10月8日夜9時、フジテレビ系列の“月9”の枠で織田裕二さん主演の新ドラマ「SUITS/スーツ」がいよいよ放送開始します。原作は、全米メガヒットドラマ「SUITS」。

2011年6月から放送が開始された同作は現在8シリーズを数えます。そこで、この記事では、新ドラマ「SUITS/スーツ」の原作である、アメリカ版「SUITS」の1シーズンからの無料視聴方法やあらすじや見どころ、キャストについてご紹介します。

ドラマsuitsアメリカですが1シーズンからの無料視聴方法は現在2つあります。

どちらも無料でスマホで視聴できます!!

おススメの順番に紹介します!!

suits ドラマ アメリカ無料視聴は?

”月9”「SUITS/スーツ」の放送開始に合わせて、アメリカ版ドラマ「suits」を見ておきたい!

そんな要望を叶える無料視聴方法をご紹介します。

おススメ順に紹介してます!!

U-NEXT

U-NEXTでは、10月7日現在、「SUITS」シーズン5までが見放題となっています。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、通常月1990円かかります。

しかし、U-NEXTは初回31日間は無料お試し期間となっており、その間は無料で動画を視聴することができます。

勿論、この無料期間内に解約すれば、一切料金がかからないので、実質無料で見放題作品が見られるのです。

また何といってもU-NEXTではかなりの作品が見放題できます!!

作品数は他の動画サービスと比較してもトップではないでしょうか?

海外ドラマや海外映画のほとんどが見放題!!!

ポイント視聴の作品は登録時にもらえる600ポイントで見れますし、継続すると毎月1200ポイントもらえるので3作品程度実質無料で見れてしまいます!!

もちろん邦画も見れます!!

見放題作品は見放題!!

さらに日本ドラマ・韓流なども見放題作品が多数!!!!

また雑誌も読み放題!!!

これだけのサービスなので月額1900円ですが、なんと今だけ1か月無料でお試しできるんです!!

もちろん見放題・読み放題のものは無料でお試しできます!!!

作品数は業界NO1!!!

一度試してみる価値はあると思いますよ。

Hulu

ドラマ「SUITS」は、現在Huluでもシーズン1~5が見放題配信されています。

Huluも、通常月額933円の使用料がかかりますが、2週間の無料お試し期間があるので、実質無料で見ることができます!

そして、Huluも2週間の無料お試し期間内に解約すれば、一切の料金がかかりません。

さらにhuluの特徴はすべての作品が見放題になってます。

また日テレの傘下になり、日テレ系のドラマが主に配信されています。

海外ドラマや映画もありますが、やはりU-NEXTと比べてしまうとそんなに多くはない印象です。

なお、Huluではシーズン5まで見放題配信していますが、シーズン6はまだ配信されていません!

お試し期間も2週間と短いのがちょっと残念ですが、huluのほとんどの作品が見放題というのがメリットでしょう。

で、結局どちらがお得なの?

作品数などでいえば、圧倒的にU-NEXT。

ですが、huluはすべての作品が見放題なんです。

また継続する場合はhuluの方が月額933円と安いので続けやすいですよね。

ただ無料トライアル期間はU-NEXTは1か月、huluは2週間なので、U-NEXTの方が結果的にお得ではないでしょうか??

また映画好きにはたまらない、サービスがU-NEXTにはありまして、毎月1200ポイントもらえますが、そのポイントを映画チケットや最新作に使いお得に見ることができます。

最新映画の配信は圧倒的にU-NEXTが早いので、早く新作を見たい方、映画が大好きな人はU-NEXTがおススメ。

韓流ドラマもU-NEXTはかなりあるので、楽しめますよ。

suits ドラマ アメリカあらすじは?

ハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)は、マンハッタンの大手法律事務所ピアソン・ハードマンで働く敏腕弁護士。

難しい訴訟を解決に導くクローザーとして、その優秀さは自他ともに認めるところでしたが、時に強引かつ違法ギリギリな手段に出ることも。

そんな性格と優秀さから、部下をもつこともなく、面倒も見ない一匹狼的存在でした。

所長のジェシカ(ジーナ・トーレス)は、ハーヴィーをシニア・パートナーにする代わりに、部下のアソシエイトを雇うことを命じ、ハーヴィーは仕方なくアソシエイトの面接を始めます。

その面接会場に来た一人の青年、マイク・ロス(パトリック・J・アダムス)。

マイクは大学を中退したフリーターで、たったひとりの肉親である祖母の入院費を稼ぐため、親友のトレヴァー(トム・リピンスキー)に誘われマリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けていました。

そのマリファナを運ぶ最中に、警察に追われ、偶然ハーヴィーの面接会場に迷い込んできたのです。

ハーヴィーは、マイクが一度読んだものは全て暗記出来る、天才的な頭脳を持っていることを見抜き、アソシエイトへとして採用します。

しかし、法律事務所ピアソン・ハードマンは、ハーバード大学のロースクール出身者しか採用しないという伝統を持っていたため、ハーヴィーはマイクの経歴を詐称することを提案します。

こうして秘密を共有する運命共同体となったハーヴィーとマイク。

マイクの経歴詐称がばれそうになったり、ハーヴィーも同じ事務所の弁護士・ルイス(リック・ホフマン)と対立したり、と二人は何度もピンチに陥ります。

性格や生まれ育った環境など、正反対の2人が、衝突しながらも、様々な問題や難しい訴訟に挑みながら、互いに成長していきます・・・。

suits ドラマ アメリカ見どころは?

敏腕弁護士と天才的頭脳コンビの活躍!

本作の最大の見どころは、なんといっても、敏腕弁護士ハーヴィーと、天才的頭脳の持ち主マイクのコンビが難題を次々に解決していくストーリーです。

性格も生まれ育った環境も全く違う二人の持ち味が絶妙に絡みあい、最高のコンビネーションを生み出します。

しかしそこには、マイクの経歴詐称や、ハーヴィーの事務所内の問題や、過去の問題など、二人にとってピンチも数多く存在し、ハラハラドキドキも止まりません。

二人のクールかつ大胆に問題を解決していく様は、まさに見どころです!

恋愛問題もあってドキドキできる!

法律事務所を舞台にした、社会派ドラマですが、恋愛要素も描かれています!

マイクは最初、親友トレヴァーの彼女・ジェニーに惹かれ、ジェニーもまたまんざらでもない様子に。

ところが、マイクが法律事務所に入社してからは、今度はパラリーガルのレイチェルに好意を抱きます。

後に恋人同士になる二人ですが、そこに至るまでのジェニーを含めた三角関係は、ドキドキして目が離せません。

通勤の参考になる?!女性陣のファッションが素敵すぎる!

主役の男性陣のスーツ姿がカッコいいのはもちろん、本作では脇を固める女性陣のファッションも見どころの一つです。

法律事務所が舞台ということで、特に通勤などの参考できるとの声も多くきかれました。

知的な女性ボス、ジェシカ・ピアソンはボス弁護士らしい“かっちりスタイル”。

秘書役のドナ・ポールセンは大人の女性が着こなす“ワンピーススタイル”。

パラリーガルのレイチェル・ゼインは即実践に使えそうな“小奇麗で機能的なスタイル”、と、それぞれのキャラクター別ファッションは、まさに見どころです!

suitsドラマアメリカ主題歌は?

Greenback Boogie By Ima Robot – Suits opening song

suits ドラマ アメリカキャストは?

ハーヴィー・スペクター(演 -ガブリエル・マクト)

日本語吹替は桐本拓哉さん。
マンハッタンにある大手法律事務所ピアソン・ハードマンに勤める敏腕弁護士。
事務所の草創期を支えた、自他共に認める所長・ピアソンの片腕。ドラマ序盤でシニア・パートナーになります。
非常に優秀で、傲慢な性格。係争でも勝利するために強引かつ違法ギリギリな手段に出て、周囲を驚かせるようなことも。
その性格と優秀すぎる才能とで、アソシエイトを雇わずにいた一匹狼でしたが、ピアソンからシニア・パートナーになる代わりに、アソシエイトを雇う事を条件にされたため、採用面接を行います。そこでマイクと出会うこととなります。
マイク能力に興味をもち、学歴詐称を提案し、彼を採用します。そのことが、後に彼らに思わぬアクシデントを呼び込むことになります。

ガブリエル・マクト

1972年1月22日生まれのアメリカ人俳優。
1980年の映画「Why Would I Lie?」でデビューし、その後「ママの遺したラヴソング」「リクルート」など、数々の映画やドラマに出演。
2008年の映画「ザ・スピリット」で主演して一躍注目を浴びます。2011年に本作に主役ハーヴィーで出演すると人気を不動のものとしました。

マイク・ロス(演 – パトリック・J・アダムス)

日本語吹替 は西健亮さん。
天才的な頭脳と一度読んだものはすべて記憶してしまうという完全記憶力を持つ青年。
両親を早くに亡くし、祖母が唯一の肉親。
かつては弁護士を目指して大学に通っていましたが、数学の答案を学長の娘に売り退学処分にされ、ハーバードへの編入も取り消されてしまいました。
それからは、祖母の入院費を稼ぐため、ロードバイクでの配達の他に麻薬の密売や運び屋、頭脳と記憶力を活かして試験の替え玉などの違法行為に手を染めていました。
ハーヴィーとの出会いも、麻薬密売の取締りから逃げ込んだ場所が、ハーヴィーが行っていたアソシエイト募集の面接試験会場だったから。
その出会いにより、ハーヴィーにアソシエイトとして採用され、生活が一変します。
後に、学歴を詐称して弁護士として働いていることが彼とハーヴィー、そして事務所のアキレス腱となり続けることになっていきます。

パトリック・J・アダムス
1981年8月27日生まれのカナダ人俳優。
日本でもおなじみの「コールドケース」「プリティ・リトル・ライアーズ」「LOST」など多くのドラマに出演。2011年に本作の主役・マイク役を射止めました。

ルイス・リット(演 – リック・ホフマン)

日本語吹替は横島亘さん。
法律事務所ピアソン・ハードマンに勤めるパートナー弁護士。
ハーヴィーをライバル視しており、性格の違いからよく衝突します。
なかなか昇進の機会をくれない所長のピアソンにもたびたび不満を言います。
ひねくれた性格や、他人を侮蔑する言動から誤解されがちですが、お人好しで面倒見がいい面もあります。
弁護士としても非常に優秀で、特に銀行や企業の経理など金融・財務関連ではハーヴィーすら上回る実績を持ちます。

リック・ホフマン
1970年6月12日生まれのアメリカ人俳優。
デビュー作は1997年の映画「陰謀のセオリー」。
その後「ブラッド・ワーク」、「バーニー・マック・ショウ」などに出演、本作でメインキャストを勝ち取りました。

ジェシカ・ピアソン(演 – ジーナ・トーレス)

日本語吹替は唐沢潤さん。
法律事務所ピアソン・ハードマンの所長。
常に冷静沈着、確かな判断力とその才能で事務所を大きく成長させてきました。
ハーヴィーとは事務所創立時からの付き合いであり、彼の強引な手法などを注意しながらも、ハーヴィーには絶対の信頼を置いています。
マイクの学歴詐称を知る数少ない人物。
ハーヴィーがマイクを庇い続けたことから彼女もマイクの才能を知り、危険と知りつつもハーヴィーの元でアソシエイトとして雇い続けます。

ジーナ・トーレス

1969年4月25日生まれのアメリカ人女優。
デビュー作は1996年の映画「マンハッタン花物語」。
学生時代にはミュージック・アート・スクールに通っていて、オペラやジャズ、ゴスペルなどにも精通しています。
「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」「セレニティー」を始めとして、数々のメジャー級作品に出演。2001年には「Cleopatra 2525」によりALMA賞(英語版)主演女優賞(シンジケートドラマシリーズ)を受賞しています。

レイチェル・ゼイ(演 – メーガン・マークル)

日本語吹替は世戸さおり
法律事務所ピアソン・ハードマンのパラリーガル。
マイクと出会い、恋人関係になります。
父・ロバートはとても有能な弁護士ですが、比較されるのが嫌で口外していません。
優秀な人物で弁護士志望ですが、試験に弱く、ロースクールの受験に落ち続けています。

メーガン・マークル
1981年8月4日生まれのアメリカ人女優。
デビューは2002年のソープ・オペラ「ジェネラル・ホスピタル」。
2018年5月19日にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂でイギリス王室のヘンリー王子と結婚式を挙げて話題になりました。

ドナ・ポールセン(演 – サラ・ラファティ)

日本語吹替 は行成とあ さん。
ハーヴィーの秘書。
その付き合いは、ハーヴィーが検事の時代からで、ハーヴィーが長年信頼を置く良き理解者でもあります。
マイクを何かと気に掛けながら、彼らやルイスの潤滑剤的なポジションとして立ち振る舞っています。
同僚とは恋愛しない主義ですが、ハーヴィーが検事局を退職した際に一度だけ関係を持ったことがあります。

サラ・ラファティ
1972年12月6日生まれのアメリカ人女優。
デビュー作は1998年の「Trinity」。
「CSI:科学捜査班」「チャームド」など、たくさんのドラマにゲスト出演しています。
ハーディー役のガブリエル・マクトとは20年来の友達で、同シリーズの第1シーズンをトロントで撮影している際には共同生活していました。

トレヴァー・エヴァンス(演 – トム・リピンスキー)

日本語吹替 は小林かつのりさん。
マイクの悪友、マイクをマリファナの運び屋に誘った張本人。
マイクが退学になるきっかけも作っています。
麻薬の売買に手を出していますが、恋人のジェニーにはソフトウェア関係の仕事をしていると嘘をついています。

トム・リピンスキー
マサチューセッツ州生まれ。ブラウン大学卒業。
主な出演作品に、映画「Certainty Certainty (2011)」、「とらわれて夏(2014年)」などがあります。

ジェニー・グリフィス(演 – ヴァネッサ・レイ)

日本語吹替は うえだ星子さん。
トレヴァーの恋人。
トレヴァーが麻薬売買に関わっていることを知りません。
次第にマイクに惹かれていきます。

ヴァネッサ・レイ
1981年6月24日生まれのアメリカ人女優。
テレビドラマや映画に出演、主な出演作品に「プリティ・リトル・ライアーズ (2012-2017)」、「アズ・ザ・ワールド・ターンズ(2009-2010)」などがあります。

suitsドラマアメリカと日本版不安の声殺到?!

suitsですが、織田裕二さんがハーヴィーということで無理があるとの声が殺到してますね。
確かに原作見ると、これは違う~~って思ってしまいます。
フジ、まさかの失敗??
視聴率をこのドラマで上げたいところかもしれませんが、原作版とかなり違うので(雰囲気が)原作を知ってる人が失望しないといいですが・・・・・・

suitsドラマアメリカ反響の声は?