましょう!

高嶺の花 動画 9話 Pandora以外で無料視聴方法!

①2週間の無料トライアル!

今なら初回2週間の無料トライアルキャンペーン中!!!

②最新話まで見放題!!

作品の最新話までフルで視聴できます。
7話だけでなく1話から全部見放題できるのでゆっくり楽しめます!
しかも無料トライアル中の視聴なら0円です!
6話まで見放題できるのはhuluしかありません!

③作品のすべてが見放題!!!

石原さとみさん出演ドラマも見放題!!

➡Huluで見放題できる他の作品は?

さらに!!

高嶺の花脚本家の野島伸司作品も見放題!!!

【雨が降ると君は優しい】
セックス依存症を題材に本当に描きたいドラマを描いた。セックス依存の妻とその妻を支える夫。妻はなぜか晴れた日に抗えない衝動を覚えて見知らぬ男性と肉体関係に及んでしまう。その時夫は?佐々木希が体当たりの演技を披露。

【ラブシャッフル】
4組のカップルが恋人交換する。カップル達の恋愛模様を描く。

【高校教師】
1993年の続編。教師役は藤木直人、生徒役は上戸彩。視聴率は最高14.9%。京本政樹以外のキャストはほぼ1993年と一新されている。

【高校教師】
教師と生徒の恋愛、レイプ、自殺、近親相姦など社会的タブーを取り上げたセンセーショナルなドラマ。最高視聴率は33%までに及んだ。最後の電車のシーンは死んだのか?眠っているのか?反響を呼んだドラマ。桜井幸子はその他にも野島の作品に出演するがこの作品の印象が衝撃的。野島作品の中でも一度は見ておきたいドラマ。

その他現在放送中の国内ドラマも見放題!!!

➡Huluで見放題できる他の作品は?

④一つのアカウントで家族が楽しめる!

huluでは一つのアカウントで様々なデバイスで楽しむことができます。
つまり家族がいる方は一つのサービスを使いまわることも可能!!

4人家族なら月額933÷4=233円程度で毎月ドラマや映画を楽しめます。
スタバコーヒーの半分以下の料金で4人が毎月50000以上のドラマや映画など楽しめるのはかなりお得ではないでしょうか?

⑤子供向け動画も豊富!!

huluは意外とアニメも豊富にあります。
アンパンマンシリーズからディズニー、だいすけお兄さんシリーズなどなど子供が好きな番組がそろってます。

⑥様々なデバイスに対応!!

huluでは実はかなりのデバイスに対応しています。
huluほど多くのデバイスに対応しているものはないと思います。

パソコン・スマホはもちろんのこと、テレビ、プレイステーション、3DSなどのゲーム機からでも視聴が可能です。
huluアカウントは登録すれば対応するどのデバイスからも視聴することができます。

hulu対応テレビを確認したいときはスマートテレビと検索して調べてみてください。

>>まずは無料でお試し!Hulu公式サイトはこちら<<

高嶺の花動画9話予告動画は?

高嶺の花 動画 9話 ネタバレは?

月島流時期家元を決める俎上で、妹の なな(芳根京子)に負け、全てを失くししまった もも(石原さとみ)。

ももは、自室で中・高時代の親友で、実家が大病院のお嬢様、脳外科医の千秋(香里奈)に、風間直人(峯田和伸)との仲の進展の遅さに文句を言っています。

実は、直人が図書館であった眼鏡女子・千秋は、ももの親友で、ももに直人の見極めを頼まれて、直人に近づいていたのです。

直人を面白い、惚れちゃいそうと答える千秋に、ちゃんと誘惑してくれ、と直人を試すことを再度頼む もも。

それから、兵馬(大貫勇輔)を訪ねた ももは、直人が“もう一人の自分”の正体を言い当てたと兵馬から聞かされます。

そして、一度見えなくなったら、もう二度と“もう一人の自分”は見えないとも。

さらに、兵馬は、ななが次期家元に選ばれた理由が分からないといいます。

それは、妹の ななも同じことを考えていました。

家元の裁定に納得ができないと、その理由を問う ななに、家元の市松(小日向文世)は、ももは自分の娘ではないからと、本当の理由を話すのです。

ももがマンションに戻ると、そこには直人が生けた1輪のひまわり。

ももは、罵倒しながらも、そのひまわりを部屋に入れました。

京都神宮流の次の家元を決める「俎上」が始まります。

そこに現れたのは、月島流家元の市松ではなく、名代の ななともも。

龍一(千葉雄大)は、確約されていたはずの市松の票が、ななの手元に渡ったことに、焦りを感じます。

判定が下り、龍一が根回しをしていた他流の家元たちも、兵馬の圧倒的な出来に、その票を投じ、龍一は負けてしまいます。

その頃、直人と会っていた千秋は、直人の発する優しい言葉に触れ、直人に惹かれ始めます。

一方、俎上の後、兵馬との対決に負けた龍一は、自分はもう華道を続けられないと ももに話します。

そして、家元になれなかった ももは自分と同じ亜流だと言うのです。

話が見えない ももは、さらに言葉を続ける龍一から、自分が市松の子ではないことを聞かされます。

信じないといいながらもパニックになる もも。

その後、市松のもとを訪れ、自分は家元の娘ではないのですね、と問います。

否定しない市松に、母に裏切られながらも、自分を実子として育ててくれたことを感謝し、ももは月島の家を出ます。

直人が駆けつけた駅前のキャバクラで、ももはキャバクラ嬢の恰好で酔っぱらっています。

自分は家元の実子ではなかった、不倫の末に生まれた子だった、と直人に話す もも。

直人は ももを連れ帰ろうとしますが、他の客から絡まれ、ケガをします。

あくる日、運転手の高井(升毅)に、エントランス先においてもらう花を託す直人は、高井が ももの父親と言い当てます。

動揺しながらも否定する高井に、もし父親なら名乗り出た方がと提案する直人。

ももの部屋に直人の生け花を持ってきた高井に、直人のケガの様子を聞くもも。

自分の出生の事実に衝撃を受け、いまだ立ち直れない ももに、高井は自身が ももの本当の父親だと告白します。

その頃、直人の部屋を訪れていた千秋。

雨に濡れた千秋は、直人に着替えを借りるのですが、直人を呼んだ千秋の姿は・・・。

高嶺の花動画9話見どころは?

龍一VS兵馬の兄弟対決~京都神宮流家元争奪

京都神宮流家元の座を虎視眈々と狙っていた宇都宮龍一(千葉雄大)が、いよいよ、異母兄弟の兄・兵馬(大貫勇輔)と俎上で対決します。

この日のために、月島流家元・市松(小日向文世)に近づき、月島流の一票を獲得するために、家元の妻・ルリ子(戸田菜穂)を誘惑し、娘の なな(芳根京子)に辛い思いまでさせて備えてきた龍一。

圧倒的な実力を持つ兵馬を相手に、これまでの龍一の執念と苦悩がいよいよ試されます。

読書女子・千秋の正体

直人と図書館で知り合い、だんだんとその仲を深めてきた千秋(香里奈)。

直人には、小児科の看護師と話していましが、その正体は、ももの中高時代の親友で、大病院のお嬢様、天才脳外科医というものでした。

直人の気持ちを試すために、千秋は ももに頼まれて、直人に近づいたのです。

しかし、直人の観察眼が鋭く、そして何より一緒にいて安心できる雰囲気に、次第に惹かれていく千秋。

そんな千秋の言動は、第9話の注目ポイントです。

出生の秘密を知る もも

月島流家元の座をかけた俎上で、ななに負けた もも。

しかし、誰もがその裁定に疑問を抱いていいました。

兵馬には、家元の意図が分からないと言われ、ななもまた裁定に納得できずにいました。

そんな中、ももは龍一の口から、自分が家元の実子でないことを聞かされます。

ももは、自身の出生の秘密に驚き、そしてパニックに陥ります。

さらに自身の父親の正体まで知ることになる もも。

ももの心が辛くて苦しいながら、展開にグイグイ引き込まれます。

高嶺の花動画9話視聴者の感想は?

ずっとももに劣等感を持ち続けてたななが、ももが実子じゃないから家元に自分が選ばれたと知って、更に傷ついてももを蔑み出すんじゃないかと危惧したけど、ちゃんと自分の価値を見つけてそれを分からせてくれた龍一にまっすぐぶつかっていけたのほんとに良かった最高に綺麗だった
モヤモヤっとするから9話を2回目視聴。ももちゃんの情緒不安定をぷーさんがふわっと包み込む。ななの清らかさと似てる。ももの親友「香里奈」とは悪友だね。その関係いつかは壊れる。今のももにはぷーさんが必要ぷーさんがももを白に変えてくれる

家元はそもそも、ももにだけ実父じゃないから継ぐのはななになるって言えばよかったんだろうけど、そうせず隠してたのは結局は愛した人の娘で才能を開花させるよう育てた愛情も少なからずももに持ってたってことかな。結末は悲惨になりすぎたけど
龍一に抱かれてなかったんだってももに言われていたけど、それくらい龍一はななのこと大切に思ってるんだろうな。自分が家元になることが最優先なんだろうけど、その次くらいには、ななのことを大切に思ってるんじゃないかな。傷つけるのって簡単だけど、大事にするって難しいな。
ももは本当に可哀想な人間だと思う。人を傷つけないと自分を保っていられない。花道ではなく自分の血統に囚われている。「何でこんな時もお花に囲まれていたいの」この台詞も自分を保つための言葉のように、ある種の思い込みのように感じた
ももも千秋も高嶺の花のお嬢様。全てを持っているこのお嬢様二人が持ち得ていないモノを直人は持っている。二人の手が届かない高嶺の花は実は直人の特殊能力なのかな
この物語は最初っから色恋沙汰じゃなくて「毒親」「解放」みたいなイメージで観ていて、最後の登場キャラもそうだったので見方は間違ってなかったんだなって安心しました。主要メンバー全員根底で束縛されてたっていう伏線回収に入って来週ラストですね。気合い入れて観ますね。