2015年に放送され、大ヒットとなったドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」(5時9時)が、現在TVerなどで期間限定配信され、話題になっています!第6話では、上司・清宮(田中圭)と付き合うことにした潤子(石原さとみ)が、清宮に不信感を抱き、高嶺へ惹かれ、ホテルへ行ってしまいます。また、高嶺の次期住職の座に暗い影が落ち始めるなど、いよいよクライマックスに向けて話がどんどん展開していきます!そこで、今回は、ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」(5時9時)の第6話のTVerでの期間限定配信や、見逃してしまった場合の無料視聴方法、さらには第6話のあらすじや見どころ、気になるセリフを紹介したいと思います!


5時9時はFODで9月15日まで期間限定配信中!!!
今なら1ヵ月無料トライアル中!

さらに!!
コードブルースピンオフや過去シリーズも見放題!!


さらに山下智久主演ドラマも見放題!

スマホでもサクサク見れるので便利!


>>フジテレビオンデマンド無料キャンペーンはこちら<<

Amazonアカウントで無料キャンペーン登録できます!




5時9時動画6話見逃し配信は?

Tver

石原さとみさん山下智久さん主演ドラマ5時9時ですが期間限定でTverで見逃し配信しています。

7月26日木 23時59分まで

5時9時動画6話見逃し配信を見逃したら?

TVerでの期間限定の無料視聴期間が終わってしまっても安心してください!

Amazonアカウントで登録すると、初回一か月間、無料でFODプレミアム対象作品が見放題!!

FODプレミアムでは、ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」が見放題対象作品となってます!!

登録日を含む一か月以内に解約すれば、月額利用料は発生しないので、1話から最終回まで無料で見放題できるんです!

なお、以下のプレミアム作品も全話配信されています

初回1ヵ月はプレミアム対象作品が見放題となってます!!

「SUMMER NUDE」

「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」

「プロポーズ大作戦」

「コードブルー-ドクターヘリ緊急救命」

「リッチマンプアウーマン」

>>まずは無料でお試し!フジテレビオンデマンド<<

その他プレミアム見放題対象作品

5時9時動画6話ネタバレは?

“二人はホテルへ”

第5話で、上司の清宮(田中圭)に交際を申し込まれ、OKした潤子(石原さとみ)。

しかし、清宮の部屋で、清宮の結婚式の時の写真を発見してしまい、そのまま清宮の家を飛び出します。

そして潤子がむかった先は、高嶺と約束していた遊園地。待っているはずのない高嶺の姿を見た潤子は、高嶺の胸の中で、帰りたくないと…。

そして二人はホテルへ。

ベッドに横たわる潤子に、キスをしようとする高嶺。

ここから第6話が始まります。

キスをしようとする高嶺、それを受け入れるように目を瞑る潤子。

しかし高嶺は体を起こし、自分のことを本当に好きになってくれるまでとっておくと言い、何もせずに帰ることにします。

あくる日、家族の声で目覚める潤子。そこには、いつもの様に高嶺の姿が。

動揺を隠せない潤子でしたが高嶺はいたって普通を装います。

訪問の要件は、高嶺が祖母の17回忌の法要を取り仕切ってくれるとのことでした。

“もう一人の司会”

職場(ELA)に出勤した潤子は、同僚の外国人講師同士の結婚の話を聞きます。

そして二人の結婚式は出会いの場になったELA内で行うことに。

アーサー先生(速水もこみち)に司会を頼まれた潤子は、承諾しますが、実はもう一人の司会は清宮だと聞いて、バツが悪そうな潤子。

結婚式の打ち合わせ中も、潤子は清宮の部屋で見た写真のことを思い出し、上の空。

その様子に気が付く百絵(高梨臨)とアーサー。清宮は、仕事終わりに、食事をしながら司会の仕事の打ち合わせをしないかと、潤子を誘いますが、潤子は断ります。

その様子を見ていた百絵とアーサーは、ますます心配そうです。

更衣室で潤子と二人になった百絵は、潤子になんでも話してと言います。

一方、潤子に避けられている理由が分からない清宮は、アーサーに「何かしたか?俺・・・」と。

わからない、といった表情の二人。

百絵に、清宮の部屋で見た写真の話をした潤子。

「不倫?本当に?」「たしかめたの?」という百絵に、もし清宮に不倫を肯定されたら、それこそ立ち直れないので、確かめることなどできないと潤子は答えます。

清宮のことを本当に尊敬しているので、嫌いになりたくないとも・・・。

そんな複雑な思いを抱えたまま、潤子は帰宅します。

“父の誤解”

すると、玄関に高嶺の草履を発見。他の家族は皆出掛けていて、暗い部屋の中、高嶺は一人でいました。

すると、高嶺がホテルの部屋での一件を詫びてきます。

潤子も自分の非を感じていたため、謝りますが、その途中に潤子の父(上島竜兵)が帰宅し、話を途中から聞いてしまいます。

二人がホテルに行ったことを知り、二人はすでに関係を持ったと誤解します。

誰にも言わないという父ですが、母・恵子(戸田恵子)と妹・寧々(恒松祐里)が帰宅するや否や、話そうとしてしまいます。

またいつものドタバタ桜庭家にホテルの一件もうやむやに。

その後、一緒に夕食を取りながら、潤子の小さいころのビデオを見ることになりました。

法要の準備のために祖母・幸江の人となりを知りたいと、高嶺が頼んでいたのです。

祖母の幸江は、写真が嫌いで、全然笑わない人だった、と言う父と母。

たしかに映っている祖母は、一つも笑った顔がありませんでした。

小さいころの潤子を映したビデオを見て、高嶺は「これからは私が潤子さんの成長記録を残して差し上げます」と潤子に言います。

その頃、1人、自室で悩む清宮の姿。ふと部屋の片隅に、潤子のイヤリングを発見します。そして、その場所から、潤子が結婚式の写真を見たことを察します。

あくる日、ELAでは、潤子の姿をビデオに収める高嶺の姿がありました。

清宮は、その様子が気になりつつも何も言いません。

授業中もビデオを撮り続ける高嶺に、やめるように言う潤子。

それでもやめない高嶺と潤子の押し問答に、周囲は2人を揶揄しますが、三嶋だけは面白くない表情です。

授業が終わり、潤子を捕まえたい三嶋ですが、タイミングを逃します。

“清宮を避ける潤子”

そこに清宮が潤子に話があると声を掛けます。

「話しならここで」と、二人になることを避けようとする潤子に、清宮は観念したように、その場で写真の話をし始めますが、潤子は聞くことを避け、清宮の前から逃げるように去ってしまいました。

清宮はアーサーに事情を吐露、潤子にはちゃんと話したいという清宮ですが、潤子の態度に二人でため息をつくしかありませんでした。

アーサーは、百絵に清宮の写真の真相を話し、うまく潤子に話してくれないかと頼みますが、百絵には荷が重すぎ、結局話せずじまいです。

アーサーはアーサーで、高嶺と清宮とで、直接話をさせようと、銭湯に誘いますが、こちらも結局うまくいきません。

その夜。

高嶺はいつものように、潤子の家へ。

夜中、潤子は目が覚めてリビングに行くと、暗い中、1人ビデオを見る高嶺の姿がありました。

法要前に、祖母・幸江をもう少し知っておきたいとビデオを見続けていたのです。

本当に笑わない人だったんですね、という高嶺に、潤子は高嶺の笑った顔も見たことがないと言います。

“甘える高嶺”

そして高嶺の様子を凝視する潤子、照れたのか顔をそらす高嶺。

潤子も一緒にビデオを見だします。

前髪が邪魔そうな高嶺の前髪をピンで留めてあげようとする潤子、すると高嶺はそのまま潤子に抱きつきます。

しばらくその姿勢のままの高嶺、潤子も「ちょっと」と言いながらも、しばらくはその姿勢を受け入れていました。

あくる日、桜庭家の墓を掃除する高嶺と小坊主(寺田心)ら。

その様子を遠くから見ていた高嶺の祖母・ひばり(加賀まりこ)はイラついた表情をしていましたが、何かを思いついたのか、不敵な笑みを浮かべました。

数日後、潤子の家に寺田 光栄(小野武彦)が、幸江の仏壇に手を合わせにやってきます。

“高嶺の過去”

父とは潤子が生まれる前からの友人関係だったと聞き驚く潤子。

そして、ひょんなことから、高嶺が大学時代にとてもモテたこと、そして元カノも数人いたことを聞かされます。

その話を聞き、明らかに機嫌が悪くなった潤子。

ELAの授業でもその調子は続き、授業でも高嶺に集中砲火を浴びせます。

なぜ怒っているのか問う高嶺に「怒っていない」と怒りながら言う潤子。

三嶋からも言動が一致していない、と指摘されますが、その三嶋にも「人の心配しないで、自分の心配したら」とまさこのことを言及します。

当のまさこは、「好きでした」と自分の気持ちにケリをつけるように、三嶋にこれまでの想いをつたえ、三嶋も感謝を述べ、こちらは一件落着です。

“また逃げる潤子”

とうとう清宮と話すことになった潤子。

清宮がイヤリングを潤子に返しながら、写真の真実を話し始めると、そこに高嶺が登場します。

潤子はまた逃げるように、高嶺と帰ると、清宮の前を去ります。

結局清宮は、また写真のことを話すことができずに終わります。

翌日。

潤子の実家に法要にきた高嶺。

いつもより凛々しい姿に潤子も家族も息をのみます。

そして、祖母・幸江の法要を執り行う前に、話始めた高嶺は、幸江はいつも笑っていた、と言うのです。

ビデオを見ていた高嶺は、カメラに映りこむことが嫌いだったため、いつもビデオを撮る側になっていまいしたが、そこには幸江の笑い声がいつも入っていたというのです。

その話に家族は涙し、高嶺は読経を始めます。

祖母の法要のために、最善の準備をしてくれた高嶺の姿を潤子は愛おしそうに見つめるのでした。

“ブーケは潤子に”

そして、同僚の結婚式の当日。

清宮に、「終わったら、ちゃんと話そう」と言われる潤子。

式は順調に進み、なれそめVTRの時間になりました。が、プレイヤーの不具合で、上映ができません。

VTRの担当のアーサーと百絵が慌てていると、高嶺がやってきて、これまで取ってきた潤子のビデオを上映するようにビデオカメラを渡します。

言われた通りにそのビデオを上映すると、潤子を中心に職場の仲間が結婚式の準備に取り掛かっている様子が写っていました。

高嶺に、潤子の周りには人が集まる、と言われ、嬉しそうな潤子。

そんな2人の様子を、面白くなさそうに見る三嶋と清宮。

花嫁がトスしたブーケは、潤子の手に。

新郎新婦が挨拶をする中、隣同士に並ぶ高嶺と潤子。

幸せそうな新郎新婦を見て、かすかに微笑む高嶺の顔を見る潤子。

そして、潤子は、モヤモヤしていた理由が分かった、それは潤子がそれまで見たことがないと思っていた高嶺の笑顔を今までの元カノは見たことがあるのか、ということだったと。

でも、今見たから、もう大丈夫とも。

お互いはにかむ高嶺と潤子。

潤子は高嶺にビデオレターの件に感謝し、握手をします。

そのまま二人は、皆にばれないように後ろ手で手を握るのでした。

そんな二人をよそに、アーサーと百絵は、潤子がまだ清宮の写真の真実を知らないことを心配します。

清宮の妻はすでに亡くなっていて、妻を亡くしてから初めて恋した相手が、潤子だという真実を…。

一方、一橋寺では、若い1人の男が、一橋寺にやってきます。

祖母のひばりは、その男を笑顔で迎え入れ、この寺はあなたのものよ、と言います。

ひばりは、高嶺を寺の跡取りにすることを断念し、弟の天音を修業先から呼び戻したのでした。

➡5時9時動画1話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画2話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画3話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画4話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画5話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画7話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画8話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画9話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画最終回話ネタバレ無料視聴方法は?

5時9時動画6話見どころは?

第6話の見どころをご紹介します!

高嶺と潤子の関係

ホテルにまで行ったのに、何もなく帰ってきてしまった二人ですが、高嶺はますます潤子に対してまっすぐに愛情表現をし、そして潤子も高嶺への信頼を増していきます。

それを証拠に、第6話では、自分がいない間に高嶺が実家に上がり込んでいても、自分の周りを相変わらず付きまとっていても、完全に拒否することなく、むしろ受け入れ始めていることが分かります。

そして、何より、潤子自身から、高嶺にスキンシップすることが出てくるのです。

ビデオを見るときに、前髪をピンで留めてあげたり、同僚の結婚式の最後には、感謝の意を表しながら握手を求めます。

この時は、そのまま手を握りあいますが、その握った手に、潤子は、自らもう一方の手を添えるのです。

潤子が全面的に高嶺を受け入れ始めた証拠ともとれる行動で、今後さらに高嶺との関係が親密になるだろうと予感させます。

上司・清宮と潤子の関係

第5話で、付き合うことになった清宮と潤子でしたが、清宮の部屋で見つけた写真をきっかけに、その関係はギクシャクします。

潤子はウェディングドレス姿の女性と並んで映る清宮は実は結婚していて、奥さんはニューヨークにいると思い込みます。

潤子と付き合おうことにしたのも、不倫関係を持ち掛けたのかも、と疑います。

百絵に、確認したほうがいいのでは、と進言されますが、不倫関係を開き直られたらという恐怖に、それもできないでいます。

清宮も清宮で、潤子に本当のことを話したいのですが、いつも潤子に逃げられてしまいます。

清宮と潤子の関係がうまくいかない一方で、高嶺と潤子の信頼度は増し、潤子も徐々に高嶺を受け入れます。

苦悩する清宮、高嶺の存在に支えられつつある潤子、気持ちが報いられ始める高嶺の関係に注目です。

アーサーと百絵の関係

第5話で急接近したアーサーと百絵でしたが、ELAの同僚外国人講師の結婚式に、二人のなれそめVTR作りを一緒にすることになります。

これもアーサーの策略なのですが、ガンガンに押してくるアーサーに戸惑いながらも、少しずつほだされていく百絵の、アタフタする姿が非常にかわいいです。

ところが、コンタクトにしてイメチェンを図った三嶋が、好きなBL漫画の主人公に似ていることに気がついた百絵。

そんな百絵が三嶋を見つめる姿を見て、あからさまにヤキモチを焼くアーサーの正直な姿も、また応援したくなります!

この2人の関係から、ますます目が離せなくなってきました。

高嶺の祖母・ひばりの思惑と行動


Twitterより

あくまでも、高嶺と潤子の仲に反対の祖母・ひばり。

前回までの行動で、潤子に対して、少なからず負い目があるためか、桜庭家の法要を高嶺が執り行うことも許しますが、内心は穏やかでない様子なのが、ありありとわかります。

そして、その様子を見ながら、不敵に笑うひばりの姿はなんとも嫌な予感をさせます。

その予感は本当のことになり、第6話の最後には、意味深に現れる若い男性。

この男性こそ、ひばりが呼びよせた、高嶺の弟、天音(志尊淳)なのです。

第6話は、今後の一橋寺の行く末に影響を及ぼす事象の布石がところどころに散りばめられています。

5時9時動画6話気になるセリフは?

ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」第6話の気になるセリフをご紹介します!

潤子さん、私のことを好きですか?帰りましょう。大切にとっておきます。あなたが私のことを本当に好きになってくれるまで

帰りたくないと言う潤子は、高嶺とともにホテルに入ります。

ベッドに横たわる潤子にキスしようとした高嶺、潤子もそのつもりであるかのように目を閉じていましたが、思い直したように顔を離した高嶺が潤子に言ったセリフです。

それまでも、キスしたいと思っていたはずの高嶺ですが、その日の潤子の様子が普通でないことに漬け込むようにキスするのは本意ではない、と、どこまでも真面目な高嶺の気持ちがわかるセリフです。

無理してます、って顔にかいてある。ほら、私たちの間にはずかしいことなんてないじゃん?なんでも話してよ

いつもと違う、空元気の潤子の様子を察し、2人きりになったところで、百絵が潤子に言ったセリフです。

BL趣味がばれて以来、潤子とすっかり打ち解けた百絵と潤子。

それから、回を追うごとに、二人の仲は強くなり、百絵も潤子の様子にもいち早く気が付くようになります。

潤子がなんとか普通でいられるのも、この百絵の存在があるおかげかもしれません。

お前にはちゃんと話しておきたいんだ

それまで、潤子がなぜ自分を避けるようになったのか分からずにいた清宮でしたが、部屋で潤子のイヤリングを見つけたときに、潤子が過去の女性とのウェディングドレス姿の写真を見たことで、態度を急変させたことを察します。

その理由を説明したいと、清宮が潤子を呼び止めて言ったセリフです。

ですが、潤子になかなか話せずに第6話は終わっていまいます。

清宮の、潤子に説明したい気持ちはあるものの、大人なため、あからさまに態度にも出せず、もどかしさが詰まったシーンです。

私にとって皆さんはもう家族です。前にもいいましたよね。好きな人の好きな人をもっと好きになりたいんです。

潤子の祖母・幸江の法要の準備のため、幸江の人柄を知るために、過去のビデオを見ていた高嶺と潤子。

こんな家族しか映ってないビデオなんて、見て喜ぶのは家族だけだよ、と言う潤子に、高嶺が言ったセリフです。

潤子だけでなく、潤子の家族や環境をも、知って、好きになりたい、と素直に言う高嶺の想いに触れ、嬉しそうにはにかむ潤子が印象的なシーンです。

星川さんもですよ。星川さんの笑ったとこ、見たことないです。

祖母・幸江の法要のために見ていたビデオで、幸江が本当に笑わない人だったと話していた時に、潤子が高嶺に言ったセリフです。

このセリフを言ったときの潤子は、とても寂しそうでいて、甘えるような表情をしていて、だんだんと高嶺に心を動かされている様子が表れているようです。

また、この「笑顔」を見たことがない、が、この後のストーリーで鍵となってきます。

やっぱりね、私の目に狂いはなかった。あいつは潤子さんと知り合えて、本当に幸せ者です。

潤子の実家に、一橋寺の住職・寺田が、幸江に手を合わせてにきたときに、家族の前で言ったセリフです。

高嶺自身もさることながら、周囲の人間からもみても、高嶺が良いように変化したことを裏付けているセリフです。

また、住職の寺田と、潤子の父が古くからの知り合いだったことも、桜庭家が一橋寺の檀家だったことも、わかります。

あなたを撮っていたら、自然と皆さんが。あなたの周りには、いつもたくさんの人がいます。これは私の宝物になりました。

ELAの外国人講師同士の結婚式の余興に、なれそめVTRを制作したものの、不具合で上映できないことに。

急遽、高嶺が潤子を撮り続けていたビデオで代替し、そのビデオを見ながら高嶺が潤子に言ったセリフです。

高嶺が見つめる潤子の周りには、いつも人が集まっていて、そして楽しそうにしています。

その様子を、幸せそうな目で撮影していた高嶺。

自分が好きな潤子は、他の人にも愛される人なのだと、素直に嬉しく、そして誇らしく思う様子が分かるセリフです。

今わかりました。どうして心の中がモヤモヤしていたのか。なんかずっと気になっていたんですよね。星川さんの元カノさんたちは、星川さんの笑顔みたのかな、って。でも、もう、大丈夫です。今、見たんで。

住職の寺田から、高嶺は、大学時代には相当モテて、元カノも何人もいた話を聞いた潤子。

途端に不機嫌になるものの、その理由が明確にわからず、ずっとモヤモヤしていました。

そんな折、同僚の結婚式で、高嶺の撮ったビデオを見ながら微笑む高嶺の顔に気づいた潤子。

ようやくモヤモヤの理由がわかり、自嘲しながらも、正直に高嶺に伝えたセリフです。

高嶺が自分をどんな時にもまっすぐに見ていてくれる事に、安堵感と信頼感を感じ、どんどん高嶺を受け入れていく潤子の姿が印象的なシーンです。

よくぞ帰ってきましたね。高嶺は次期住職の座、失格です。この一橋寺はあなたのものよ。

高嶺の祖母・ひばりが、一橋寺の敷居を跨いだ一人の男性に向かって発したセリフです。

潤子との仲をどんどん加速させていく高嶺に見切りをつけたひばりが呼び寄せたこの男性、実は高嶺の弟、天音(志尊淳)なのですが、この天音、次回以降から一橋寺にとどまらず、周囲を巻き込んで騒動を起こしていきます。

その騒動を予感させる、非常に意味深なセリフです。

5時9時動画6話視聴者の反響は?

➡5時9時動画1話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画2話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画3話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画4話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画5話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画7話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画8話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画9話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画最終回話ネタバレ無料視聴方法は?