新ドラマ「リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子」に主演する米倉涼子さん。その米倉涼子さんの出世作ともいわれているのが2004年放送の「黒革の手帖」の動画を無料視聴する方法を紹介します。「黒革の手帖」第6話では、銀座1のクラブ「ロダン」を手に入れた、米倉涼子さん演じる元子が、これまで踏み台にしてきた橋田(柳葉敏郎)らに、徐々に追い詰められていきます。そこで今回は、米倉涼子さん主演の「黒革の手帖6話だけでなく全話無料視聴方法や、第6話のネタバレ、見どころ、そして2017年に同作に主演した武井咲さんが演じた“元子”との違いなど、調べてみました!

黒革の手帖米倉涼子動画全話無料視聴

米倉涼子さんの黒革の手帳ですが、全話無料見放題できる動画配信サービスを徹底的に探してみました!!

VOD 月額料金 無償トライアル 動画配信数 黒革の手帖
hulu 月額933円 2周間 50.000本以上 配信なし
U-NEXT 月額1,990円 31日間 130,000本以上 見放題
dtv 月額500円 31日間 120,000本以上 配信なし
FOD 月額888円 31日間 20,000本以上 配信なし
auビデオパス 月額562円 30日間 7,000本以上 配信なし
TSUTAYAディスカス 月額2,417円 30日間 8,000本以上 配信なし
amazonプライム 年会費3900円 登録月は無料 8,000本以上 配信あり
(プライム会員のみ)

米倉涼子さんの黒革の手帳ですが無料でスマホで視聴できるのはU-NEXTだけなんです!!

2004年の米倉涼子さんの黒革の手帳は他の動画配信サービスでは配信していません。

あとはAmazonプライム会員のみ利用できるAmazonプライムビデオで視聴できますが、こちらは文字通りAmazonプライム会員にならないと視聴できません

動画配信U-NEXTでは初回31日間無料で視聴できます!!

つまり米倉涼子さんの黒革の手帳が6話だけでなく1話から全部無料で視聴できてしまうんです!!

U-NEXT

米倉涼子さんの黒革の手帳ですが動画配信サービスU-NEXTで見放題で視聴できます!!

只今初回31日間の無料トライアルをやっているのでトライアル期間中に視聴すれば0円で見れます!

さらに!!

他の米倉涼子さんの出演ドラマなども配信中!!

・ナサケの女
ドクターx
わるいやつら
・家政婦は見た
けものみち
・ドクターY

さらに!!

現在放送中のドラマや映画も配信中!!!

初回31日間無料でお試しできるU-NEXT!!

米倉涼子さんの黒革の手帳がスマホで無料視聴できるのはU-NEXTのみ!!

いつまで配信しているかわかりませんのでぜひお見逃しなく!!

黒革の手帖米倉涼子動画6話dailymotionなどで見れる?

こういったドラマをdailymotionなどの動画サイトで探している人も多いと思いますがウイルスなどの感染の恐れも0ではないためおススメできません。

それでも視聴したいという方。dailymotionで黒革の手帳探してみたのでどうぞ。

dailymotion

もし削除されてしまっているという場合は以下の方法で無料視聴できます。

黒革の手帖米倉涼子動画予告は?

黒革の手帖 米倉涼子 動画 6話ネタバレは?

元子(米倉涼子)がリニューアルオープンさせた「ロダン」に、波子(釈由美子)が客としてやってきます。

元子に復讐心を燃やす波子は、元子や店のホステスたちに散々嫌味を言った挙句、元子に「銀座から追い出してやる」と捨て台詞を言って店を後にします。

翌日、元子は離れて暮らしていた母が京都の病院に入院したときき、京都を訪れます。

その京都で、元子は、婚約者の加耶子(真木よう子)と一緒にいる安島(仲村トオル)と偶然会います。

その場では、素知らぬふりをする安島、その様子に驚く元子でしたが、母が入院する病院に向かいます。

病院で対面した母は、昏睡状態でした。

そんな母を目にした元子は、急いで病院を後にします。

そこに安島から元子に連絡が入ります。

約束の場所に向かう元子。

安島は、元子に会うと、いきなり元子を抱きしめます。

そして、二度と会わないようにしようと別れを告げます。

「お元気で」と気丈に別れる元子。

あくる日、「ロダン」に長谷川(津川雅彦)がやってきます。

元子を気に入った様子の長谷川ですが、元子は長谷川の弱みを握ろうと、探ります。

一方、「梅村」が正式に元子の名義になるとの話が進みます。

そして不動産屋から「カルネ」が売れたと聞き、次は「梅村」を売るつもりの元子。

ですが、橋田(柳葉敏郎)が仕掛けた罠に気が付いていません。

数日後。

元子に、不動産屋から連絡が入ります。

「梅村」が元子の名義ではく、“梅村きみ”という人物の名義になっているというのです。

”錯誤による抹消”により、「梅村」は元子の手に入らなくなったというのです。

それは、土地移転登記においては、お互いが“間違い”と主張すると、安価な手数料で簡単に名義を元に戻す事ができるというものでした。

元子は橋田の仕業だと気づきます。

すぐに橋田の弱点が書かれている「黒革の手帖」を探しますが、その「黒革の手帖」が見当たりません。

それどころか、パソコンのデータも消去されてしまっています。

橋田のもとに向かう元子。

そこには市子(室井滋)も一緒にいました。

データのコピーもとっていなかったのか、と元子を嘲笑う2人。

元子は、長谷川のもとも訪れます。

長谷川のところには、村井(渡辺いっけい)の姿が。

長谷川に会わせて欲しいと、元子は頼みますが、断られます。

ならば、借金返済の期日を一週間延ばしてほしいと頼みますが、それも聞き入れてもらえません。

その頃、長谷川の元には、安島がいました。

長谷川は、安島に、元子への伝言を託します。

元子は、この顛末の解決を弁護士に依頼しますが、弁護士も長谷川の名を聞くと、依頼を断ります。

八方塞がりの元子は、安島に救いを求めます。

元子に会うため「ロダン」を訪れた安島は・・・。

黒革の手帖 米倉涼子 動画 6話見どころは?

安島と再会する元子


Twitter引用

京都の病院に入院した母を訪れた元子は、京都の地で、偶然にも婚約者と一緒にいる安島に会います。

婚約者の前では、素知らぬふりをする安島でしたが、電話で元子を呼び出し、会った途端に元子を抱きしめます。

惹かれあいながらも、それ以上を求められない関係の安島と元子。

そんな元子に、普通の女性らしさが垣間見られる、貴重なシーンです。

元子を陥れる計画が着々と

元東林銀行に勤務し、現在は長谷川の下で働いている村井は、橋田と接触し、元子を陥れる計画を話します。

「あの女が、落ちるところを見たくないか」と。

また、市子もまた院長(小林稔侍)に、同じように、あの女は許さない、あの女が落ちる所をみたくないですか?と唆します。

かつて、元子に騙された面々が、元子を陥れようと、着々と準備していきます。

元子に徐々に暗雲が近づくさまは、ハラハラし通しです。

転落し始める元子


Twitter引用

料亭「梅村」を手に入れ、その転売利益をもとに「ロダン」を手に入れる計画だった元子ですが、橋田の策略にはまり「梅村」を手に入れられなくなります。

また、長谷川の部下に、黒革の手帖を奪われ、パソコンのデータも消去されてしまいました。

「ロダン」の支払いの当てが奪われ、急転直下、窮地に陥った元子。

これまで、上手くいっていた元子が突如として転落し始める様は、目が離せません。

黒革の手帖米倉涼子武井咲比較すると何が違う?

「黒革の手帖」は、松本清張氏の同名の小説が原作で、これまでに5回ほど、時代に合わせてマイナーアレンジされながら、ドラマ化されています。

中でも、米倉涼子さん主演で放送された2004年版は、当時、米倉涼子さんの悪女っぷりが大きな話題になり、平均視聴率が15.7%と、同クールのドラマの中では好成績でした。

武井咲さんが主演した2017年版も、平均視聴率が11.4%と、2桁の視聴率を維持して、まずまずでした。

ドラマ「黒革の手帖」で、同じ“原口元子”という悪女を演じた米倉涼子さんと武井咲さん。

2人が演じた“元子”の違いを調べてみました。

米倉涼子さんが演じた“元子”は、感情が分かりやすく、好戦的とも思える野性的な女性でした。

計算高く、自ら積極的に行動し、時には敵陣にも乗り込む勢いを持ち、声高に啖呵を切ることも。

一方、武井咲さんが演じた“元子”は、ポーカーフェイス、物腰も柔らかく、決して強い印象を受ける女性ではありませんが、その目の奥には野心が潜んでいる、そんな女性です。

虎視眈々と獲物を狙いながらも、いざというとき以外は、ジッとして待つ、まるで獲物が罠にはまるのを待つように。

例えるなら、米倉涼子さん演じる“元子”は、1匹でも獲物に襲い掛かる狼のような女性。

武井咲さん演じる“元子”は、狙った獲物は逃さない、蛇のような女性。

どちらの悪女もそれぞれの魅力があり、どちらの“元子”が良いかは、好みに分かれるようです。

黒革の手帖米倉涼子動画視聴者の反響は?

黒革の手帖米倉涼子動画6話無料視聴まとめ

米倉涼子さんの黒革の手帳6話。

いかがでしたか?

仲村トオルさん演じる安島が