7月のドラマも始まり、11日には石原さとみさん主演のドラマ「高嶺の花」も始まりました!石原さとみさんと言えば、ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」にも出演されていましたが、特に第9話は、石原さとみさん演じるヒロイン・潤子が、山下智久さん演じる僧侶の高嶺との結婚のために、自分の夢を諦めて、寺で嫁修行をするのですが、その姿が健気でいてい痛々しく涙を誘うと話題になっています。本ドラマは現在TVerにおいて期間限定で無料配信されていますが見逃してしまった場合のドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」(5時9時)第9話および全話の無料視聴方法や、第9話のあらすじ、見どころ、そして気になるセリフについて調べてみました!




5時9時動画9話見逃し配信は?

5時9時ですがTverで見逃し配信しています。

5時9時動画9話から全話無料視聴方法は?

TVerでの期間限定の無料視聴期間が終わってしまっても安心してください!

Amazonアカウントで登録すると、初回一か月間、無料でFODプレミアム対象作品が見放題!!

FODプレミアムでは、ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」が見放題対象作品となってます!!

登録日を含む一か月以内に解約すれば、月額利用料は発生しないので、1話から最終回まで無料で見放題できるんです!

なお、以下のプレミアム作品も全話配信されています

初回1ヵ月はプレミアム対象作品が見放題となってます!!

「SUMMER NUDE」

「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」

「プロポーズ大作戦」

「コードブルー-ドクターヘリ緊急救命」

「リッチマンプアウーマン」

>>まずは無料でお試し!フジテレビオンデマンド<<

5時9時動画9話ネタバレは?

“潤子の退職届”

高嶺の祖母・ひばり(加賀まりこ)に、高嶺とは生きている世界が違うので別れるようにと言われる潤子(石原さとみ)。

そして一橋寺でもまた、高嶺の弟・天音(志尊淳)が寺を壊してビルを建てる計画を企んでいます。

そんな、問題山積みで始まる第9話。

潤子(石原さとみ)は、高嶺(山下智久)と結婚するためと英会話教室・ELAに退職届を出します。

上司の清宮(田中圭)に「本気なのか?」と問われるも、潤子は決意は変わらない様子。

突然の潤子の退職の知らせに同僚の百絵(高梨臨)や毛利まさこ(紗栄子)らは驚きます。

帰宅した潤子は、高嶺と家族に仕事を辞めることにしたと報告します。

なぜ辞めるのかと問う高嶺に、潤子はひばりに認めてもらうためには仕事をしている場合じゃないといいます。

高嶺はひばりの説得は自分がするから、退職を考え直すように潤子に言いますが、潤子の意思は固くありました。

父(上島竜兵)が入っている風呂場に入ってきて、父の背中を流す高嶺。

潤子の退職は本当に良かったのかと高嶺が聞くと、父は潤子は決めたことをとことんするタイプだから、と。

そして高嶺に、夢を捨ててまで高嶺の嫁になる潤子を幸せにしてやってくれと、頼むのでした。

あくる日、一橋寺で、祖母・ひばりに向かいあう高嶺の姿。

“ひばりの意地”

「誰が通したの?私はあなたをまだ許していませんよ」というひばりに、高嶺は住職に頼んでだといいます。

高嶺は天音の企んでいるビル計画をひばりに進言するが、ひばりは承知の上だと言います。

そして、天音が住職になることはないといいますが、だからといって高嶺を住職に据えるつもりもないと断言します。

そんなひばりに高嶺は、潤子は仕事を辞め、一橋寺の嫁になると言っていることを告げ、2人のことを認めてくれとひばりに頭を下げます。
が、ひばりは絶対認めないときっぱり断ります。

ひばりは高嶺に、住職になりたいのなら香織(吉本実憂)と結婚すること、潤子と結婚するならば住職は他の者を探すといい、部屋を出て行ってしまいました。

再び、潤子の家。

洗面台の前で潤子に、ひばりは何と言っていたか聞かれた高嶺は、ひばりの意思は固いようだと報告します。

翌日、二人で寺に行き、話を聞いてもらおうと提案する潤子。

高嶺は一人で行くと言いますが、結婚するんだから二人で乗り越えるべきと潤子は言います。

そして翌日。

ひばりは僧と一緒に「塩をまいてやりなさい」と高嶺と潤子を待ち構えます。

困惑しながらも、ひばりの言う通りに潤子と高嶺に塩をまく僧たち。

そして門扉を閉められ、潤子と高嶺は一橋寺の敷居を跨ぐことすら出来ません。

帰ろうとする2人は、天音に出くわします。

「あんたらも頑張るね」と憎まれ口をたたく天音。

天音には一橋寺は絶対に渡さない、という高嶺に天音はあくまでも強気です。

天音が去ると、潤子はひばりの明日の予定を高嶺に聞きます。

潤子は翌日から、ひばりの行く先々に出向き話だけでも聞いてほしいと、頭を下げ続けます。

とうとうひばりの前に土下座する潤子。

そんな潤子にひばりは、顔を上げるように言います。

そして、不敵に笑うひばり。

場面は一橋寺に。

そこには、ひばりに買い物を言いつかる潤子の姿が。

高嶺が割って入りますが、潤子は任せてくださいと、買い物に出かけます。

張り切る潤子でしたが、頼まれた反物を、間違えて夏物を買ってきてしまいます。

買い物のやり直しを言われ、ヘロヘロになりながら寺に戻ってきた潤子に、ひばりは容赦なく次々と仕事を与えます。

ようやく部屋に戻った潤子の体は、疲れ切っていました。

その様子に、これ以上ここにいるのは無理だと、高嶺は駆け落ちを提案しますが、潤子は高嶺に住職になってほしいからそんなことは言わないでと高嶺に抱きつきます。

その頃、天音は建設会社の会議室で、寺の跡地に建てるビルの模型を見ていました。

全部ぶち壊してください、という天音は、その模型を食い入るように見つめます。

相変わらず、ひばりの言いつけにクタクタの潤子の姿。

高嶺は、今日はもう仕事しないでいい、潤子も一緒に檀家周りに行こうと潤子に言うと、久しぶりに潤子は笑顔になります。

笑顔を久しぶりに見たという高嶺に、そんなことないと言う潤子ですが、明らかに嬉しそうです。

高嶺が潤子の部屋を後にすると、潤子が百絵と電話をしている声が聞こえてきます。

その声がとても楽しそうな様子に、高嶺は複雑な顔をします。

再度、高嶺はひばりに潤子を認めてくれるように言いますが、ひばりは応じません。

“清宮の過去”

久しぶりにELAを訪れる潤子。

いつものメンバーや生徒に会い、嬉しそうです。

教壇にたっていたクラスで一人、昔を思い出す潤子のところに、上司の清宮(田中圭)が声を掛けます。

潤子の復職は大歓迎だ、という清宮は、急遽ニューヨークに戻ることになったと潤子に告げます。

清宮が部屋を出ると、そこにはアーサーと百絵の姿が。

清宮の気持ちを知っていた2人は、去っていく清宮を優しく見送ります。

1人教室に残っている潤子のもとに、アーサーと百絵が入ってきます。

そして、清宮に口止めされていたが、と、清宮の部屋で見た写真の女性について話し始めます。

彼女は、清宮が5年前に結婚した女性だけど、結婚してすぐに亡くなってしまったこと。

彼女が亡くしてから、前に進むことができなかった清宮でしたが、潤子と再会して、清宮は心から笑えるようになれたとも。

これから結婚する潤子に、今更こんな話をして…と謝りながらも、清宮の誤解を解いておきたかったというアーサー。

誤解だったことを聞いて複雑な顔をする潤子。

一橋寺に戻った潤子は、ひばりに遅い帰宅を咎められます。

ひばりがわざと夕飯の時間を早め、潤子に準備をさせないように仕向けますが、それでも潤子は謝ります。

夕食後、部屋で潤子は、家族に電話をします。

電話の向こう側では、いつものように楽しそうに夕飯を囲む家族の声。

今日はすき焼きだぞと呑気に話す父、お寺の嫁になれそうか、と問う母に潤子は大丈夫と答えます。

家族はその言葉を鵜呑みにしますが、徐々に潤子の顔から笑顔が消えていきます。

その様子を部屋の外から見ている高嶺もまた、悲しそうな顔をしています。

その頃、桜庭家の夕食が終わり、家族は客人を見送っていました。

その客人とは、なんと天音だったのです。

天音は潤子の話を家族から聞き出すために、桜庭家を訪れていたのです。

翌朝、潤子は変わらず一橋寺でお努めに精を出しています。

“ひばりと潤子”

朝食の用意をしている潤子のもとに、ひばりがやってきます。

ひばりに再び、住んでいる世界が違う、努力してもできないことが世の中にはあると言われる潤子。

それを聞いていた高嶺が割って入り、ひばりを責めますが、ひばりもひるみません。

ひばりは潤子に向き直り「あなたが嫌いです」と告げて去っていきますが、その表情はどこか苦しそうです。

そして、面と向かって嫌いと言われた潤子も、それを聞いていた高嶺も苦しそうです。

部屋に戻った潤子、日々の疲れと、ひばりの言葉に、ぐったりした様子です。

“何も言わない高嶺”

気にすることないと、高嶺は潤子に言いながら布団を敷きますが、それも待てないで潤子は座ったまま寝てしまいます。

潤子を抱き上げ、布団に寝かす高嶺。

すると、潤子の目から涙がこぼれます。

寝ている潤子の目から流れる涙を見た高嶺は、潤子の手に自分の手を添え、隣に横になります。

そして、潤子の顔をジッと見つめるのでした。

翌朝、ひばりは、檀家を呼んで行う会合の読経を高嶺にするように言います。

住職の寺田が、高嶺を次期住職に認めるのかと聞くと、ひばりは、会合を立派に勤め上げ、香織と結婚したら考えるというのです。

その話を部屋の外で聞いていた潤子は、自分も会合の手伝いをさせてくれないかと言いながらひばりや高嶺の前に現れます。

頭を下げる潤子、ひばりは手伝うことを承諾します。

潤子は感謝し、嬉しそうですが、高嶺も住職の寺田も心配な表情。

ひばりだけは、含み笑いをしています。

ひばりがあっさりと潤子の手伝いを承諾したことに、高嶺は何か企みがあると潤子に進言します。

しかし潤子は大丈夫、と覇気のない笑顔で答えます。

潤子が心配でならない高嶺。

そして会合の日。

実家にあった祖母の着物を着た潤子をけなすひばり。

それでも潤子は一生懸命に給仕をします。

しかし檀家にも香織との出来の違いを指摘され、そしてとうとう、檀家の着物に汁物をかけてしまう粗相をしてしまう潤子。

ひばりはその場を取り繕いながら、鬼の形相で潤子を見ます。

1人、部屋で自分の着物の汚れを取ろうとする潤子。

次第に涙をこぼし始めます。

そこへ高嶺がやってきて、潤子の着物の汚れを落とそうとします。

大切な読経があるから、早く戻ってと涙声で高嶺に言う潤子に、潤子以上に大切なものなどないという高嶺。

結局読経は、天音が代わって執り行いました。

天音は、ひばりにそのことを恩に着せようとしますが、ひばりは天音の読経を聞いて、天音は住職の器でないと分かった、再度修業してきなさいと言い捨てます。

その頃ELAでは、潤子の元同僚や生徒たちが、潤子の送別会の相談をしています。

送別会の日程を確認するのに、清宮は潤子に電話をします。

電話口の向こうで、元気のない潤子の様子を察した清宮は「桜庭・・・桜庭は、桜庭のままでいいんだ」と慰めます。

潤子は、部屋で送別会の謝辞を考えていました。

ELAでの日々を思い出し、そしてニューヨークに行く夢はELAで半分は叶った、私は今とても幸せです、と涙声で謝辞を音読する潤子の様子を、潤子の部屋を訪ねてきた高嶺が耳にします。

“高嶺の覚悟”

ノックをして潤子の部屋に入る高嶺。

潤子の涙には触れず、今日は疲れただろうから、実家で過ごすように高嶺は潤子にいい、実家まで送ります。

翌朝。

寺には、天音と建設会社の作業員が、寺の取り壊しをしようと来ていました。

突然のことに騒然とする一橋寺。

そんな中、天音は高嶺に向かって、自分の夢は全て手に入れていいな、と言います。

しかし潤子は違う、高嶺が潤子の人生を狂わせたと続け、高嶺の気持ちを揺さぶります。

そして、俺もそうだ、いつも一人だった、その元凶はこの一橋寺だ、だからぶっ潰すんだと思いをぶつけるのでした。

夜、高嶺は一人、何か覚悟を決めたような顔で本堂にいまいした。

潤子は、以前、高嶺にハイヒールをもらったベンチに来ていました。

足にはその時のハイヒール。

そこに待ち合わせしていた高嶺が現れます。

もらったハイヒールを履いてきた、と高嶺に見せる潤子。

はしゃいでいるかのように、一方的に話す潤子。

そんな潤子に高嶺はあなたに失望した、と、突然潤子に別れを告げます。

突然のことに、何も言えずだた高嶺の顔を呆然と見続ける潤子。

そんな潤子に高嶺は、近々香織と結婚すると続けます。

そして、潤子の目をみて「私は潤子さんが嫌いです。もう二度と会うこともないでしょう。」と言った高嶺は、潤子の前から姿を消しました。

潤子は呆然自失のまま、元職場ELAに。

潤子の姿を見つけた清宮は、声をかけるが潤子は反応しません。

そんな潤子を抱き寄せる清宮。

微動だにできないままの潤子。

高嶺は、そのまま一橋寺に戻り、まるで外界を遮断するように寺の門扉をしめました。

➡5時9時動画1話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画2話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画3話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画4話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画5話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画6話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画7話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画8話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画最終回話ネタバレ無料視聴方法は?

5時9時動画9話の見どころシーンは?

寺の嫁になるために懸命に尽くす潤子の姿

高嶺との結婚を心に決めた潤子は、大好きだった英会話学校ELAを辞めます。

そして、寺の嫁として認めてもらうために、寺での嫁修行に精を出し、ひばりの要求に懸命に応えようとします。

が、失敗も多いうえに、ひばりには毎日のようにキツイ言葉をかけられ、次第に潤子らしさである元気も笑顔も失っていきます。

それでも、認めてもらいたい一心で、懸命に寺の仕事をする潤子の姿は、痛々しいとすら思えるほどです。

そして、元気を失くしていく潤子を、守り切れていないと思う高嶺の視線と苦悩もまた、見ていて心が苦しくなります。

弟・天音の本意

ひばりに呼び戻されて一橋寺にやってきた、高嶺の弟の天音。

高嶺を異様にまで憎んでいる様子と、一橋寺を壊してビル建設を計画するなど、闇を抱えていましたが、その理由をぶちまけるシーンがあります。

長男である高嶺ばかりが可愛がられ、自分は京都の寺に捨てられたと思っていたこと。

誰も自分に会いに京都まで来なかったことに、自分の存在すら忘れられたと思っていたこと。

だからこれまで誰も信用せずに一人で生きてきたこと。

その全ての元凶は一橋寺で、寺のせいで自分の人生は狂ったのだと考えて、ビル建設を計画したのです。

一見、次男坊の単なる我満とも思えますが、お寺という家業をもつ家に次男として生まれた天音がなぜこのような計画を立てたのか、辛い思いがようやく分かります。

潤子を想うが故に別れを決断する高嶺

高嶺との結婚のために、仕事まで辞めて、寺に尽くす潤子。

その潤子から日に日に笑顔と元気がなくなる姿を、間近で見ていた高嶺は、潤子を寺から解放する決断をします。

高嶺は、潤子を嫌いになったと嘘をいい、潤子を振る形をとることで、潤子と別れようとします。

決して高嶺の本意ではないのですが、それでも潤子のために、精一杯自分の心に嘘をつき続けるのです。

しかし、潤子が涙をためている姿だけは、直視することができず、顔を背けてしまいます。

突然別れを告げられ、呆然自失となる潤子も可哀そうですが、それ以上に、潤子のために嫌いな嘘をつき続ける高嶺の想いに胸が痛くなる、この9話の最大の見どころです。

➡5時9時動画1話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画2話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画3話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画4話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画5話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画6話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画7話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画8話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画最終回話ネタバレ無料視聴方法は?

5時9時動画9話の気になるセリフは?

なに?私と結婚したいの?したくないの?

寺の嫁になるためには、ひばりに認めてもらう必要があると考えた潤子は、ELAに退職届を提出しました。

そして、寺の嫁になると、高嶺と家族に宣言します。

それを聞いた高嶺が退職は考え直すように潤子に言ったところ、潤子が高嶺に聞き返したセリフです。

強い口調でこのセリフを言う潤子の勢いは、高嶺との結婚を本気で考えているとともに、ひばりに認めさせてやろうという、いわば意地のようなものを感じられます。

そしてこの、意地が、この後の潤子を支える唯一のものとなるのです。

潤子ってさぁ、昔からいったん決めたら、とことん行くタイプなの
でもね、そんな夢捨ててでも、高嶺くんのお嫁に行くんだから…幸せにしてやってくれよ

桜庭家の風呂場で、潤子の父に潤子の退職は本当によかったのかと聞く高嶺。

その高嶺に、父が答えたセリフです。

潤子が小さいころから、一度決めたことを曲げない性格だからと、高嶺に理解を求めます。

そして、ニューヨークへ行きたいと言っていた夢を諦めてまで、高嶺との結婚を選んだ潤子のことを、父親らしい言葉で、素直に高嶺に潤子をお願いしているこのセリフは、娘を想う父の気持ちがとても表れている、ありきたりですが良いセリフです。

桜庭・・・桜庭は、桜庭のままでいいんだ

送別会の日程を確認するために、潤子に電話をした清宮は、電話口の向こうで元気のない潤子の様子に気が付きます。

大丈夫かと問うと、大丈夫だと空元気を出す潤子に、清宮が言ったセリフです。

いまだ潤子を想う清宮が、自分を見失いつつある潤子に、自分らしくいればいい、と精いっぱい励まします。

潤子もまた、この清宮の言葉をかみしめるように、「ハイ」と力なく答えます。

潤子を想いながら何もできないもどかしさを感じる清宮の気持ちが現れているシーンです。

潤子さん、私はあなたに心から失望しました。
あなたは寺の嫁に相応しくありません。
あなたがどんなに頑張っても、私の妻にはなれない。
やはり、住む世界が違うんでしょう。
ようやく目が覚めました。

高嶺との結婚を決意した潤子でしたが、寺での生活で日々笑顔と元気を失っていきます。

そんな潤子に、これ以上潤子らしさを失ってほしくないと思った高嶺が、潤子と別れるために一世一代ともいえる嘘をついて、潤子に別れを突き付けます。

その時に最初に放ったセリフです。

このセリフから始まる、高嶺の決意の嘘は、潤子を苦しめますが、それでも高嶺は続けます。

本意ではないことを、言い続ける高嶺の表情に注目です。

私は潤子さんが嫌いです。もう二度と会うこともないでしょう。

潤子と別れを決意した高嶺が、潤子に最後に言ったセリフです。

潤子へ別れの言葉であるとともに、自分自身へ言い聞かせているともとれる、このセリフ。

このセリフを言うときの高嶺は、それまで顔を背けていましたが、きちんと潤子に向き直り、目をみて言っています。

その様子に、高嶺の潤子を大事に思う強い想いが感じられ、非常に心が痛むシーンです。

5時9時動画9話の反響は?

➡5時9時動画1話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画2話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画3話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画4話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画5話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画6話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画7話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画8話ネタバレ無料視聴方法は?
➡5時9時動画最終回話ネタバレ無料視聴方法は?